タグ別アーカイブ: 老け顔

「老け顔」防止!口輪筋(唇・口の周りの筋肉)を鍛えるトレーニング方法(鍛え方)

> 肌知識 > 肌の悩み > ほうれい線 > 「老け顔」防止!口輪筋(唇・口の周りの筋肉)を鍛えるトレーニング方法(鍛え方)

老け顔に悩んでいませんか。

どのようにすれば、老け顔を防止することができるのでしょうか?

【目次】




■「老け顔」防止に口輪筋トレーニング

Cheeks

by Brandon Atkinson(画像:Creative Commons)

2)口輪筋鍛え「老け顔」防止

(2009/1/8、読売新聞)

年齢を重ねるにしたがって、ほおがたるみ、口角が下がる。

小鼻の脇から下に向かう縦じわも深くなり、いわゆる「老け顔」になってしまう。

老け顔の最大の原因は、加齢による表情筋の衰えだ。

表情筋には、ほおを引き締める頬筋(きょうきん)や目の周りの眼輪筋、額の前頭筋などがあるが、石井歯科診療所(東京都港区)の石井聖子歯科医師は、「顔のたるみを解消するには、口輪筋を中心に、口元の表情筋を鍛えましょう」とアドバイスする。

老け顔は、加齢による表情筋の衰えが、一番の原因なのだそうです。

表情筋の中にも「頬筋(きょうきん)」、「眼輪筋(がんりんきん)」、「前頭筋(ぜんとうきん)」などがあるそうなのですが、顔のたるみ解消には、口元の表情筋である「口輪筋(こうりんきん)」を中心に鍛えたらよいようです。




■なぜ口輪筋を鍛えたらよいのでしょうか。

口輪筋は、唇の周囲を取り囲む筋肉。

唇を閉じたりすぼめたりする時に働くが、普段、意識して動かすことが少なく、加齢とともに衰えやすい。

たくさんの表情筋が口輪筋から放射状に伸びており、口輪筋が弱くなると、周囲の表情筋もあまり動かなくなってしまうという。

つまり、口輪筋は日ごろ意識して動かすことが少なく、衰えやすい筋肉であり、口輪筋が弱くなると、表情筋が動かなくなってしまい、老け顔になってしまうというわけのようです。

■口輪筋を鍛えるトレーニング方法

1. 人差し指と中指でこめかみを軽く押さえながら、「イー」と言って、前歯を見せる。
2. 次にゆっくりと「ウー」と言って唇をすぼめる。
*この動作を5から8回(20秒から30秒程度)
*1日2回が目安

口輪筋を鍛えるトレーニングをすることで、以下のような効果があるそうです。

ほおのたるみや小鼻の脇の縦じわを改善し、口角が上がり、見た目が若々しくなるほか、唾液(だえき)の分泌を促す効果がある。

老け顔を防止してみたい方はぜひやってみましょう。

→ ほうれい線を消すマッサージ・エクササイズ・舌回し体操 について詳しくはこちら







【関連記事】

顔が老けたと感じるサインは「ほうれい線」「肌のハリがない」「シミ」「毛穴」「目の下のクマ」




■顔が老けたと感じるサインは「ほうれい線」「肌のハリがない」「シミ」「毛穴」「目の下のクマ」

mirror image

by Clare Bell(画像:Creative Commons)

ほうれい線、大丈夫?“老け顔”度チェック

(2014/9/2、日経ウーマンオンライン)

「日経ヘルス」のアンケートで、「顔にどんなサインがあると、老けて見えると思いますか」を尋ねたところ、1位は圧倒的に「ほうれい線」(75.0%)。続いて、「シワ」(66.8%)、「シミ」(65.3%)、「ほおが垂れている(フェイスラインのたるみ)」(51.5%)でした。

老けて見える顔のサインとして、ほうれい線、シワ、シミ、ほおのたるみが挙げられています。

→ ほうれい線を消すマッサージ・エクササイズ・舌回し体操 について詳しくはこちら

そして、興味深いのが次の部分です。

一方、自分で「最近、顔が老けた」と感じている人は91.3%にのぼり、そのサインは「ほうれい線」(45.3%)、「肌のハリ・弾力がない」(43.6%)、「シミ」(42.5%)、「毛穴」(38.5%)、「目の下のクマ」(37.4%)の順でした。

自分で最近顔が老けたと感じている人がそのサインとしてあげていたものの中に「目の下のクマ」があります。

目の下にくまがあると、疲れているように見えて、朝と夕方の顔を比較すると、場合によっては5歳も老けて見えてしまうそうです。

【関連記事】

見た目年齢を引き上げるためにも、目のくまケアをしてみてはいかがでしょうか?

⇒ 目の下のクマを取る方法 原因と解消方法 については詳しくはこちら。

⇒ 目のクママッサージ について詳しくはこちら。

→カシスサプリ選びに悩むあなたに
→カシスサプリ通販専門店

カシス・ルテイン・ブルーベリー専門店

今なら最大20%引きのお得な初回購入者価格・まとめ買いセール特価で購入できます!

