「老眼」タグアーカイブ

老眼になりやすい人は焦げたものを食べた量=「AGE」が多い!?AGEを減らす方法はアーモンド!|#この差

> 健康・美容チェック > 目の病気 > 老眼 > 糖化 > 老眼になりやすい人は「AGE」の量が多い!?AGEを減らす方法はアーモンド|この差って何ですか?

2016年4月17日放送の「この差って何ですか?」では「老眼になりやすい人と老眼になりにくい人の差」について取り上げました。

解説:井上浩義先生(慶應義塾大学)




■老眼になりやすい人と老眼になりにくい人の差とは?

Toast

by Ozzy Delaney(画像:Creative Commons)

老眼になりやすい人と老眼になりにくい人の差は、焦げたものを食べた量の違い。

焦げたものを食べた量=AGE

AGEが多くなる要因は、「温度」と「油」。

高温になると、タンパク質と糖分が結合しやすく、AGEとなる。

また調理時間が長いものほど熱が加わり、AGEが形成しやすい。




■AGEの量を減らす方法

Almonds

by HealthAliciousNess(画像:Creative Commons)

糖化」とは、体内の糖がタンパク質と結びつくことによってAGEという老化物質に変わること。

AGEは、皮膚の「しわ」や「たるみ」の原因になるなど、体の老化と大きく関係しています。

アーモンドには、「糖化」を抑える働きがあり、その結果、体の中のAGE値が減るのです。

慶應義塾大学の井上教授の研究によると、1日25グラム、25粒程度(アーモンドはおよそ1粒1グラムで、目安は“片手に軽く一杯”)を毎食後にわけて食べるとよいそうです。

【アーモンドのとり方】

  • 1日25グラム(体重60kgの人の目安)
  • 毎食に分けて
  • 無塩で素焼き

井上浩義先生が自分自身で6ヶ月間一日25粒のアーモンドを食べたところAGEが18%減少したそうです。

【関連記事】

→ 老眼 について詳しくはこちら







【関連記事】
続きを読む 老眼になりやすい人は焦げたものを食べた量=「AGE」が多い!?AGEを減らす方法はアーモンド!|#この差

「#明石家さんま」さんでも「#老眼」になる!

> 健康・美容チェック > 目の病気 > 老眼 > 「明石家さんま」さんでも「老眼」になる!




■「明石家さんま」さんでも「老眼」になる!

Week #1 "New" [1of52]

by Anthony(画像:Creative Commons)

明石家さんまさんといえば、テレビを見る限り、見た目も若く、スポーツ万能で、頭の回転が速い人といういつまでも若々しいイメージがありますが、そんな明石家さんまさんですが、先日(2010年1月11日)テレビを見ていましたら、老眼鏡をかけられていました。

「さんまさんが老眼になるなんて」とショックを受けた人もいるのではないでしょうか。

私もそのうちのひとりです。

あれほど若々しいさんまさんでも目の老化=老眼にはなってしまうのです。

→ 老眼 について詳しくはこちら

■老眼とは

老眼とは、近いところが見えにくくなるなどの症状で、40歳前後から始まる、目に起こる老化現象の1つです。

個人差はありますが、誰もが老眼にはなります。

近視・近眼の方でも老眼になります。

■目の老化度チェック

(どれくらい老眼が進んでいるのか)

用意するもの:新聞紙・メジャー

1.新聞紙を目の前に持ってくる

2.ゆっくり新聞紙を離す

3.文字がはっきり読めたら止める

※本文の漢字を読むようにしてください。

4.目と新聞紙の距離を測る

この距離で眼年齢がわかるそうです。

※30cm以内だったら深刻な老眼ではないそうです。

■老眼の予防・改善

加齢による老眼の予防・改善

●毛様体筋を鍛える。

■目のストレッチ方法

(1) 人差し指にしっかりとピントを合わせ、3秒数えます。

(2) 今度は、2~3m先の対象物に目線を送り、ピントを合わせて3秒数えます。

(3) これを交互に10回繰り返します。

※ここまでが1セット、1日3~4セット行うと効果的。

【関連記事】

■8点ぐるぐるトレーニング

上・右上・右・右下・下・左下・左・左上・上

8方向に眼球を動かします。

※右回り・左回りを1セットとして、3セット行なう。

【関連記事】

●バランスよい食事で目の栄養補給を行なう。

カシスルテインブルーベリーなどの健康補助食品・サプリメントで目に栄養補給を行なう。

→ カシス(アントシアニン)の健康効果 について詳しくはこちら

→ ブルーベリー(アントシアニン)の健康効果 について詳しくはこちら

→ ルテインの健康効果 について詳しくはこちら

目の酷使による老眼の予防・改善

●スマホやパソコンをよく見る方は、目を酷使せず、定期的に目を休ませる。

●遠くを見たり、目を動かして目の緊張を和らげる。

「20-20-20-20」という眼精疲労回復エクササイズは、20分おきに20フィート(約6メートル)離れたところを20秒間見つめながら、20回連続で瞬きをすると疲れ目に良いそうです。

