タグ別アーカイブ: フラフープ

フープノティカでダイエット!人気海外セレブもフラフープを使ったダイエット方法を実践している!?

Hula Hoop

by Riley Kaminer(画像:Creative Commons)




人気海外セレブも愛用!フープノティカで引き締めボディ/比留川游

(2010/7/13、モデルプレス)

人気モデル比留川游が、雑誌「sweet」8月号にて最近ハマっているというダイエット法「フープノティカ」を紹介している。

比留川が、最近ハマっているという「フープノティカ」とは、アメリカ発のエクササイズ向けフラフープ。

アンジェリーナ・ジョリーやケイト・モス、ビヨンセなど多数の海外セレブが愛用しているという。

また、ダンスと組み合わせたエクササイズDVDも発売されており、楽しみながらウエストを中心に体を引き締めることができる今話題の新しいダイエット法である。

「フープノティカ」というフラフープを使ったダイエット方法をアンジェリーナ・ジョリーやケイト・モス、ビヨンセなど海外セレブもやっているそうです。

【関連記事】

フープノティカで検索してみました。

すると、フラフープを使ったこんなエクササイズに関する動画が紹介されています。

The Hoopnotica 10 Minute Workout

 

日本でもフラフープを使ったダイエット方法「フープノティカ」が人気になるのでしょうか。

注目です。

 

⇒ あなたにあった ダイエット方法の選び方 はこちら

ダイエットの基礎知識 はこちら

ダイエット方法ランキングはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ダイエット方法ランキング







豆乳+フラフープで胸残しダイエット|魔女たちの22時 6月8日

Hula Hoop 3

by Leonardo Veras(画像:Creative Commons)




2010年6月8日放送の魔女たちの22時では、87kgの女性が2ヶ月で30kgダイエットしたことを紹介していました。

彼女は、夫が好きな杉本彩さんに負けないと考えて、ダイエットを開始。

杉本彩さんのやっていたコアリズムに似た動きということから、毎日40分間のフラフープを始めました。

【関連記事】

フラフープでダイエット・腰痛予防・便秘改善

背骨や骨盤に接した体の深部にある筋肉が鍛えられるため、続けることで基礎代謝が上がり、やせやすい体になるそうだ。

 

しかし、彼女は、やせてしまうと自慢の胸(Gカップ)が小さくなるのを不安に思っていました。

そこで、杉本彩さんのブログをチェックしたところ、胸を小さくせずにヤセる食材として、「豆乳」(※実際は豆乳クッキー)が紹介されていることを発見。

豆乳は、代謝を高め、痩せやすい体質を作る大豆たんぱく質が豊富で、バストアップに良いとされる大豆イソフラボン(女性ホルモン「エストロゲン」と同じ働きをする)が豊富。

そこで、彼女は、豆乳+野菜ジュースを飲むようにしました。

これは以前テレビで紹介されていたミネラル豆乳ダイエットですね。

 

【関連記事】

ミネラル豆乳ダイエット|ドリームプレス社

ミネラル豆乳ダイエット|ドリームプレス社

ミネラル豆乳ダイエットとは、野菜ジュース+豆乳200mlを朝食の代わりに飲むだけのダイエット方法です。

ミネラル豆乳ダイエットは、赤星たみこさんが紹介するダイエット方法として注目を集めているそうです。

野菜のビタミン+豆乳のミネラルを摂ることでダイエットに効果的なようです。

野菜ジュース+豆乳を飲むと小食になるそうです。

それは、満腹感を得られるには、血中のブドウ糖が増えることが必要なのですが、野菜ジュース+豆乳を飲むことで、満腹感が得られ、小食になるそうなのです。

■ミネラル豆乳ダイエットがダイエットに効果的な理由

  • 豆乳に含まれる大豆たんぱくが炭水化物・糖質の燃焼に役立つから
  • 豆乳に含まれるサポニンが脂肪燃焼を促進してくれるから。
  • 野菜に含まれる水溶性食物繊維がコレステロールの吸収を抑えるから。