1日1分で若返り効果!モダイオラスをもみほぐす簡単リフトマッサージ方法(是枝伸子)|ジョブチューン

●顔の筋肉をほぐすマッサージ方法

  1. 口角の横とほうれい線の延長線上のモダイオラス(えくぼができる位置にある顔の筋肉が集まっているポイント)を親指(内側から)と人差し指(外側から)でつかむ。
  2. 30秒から1分揉みほぐす。

また、頬(ほお)の一番高い位置にも筋肉が集中しているので、同じ方法で揉みほぐすようにする。

→ ほうれい線を消すマッサージ・エクササイズ・舌回し体操 について詳しくはこちら







【関連記事】
続きを読む 顔が老けたと感じるサインは「ほうれい線」「肌のハリがない」「シミ」「毛穴」「目の下のクマ」

【#ながら美容】老け顔が気になる方に!表情筋を刺激してリフトアップ「ear up(イヤーアップ)」その効果とは?

参考画像:avex beauty method 発 新発想美顔メソッド ear up [イヤーアップ] 60sec ver|YouTubeスクリーンショット




■【#ながら美容】老け顔が気になる方に!表情筋を刺激してリフトアップ「ear up(イヤーアップ)」

avex beauty method 発 新発想美顔メソッド ear up [イヤーアップ] 60sec ver

耳からはじめる美容革命「ear up イヤーアップ」がパワーアップ!「ながら美容」の最先端

(2017/7/5、株式会社イングリウッド PRTIMES)

耳にかけると、アームの内側に突き出た磁石が、東洋医学でいう「ツボ」にヒット。その部分のアームに指を添え、軽くマッサージすると更に効果は増します。耳の周りに位置する、「完骨」「聴会」「耳門」「聴宮」というツボは顔面神経麻痺などの鍼治療において使用頻度の高い重要なツボ。東洋医学において、これらのツボをマッサージすることで、表情筋が刺激され、リフトアップなどの美容効果があることは考えられます。

「ear up(イヤーアップ)」は内側についている磁石が表情筋にアプローチし、耳の周りに位置する『完骨』『聴会』『耳門』『聴宮』のツボを刺激することが期待できるのだそうです。

事前のフェイスアップ測定試験では、年齢35歳~54歳以下の日本人女性が、使用終了5時間後に平均2~5cmのフェイスラインのリフトアップ効果が表れました。

朝と夕方の顔を比較すると5歳老けて見えてしまう!?で紹介した資生堂が全国の30代・40代の女性300名を対象に実施した調査によると、朝と夕方で見た目の変化に驚いた経験がある女性は「84.3%」で、「朝と比べ何歳くらい老けると思うか」と質問したところ、平均では「+4.4歳」となったそうです。

今回のプレスリリースによれば、使用終了5時間後に平均2~5cmのフェイスラインのリフトアップ効果が現れたということですので、お昼休みに「ear up(イヤーアップ)」を付ければ、老けて見られにくくなるというのではないでしょうか?

通勤時や休日の移動中に、ヨガ・ストレッチなど自分磨きのリラックスタイムにもつかえそうですね。




■まとめ

Sequence 02 6

今回紹介した商品のポイントは、1.老け顔対策に表情筋を刺激してリフトアップを目指していること、2.仕事や育児で忙しくて美容にかける時間がない方のための「ながら美容」を助ける商品だということです。

ショップジャパンの新提案!「働きながら鍛える」ってどうやればできるの!?では、Yahoo!検索(リアルタイム)で「仕事しながら筋トレ」を検索すると、実際に仕事中にどうやって筋トレするかを考えているツイートをしている人もいるように、「運動したいけど運動する時間がない」「働きながら鍛える方法がないか」と考えている人がいるのですが、同じように、仕事や育児で忙しくて美容にかける時間がない方のための「ながら美容」に関心を持っている人も多いのではないでしょうか?

「ながら美容」でキレイに|忙しいけど、きれいになりたいという欲求を満たす需要が広がる(2008年)でも同様のことを紹介しましたが、以前に比べて、テクノロジーが進んで商品が小さくなったことにより、ウェアラブルデバイスをつけながら美容をすることもできるようになってきているのでしょう。

ウェアラブルデバイス、次に注目されるのは「耳の中」!?|耳の中から生体情報が取得可能|耳の穴で反響した音の違いによって個人認証によれば、ヒアラブル(Hearables)端末は、ヘッドホン(headphone)とウエアラブル(wearable)を合わせた造語で、主にBluetoothを用いたワイヤレスのヘッドホンやイヤホン、補聴器などを指しているのですが、今回紹介した「ear up(イヤーアップ)」のように「ながら美容」を実現する商品に注目が集まっていくのではないでしょうか?







【老け顔・表情筋 関連記事】

【関連記事】