「老眼」タグアーカイブ

40代のお父さんへの #父の日 プレゼントには、#目の病気 予防によい栄養素が入った手料理はいかが?オススメ #レシピ

健康・美容チェック > 目の病気 > 40代のお父さんへの #父の日 プレゼントには、#目の病気 予防によい栄養素が入った手料理はいかが?オススメ #レシピ




【目次】

お父さんは手作りのものがうれしい?

Active cooking at Foodlab Stockholm

by K.I.T.(画像:Creative Commons)

お父さんの健康を考えたプレゼントとして、父の日ギフトには何を贈ろうかと悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

そこで、おすすめするのは、「手料理」です。

子供から「父の日」にもらって嬉しいプレゼントは、手作りの食事・プレゼント・お菓子によれば、父の日にもらってうれしいプレゼントは「手作りの食事」「手作りのプレゼント」「手作りのお菓子」で、お父さんは手作りのものがうれしいという結果が出たそうです。

また、どのような手づくり料理がうれしいのかというアンケートによれば、「お酒に合う料理」(82%)で、その他には「普段食べられない料理」や「ぜいたくな料理」が挙げられており、お父さんも父の日という「特別感」を期待しているのがわかる結果となりました。

そこで、40代のお父さんへの健康を考えたプレゼントとしては、目の病気を予防する栄養素が入った手料理はどうでしょうか?

中高年(40代・50代)と目の病気

40代になると、目の病気にかかる人が増えてきます。

中高年(40代・50代)が気をつけたい目の病気とは、緑内障・加齢黄斑変性飛蚊症老眼目のかすみ)があります。

緑内障は、40歳以上の17人に1人がかかる身近な目の病気であり、早期発見、早期治療が大切なので、40歳前後の方は、一度眼科での検査をおすすめしています。

→ 緑内障 について詳しくはこちら

その他にも、加齢黄斑変性飛蚊症など加齢が原因となる目の病気もあるので、定期的に診てもらいましょう。

また、糖尿病の方は糖尿病網膜症にも気を付けたいですね。

【関連記事】

#緑内障 のお父さんへの #父の日ギフト は青菜類を使った手料理とカシスを使ったデザートやドリンクがおすすめ♪

●緑内障のお父さんへの父の日ギフトは青菜類を使った手料理がおすすめ♪

緑内障の予防のためには毎日青菜類を食べるとよい!?によれば、米ブリガム・アンド・ウイメンズ病院およびハーバード大学医学大学院(ボストン)のJae Kang氏の研究によれば、青菜類を最も多く食べたグループでは、緑内障リスクが20~30%低減していたそうです。

その理由としては、青菜類には一酸化窒素の前駆物質である硝酸が含まれており、多く摂取することで体内の一酸化窒素が増えることによって、視神経への血流を良くしたからだと考えられるようです。

緑内障の予防(食事・サプリメント) についてさらに詳しくはこちら

●デザートやドリンクには「カシス」がおすすめ♪

日本カシス教会によれば、アントシアニン摂取による「目の血流の増加」、「眼圧上昇の抑制」さらには「視野障害進行の軽減」が認められ、カシスが緑内障の進行を抑制するそうです。

カシスの健康効果 について詳しくはこちら

【関連記事】

→カシスサプリ選びに悩むあなたに
→カシスサプリ通販専門店

カシス・ルテイン・ブルーベリー専門店

今なら最大15%引きのお得な初回購入者価格・まとめ買いセール特価で購入できます!

#加齢黄斑変性 のお父さんへの #父の日ギフト は加齢黄斑変性を予防する栄養素が入った手料理はいかが?おすすめレシピ

■加齢黄斑変性を予防する4つの栄養素

加齢黄斑変性を予防する栄養素として挙げられたのは4つ。

1.ビタミンC

ブロッコリー・ピーマン・レンコンなど

2.ビタミンE

アーモンド・かぼちゃ・アボカドなど

3.亜鉛

牡蠣(カキ)・豚レバー・煮干し・焼きのりなど

→ 亜鉛を多く含む食品 について詳しくはこちら

4.ルテイン

ほうれん草・ケール・小松菜・チンゲンサイ・ブロッコリーなど

ルテインは、ケールやほうれん草などの緑黄色野菜に多く含まれている栄養素です。

ルテインは目の網膜に含まれていて紫外線から目を守ってくれています。

しかし、加齢とともにルテインが減少することで紫外線のダメージを受けやすくなってしまいため、食べ物から補給することが必要になります。

→ ルテインを含む食品 について詳しくはこちら

また、その他にも加齢黄斑変性症には緑黄色野菜(カロテノイド)がよい!?|ためしてガッテン 11月19日によれば、>抗酸化機能を高めるために、ビタミンC(パプリカなど)、ビタミンA(人参/春菊など)、ビタミンE(カボチャ/パセリなど)をとるのがおススメです。

