認知症の高齢者は2025年には730万人と推計|認知症に役立つ食べ物と生活習慣


健康・美容チェック > 認知症 > 認知症の高齢者は2025年には730万人と推計|認知症に役立つ食べ物と生活習慣




■認知症の高齢者は2025年には730万人と推計

Generations

by Florian .(画像:Creative Commons)

認知症の高齢者 10年後には730万人と推計

(2015/1/8、NHK)

認知症の高齢者は、いわゆる団塊の世代がすべて75歳以上となる10年後の2025年には、多い場合で730万人に達し、高齢者のおよそ5人に1人に上るとする新たな推計を厚生労働省の研究班がまとめました。

認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)|厚生労働省

わが国の認知症高齢者の数は、2012(平成 24)年で 462 万人と推計されており、2025(平成 37)年には約 700 万人、65 歳以上の高齢者の約5人に1人に達することが見込まれています。

厚生労働省の研究班によれば、2025年には認知症の高齢者は多い場合で730万人に達すると推計されるそうです。

参考画像:高齢者の健康・福祉|内閣府

この2025年は、団塊の世代が75歳以上となる年になります。

1000歳まで寿命が延びる?!かもしれないという記事を以前取り上げましたが、寿命が伸びても認知症になれば、社会生活を続けるのは難しくなる恐れがあります。

認知症にならないような生活習慣を心がけましょう!

→ 認知症対策|認知症に良い食べ物・栄養 について詳しくはこちら







【認知症に役立つ食品】

→ オメガ3 について詳しくはこちら

→ DHA について詳しくはこちら

【認知症に役立つ習慣】

【関連記事】

公開日時: 2015年1月8日 @ 15:04