「緑内障」タグアーカイブ

緑内障は目のアルツハイマー病?|「ベータアミロイド」が緑内障の重要な発症原因でもある

70-years old eye

by Milishor(画像:Creative Commons)

> 健康・美容チェック > 目の病気 > 緑内障 > 緑内障は目のアルツハイマー病?|「ベータアミロイド」が緑内障の重要な発症原因でもある




新しい点眼薬で緑内障の視力が回復する可能性

(2009/8/13、NIKKEI NET)

米緑内障研究財団(Glaucoma Research Foundation、カリフォルニア州)によると、緑内障は視神経が徐々に侵され視力低下や失明の原因にもなる眼疾患で、年齢問わず発症するが、特に高齢者ではリスクが高い。

世界で失明原因の第2位となっており、米国では約400万人が罹患し(約半数は自覚がない)、約12万人が失明している。

米国では緑内障が失明原因の10%を占めているという。

最新の治療によって眼圧を軽減し、進行を遅らせることはできるが、失われた視力を回復する治療法はこれまでなかった。

著者らは、過去の研究でヒト組織中にみられる蛋白(たんぱく)であるNGFがパーキンソン病やアルツハイマー病患者の脳組織の治療に有益であることが示された点に着目。

発症の仕方が似ていることから、緑内障は「眼のアルツハイマー病」とも呼ばれるという。

緑内障が「目のアルツハイマー病」という考え方は初めて目にしました。

緑内障とアルツハイマー病に共通要因か 研究報告

(2007/8/8、AFPBB)

ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジ(University College London、UCL)の研究チームは、新しい光技術を使って、アルツハイマー患者の脳に「プラーク」と呼ばれる老人斑を形成するタンパク質「ベータアミロイド」が、眼球最内層組織である網膜の神経細胞が死ぬ原因にもなっていることを突き止めたという。

ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジの研究チームによれば、アルツハイマー病の原因物質とされるタンパク質「βアミロイド」が、緑内障の重要な発症原因でもあるとする研究結果を発表したそうです。

緑内障は、日本でも失明原因の上位にある目の病気です。

緑内障によって失われた視力を回復する治療法が見つかるといいですね。

→ 緑内障 について詳しくはこちら。







【関連記事】

緑内障関連ワード

緑内障の症状

緑内障の原因

緑内障チェック・見え方テスト

緑内障の治療(目薬・手術)

正常眼圧緑内障

緑内障の予防(食事・サプリメント)

新しい点眼薬で緑内障の視力が回復する可能性|イタリア

Eye exam

by Army Medicine(画像:Creative Commons)

健康・美容チェック > 目の病気 > 緑内障 > 新しい点眼薬で緑内障の視力が回復する可能性|イタリア




新しい点眼薬で緑内障の視力が回復する可能性

(2009/8/13、NIKKEI NET)

神経成長因子(NGF)を用いた新しいタイプの点眼薬に、網膜細胞および視神経細胞を保護する作用がみられ緑内障患者の視力を回復させる可能性もあることが、イタリアの研究で示された。

NGFの点眼により緑内障を治療できる可能性を示した研究は今回が初めてであると、イタリア、ローマ大学のStefano Bonini博士は述べている。

この知見は、米国科学アカデミー発行の「Proceedings of the National Academy of Sciences(PNAS)」オンライン版に8月3日掲載された。

イタリアでの研究によれば、神経成長因子(NGF)を用いた新しいタイプの点眼薬に、網膜細胞および視神経細胞を保護する作用がみられ、緑内障患者の視力を回復させる可能性があるそうです。

記事によれば、神経成長因子(NGF)を用いた点眼薬は臨床では使用できず、この研究を証明するためには、大規模な臨床試験による裏付けが必要となるため、新しい治療法として利用されるかどうかはまだ分からないようです。

こうした研究が進むといいですね。

⇒ 緑内障|緑内障の症状・緑内障とは・治療・原因 についてはこちら

→カシス・ルテイン・ブルーベリーサプリ選びに悩むあなたに
→カシス・ルテイン・ブルーベリーサプリ通販専門店

カシスサプリ通販専門店

今なら最大15%引きのお得な初回購入者価格・まとめ買いセール特価で購入できます!

→今ならサプリ無料お試しサンプルもあります。詳しくはこちら!







【関連記事】

緑内障関連ワード

緑内障の症状

緑内障の原因

緑内障チェック・見え方テスト

緑内障の治療(目薬・手術)

正常眼圧緑内障

緑内障の予防(食事・サプリメント)

緑内障の発症率を遺伝子配列で判別|京都府立医大チーム

2013_09_25_Hawa_Abdi_Center_P.jpg

by AMISOM Public Information(画像:Creative Commons)

> 健康・美容チェック > 目の病気 > 緑内障 > 緑内障の発症率を遺伝子配列で判別|京都府立医大チーム




遺伝子配列で緑内障の発症率究明 京都府立医大チーム

(2009/7/21、産経新聞)

失明の原因にもなる緑内障の発症率の高さが遺伝子配列から判別できることを、京都府立医科大学大学院の田代啓教授(分子生物学)と木下茂教授(眼科学)の共同研究チームが初めて突き止め、21日に発表した。

