「結婚」タグアーカイブ

お見合い結婚をした夫婦は互いに対する愛情が徐々に上がる?




baird wedding 2012

by lindsey child(画像:Creative Commons)

最初は演技でもいい!? 相手を魅力的だと思いこむと恋愛に発展する可能性が高まることが判明

(2012/7/12、ロケットニュース24)

「相手を魅力的だと思い込む」

これは、お見合い結婚をした夫婦の結びつきが強い理由にも通じる。

ハーバード大学のロバート・エプスタイン博士が、お見合い結婚をした100組のカップルを長期にわたって調査したところ、恋愛結婚の場合は18ヶ月後には愛情のレベルが出会いの頃の半分ほどに下がるのに対して、お見合い結婚の夫婦は互いに対する愛情が徐々に上がることが判明したという。

ハーバード大学のロバート・エプスタイン博士によれば、恋愛結婚をしたカップルは18ヶ月後には愛情のレベルが出会いの頃の半分ほどに下がるのに対して、お見合い結婚をしたカップルは互いに対する愛情が徐々に上がるということがわかったそうです。

お見合い結婚をしたカップルはお互いを魅力的だと思い込むことによって愛情のレベルが上がっているというわけなんですね。

ちなみに、「翻訳語成立事情」(1982、岩波新書、著:柳父章)によれば、「恋愛」という言葉は明治近代に翻訳された言葉なのだそうです。

翻訳語成立事情 (岩波新書 黄版 189)

新品価格
¥756から
(2018/1/3 09:33時点)

かつて、この国に「恋愛」はなかった。「色」や「恋」と区別される“高尚なる感情”を指してLoveの翻訳語がつくられたのは、ほんの一世紀前にすぎない。

もちろん「愛」「恋愛」という言葉としてはなくても同じような考え方はあったはずですが、言葉が輸入されたことによって型にはまった考え方をするようになったともいえるのではないでしょうか?







【関連記事】
続きを読む お見合い結婚をした夫婦は互いに対する愛情が徐々に上がる?

結婚にお金は必要?|結婚を考える彼氏に、いくらくらい貯金(貯金額)をしていてほしい?|100万それとも1000万!?




■「結婚を考える彼氏に、いくらくらい貯金(貯金額)をしていてほしい?」

Vanessa & Paulo

by Agence Tophos(画像:Creative Commons)

女の本音! 結婚を考える彼氏の貯金額、いくら持っていてほしい? 「100万は最低ラインだと思う」

(2014/9/9、マイナビウーマン)

Q.結婚を考える彼氏に対して、いくらくらい貯金をしていてほしいと思いますか?

1位「100万円以上~200万円未満」19.8%
2位「300万円以上~400万円未満」19.0%
3位「500万円以上~600万円未満」17.5%
4位「200万円以上~300万円未満」14.8%
5位「400万円以上~500万円未満」8.8%
6位「1,000万円以上」8.0%
7位「70万円以上~100万円未満」3.4%
8位「700万円以上~800万円未満」1.9%
9位「10万円未満」1.5%
※10位以下は略

相手の男性の年齢にもよると思いますが、女性は男性に100万円くらいは貯金しておいてほしいと考えているようです。

【参考リンク】

女性が結婚相手に望む「年収600万円」は独身男性の5.7%によれば、年収600万円の男性を望んでいたので、もっと貯金しておいてほしいものだと思っていましたが、比較的貯金額に対しては、その願望は低いようです。

また、参考までに、300万円くらい貯めておいてほしい場合は、結婚式の平均額ぐらい貯めておいてほしいというラインのようで、500万円くらい貯めておいてほしい場合は、年収ぐらい貯めておいてほしいようです。




■結婚にお金は必要か?

【#成人式】成人おめでとう!2012年の新成人の恋愛・結婚観(2012/1/8)によれば、75.6%(男性74.3%、女性77.0%)が「経済的な基盤ができないと結婚はできない」と考えているそうです。

このような状況はアメリカでも起こっており、低所得のために結婚できない男性が増えているそうです。

未婚率が上昇している理由とは?