【関連記事】

加齢黄斑変性を予防する奥薗レシピ

【奥薗レシピ】ほうれん草のナムルの作り方|五目焼きそば|肉野菜スープ|みんなの家庭の医学 5月17日

ほうれん草はルテイン・ビタミンC・ビタミンEを摂取できる野菜で、これに亜鉛の豊富な高野豆腐を入れるレシピです。

五目焼きそばや肉野菜スープにもかえられます。

【奥薗レシピ】かぶの葉ふりかけの作り方|卵焼き|チヂミ|カブのサラダ|みんなの家庭の医学 5月17日

かぶの葉(ルテイン)とたらこ(亜鉛)のふりかけで、卵焼きやチヂミ、カブのサラダへのアレンジが可能です。

【奥薗レシピ】パセリミートソースの作り方|ミートポテトグラタン|ミートソースパスタ|みんなの家庭の医学 5月17日

パセリ(ルテイン)を使ったレシピで、ミートポテトグラタンやミートソースパスタへの応用ができます。

■まとめ

父の日プレゼントとして、緑内障や加齢黄斑変性などの目の病気を予防するための食べ物を使って手料理をふるまってみてはいかがですか?

→ 目の病気 について詳しくはこちら

→ 緑内障の症状・原因・眼圧・予防 について詳しくはこちら

→ 加齢黄斑変性症|症状・原因・治療・サプリメント について詳しくはこちら

また、糖尿病になると緑内障になりやすい|血糖値コントロールと眼科検診で失明予防で紹介した米国眼科学会(AAO)のアドバイスによれば、糖尿病によって、糖尿病網膜症、緑内障、白内障といった目の病気になりやすく、失明を予防するためにも血糖値コントロールと定期的な眼科検診が重要なのだそうです。

そのため、父の日プレゼントとして、血糖値をコントロールするための食事であったり、眼科検診で診てもらうようにすすめるということも良いのではないでしょうか?

→ 糖尿病の症状 について詳しくはこちら

カシス・ルテイン・ブルーベリー専門店

【最大20%OFF!】定番の人気ルテインサプリが、今ならお得な初回購入者価格・スーパーセール中!







目の病気

続きを読む 40代のお父さんへの #父の日 プレゼントには、#目の病気 予防によい栄養素が入った手料理はいかが?オススメ #レシピ

老眼になりやすい人は焦げたものを食べた量=「AGE」が多い!?AGEを減らす方法はアーモンド!|#この差

> 健康・美容チェック > 目の病気 > 老眼 > 糖化 > 老眼になりやすい人は「AGE」の量が多い!?AGEを減らす方法はアーモンド|この差って何ですか?

2016年4月17日放送の「この差って何ですか?」では「老眼になりやすい人と老眼になりにくい人の差」について取り上げました。

解説:井上浩義先生(慶應義塾大学)




■老眼になりやすい人と老眼になりにくい人の差とは?

Toast

by Ozzy Delaney(画像:Creative Commons)

老眼になりやすい人と老眼になりにくい人の差は、焦げたものを食べた量の違い。

焦げたものを食べた量=AGE

AGEが多くなる要因は、「温度」と「油」。

高温になると、タンパク質と糖分が結合しやすく、AGEとなる。

また調理時間が長いものほど熱が加わり、AGEが形成しやすい。




■AGEの量を減らす方法

Almonds

by HealthAliciousNess(画像:Creative Commons)

