「アート」タグアーカイブ

STEAM教育|なぜ子供の教育に「Art(芸術)」が欠かせないのか?




【目次】

■STEAM教育|なぜ子供の教育に「Art(芸術)」が欠かせないのか?

City of the Future: Fourth Class at Tam High

by Fabrice Florin(画像:Creative Commons)

大人にこそ必要な「STEAM+SF教育」とは何か

(2017/2/13、Forbes Japan)

就任当時のオバマ大統領は、OECDが世界の15歳を対象に実施するPISA(学習到達度調査)で、アメリカの子供たちの成績が低いことに驚き、小中学校での「STEM」教育あるいは「STEAM」教育に力を入れた。現在の子供たちが将来、よりよい職を得るために欠かせないと考えたのだ。

AMAZON、STEMおもちゃの定期購入サービスを開始|世界の教育は「遊びながら学ぶ」という方向に進んでいる!?で紹介しましたが、STEMとは、Science(科学)・Technology(技術)・Engineering(工学)・Mathematics(数学)の頭文字をとった言葉で、当時のオバマ大統領が積極的に教育に取り入れようとしたことで注目されました。

President Obama on the Importance of STEM Education

この「STEM」にArt(芸術)を加えた言葉が「STEAM」です。

なぜ「Art(芸術)」が必要なのでしょうか?

この問いへの回答としては、「なぜデザインなのか 原研哉 阿部雅世 対談」の言葉が最も適切だと思います。

なぜデザインなのか。

新品価格
¥1,944から
(2017/2/13 13:12時点)

図工というのは、言い換えれば「クリエイティビティ」ですね。いま日本の基礎教育の中で図工の時間が減っているのですが、これはのりで色紙を貼るような「作業の時間」が減るのではなくて、「創造性」の時間が削減されていると考えたほうがいい。国語、算数、理科、社会、図工はあまりに身近になっているので、ピンと来ないところがありますが、言い換えれば「言語」「数学」「科学」「世界」「創造性」です。科学に創造性を掛け合わせるからノーベル賞級の独創的な研究が生まれる。クリエイティビティを過小評価してはいけないし、させてもいけない。

「Art(芸術)」は小学校の授業に当てはめると「図工(図画工作)」に当たり、この図工を「Creativity(創造性)」と言い換えると、図工の時間が減るということはクリエイティビティ(創造性)を大事にしていないということになります。




■なぜクリエイティビティ(創造性)が大事なの?

ではなぜクリエイティビティ(創造性)が大事なのでしょうか?

「創造力」に関しては「ファンタジア」(著:ブルーノ・ムナーリ)の言葉が印象的です。

ファンタジア

新品価格
¥2,592から
(2017/2/13 13:26時点)

創造力を刺激する遊びを通じて、子供の知識が広げられないと、すでに知っている事柄同士の関係を築くことはできない。仮に関係を築くことができたとしても、それは非常に限定された方法でなされたにすぎず、それでは子供のファンタジアを発達させるに至らない。

子供を創造力溢れ、のびのびしたファンタジアに恵まれた人間に育てたいなら、可能な限り多くのデータを子供に記憶させるべきだ。記憶したデータが多ければ、その分より多くの関係を築くことができ、問題に突き当たってもそのデータをもとに毎回解決を導き出すことができる。

創造力とは、知識同士の関係性をつなぎあわせ、それを表現する方法であるとするならば、ある問題に対して、国語(「言語」)、算数(「数学」)、理科(「科学」)、社会(「世界」)という授業で学んだ知識同士をつなぎ、どのような手段・方法で解決するかを考える上で欠かせないものです。

子供が描いた絵に対して大人が創造力があると表現することがありますよね。

なぜ大人は子供が描いた絵に対して創造力があると表現するのでしょうか。

それは、無関係なもの同士をつなげたことによって、大人では想像できなかったものを描いたからです。

ただ、それは、ランダムに組み合わせたものが意図せず偶然作られたもの(子供によっては意図して作るケースもあるかと思います)であり、また、子供たち自身がメッセージ性をもって作り上げたものではありません。

「ファンタジア」(著:ブルーノ・ムナーリ)にはこう書かれています。

無知こそが最大の自由を与えると信じるのは間違っている。
むしろ知識こそが自己表現の手段を完全に操る力を与えるのだ。
それにより、手段とメッセージに一貫性をもたせ、明確に自己表現できるようになる。

子供に対しては、遊びや授業を通して、様々な表現方法があることを記憶させることによって、自分が本当に伝えたい・解決したいことができた時に、最も気持ちと一致した表現方法で表現することができるはずです。

