話している時の目線による心理|視線でわかる相手の気持ち


今回ご紹介する記事は、「話している時の目線による心理」についてです。

【目次】





・目を見て話す時

Music Is My Sanctuary

by Matthew G(画像:Creative Commons)

視線でわかる相手の気持ち

(2012/11/16、ローリエ)

これは、相手を知ろうとするしぐさです。

相手が何を考えているか気になる時、相手の目を見ながら話をします。

また、外向的な人も相手の目を見て話す人が多いです。

これは相手に自分を信用して貰うための非言語の意思表示の表れでもあります。

話をするときに目を見て話す場合は、相手が何を考えているのかを探っているようです。


・目を見ないで話す時

avoiding eye contact

by Jhayne(画像:Creative Commons)

これは、コンプレックスが強い人に多いしぐさです。

自分の心を知られるのが怖い時や相手に強いコンプレックスや恐怖を感じている時などに現れます。

しかし、複数人いる時に一人の相手にだけ目を合わせないのであれば、嫌悪を感じているか、逆にその人に興味や好意があり心の中を知られたくないため見ない場合もあります。

隠し事をしていると、人はできるだけ相手と目が合うのを避けようとしますので、状況に合わせ見極めが必要です。

目を見ないで話す人は、次のような特徴があるようです。

  • 自分の心を知られるのが怖い
  • コンプレックスが強い
  • 相手に嫌悪感を感じている
  • 相手への興味・行為を知られたくない

つまり、相手に対して正直ではない人といえるのではないでしょうか。





・上目遣いで見る時

eye contact

by Michael Knapek(画像:Creative Commons)

相手に甘えたい気持ちや相手に敬意を示している時のしぐさです。

上目遣いで見るしぐさは、相手に甘えたいという気持ちや敬意の気持ちを示すようです。


・視線が定まらない時

restless

by Alice(画像:Creative Commons)

自分に自信がなく不安な時に現れるしぐさです。

相手の視線が定まらない場合は、自信がなかったり、不安であったりするようです。

目を見ないで話す人と同様、

  • 自分の心を知られるのが怖い
  • コンプレックスが強い
  • 相手に嫌悪感を感じている
  • 相手への興味・行為を知られたくない

といった気持ちがあるのではないでしょうか。


・まばたきが多い

Closed eyes

by Lenore Edman(画像:Creative Commons)

弱気になっていたり緊張状態の時に現れるしぐさです。

まばたきのペースは、通常3秒に1回位ですが、弱気な時や強い緊張状態になると無意識にまばたきが増えます。

瞬きが多い人は、もちろん癖の人もいますが、一般的には、弱気な気持ちや強い緊張状態、不安な状態の時に、瞬きが増えるようです。

また、記事によれば、うそをついている時も不安からまばたきが増えることがあるそうです。







【関連記事】