糖化」とは、体内の糖がタンパク質と結びつくことによってAGEという老化物質に変わること。

AGEは、皮膚の「しわ」や「たるみ」の原因になるなど、体の老化と大きく関係しています。

アーモンドには、「糖化」を抑える働きがあり、その結果、体の中のAGE値が減るのです。

慶應義塾大学の井上教授の研究によると、1日25グラム、25粒程度(アーモンドはおよそ1粒1グラムで、目安は“片手に軽く一杯”)を毎食後にわけて食べるとよいそうです。

【アーモンドのとり方】

  • 1日25グラム(体重60kgの人の目安)
  • 毎食に分けて
  • 無塩で素焼き

井上浩義先生が自分自身で6ヶ月間一日25粒のアーモンドを食べたところAGEが18%減少したそうです。

【関連記事】

→ 老眼 について詳しくはこちら







【関連記事】
続きを読む 老眼になりやすい人は焦げたものを食べた量=「AGE」が多い!?AGEを減らす方法はアーモンド!|#この差

「#明石家さんま」さんでも「#老眼」になる!

> 健康・美容チェック > 目の病気 > 老眼 > 「明石家さんま」さんでも「老眼」になる!




■「明石家さんま」さんでも「老眼」になる!

Week #1 "New" [1of52]

by Anthony(画像:Creative Commons)

明石家さんまさんといえば、テレビを見る限り、見た目も若く、スポーツ万能で、頭の回転が速い人といういつまでも若々しいイメージがありますが、そんな明石家さんまさんですが、先日(2010年1月11日)テレビを見ていましたら、老眼鏡をかけられていました。

「さんまさんが老眼になるなんて」とショックを受けた人もいるのではないでしょうか。

私もそのうちのひとりです。

あれほど若々しいさんまさんでも目の老化=老眼にはなってしまうのです。

→ 老眼 について詳しくはこちら

■老眼とは

老眼とは、近いところが見えにくくなるなどの症状で、40歳前後から始まる、目に起こる老化現象の1つです。

個人差はありますが、誰もが老眼にはなります。

近視・近眼の方でも老眼になります。

■目の老化度チェック

(どれくらい老眼が進んでいるのか)

用意するもの:新聞紙・メジャー

1.新聞紙を目の前に持ってくる

2.ゆっくり新聞紙を離す

3.文字がはっきり読めたら止める

※本文の漢字を読むようにしてください。

4.目と新聞紙の距離を測る

この距離で眼年齢がわかるそうです。

※30cm以内だったら深刻な老眼ではないそうです。

■老眼の予防・改善

加齢による老眼の予防・改善

●毛様体筋を鍛える。

■目のストレッチ方法

(1) 人差し指にしっかりとピントを合わせ、3秒数えます。

(2) 今度は、2~3m先の対象物に目線を送り、ピントを合わせて3秒数えます。

(3) これを交互に10回繰り返します。

※ここまでが1セット、1日3~4セット行うと効果的。

【関連記事】

■8点ぐるぐるトレーニング

上・右上・右・右下・下・左下・左・左上・上

8方向に眼球を動かします。

※右回り・左回りを1セットとして、3セット行なう。

【関連記事】

●バランスよい食事で目の栄養補給を行なう。

カシスルテインブルーベリーなどの健康補助食品・サプリメントで目に栄養補給を行なう。

→ カシス(アントシアニン)の健康効果 について詳しくはこちら

→ ブルーベリー(アントシアニン)の健康効果 について詳しくはこちら

→ ルテインの健康効果 について詳しくはこちら

目の酷使による老眼の予防・改善

●スマホやパソコンをよく見る方は、目を酷使せず、定期的に目を休ませる。

●遠くを見たり、目を動かして目の緊張を和らげる。

「20-20-20-20」という眼精疲労回復エクササイズは、20分おきに20フィート(約6メートル)離れたところを20秒間見つめながら、20回連続で瞬きをすると疲れ目に良いそうです。