言葉で表現することや絵で表現すること、映像で表現すること、写真で表現することなど様々な表現方法がありますが、多くの知識を持つことが自己表現に役立つのです。

しかし、それは芸術家になれということではありません。

創造力は生きる上での大事な力になってくれます。

クリスマスにピザ店で持ち帰り用のピザを提供するのが遅いからと言って怒る人。

人にはどうすることもできないような大雪にもかかわらず、飛行機が飛べないことに対して怒る人。

このツイートでは「想像力」という言葉を使いましたが、創造力が欠けた人は変化に対応することが難しいのだと思います。

「ファンタジア」(著:ブルーノ・ムナーリ)

創造力を欠いた人は、人生で避けて通ることのできない様々な変化にうまく適応できない。例えば、多くの親が自分の子供を理解できなくなってしまうのがそうだ。

創造力のある人は常に共同体から文化を受け取り、そして与え、共同体とともに成長する。創造力のない人はだいたい個人主義的で頑なに自分の意見をほかの個人主義者のそれと対立させようとする。

創造力が欠けていると、それぞれの関係性を結びつけることが難しく、変化に対応するのが苦手になってしまうのでしょう。

創造力は人生を楽しく生きる上での大事な力になってくれるはずですので、子供の時から遊びや授業を通じて教えてほしいですね。

原田セザール実:科学好きの子供を作るには

(Aug 2015、TED Talk)

リンダ・リウカス:子供に楽しくコンピューターを教えるには(Oct 2015、TED Talk)







【教育 関連記事】
続きを読む STEAM教育|なぜ子供の教育に「Art(芸術)」が欠かせないのか?

アートはなぜ価値が高いのか?|なぜバスキアの作品は高額で落札されたのか?




■アートはなぜ価値が高いのか?|なぜバスキアの作品は高額で落札されたのか?

Valse musette

by Ignacio Sanz(画像:Creative Commons)

ZOZOTOWN(ゾゾタウン)を運営するスタートトゥデイ代表前澤友作さんがジャン・ミシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat)の作品を約62億と約123億で落札したというニュースを聞いたことがある人も多いと思います。

【参考リンク】

ただ、ふと疑問に思った人もいるのではないでしょうか、なぜバスキアの作品はこんなに高額なのだろうか?、と。

堀江貴文さんがこの疑問をチームラボ代表の猪子さんがぶつけて解説をしてくれています。

【対談】堀江貴文×チームラボ代表・猪子寿之が語る「アートが変える未来」

(2017/8/29、スタディサプリ進路)

猪子:結局世紀を語る時に、大量消費社会がきて、マスメディアが出てきて、人類の価値観がどう変わっていったかをちゃんと説明しようと思ったら、ウォーホル抜きには説明できないんですよ。現代の工業製品をニュートン抜きには語れないのと同じように。

<中略>

猪子:ウォーホルにとって、バスキアは影響の大きな人物だったんです。共同制作もしていました。ウォーホルのある時代を説明するには、バスキアも外せないわけです。

産業革命が起き、物を大量生産できるようになり、いいものを安く手に入れられるようになりました。

アンディ・ウォーホルが出てきたことによって、「みんなが知っているものがかっこいい」という概念が生まれ、それ以降ラグジュアリーブランドが生まれ、巨大な産業が生まれていきました。

歴史において、ウォーホル抜きでは美の価値観が変わったことを説明することができず、また、すでに亡くなっているため作品が増えることがないので、価値が下がることはないそうです。

バスキアはそのウォーホルにとって影響力のある人物であり、ウォーホルを語るうえで欠かせない人物でもあるため、バスキアの作品は高額で取引されているのだそうです。







2017年実際に買ってよかった本ランキングベスト5|おすすめ本ベスト5も!(デザイン・組織マネジメント・レジリエンス・アート・自己啓発本)

このブログで2017年実際に買ってよかった本ランキングベスト5についてまとめました。




→ 2018年実際に買ってよかった本ランキングベスト5【最終更新日2018年10月5日】 はこちら

■2017年実際に買ってよかった本ランキングベスト5

Reading

by Marco Nürnberger(画像:Creative Commons)

第1位 西欧近代を問い直す

西欧近代を問い直す (PHP文庫)

新品価格
¥756から
(2018/1/1 21:04時点)

近代社会において作られた様々なもの・言葉が現代とマッチしていないと感じたタイミングで読んだ本です。

第2位 ブロックチェーン・レボリューション

ブロックチェーン・レボリューション ――ビットコインを支える技術はどのようにビジネスと経済、そして世界を変えるのか

新品価格
¥2,592から
(2018/1/1 21:02時点)

