「冷え性」タグアーカイブ

「ながら美容」でキレイに|忙しいけど、きれいになりたいという欲求を満たす需要が広がる

Massage

by Nick Webb(画像:Creative Commons)




「ながら美容」で一石二鳥 楽してキレイに磨き

(2008/11/2、産経新聞)

足湯につかりながら雑誌を手にお茶を飲み、マッサージでリフレッシュ。

寝ている間に特殊な蒸気を当てればスキンケア効果も…。

日常生活の何気ない動作をしながら、きれいになろうとする「ながら美容」に注目が集まっている。

<中略>

商品開発コンサルティング会社「キャリア・マム」(東京)がインターネット上で運営する「主婦と消費行動研究所」による20~50代の男女約430人への美容意識調査(今年2月、複数回答)では、「すてきに年齢を重ねたい」「若さをキープ、いつまでも美しくありたい」との回答が過半数だった。

今や年齢にかかわらず、結婚、出産を経ても美容に関心の高い女性が増えていることが分かる。

記事によると、足湯や全身マッサージ、フットセラピーなどをうけながら、雑誌を読んだりお茶を飲んだりできるところがあるそうです。

「足湯につかると、全身の血行が良くなり、新陳代謝が活発になって短時間で疲労回復が期待できます。

半身浴より疲れにくく、体に負担もかかりません」と女性スタッフ。

気軽に疲れがとれ、冷え性の解消につながると、会社員や学生、お年寄りまで利用者は幅広いという。

全身の血行が良くなることで、新陳代謝が活発になり、冷え性の解消につながるのであればいいですね。

また、他にも「ながら美容」が注目を集めているのだそうです。

  • 寝ている間にスチームとナノサイズのイオンの相乗効果で、肌の潤いを守り、髪につやを与える機能がある美容器。
  • 日常、身につけて歩くだけで、独自の構造により歩くたびに太ももの筋肉に刺激を与え、体脂肪の減少や腹部の引き締めが期待できる下着。

忙しいけど、きれいになりたいという欲求を満たすためにも、今後「ながら美容」に注目が集まりそうですね。







ジンジャラー: しょうがと冷え性

Gooキーワードセンターの注目ワードで見つけた新しいキーワード、それは「ジンジャラー」。

ジンジャラー 注目ワードコラム (gooキーワードセンター、2008/10/24)

季節に関係なく私の体を悩ませ続ける冷え性。夏は冷房に、冬はすきま風に悲鳴を上げるこの体をどうにかせねばと始めた対策法、体を芯から温めようと作り始めた“しょうが料理”。これがきっかけですっかりしょうがの虜となり、外出時のマイしょうがチューブは欠かせない。そう、私はマヨラーでもなくケチャラーでもない、今をときめくジンジャラーなのです。

しょうがは昔から体を温めるといわれています。

これからの季節、冷え性で悩まされている方には、しょうがはおすすめの食べもの。

毎日の食事にうまく取り入れたい食品です。

でもジンジャラーという言葉は流行るでしょうか。

【関連ページ】