魔女たちの22時では、野菜ジュースに含まれるミネラル・ビタミンが炭水化物の分解を促進し、満腹感を得られる豆乳が食べ過ぎ防止の役割を果たすと説明していました。

 

⇒ あなたにあった ダイエット方法の選び方 はこちら

ダイエットの基礎知識 はこちら

ダイエット方法ランキングはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ダイエット方法ランキング







フラフープでダイエット・腰痛予防・便秘改善

Bristol_green_sundays1

by Charlie Marshall(画像:Creative Commons)




フラフープ 再び脚光

(2010/3/4、読売新聞)

中高年世代には懐かしいフラフープ。

「ダイエットなどにも効果が高い」と欧米でブームになり、最近、日本でも注目が高まっている。

ダイエット効果が高いと、フラフープに注目が集まっているそうです。

タレントのスザンヌさんもフラフープを仕事の前後や待ち時間に回しているのだとか。

おなか回りに肉がつきにくくなり、ウエストのくびれもはっきりしてきた。

「全身の筋肉をバランスよく使っている感じ。

ただやせるのではなく、しなやかな筋肉質になるのが理想です」

 

■フラフープの健康効果

フラフープ教室を開く「フープ東京」(東京都新宿区)代表のアユミさんは「フラフープは10分間で100キロ・カロリー前後を消費するとされています」と説明する。

ジョギングを上回るほどの運動量だ。

「長く回しても苦しくならず、無理のないダイエットが可能です」。

背骨や骨盤に接した体の深部にある筋肉が鍛えられるため、続けることで基礎代謝が上がり、やせやすい体になるそうだ。

水平に回すには、腹筋と背筋をバランスよく使う必要があり、自然に姿勢も良くなる。

スクワットなど別の動きを組み合わせたり、回転速度を上げたりすれば、運動量もアップする。

腕や脚で回す技もあり、「体力や、鍛えたい部分に合わせて楽しめます」とアユミさん。

整体師でもあるインストラクターのマジュさんは「腰回りの筋肉が鍛えられ、骨盤内の仙腸関節の動きも滑らかになるので、腰痛予防などの効果が期待できます」と指摘する。

仙腸関節は、骨盤の中心部にある仙骨と両脇の腸骨をつなぐ関節。

動きが悪くなれば、腰痛をはじめ、さまざまなトラブルが生じる。

<中略>

便秘が改善したという人も多いそうだ。

松生クリニック(東京都立川市)の松生恒夫院長は「フラフープに限らず、腰を動かす体操などは、腸内の空気を移動させ、便通を促します」と解説する。

フラフープの健康効果についてまとめてみます。

●ダイエット

10分間で100kcal前後を消費する。

背骨や骨盤に接した体の深部にある筋肉が鍛えられるため、続けることで基礎代謝が上がり、やせやすい体になる。

水平に回すには、腹筋と背筋をバランスよく使う必要があり、自然に姿勢も良くなる。

腰痛予防

腰回りの筋肉が鍛えられ、骨盤内の仙腸関節の動きも滑らかになる。

便秘改善

腰を動かすことにより、腸内の空気を移動させ、便通を促す。

→ 便秘とは|即効性のある便秘解消方法(ツボ・運動・マッサージ・食べ物)・便秘の原因 について詳しくはこちら

最後に、フラフープのやり方のポイントが紹介されていました。

〈選び方〉フープの直径は1メートル前後。床に立てた高さがおへその上下10センチぐらいが目安。重さは500グラム~1キロ。重い方が運動効果は高いが、重過ぎはケガの原因に。

〈回し方〉〈1〉ウエストの位置でフープを両手で水平に持つ。両足は肩幅に開く〈2〉左足を半歩前へ(左に回す場合)〈3〉フープを前にずらし背中につける=写真〈4〉右手でフープを左方向に押し出す〈5〉フープの速さに合わせて腰を前後に動かす。右に回す場合は左右逆に。

〈ポイント〉腰は回さず、おへそを突き出しては引っ込める要領で。水平に回らないときは、下がっている方の力が弱い。前なら腹筋、後ろなら背筋を意識する。







ダイエット方法の選び方 はこちら

ダイエット方法ランキングはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ダイエット方法ランキング