「ブロックチェーン」がワクワクさせてくれるであろうテクノロジーだと思わせてくれた本です。

DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー 17年8月号 (ブロックチェーンの衝撃)

新品価格
¥2,060から
(2018/1/1 21:06時点)

第3位 Airbnb Story

Airbnb Story

ワクワクさせてくれる起業ストーリーであると同時に、CEOが知的好奇心にあふれる人であることが伝わってくる本です。

→ 「Airbnb Story」から学ぶ!スタートアップが大事にすべき2つのこと について詳しくはこちら

第4位 アート×テクノロジーの時代 社会を変革するクリエイティブ・ビジネス

アート×テクノロジーの時代 社会を変革するクリエイティブ・ビジネス (光文社新書)

新品価格
¥994から
(2018/1/1 21:05時点)

チームラボについて知りたくて手にとった本ですが、その他のTakramやライゾマティクス、ザ・ユージーン・スタジオ(THE EUGENE Studio)のそれぞれの考え方が違って大変面白い本でした。

第5位 サピエンス全史

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福

新品価格
¥2,052から
(2018/1/1 21:02時点)

サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福

新品価格
¥1,740から
(2018/1/1 21:02時点)

人類は唯一の人類ではないという話や農業革命は史上最大の詐欺など今まで考えることさえなかった前提について考えてみる視点をくれた本です。




■その他の注目本!

●イノベーションやデザインに関心がある人にオススメ!「突破するデザイン」

突破するデザイン あふれるビジョンから最高のヒットをつくる

新品価格
¥2,160から
(2018/1/1 21:23時点)

AEH(Ambient Experience Healthcare)|スキャンの質を向上させるために「『よい診察』とは何か?」という問いから始める|フィリップスでも紹介しましたが、どういう新しい価値を創造するのかを考えるという「意味のイノベーション」という考え方を教えてくれた本です。

●組織作りに悩んでいるあなたにオススメ!「HOLACRACY(ホラクラシー)」

HOLACRACY 役職をなくし生産性を上げるまったく新しい組織マネジメント

新品価格
¥1,836から
(2018/1/1 21:25時点)

「組織作りに悩んでいる」そんなあなたにはザッポスやAirbnbが取り入れている「ホラクラシー」という新しい組織マネジメントを実践してみてはどうでしょうか?

●失恋、人間関係のこじれ、仕事の失敗、突然の病気、愛する人の死といった逆境の真っ只中にいる人に!「OPTION B」

OPTION B(オプションB) 逆境、レジリエンス、そして喜び

新品価格
¥1,430から
(2018/1/1 21:28時点)

「オプションB」とは、「次善の選択肢」のことで、失恋、挫折、人間関係のこじれ、仕事の失敗、突然の病、そして愛する人の死といった「最良の選択肢(オプションA)」ではなく、オプションBを選ばざるを得なくなったとき、その逆境からどう回復すればよいのか。

回復する力(レジリエンス)は自分で鍛えることができることを自身の体験を基に書かれています。

●現代アートに興味を持ったあなたに!「流用アート論」

流用アート論: 一九一二―二〇一一年

新品価格
¥2,160から
(2018/1/1 21:30時点)

アートが「模倣」→「複製」→「流用」という3つの過程を変遷してきたことがわかる本です。

「芸術とは目に見えるものを再現することではなく見えるようにすることである」

パウル・クレーの「見えるようにする」という考え方をスタートアップに置き換えるならば、ありそうでなかったものや気づいてなかったけど欲していたものをモノ・サービスとして形にする仕事であるといえるのではないでしょうか。

●スターウォーズ好きでない方にもおすすめ!「ジェダイの哲学」

スター・ウォーズ ジェダイの哲学 :フォースの導きで運命を全うせよ

新品価格
¥1,620から
(2018/1/1 21:43時点)

大切なことはすべて #スターウォーズ が教えてくれたという方は必見!『#ジェダイの哲学』|#STARWARSでも紹介しましたが、次のような内容について、エピソードを交えて紹介されています。

  • フォースの声に耳を傾け、日ごろ感じる違和感を見つめる
  • 価値観を揺さぶられる出来事の意味
  • この現実は君が作り上げたものの意味
  • 先入観や価値観を手放すことの意味
  • 失うことへの恐れや欲望の種
  • ライトサイドとダークサイドの意味
  • 愛と執着の意味
  • 「今、この瞬間に集中すること」の意味

いろんな自己啓発本を読むよりもこの本を読んでみた方がいいです。







【関連記事】
続きを読む 2017年実際に買ってよかった本ランキングベスト5|おすすめ本ベスト5も!(デザイン・組織マネジメント・レジリエンス・アート・自己啓発本)

「Society5.0」というコンセプトをアップデートしよう!|キーワードは「超主観空間」「計算機自然(デジタルネイチャー)」「無限概念」「東洋的」「融け合う」

参考画像:Flower and Corpse City and Noble|YouTubeスクリーンショット




なぜバスキアの作品は高額で落札されたのか?

