台風が近づくとクモ膜下出血・ぜんそく発作が起こりやすい?|#ホンマでっかTV


Typhoon, Me and the rising water

by Stephen Wheeler(画像:Creative Commons)




■台風が近づくとクモ膜下出血・ぜんそく発作が起こりやすい?|#ホンマでっか

2011年8月31日のホンマでっかTVでは、夏の終わりの危ない習慣がテーマでした。

その中で台風と病気の関係について取り上げていましたので、ご紹介します。

 

■台風が近づくとくも膜下出血発症が1.8倍に!?

沖縄県の八重山諸島での調査によれば、台風接近前後3日間のくも膜下出血発症率が1.8倍になったそうです。

 

●くも膜下出血の原因

台風接近にともなう気圧の変化がこぶ(脳内の血管にこぶを持つ)を刺激するそうです。

また、不安感による血圧の変化でこぶが破裂し易くなるとも考えられるようです。

対策としては、台風通過前に降圧剤を服用することが考えられるようです。

ただ、くも膜下出血と気圧変動には一定の関係はないという結果も出ています。

くも膜下出血の群発について気圧変動との関係|JStage

1. くも膜下出血は群発する傾向にあった.
2. 発症当日の気圧の絶対値は関連性がなかった.
3. 発症前の気圧変動の絶対値も関連しなかった.
4. 発症前の気圧変動のパターンにも特徴的な変化を証明できなかった.

【くも膜下出血関連記事】

■台風が来るとぜんそく発作が起き易い!?

湿度、温度、気圧の変化でぜんそくが起こる

 

●台風が東京の西通過でぜんそくが激しくなる!?

台風が東を通ると変わらない

北半球の台風は反時計回りで、暖かい湿った空気を送り込み、また気圧の変化によって、喘息が起こりやすくなると考えられるようです。

また、台風による不安感もぜんそく発作を起こす原因になると考えられるようです。

■まとめ

天気の変化で不調を感じる「気象病」 対処法は (2015/7/2、NIKKEI STYLE)を参考にすると、気圧の変化があると、耳の奥の内耳の気圧センサーが「体のバランスが」崩れたという情報を感知する一方、視覚では「体のバランスは崩れていない」という情報が届き、内耳と目からの情報のずれによって、交感神経が興奮することにより、めまいや頭痛、関節痛といった症状が起こるそうです。

【参考リンク】

天気の変化によって自律神経が乱れる症状を「気象病」と呼ぶそうですが、今後の研究によって、本当に台風とくも膜下出血やぜんそくとの関係があるのかどうか、わかるといいですね。







【関連記事】