カフェインには脂肪肝を改善する効果がある!?


person-woman-coffee-cup

> 病気・症状 > 肝臓 > 肝臓の病気 > 脂肪肝 > カフェインには脂肪肝を改善する効果がある!?




■カフェインには脂肪肝を改善する効果がある!?

コーヒーや紅茶を飲むと肝臓が健康になる!?:研究結果

(2013/8/21、IRORIO)

デュークNUS医科大学院とデューク大学医学部からなるリサーチチームがおこなった研究によると、カフェインには脂肪肝を改善する効果があることがわかったそう。

脂肪肝とは、肝臓に脂肪が蓄積した状態のこと。糖尿病肥満の患者の70%は非アルコール性脂肪性肝疾患に侵されているとされているが、モニタリングしづらい上に効果的な治療法がない難しい病気として知られている。

実験では、高脂肪の食事を与えて脂肪肝にさせたマウスにカフェインを与えて様子を見たところ、カフェインが肝細胞内の脂質に働きかけて新陳代謝を促進していることが判明。その結果、肝臓の脂肪分が減少していったという。

同研究をおこなったリサーチチームよれば、この効果を得るためには、カフェイン入りのコーヒーまたは紅茶などを1日4杯ほど飲む必要があるそう。

デュークNUS医科大学院とデューク大学医学部のチームによる研究によれば、カフェインが含まれるコーヒーや紅茶を飲むと、肝臓の脂肪が減少し、脂肪肝を改善する効果があることがわかったそうです。

以前紹介した記事によれば、コーヒーの中に含まれる「カフェイン」は、脂肪を分解する酵素「リパーゼ」の働きを活発にさせる作用を持つため、脂肪の分解がより進むようになるということでした。

そうした効果により、カフェインが脂肪肝の改善に役立つのだと考えられます。

【関連記事】

ダイエット時に注意したい5つの飲み物

コーヒーに含まれているカフェインは、
①眠気を防ぎ作業効率を上げる、
②脂肪分解酵素を活性化させてくれる、
③胃酸を分泌して消化を助ける、
④利尿作用があり、老廃物の排出を助ける、
という効果があります。

“体脂肪減少”の近道は運動前のコーヒー

(2005/1/24、nikkei BPnet)

筋肉が消費するカロリーは、筋肉中に蓄えられているグリコーゲンなどの糖類と、体脂肪が分解されて血液中に溶け出している脂肪酸の2種類がある。

しかし、短い時間に運動をすると、グリコーゲンの方がまず使われて、脂肪酸は使われない。

というのも、脂肪酸を使うには、まず脂肪を分解する必要があるからだ。

脂肪酸は、15分程度の運動により初めて、血液中に出回り始める。

すると筋肉はこの脂肪酸を燃やしてエネルギーを得るということになる。

この過程において、コーヒーの中に含まれる「カフェイン」は、脂肪を分解する酵素「リパーゼ」の働きを活発にさせる作用を持つ。

つまりカフェインがあると、脂肪の分解がより進むようになるわけだ。

実際、コーヒーを飲んだ後に血液中の脂肪酸の量を調べると、水しか飲まなかった場合に比べ、脂肪酸量は増えることが分かっている。

その量は、コーヒーを飲まなかった場合と比べて2倍程度にもなるという。

コーヒーに含まれるカフェインには、脂肪分解酵素「リパーゼ」の働きを活発にさせる作用があり、コーヒーを飲んだ場合は、水を飲んだ場合に比べて、脂肪酸の量は2倍になるそうです。

どのように飲むとより効果的なのでしょうか?

体脂肪を効率よく燃やすには、コーヒーを飲むタイミングも重要といえる。

カフェインの濃度が血液中で最大になるのは、飲んでからおよそ20〜30分後だからだ。

つまり、コーヒーを飲んでから20〜30分後に運動を始めるといい。

ただしこの場合、コーヒーはブラックで飲むことが望ましい。

糖分を一緒に取ると、脂肪の燃焼を高める効果が薄れるというのがその理由だ。

また運動は、ウオーキングやジョギングなど体への負担の少ないものにすることも肝心だ。

激しい運動では、脂肪ではなくグリコーゲンが燃やされるからだ。

体脂肪を効率良く燃やすには、

  1. コーヒーを飲んでから20〜30分後に運動を始めること
  2. コーヒーはブラックで飲むこと
  3. ウォーキングやジョギングなど体への負担の少ないものにすること

を守ると、より効果的なようです。







【関連記事】