#中島美嘉 さんが患っている耳の病気「耳管開放症」の症状・原因





【目次】

■中島美嘉さんが患っている耳の病気「耳管開放症」の症状・原因

I C U

by Walt Stoneburner(画像:Creative Commons)

中島美嘉が治らない耳の病で歌手引退を決意していた過去を告白

(2015/1/31、トピックニュース)

中島は、2010年秋に耳管開放症で活動休止している間、ニューヨークに滞在していた。当時の混乱を、中島は「どのぐらい声が出てるのか、どうなってるのかが分からない」と説明している。

中島美嘉さんは2010年秋に耳管開放症という耳の病気で活動を休止していました。

芸能人には他にも耳管開放症を告白している方がいらっしゃいます。

【関連記事】

耳管開放症とはどのような病気なのでしょうか?

■耳管開放症とは

耳管開放症|コトバンク

中耳から鼻の奥につながる管が、通常は閉じているのに、開いたままになる病気。

耳管開放症の左右両方の耳管が開いている場合を両側耳管開放症(りょうそくじかんかいほうしょう)といい、片方の耳管だけが開いている場合を片側耳管開放症(へんそくじかんかいほうしょう)というそうです。

耳が詰まったような状態になる病気としては次のような病気が疑われます。

散歩中に突然、耳が詰まったような状態に…原因は何?

(2015/11/4、マイナビニュース)

何もないときに突然耳が詰まった感じになるのは、中耳炎や耳管狭窄症、耳管開放症、突発性難聴、メニエール病などが疑われます。つばを飲み込むことなどで改善されるようでしたら心配ないかと思いますが、頻回に起こったり、長時間続くようでしたら病院を受診してください。

中耳炎や耳管狭窄症、耳管開放症、突発性難聴、メニエール病などが疑われるそうです。

耳が詰まったような感じが頻繁に起きたり、長時間続くような場合には病院に行きましょう。

【難聴 関連記事】

■耳管開放症の症状

耳管開放症|コトバンク

代表的な症状として、耳がふさがれたような感じがし、自分の声が大きく反響して聞こえたり、自分の鼻呼吸の音が異常に大きく聞こえたりすることなどが挙げられる。音程が正しく聞き取れない、聞き取りにくい音域ができる、耳が痛いといった耳の症状以外にも、フワフワと浮き上がって揺れるようなめまいが起こることもある。前かがみになったり、横になったりすると症状が緩和するのが特徴である。

【症状】

  • 耳がふさがれたような感じがする
  • 自分の声が大きく反響して聞こえる
  • 自分の鼻呼吸の音が異常に大きく聞こえたりする
  • 音程が正しく聞き取れない
  • 聞き取りにくい音域ができる
  • 耳が痛い
  • 浮き上がって揺れるようなめまいが起こる

【関連記事】

■耳管開放症の原因

耳管開放症|コトバンク

開いたままになる原因はよくわかっていないが、疲労、ストレス、体重減少などが、発症や悪化のきっかけになるという説もある。

耳管開放症の原因ははっきりとわかっていないそうです。

ただ、疲労・ストレス・体重減少がきっかけではないかと考えられるそうです。

■まとめ

中島美嘉“耳の病気”今も症状ある「イライラします」と本音も

(2014/12/7、musicvoice)

CDに録音した音程とライブで実際に歌う音程がズレているという話題で盛り上がり「わたし歌が下手なんです」とも明かしていた中島だが、MCの加藤浩次に耳の病気が影響しているのではないか、と指摘されると「それも少しは理由でもあるんですけど、あまりそういうところは理由にしたくないんで」と語った。

中島美嘉さんは、耳の病気の影響で音程がとりづらくなっているはずなのですが、それを理由にしたくないと語っています。

中島はそこにも触れ「(感情で歌う)ことしか出来なくなってしまったんですね。あれがなかったら心から伝えようということもできなかったかもしれない」とも述べ、前向きに捉えていることも明かした。

中島美嘉さんは聞いてもらう人に心から歌を伝えようと思っているのではないでしょうか。

音程をとりづらくなったため、感情で歌うことしかできなくなったこそ、歌える歌があるのかもしれません。




→ 中島美嘉さんは自分を知ることでコンプレックスをプラスに変換している について詳しくはこちら




【関連記事】