さらに若い世代になると、「結婚どころか恋愛さえままならない」と言うのは1975年生まれの飯田泰之駒沢大学准教授だ。

「今の学生は学費の足しにするため、学業の合間を縫って隙間なくアルバイトをしています。そんな生活が忙しすぎるせいか、25歳時点で女性の3割、男性の2割近くが処女・童貞であるという推計もあります」

勤労世代(20~64歳)の単身で暮らす女性の3人に1人が「貧困」であることが、国立社会保障・人口問題研究所の分析でわかったということが話題になりましたが、学生も学費の足しにするために、忙しくアルバイトをしていることで、恋愛さえできないようです。

【関連記事】

結婚にお金が必要かというよりも、お金がないから結婚どころか恋愛さえままならないという現状があるのですから、やはり経済を立て直すことが結婚する人を増やす一番の対策なのではないでしょうか。







【関連記事】
続きを読む 結婚にお金は必要?|結婚を考える彼氏に、いくらくらい貯金(貯金額)をしていてほしい?|100万それとも1000万!?

結婚するまでに付き合う人数、男性は5人・女性は4.5人|「恋人」と「結婚相手」の違いとは?




【目次】

■結婚までの交際人数、男性は5人・女性は4.5人

WEDDING 1770

by Robert Kintner(画像:Creative Commons)

結婚までの交際人数、男性は5人・女性は4.5人

(2012/2/3、nikkeiBP)

リクルートのブライダル総研によれば結婚までの交際相手の人数は、男性が平均5.0人、女性が平均4.5人だったそう、早稲田大学で「恋愛学」について講義する森川友義教授の『結婚は4人目以降で決めよ』という本のタイトルとほぼ同じ傾向にあるようです。

結婚は4人目以降で決めよ 恋愛と結婚と浮気の政治経済学

結婚の別れ道?交際相手は4人目以降が「キモ」な理由

(2011/7/5、AllAbout)

「離散数学の“36.8%の法則”という見地から導き出される結果として、4人目以降の交際相手と結婚するほうがいいだろう、ということになります」。

「たとえば10人の異性と出会うとしたら、はじめの3人目まではお試し期間と思って軽めのお付き合いを心がけるようにします。

そして、4人目以降のお付き合いで、過去の3人よりも魅力が上回った相手と出会って結婚するのがベスト、ということになります」

<中略>

最高の男性を見つける確率は10分の1ではなく「36.8%」である、というのがポイント。

つまり、3.68人の男性を踏み台にした後にめぐりあったお相手が、もっともステキな人である確率が高いんだそうです!

3人までの間に結婚相手として欠かせない要素というものが確認できるということなのかもしれませんね。




■「恋人」と「結婚相手」の違いとは?

「恋人」と「結婚相手」の違いは、「犠牲を払ってでも関係を続ける」覚悟が生まれるかどうかにあるようだ。

既婚者と未婚者で差が顕著だったのは、「お互いに犠牲をはらってでも続けられる関係」と「一生寄り添い続け、人生をともに歩んでいく関係」で、それぞれ既婚者の回答が未婚者の回答を20ポイント以上上回った。

家族になるということは、どういうことなのかが、このアンケートに現れているようです。

【関連記事】

「別れが近いカップル」にみられる5つのサイン

●その1:交際して4年以上はキケン

恋は4年以上経過すると、恋を司る脳内物質「βエンドルフィン」が出なくなり、冷めてしまうといいます。

末永く交際を続けるには、恋愛感情だけではなく、価値観などで尊敬できる相手を見つける必要がありそうです。

記事によれば、恋は4年以上経過すると、恋を司る脳内物質「βエンドルフィン」が出なくなり、冷めてしまうのだそうです。

しかし、「だから、男と女はすれ違う」という本によれば、恋の賞味期限は更に短いようです。

だから、男と女はすれ違う―最新科学が解き明かす「性」の謎

中古価格
¥106から
(2017/3/30 09:45時点)

●恋の賞味期限は12ヶ月から18ヶ月(ピサ大学 マラツイティ)

7ヶ月までは熱烈ラブラブな状態が続く。8ヶ月から17ヶ月の間は個人差があるが、ラブラブな状態とそうじゃない状態がオーバーラップする。そして、18ヶ月を過ぎて安定した関係が続いたとしても、もはや熱烈な恋ではなくなる。

賞味期限までに恋が成就し、安定した恋愛関係へと発展すると、時間と共に愛が変化していくのではないか。それがひょっとして「愛着」のステージなのではないか。







【関連記事】
続きを読む 結婚するまでに付き合う人数、男性は5人・女性は4.5人|「恋人」と「結婚相手」の違いとは?

