「白内障」カテゴリーアーカイブ

紫外線、冬も危険 雪面反射で全方位から目に サングラス必携|金沢医科大調査

IMG_4400Balazs_opt

by Gergely Csatari(画像:Creative Commons)

> 健康・美容チェック > 目の病気 > 紫外線と目の病気 > 紫外線、冬も危険 雪面反射で全方位から目に サングラス必携|金沢医科大調査




◎紫外線、冬も危険 雪面反射で全方位から目に サングラス必携 金沢医科大調査

(2009/1/4、北國新聞)

紫外線量が夏の半分以下と少ない冬でも、目は雪面の反射などにより、あらゆる角度から有害な紫外線を浴びる恐れのあることが、金沢医科大感覚機能病態学(眼科学)の佐々木洋主任教授らの三日までの調査で分かった。

特に新雪は反射率が88%と高く、強い紫外線が目に入るという。

佐々木教授は「サングラスやUV(紫外線)カットの眼鏡などを欠かさないでほしい」と注意を呼び掛けている。

<中略>

紫外線は、角膜の細胞が壊死(えし)し目が激しく痛む「雪目」のほか、白目の組織が黒目に広がる「翼状片(よくじょうへん)」、水晶体が白く濁り視力が低下する「白内障」などの障害を引き起こす。

冬は夏よりは紫外線量が少ないと思って安心している人も多いと思います。

しかし、冬でも雪が積もる地域では紫外線に注意が必要です。

金沢医科大の佐々木洋主任教授らの調査によれば、紫外線量が夏の半分以下と少ない冬でも、目は雪面の反射などにより、あらゆる角度から紫外線を浴びる恐れのあることがわかったそうです。

記事によると、特に新雪は発射率が高いそうで、強い紫外線が目に入る恐れがあるそうです。

サングラスなどで紫外線をカットし、目の病気から目を守りましょう。

→ 紫外線と目の病気 について詳しくはこちら

→ 白内障 について詳しくはこちら

→ 翼状片 について詳しくはこちら

→ 瞼裂斑 について詳しくはこちら







目の病気

緑内障とは|緑内障の症状・原因・眼圧・予防

飛蚊症とは|飛蚊症の原因・症状・治し方・見え方

加齢黄斑変性症とは|症状・原因・治療・サプリメント

白内障とは|白内障の症状・原因・治療・予防

ドライアイとは|ドライアイ(目が乾く)の症状・原因・治療

眼精疲労の症状(頭痛)・原因・マッサージ・ツボ

老眼とは|老眼の症状(初期症状)・予防・改善

スマホ老眼の症状・原因・予防

糖尿病網膜症の症状・治療・分類・予防

VDT症候群とは|VDT症候群の症状・原因・対策

網膜剥離とは|網膜剥離の症状・原因・見え方

近視とは|強度近視・仮性近視

結膜弛緩症とは|結膜弛緩症の症状・原因・治療

斜視(隠れ斜視)

眼瞼下垂(まぶたのたるみ)の症状・原因

まぶたの痙攣の治し方|まぶたがピクピクする原因

翼状片の症状・原因・予防

瞼裂斑の症状・原因・予防・対策

紫外線対策と目の病気(翼状片・瞼裂斑・白内障)

コンタクトレンズと目の病気・正しい使用法・ケア

目の症状

目の充血の原因・治し方|目が赤いのは目の病気のサイン?

目の疲れを取る方法(ツボ・マッサージ)|目が疲れる原因

目の痙攣の治し方・止め方|目がピクピクする原因

目の下のクマを取る方法 原因と解消方法

目がかゆい|目のかゆみの原因・対策・対処法

目が痛い|目の痛みの原因となる目の病気と解消法

目のかすみの症状・原因・対策|目がかすむ

肩こり頭痛解消法|めまい・吐き気の原因は眼精疲労?

目やにの原因となる目の病気|どんな色の目ヤニが出ている?

光がまぶしい・目がまぶしい

目がゴロゴロする|目の異物感の原因はゴミそれとも病気?