【関連記事】

●普段から目や身体の血流をよくするよう食事に気をつけ、ルテインやブルーベリーなど健康補助食品・サプリメントを利用する。

■老眼になったら

●眼科を受診し、見てもらう。

●最近ではめがね(老眼鏡)だけでなく、コンタクトもあるようなので、専門医と相談してみてください。

最近では、老眼と同じような症状が、30代ぐらいほどの若い人の間でも増えつつあるようです。

それは、テレビ、パソコン、携帯電話などを見続けているために起こっていると考えられます。

目を酷使することで、水晶体の厚さの調節を行なう毛様体筋に負担がかかり、衰えてしまっているようなのです。

目に負担のかからないような生活習慣を身につけて、少しでも目の老化を遅らせましょう。







【老眼 関連記事】

【夜の巷を徘徊する】木村拓哉さんがマツコ・デラックスさんに老眼を告白

> 健康・美容チェック > 目の病気 > 老眼 > 木村拓哉さんがマツコ・デラックスさんに老眼を告白|夜の巷を徘徊する




■木村拓哉さんがマツコ・デラックスさんに老眼を告白|夜の巷を徘徊する

Texting, Demonstratively

by David Goehring(画像:Creative Commons)

2017年5月5日放送の「夜の巷を徘徊する」に出演した木村拓哉さんがマツコ・デラックスさんが最近老眼が始まったという話をした際に、自身も老眼が少し来たかなと告白しました。

暗いところで、明るい携帯電話の画面を見ると、フォーカスが合わなくなっているそうです。

どんなに見た目が若そうな方でも、老化の兆候としてやはり目が最初に来るものなのですね。

【関連記事】

→ 老眼とは|老眼の症状(初期症状)・予防・改善 について詳しくはこちら




■老眼とは

老眼とは、近いところが見えにくくなるなどの症状で、40歳前後から始まる、目に起こる老化現象の1つです。

個人差はありますが、誰もが老眼にはなります。

近視・近眼の方でも老眼になります。

■目の老化度チェック

(どれくらい老眼が進んでいるのか)

用意するもの:新聞紙・メジャー

1.新聞紙を目の前に持ってくる

2.ゆっくり新聞紙を離す

3.文字がはっきり読めたら止める

※本文の漢字を読むようにしてください。

4.目と新聞紙の距離を測る

この距離で眼年齢がわかるそうです。

※30cm以内だったら深刻な老眼ではないそうです。

■老眼の予防・改善

加齢による老眼の予防・改善

●毛様体筋を鍛える。

■目のストレッチ方法

(1) 人差し指にしっかりとピントを合わせ、3秒数えます。

(2) 今度は、2~3m先の対象物に目線を送り、ピントを合わせて3秒数えます。

(3) これを交互に10回繰り返します。

※ここまでが1セット、1日3~4セット行うと効果的。

【関連記事】

■8点ぐるぐるトレーニング

上・右上・右・右下・下・左下・左・左上・上

8方向に眼球を動かします。

※右回り・左回りを1セットとして、3セット行なう。

【関連記事】

●バランスよい食事で目の栄養補給を行なう。

カシスルテインブルーベリーなどの健康補助食品・サプリメントで目に栄養補給を行なう。

→ カシス(アントシアニン)の健康効果 について詳しくはこちら

→ ブルーベリー(アントシアニン)の健康効果 について詳しくはこちら

→ ルテインの健康効果 について詳しくはこちら

目の酷使による老眼の予防・改善

●スマホやパソコンをよく見る方は、目を酷使せず、定期的に目を休ませる。

●遠くを見たり、目を動かして目の緊張を和らげる。

「20-20-20-20」という眼精疲労回復エクササイズは、20分おきに20フィート(約6メートル)離れたところを20秒間見つめながら、20回連続で瞬きをすると疲れ目に良いそうです。