婚活でモテる独身男性の年収は500万円以上|年収800万円以上だと年収400万円の約4倍モテる!?




■婚活でモテる独身男性の年収は500万円以上|年収800万円以上だと年収400万円の約4倍モテる!?

Henrique Ricardi para Premier Models Mgt

by Daniel M Viero(画像:Creative Commons)

婚活でモテる男性の年収とは?

(2016/10/19、マイナビニュース)

男性の年収別にみたところ、年収が高いほど男性のモテ度(女性からのお見合いの申し受け数)が増加傾向にあった。たとえば年収800万円以上だと、年収400万円の約4倍だったという。

また、お見合いの「申し受け数」が「申し込み数」を上回るのは、年収500万円からだった。

婚活ラウンジ「IBJメンバーズ」で婚活していた男性会員831人のデータの分析によれば、お見合いの「申し受け数」が「申し込み数」を上回るのは、年収500万円だったことから、「モテる男性の年収」は年収500万円以上だと考えられるそうです。

女性が結婚を考える男性の年収に求める金額は以前と比べて下がっている?で紹介した明治安田生活福祉研究所が全国の20歳から49歳の男女3,595人を対象に行なった「恋愛と結婚」に関する調査によれば、未婚女性20代の57%、30代の68%が400万円以上を希望しているのに対し、未婚男性で年収400万円以上は、20代15%、30代37%と、女性が希望する年収とにはギャップがあることがわかったそうです。

女が結婚相手に望む「年収600万円」は独身男性の5.7%(2012/10/3)によれば、結婚相手に600万円以上の年収を望む女性は合計で33.4%、という数字の調査があり、また、2004年の別の調査では東京都に住む未婚女性の約39%が結婚相手に年収600万円以上を希望するというデータがあるそうです。

この「600万円以上」という数字は、女性が仕事を辞めて出産・育児をする時、夫に自分と子供を養えるだけの経済力、つまり「自分の年収の2倍」を稼いでほしいという考えが背景にあるそうです。

独身者に聞く、結婚生活に必要な世帯年収とは?(2012/9/6)で紹介した20~60代の独身で結婚願望のある男女1000人に行なった調査によれば、「結婚生活を送るために、現実的にどの程度の世帯年収が最低でも必要だと思いますか?」という質問に対しては、「500万円以上700万円未満」(22.2%)、「400万円以上500万円未満」(21.4%)、「300万円以下400万円未満」(20.5%)が上位を占めたそうです。

お見合いでモテる男性の年収が500万円以上というのはこうしたニュースから判断すれば、経済的に厳しい状況を映し出しているといえるかもしれません。







P.S.
続きを読む 婚活でモテる独身男性の年収は500万円以上|年収800万円以上だと年収400万円の約4倍モテる!?

「お見合い」や「職場や仕事」が出会いのきっかけによる結婚が減っている理由




■「お見合い」や「職場や仕事」が出会いのきっかけによる結婚が減っている理由

Traditional Japanese Wedding @ Togo Shrine @ Harajuku

by Guilhem Vellut(画像:Creative Commons)

『普通のダンナがなぜ見つからない?』の著者西口敦さんに聞く婚活についてのインタビュー記事です。

普通のダンナがなぜ見つからない?