ZOZOTOWN(ゾゾタウン)を運営するスタートトゥデイ代表前澤友作さんがジャン・ミシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat)の作品を約62億と約123億で落札したというニュースを聞いたことがある人も多いと思います。

【参考リンク】

ただ、ふと疑問に思った人もいるのではないでしょうか、なぜバスキアの作品はこんなに高額なのだろうか?、と。

堀江貴文さんがこの疑問をチームラボ代表の猪子さんがぶつけて解説をしてくれています。

【対談】堀江貴文×チームラボ代表・猪子寿之が語る「アートが変える未来」

(2017/8/29、スタディサプリ進路)

猪子:結局世紀を語る時に、大量消費社会がきて、マスメディアが出てきて、人類の価値観がどう変わっていったかをちゃんと説明しようと思ったら、ウォーホル抜きには説明できないんですよ。現代の工業製品をニュートン抜きには語れないのと同じように。

<中略>

猪子:ウォーホルにとって、バスキアは影響の大きな人物だったんです。共同制作もしていました。ウォーホルのある時代を説明するには、バスキアも外せないわけです。

産業革命が起き、物を大量生産できるようになり、いいものを安く手に入れられるようになりました。

アンディ・ウォーホルが出てきたことによって、「みんなが知っているものがかっこいい」という概念が生まれ、それ以降ラグジュアリーブランドが生まれ、巨大な産業が生まれていきました。

歴史において、ウォーホル抜きでは美の価値観が変わったことを説明することができず、また、すでに亡くなっているため作品が増えることがないので、価値が下がることはないそうです。

バスキアはそのウォーホルにとって影響力のある人物であり、ウォーホルを語るうえで欠かせない人物でもあるため、バスキアの作品は高額で取引されているのだそうです。




■「Society5.0」というコンセプトをアップデートしよう!|キーワードは「超主観空間」「計算機自然(デジタルネイチャー)」「無限概念」「東洋的」「融け合う」

ところで、Society5.0という考え方をご存知ですか?

Society5.0とは、「狩猟社会(Society1.0)」「農耕社会(Society2.0)」「工業社会(Society3.0)」「情報社会(Society4.0)」に続く、AI(人工知能)や IoT といったテクノロジーによる未来社会として掲げられた「超スマート社会」というコンセプトです。

参考画像:Society5.0・Connected Industriesを実現する「新産業構造ビジョン」(2017/5/30、経済産業省)|スクリーンショット

参考画像:Society5.0・Connected Industriesを実現する「新産業構造ビジョン」(2017/5/30、経済産業省)|スクリーンショット

Society5.0・Connected Industriesを実現する「新産業構造ビジョン」(2017/5/30、経済産業省)

「必要なもの・サービスを、必要な人に、必要な時に、必要なだけ提供し、社会の様々なニーズにきめ細かに対応でき、あらゆる人が質の⾼いサービスを受けられ、年齢、性別、地域、⾔語といった様々な違いを乗り越え、活き活きと快適に暮らすことのできる社会。」(第5期科学技術基本計画)

これまでの社会は、あらゆるものを標準化することによって、人間がその標準化された社会に合わせて生活をすることで問題を解決してきましたが、Society5.0では、多様な違いを持ったままで、必要なサービスを、必要な時に、必要な分だけ提供される社会になっていくことを目指しています。

今後もし「Society5.0」というコンセプトをもとにした社会が出てくるとすれば、先ほどの産業革命後に現れたアンディ・ウォーホルによって美の価値観が変わったように、人々の価値観を変えたアート作品にも注目が集まると考えられないでしょうか?