【関連記事】

●普段から目や身体の血流をよくするよう食事に気をつけ、ルテインやブルーベリーなど健康補助食品・サプリメントを利用する。

■老眼になったら

●眼科を受診し、見てもらう。

●最近ではめがね(老眼鏡)だけでなく、コンタクトもあるようなので、専門医と相談してみてください。

最近では、老眼と同じような症状が、30代ぐらいほどの若い人の間でも増えつつあるようです。

→ スマホ老眼の症状・原因・予防 について詳しくはこちら

それは、テレビ、パソコン、スマホなどを見続けているために起こっていると考えられます。

目を酷使することで、水晶体の厚さの調節を行なう毛様体筋に負担がかかり、衰えてしまっているようなのです。

目に負担のかからないような生活習慣を身につけて、少しでも目の老化を遅らせましょう。

→ 老眼とは|老眼の症状(初期症状)・予防・改善 について詳しくはこちら







【老眼 関連記事】
続きを読む 【夜の巷を徘徊する】木村拓哉さんがマツコ・デラックスさんに老眼を告白

福山雅治さん、老眼を告白「腕時計の文字が小さくて見えない」|映画「ラストレター」

> 健康・美容チェック > 目の病気 > 老眼 > 福山雅治さん、老眼を告白「腕時計の文字が小さくて見えない」|映画「ラストレター」




■福山雅治さん、老眼を告白「腕時計の文字が小さくて見えない」|映画「ラストレター」

福山雅治さん、老眼を告白「腕時計の文字が小さくて見えない」|映画「ラストレター」
福山雅治さん、老眼を告白「腕時計の文字が小さくて見えない」|映画「ラストレター」

unsplash-logoAna Azevedo

福山雅治さんは映画「ラストレター」のイベントにちなんで、戻りたい過去を聞かれると、「老眼になる前。腕時計の文字が小さくて見えない」とコメント。

どんなに見た目が若そうな方でも、やはり老眼になっているんですね。老化の兆候としてやはり目が最初に来るものなのですね。

【関連記事】

→ 老眼とは|老眼の症状(初期症状)・予防・改善 について詳しくはこちら




■老眼とは

老眼とは、近いところが見えにくくなるなどの症状で、40歳前後から始まる、目に起こる老化現象の1つです。

個人差はありますが、誰もが老眼にはなります。

近視・近眼の方でも老眼になります。

■目の老化度チェック

(どれくらい老眼が進んでいるのか)

用意するもの:新聞紙・メジャー

1.新聞紙を目の前に持ってくる

2.ゆっくり新聞紙を離す

3.文字がはっきり読めたら止める

※本文の漢字を読むようにしてください。

4.目と新聞紙の距離を測る

この距離で眼年齢がわかるそうです。

※30cm以内だったら深刻な老眼ではないそうです。

■老眼の予防・改善

加齢による老眼の予防・改善

●毛様体筋を鍛える。

■目のストレッチ方法

(1) 人差し指にしっかりとピントを合わせ、3秒数えます。

(2) 今度は、2~3m先の対象物に目線を送り、ピントを合わせて3秒数えます。

(3) これを交互に10回繰り返します。

※ここまでが1セット、1日3~4セット行うと効果的。

【関連記事】

■8点ぐるぐるトレーニング

上・右上・右・右下・下・左下・左・左上・上

8方向に眼球を動かします。

※右回り・左回りを1セットとして、3セット行なう。

【関連記事】

●バランスよい食事で目の栄養補給を行なう。

カシスルテインブルーベリーなどの健康補助食品・サプリメントで目に栄養補給を行なう。

→ カシス(アントシアニン)の健康効果 について詳しくはこちら

→ ブルーベリー(アントシアニン)の健康効果 について詳しくはこちら

→ ルテインの健康効果 について詳しくはこちら

目の酷使による老眼の予防・改善

●スマホやパソコンをよく見る方は、目を酷使せず、定期的に目を休ませる。

●遠くを見たり、目を動かして目の緊張を和らげる。

「20-20-20-20」という眼精疲労回復エクササイズは、20分おきに20フィート(約6メートル)離れたところを20秒間見つめながら、20回連続で瞬きをすると疲れ目に良いそうです。

【関連記事】

●普段から目や身体の血流をよくするよう食事に気をつけ、ルテインやブルーベリーなど健康補助食品・サプリメントを利用する。

■老眼になったら

●眼科を受診し、見てもらう。

●最近ではめがね(老眼鏡)だけでなく、コンタクトもあるようなので、専門医と相談してみてください。

最近では、老眼と同じような症状が、30代ぐらいほどの若い人の間でも増えつつあるようです。

→ スマホ老眼の症状・原因・予防 について詳しくはこちら

それは、テレビ、パソコン、スマホなどを見続けているために起こっていると考えられます。

目を酷使することで、水晶体の厚さの調節を行なう毛様体筋に負担がかかり、衰えてしまっているようなのです。

目に負担のかからないような生活習慣を身につけて、少しでも目の老化を遅らせましょう。

→ 老眼とは|老眼の症状(初期症状)・予防・改善 について詳しくはこちら







【老眼 関連記事】
続きを読む 福山雅治さん、老眼を告白「腕時計の文字が小さくて見えない」|映画「ラストレター」