緑内障の早期発見はこれまで困難とされてきたが、田代教授は「発症率が簡単に調べられる血液検査システムの構築が期待され、早期発見に役立つ」としている。

研究成果は、21日発行の「米国科学アカデミー紀要」に掲載された。

緑内障は失明の原因ともなる目の病気

京都府立医科大学大学院の田代啓教授(分子生物学)と木下茂教授(眼科学)の共同研究チームによれば、緑内障の発症率の高さが遺伝子配列から判別できることがわかったそうです。

記事によれば、緑内障患者には特徴的な遺伝子配列があるとのこと。

この研究により、緑内障の早期発見ができるようになるかもしれません。

→ 緑内障の症状・原因・眼圧・予防 について詳しくはこちら







【関連記事】

目の病気

緑内障

飛蚊症

加齢黄斑変性

白内障

ドライアイ

眼精疲労

老眼

スマホ老眼

糖尿病網膜症

VDT症候群

網膜剥離

近視

結膜弛緩症

斜視(隠れ斜視)

眼瞼下垂・まぶたのたるみ

まぶたの痙攣

翼状片

瞼裂斑

コンタクトレンズと目の病気

紫外線と目の病気

目の症状

目の充血(目が赤い)

目の疲れ

目の痙攣

目の下のくま

目のかゆみ

目が痛い

目のかすみ

肩こり頭痛

目やに

光がまぶしい・目がまぶしい

目がゴロゴロする

緑内障の認知度はアラフォー世代が団塊世代下回る 「目の疲れ」と放置傾向に

2013_12_11_AMISOM_OPD_C.jpg

by AMISOM Public Information(画像:Creative Commons)

> 健康・美容チェック > 目の病気 > 緑内障 > 緑内障の認知度はアラフォー世代が団塊世代下回る 「目の疲れ」と放置傾向に




<緑内障>「正常眼圧型」はアラフォー世代が団塊世代下回る 「目の疲れ」と放置傾向に

(2009/6/3、毎日新聞)

40歳以上の日本人の20人に1人が発症し、中途失明の原因の1位になっている「緑内障」について、アラフォー世代(38~43歳)の女性は、団塊の世代(59~61歳)の女性よりも認知度が低いことが製薬会社「ファイザー」(東京都渋谷区)の調査で分かった。

目の不調や疲れがあっても病気を疑う人は少なく、緑内障を疑う人はほとんどいないという。

目の病気である緑内障の認知度は、アラフォー世代の女性は、団塊の世代の女性よりも認知度が低いことがわかったそうです。

緑内障は40代頃から増加傾向にあるといわれていますので、目の疲れと放置することなく、ぜひ一度(定期的に)眼科で診断してもらうようにしましょう。

→ 緑内障の症状・原因・眼圧・予防 について詳しくはこちら







【関連記事】

目の病気

緑内障

飛蚊症

加齢黄斑変性

白内障

ドライアイ

眼精疲労

老眼

スマホ老眼

糖尿病網膜症

VDT症候群

網膜剥離

近視

結膜弛緩症

斜視(隠れ斜視)

眼瞼下垂・まぶたのたるみ

まぶたの痙攣

翼状片

瞼裂斑

コンタクトレンズと目の病気

紫外線と目の病気

目の症状

目の充血(目が赤い)

目の疲れ

目の痙攣

目の下のくま

目のかゆみ

目が痛い

目のかすみ

肩こり頭痛

目やに

光がまぶしい・目がまぶしい

目がゴロゴロする

FDA認可の「まつげが伸びる薬」、女性らが歓迎

latisse

by Maegan Tintari(画像:Creative Commons)

健康・美容チェック > 目の病気 > まつ毛 > FDA認可の「まつげが伸びる薬」、女性らが歓迎




FDA認可の「まつげが伸びる薬」、女性らが歓迎

(2009/2/22、CNN.co.jp)

まぶたに塗布することでまつげを濃く、長くする薬が、米食品医薬品局(FDA)に認可された。

「お化粧の手間が省ける」という女性や、抗がん剤の副作用でまつげを失ったがん患者らが、さっそく処方を受けている。

まつげを濃く、長くする薬がFDAに認可され、処方を受けている人が出始めているそうです。

この薬は、米製薬会社アラガンが申請した「ラティス」。

もともと緑内障患者の眼圧を下げる点眼薬として開発された。

使用した患者の多くに、まつげの成長が促進されるという「副作用」がみられたことから、美容目的での販売が認められることになった。

元々は、緑内障患者の眼圧を下げるための点眼薬だったのですが、まつげの成長が促進されるという作用が見られたことから、美容目的での販売がされるようになったそうです。

使用が認められているのは18歳以上の人で、妊婦、目の病気やアレルギーのある人は注意が必要。

副作用としては、目のかゆみ充血のほか、まぶたの縁が黒っぽくなることがある。

まつげの部分にうまく塗れず、まぶたにうっすらと毛が生えてきてしまった例も報告されているが、使用を中止したところ、まぶたの毛はしばらくして抜け落ちたという。

この薬の使用が認められているのは、18歳以上の人で、妊婦、目の病気やアレルギーのある人は注意が必要だということ。

今後、日本に上陸することはあるのでしょうか。

興味深いですね。

→ 健康的なまつ毛を育てる方法 について詳しくはこちら







【関連記事】