新品価格
¥926から
(2017/3/30 10:02時点)

「女性は婚活を“最後の手段”って言うけど、そのときにはもう暴落してるんです」

(2012/3/22、日経ビジネス)

20年30年前は婚活はしなくてもよかったんですよ。

ある程度の年齢になると、親や親戚、近所のおばちゃんがお見合い話を持ってきて、片付いていくというのが多かった。

いまはそれがなくて、お見合い結婚の比率が下がってきている。

現在のほうが恋愛結婚が多いイメージですけど、実は昔も今も恋愛結婚というのは多くない、むしろ少ないようです。

結婚にいたった出会いのきっかけとしての「お見合い」や「職場や仕事」が減少しており、友達や兄弟を通じての紹介が増えているものの、それをカバーするには至っていないのが現状のようです。

■お見合い

お見合いが社会インフラだったんですけど、それはもうなくなった。

「私はこんな人がいい、あんな人がいい」といういろんな条件にうるさくないこと。「あなたにはこういう人がぴったりなのよ」と言われて、「そんなもんかな」と、素直に受け入れて結婚するのは、若くないとできないんです。

だって、つい20年くらい前は女性の平均初婚年齢は23-24歳ですからね。いまだと「まだいいや」って結婚しないでしょう。そうやって世間に出ると、男の人を見る目が妙に肥える

しかし、30歳を超えてくると、今度はお見合いの成立自体が難しくなる。

そうやって世話を焼いてくれる人も、せっかくお世話をしても文句ばっかりで成果が得られないと、バカバカしくって紹介したくなくなってくるんですよ。

これまではお見合いが一種の社会インフラであったのだが、世間に出ると男性への見る目が厳しくなるため、お見合いは若いうちではないと難しく、また30歳を超えてくるとお見合いの成立自体が難しくなり、条件が厳しかったり文句ばかり言われて成果が出ないと紹介したくなくなってくるため、お見合いが減ってきているようです。

もちろん、恋愛結婚へのあこがれというのもあるでしょうしね。

1992年に全国の18歳から59歳までの3432人をサンプルにアメリカにおける恋愛行動と性行動を調査した結果によれば、

調査対象となった人々の約68%が知り合いの紹介で配偶者にめぐり合っている。

一方、自力で配偶者と出会った人は32%に過ぎない。

つながり 社会的ネットワークの驚くべき力

新品価格
¥3,240から
(2017/3/30 09:36時点)

「つながり 社会的ネットワークの驚くべき力」(著 ニコラス・A・クリスタキス ジェイムズ・H・ファウラー)

つまり、ほとんどが誰かの紹介で配偶者に出会っているということです。

社会の仲立ちによる紹介は、独力で事を進める場合よりもリスクは少なく、情報は多い。

ところが、現代社会に生きる人々は、一般に見合い結婚には否定的で、見ず知らずの人と結婚するなどとても想像できない。

自らの運命を生きているのだと私たちがいくら言い張っても、社会的ネットワークがきわめて効率的に縁結びの役を果たしているのである。

「つながり 社会的ネットワークの驚くべき力」(著 ニコラス・A・クリスタキス ジェイムズ・H・ファウラー)

もう少し見合い結婚に対してゆるく捉えるなど、社会的ネットワークをうまく活用していくと考えていくようにしたほうが良いのかもしれませんね。

【結婚関連記事】

■職場や仕事

いまの女子ってバリバリの総合職かもしくは派遣のどちらか。

二極化してしまっている。

派遣は定時に帰ってしまって飲みにも誘えないしで、恋愛対象にはなりにくいんです。

「二人で飲みに行こうか」なんて誘っても、セクハラって言われて人事に報告される。

これはつらいですよね。

職場や仕事での出会いが減っているのは、派遣で働いている子は恋愛対象にはなりにくく、仮に誘ったとしてもセクハラと報告されてはいけないということから、職場恋愛のリスクが高くなっていることが原因にあるようです。

【関連記事】

■まとめ

これまでは恋愛結婚には興味がない人や恋愛結婚には向かない人にとって、社会インフラとして「お見合い」や「職場や仕事」を通じての紹介があったものの、その社会インフラが社会の変化・考え方の変化によって崩れてきているために、結婚したくても出会いがない。交際相手なし男女とも過去最高という状況が生まれてきているようです。







【関連記事】
続きを読む 「お見合い」や「職場や仕事」が出会いのきっかけによる結婚が減っている理由