肝臓を温めるとダイエット効果がある?肝臓を温める3つの方法|肝臓の位置・場所にカイロを貼る|#サタプラ


Woman sleeping

by Timothy Krause(画像:Creative Commons)

> HOME > 病気・症状 > ダイエット > 肝臓 > 肝臓を温めるとダイエットの効果がある?肝臓を温める3つの方法|サタデープラス

2015年12月26日放送のサタデープラスでは正月太りを予防する方法として、「肝臓を温める」ことを紹介していました。

なぜ肝臓を温めるとダイエット効果があるのか、どうすれば肝臓を温めることができるのか、まとめてみました。

【目次】




■なぜ肝臓を温めるとダイエット効果があるのか

私たち人間の体の基礎代謝の3分の1は肝臓が担っています。

基礎代謝とは、生命活動を維持するために消費される必要最小限のエネルギー代謝量のことです。

肝臓の機能を高めることが基礎代謝アップにつながり、太りにくく痩せやすい体になると考えられるそうです。

そして、今回肝臓の機能を高める方法として紹介したのが、肝臓を温める方法です。

【関連記事】




■肝臓を温める方法

1.肝臓をカイロで温める

肝臓の位置にカイロを貼り、外側から温めると、血流が増加し、代謝アップにつながるそうです。

肝臓の位置は、腹部の右上で、横隔膜の下にあります。

→ 肝臓の機能・働き・位置 について詳しくはこちら

2.毎日「茶節」(カツオ節の味噌汁+緑茶)を食べる

合わせ味噌・かつお節を入れて、緑茶を注ぐとできる「茶節」がよいそうです。

みそ:味噌は肝臓内に肥満を予防するアディポネクチンを作る

緑茶:カテキンは血糖値の上昇を緩やかにする

カツオ節:ヒスチジンは満腹中枢を刺激して、食べ過ぎを防いでくれる

【関連記事】

3.食後にごろ寝する

ごろ寝をするときに、頭と足を20~30cmほど高くすることによって、肝臓に血液が集まり、肝臓の働きが活性化して、代謝アップにつながるそうです。

10~15分ほどでOK。

30分以上してしまうと、逆効果になってしまうそうです。

→ 肝臓の機能・働き・位置 について詳しくはこちら

⇒ あなたにあった ダイエット 方法の選び方 はこちら

⇒ ダイエットの基礎知識 はこちら

ダイエット方法ランキングはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ダイエット方法ランキング

【関連記事】







肝臓関連ワード

肝臓とは|肝臓の機能・働き・位置(場所)

肝臓の病気|肝臓病の初期症状・種類・原因

脂肪肝とは|脂肪肝の症状・原因・治し方

肝炎とは|肝炎(B型・C型・アルコール性)の症状・原因・チェック

NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)の症状・食事・改善方法

NAFLD(非アルコール性脂肪性肝疾患)とは・症状・原因

肝硬変とは|肝硬変の症状・原因・食事

肝臓がん|肝臓がんの症状(初期・末期)

肝機能障害の症状・原因・食事・肝機能の数値

肝臓の数値・検査値|ALT(GPT)・AST(GOT)・γ-GTP

ALT(GPT)の基準値|ALTが高い原因

AST(GOT)の基準値|ASTが高い原因

γ-GTPの基準値|γ-GTPが高い原因

胆管とは|胆管がんの症状

胆のうの位置・働き(機能)・病気(胆嚢炎・胆のうがん)

肝臓に良い食べ物|肝臓と食事

亜鉛を含む食べ物・食品|亜鉛不足チェック・摂取量

タウリンとは|タウリンの効果・効能|タウリンの多い食品・食べ物

コレステロールとは|コレステロール値を下げる食品・食事

中性脂肪とは・数値(正常値)・高い原因・下げる(減らす)