アート作品について知らないことが多いので、現時点で知っている作品から考えると、「Society5.0」の考え方はチームラボの超主観空間という考え方が最も近いように感じます。

Flower and Corpse City and Noble

ただ、気になる点が一つあるとすれば、Society 5.0|内閣府によれば、Society5.0とは、

サイバー空間(仮想空間)とフィジカル空間(現実空間)を高度に融合させたシステムにより、経済発展と社会的課題の解決を両立する、人間中心の社会(Society)

とあり、「人間中心の社会」を目指しているのですが、超主観空間の考え方は「我々自身も、自然の一部である」というものであり、世界は観察する対象ではなく、自分と世界との境界はないと考えている点です。

むかしの日本の人々にとって、自然とは観察の対象ではなく「我々自身も、自然の一部である」と考えているようなふるまいをしていた。
それは、何かの考えや思想によって、自然の一部であるようなふるまいをしたのではなく、単に、むかしの日本の人々は、自分が見えている世界の中にいるモノたちになりきったり、自分が見えている世界の中に自分がいるような感覚を感じやすかったから、そうしたのではないかと思うのだ。つまり「超主観空間」で世界を見ていたから、自分と世界との境界がないような感覚になりやすく、そのようなふるまいになったのではないだろうかと考えている。

西洋の遠近法や写真のように世界を見ているならば、自分と、自分が見えている世界が完全に切り分かれ、はっきりとした境界ができ、自分が見えている世界に自分は存在できません。つまり、世界は、観察の対象となる。だからこそ西洋では、サイエンスが発展したのかもしれない。

この考え方に近いと思ったのが、落合陽一さんのラボが考えている「計算機自然(デジタルネイチャー)」というものです。

【SoftBank World 2017】特別講演 落合 陽一 氏

「人間社会から計算機自然へ」MOA大学特別講義Vol.2落合陽一先生

(2017/8/27、MOA大学メディア)

つまり、16世紀以前に我々は人間と自然というものを対比して、人間は人間社会を作って自然を克服するというのをテーマにしたんだけど、そうじゃなくてもう1回自然になっていくんじゃないかなと僕は思います。

つまり、あれだけ多様性があっても、どうやったらコンピューターで、多様性のある人間のままいけるかっていうのが次の時代の勝負なんじゃないかなと僕は思ってます。

それってつまり、一人一人がわりと好きな方向に向いててもまあ社会が成立するようになってきたのかなと。

自然と人間とを対比した関係に置くのではなく、世界と自分が溶けあっていくような考え方だと思います。

Flutter of Butterflies Beyond Borders / 境界のない群蝶 beta ver.

Flutter of Butterflies Beyond Borders / 境界のない群蝶

『群蝶図』。この群蝶は、羽の模様を変容させながら空間の中を舞う。また、同じ空間に展示された他の作品の中も舞う。他のインスタレーション作品の空間の中も、他のディスプレイの作品の中もシームレスに飛ぶことによって、作品のフレームという概念を解き放ち、作品間の境界をなくし、あいまいにしていく。

チームラボの作品に「Flutter of Butterflies Beyond Borders / 境界のない群蝶」という作品があり、これを見ると、人と人、人と世界の間にある境界をなくし、自分と世界が溶けあっていくことで新しいものが生まれてくるのではないかと考えさせてくれる作品です。

もう一つ付け加えるとすれば、「Society5.0」に東洋的な考え方を加えていくことです。

西洋と東洋は何が違うんですか?|坂部三樹郎×猪子寿之|Qonversations

例えば、昔は木材が最大の資源でしたよね。西洋の場合は、木は有限だと考えるから奪い合いになるんだけど、日本は切ったら植えればいいじゃんという考え方だった。つまり無限ですよね。

なぜ社員が300人もいるんですか?|坂部三樹郎×猪子寿之|Qonversations

戦争のインセンティブになるのは、客観思想と有限概念だけなんですよ。資源や土地の奪い合い、もしくは客観的な神についての諍いが戦争になる。

チームラボの猪子さんの話を自分なりに解釈すれば、西洋の考え方には「客観思想」と「有限概念」がベースとなっていて、東洋(今回でいえば日本)の考え方は「主観的な思想」と「無限概念」がベースとなっていたと考えられます。

西洋の考え方から脱却して、東洋的な考え方を取り入れていくことにより、また違った新しい社会になっていくのではないでしょうか?

【関連記事】

だからこそ、「Society5.0」という考え方をさらにアップデートして、人間中心の社会を目指すのではなく、人間も自然の一部であるという視点から世界を見ることで、人間と世界の境界線があいまいな、ある種東洋的な発想を持った社会を目指すことが大事になってくるのではないかと思うのです。

■まとめ

歴史が変わるときに、人類の価値観をアップデートしたモノ(アートや人など)は重要な価値を持つでしょう。

今回挙げたものは私が例として挙げたものであり、全く別のものが人々の価値観を変えるようなモノ(アートやヒト、物、サービス)として表れているかもしれません。

あなたにとって価値観を変えた作品を覚えておいてくださいね。







【関連記事】