瀬戸大也選手の不調の原因は栄養不足だった!?|水泳


Big Al Meet

by D Allen(画像:Creative Commons)




瀬戸大也、不調の原因は栄養不足だった/競泳

(2016/3/6、サンケイスポーツ)

2月下旬に行われたコナミオープンで思うようなタイムが出せなかった瀬戸だが、不調の原因が栄養不足だったことが判明。「血液検査で糖の値が低かった。豆とかミネラルをしっかりとって、ご飯の量もどんぶり2杯とか食べている。代謝がよくなって、練習中もトイレに2、3回行っている」と元気を取り戻した様子。

瀬戸大也選手のコメントによれば、不調の原因は栄養不足にあり、現在は、食事を変えているそうです。

瀬戸大也200個メ優勝、専門家指導で栄養不足解消

(2016/3/6、日刊スポーツ)

大会後、栄養士に相談すると、原因は単なる栄養不足だったことが判明した。以来、朝、練習前後、練習中にサプリメントを必ず摂取。食事もどんぶり飯大盛りから、どんぶり飯2杯とハーフ麺と炭水化物を増やし、豆類などのミネラルも欠かさず食べるようになった。「グワッと調子が上がってきた」と効果てきめんだった。

オリンピックを目指すほどの競泳選手ともなれば、練習量も多く、かなりのカロリーを消費しているものだと思います。

ただ、今回気になったのは、それほどの選手であるにもかかわらず、栄養管理が行なわれていなかったということ。

リオオリンピックまで時間が迫っているため、焦りもあるでしょうが、しっかりとコンディションを整えてほしいですね。







【関連記事】