【関連記事】

●普段から目や身体の血流をよくするよう食事に気をつけ、ルテインやブルーベリーなど健康補助食品・サプリメントを利用する。

■老眼になったら

●眼科を受診し、見てもらう。

●最近ではめがね(老眼鏡)だけでなく、コンタクトもあるようなので、専門医と相談してみてください。

最近では、老眼と同じような症状が、30代ぐらいほどの若い人の間でも増えつつあるようです。

それは、テレビ、パソコン、携帯電話などを見続けているために起こっていると考えられます。

目を酷使することで、水晶体の厚さの調節を行なう毛様体筋に負担がかかり、衰えてしまっているようなのです。

目に負担のかからないような生活習慣を身につけて、少しでも目の老化を遅らせましょう。







【老眼 関連記事】

【夜の巷を徘徊する】木村拓哉さんがマツコ・デラックスさんに老眼を告白

> 健康・美容チェック > 目の病気 > 老眼 > 木村拓哉さんがマツコ・デラックスさんに老眼を告白|夜の巷を徘徊する




■木村拓哉さんがマツコ・デラックスさんに老眼を告白|夜の巷を徘徊する

Texting, Demonstratively

by David Goehring(画像:Creative Commons)

2017年5月5日放送の「夜の巷を徘徊する」に出演した木村拓哉さんがマツコ・デラックスさんが最近老眼が始まったという話をした際に、自身も老眼が少し来たかなと告白しました。

暗いところで、明るい携帯電話の画面を見ると、フォーカスが合わなくなっているそうです。

どんなに見た目が若そうな方でも、老化の兆候としてやはり目が最初に来るものなのですね。

【関連記事】

→ 老眼とは|老眼の症状(初期症状)・予防・改善 について詳しくはこちら




■老眼とは

老眼とは、近いところが見えにくくなるなどの症状で、40歳前後から始まる、目に起こる老化現象の1つです。

個人差はありますが、誰もが老眼にはなります。

近視・近眼の方でも老眼になります。

■目の老化度チェック

(どれくらい老眼が進んでいるのか)

用意するもの:新聞紙・メジャー

1.新聞紙を目の前に持ってくる

2.ゆっくり新聞紙を離す

3.文字がはっきり読めたら止める

※本文の漢字を読むようにしてください。

4.目と新聞紙の距離を測る

この距離で眼年齢がわかるそうです。

※30cm以内だったら深刻な老眼ではないそうです。

■老眼の予防・改善

加齢による老眼の予防・改善

●毛様体筋を鍛える。

■目のストレッチ方法

(1) 人差し指にしっかりとピントを合わせ、3秒数えます。

(2) 今度は、2~3m先の対象物に目線を送り、ピントを合わせて3秒数えます。

(3) これを交互に10回繰り返します。

※ここまでが1セット、1日3~4セット行うと効果的。

【関連記事】

■8点ぐるぐるトレーニング

上・右上・右・右下・下・左下・左・左上・上

8方向に眼球を動かします。

※右回り・左回りを1セットとして、3セット行なう。

【関連記事】

●バランスよい食事で目の栄養補給を行なう。

カシスルテインブルーベリーなどの健康補助食品・サプリメントで目に栄養補給を行なう。

→ カシス(アントシアニン)の健康効果 について詳しくはこちら

→ ブルーベリー(アントシアニン)の健康効果 について詳しくはこちら

→ ルテインの健康効果 について詳しくはこちら

目の酷使による老眼の予防・改善

●スマホやパソコンをよく見る方は、目を酷使せず、定期的に目を休ませる。

●遠くを見たり、目を動かして目の緊張を和らげる。

「20-20-20-20」という眼精疲労回復エクササイズは、20分おきに20フィート(約6メートル)離れたところを20秒間見つめながら、20回連続で瞬きをすると疲れ目に良いそうです。

【関連記事】

●普段から目や身体の血流をよくするよう食事に気をつけ、ルテインやブルーベリーなど健康補助食品・サプリメントを利用する。

■老眼になったら

●眼科を受診し、見てもらう。

●最近ではめがね(老眼鏡)だけでなく、コンタクトもあるようなので、専門医と相談してみてください。

最近では、老眼と同じような症状が、30代ぐらいほどの若い人の間でも増えつつあるようです。

→ スマホ老眼の症状・原因・予防 について詳しくはこちら

それは、テレビ、パソコン、スマホなどを見続けているために起こっていると考えられます。

目を酷使することで、水晶体の厚さの調節を行なう毛様体筋に負担がかかり、衰えてしまっているようなのです。

目に負担のかからないような生活習慣を身につけて、少しでも目の老化を遅らせましょう。

→ 老眼とは|老眼の症状(初期症状)・予防・改善 について詳しくはこちら







【老眼 関連記事】
続きを読む 【夜の巷を徘徊する】木村拓哉さんがマツコ・デラックスさんに老眼を告白

福山雅治さん、老眼を告白「腕時計の文字が小さくて見えない」|映画「ラストレター」

> 健康・美容チェック > 目の病気 > 老眼 > 福山雅治さん、老眼を告白「腕時計の文字が小さくて見えない」|映画「ラストレター」




■福山雅治さん、老眼を告白「腕時計の文字が小さくて見えない」|映画「ラストレター」

福山雅治さん、老眼を告白「腕時計の文字が小さくて見えない」|映画「ラストレター」
福山雅治さん、老眼を告白「腕時計の文字が小さくて見えない」|映画「ラストレター」

unsplash-logoAna Azevedo

福山雅治さんは映画「ラストレター」のイベントにちなんで、戻りたい過去を聞かれると、「老眼になる前。腕時計の文字が小さくて見えない」とコメント。

どんなに見た目が若そうな方でも、やはり老眼になっているんですね。老化の兆候としてやはり目が最初に来るものなのですね。

【関連記事】

→ 老眼とは|老眼の症状(初期症状)・予防・改善 について詳しくはこちら




■老眼とは

老眼とは、近いところが見えにくくなるなどの症状で、40歳前後から始まる、目に起こる老化現象の1つです。

個人差はありますが、誰もが老眼にはなります。

近視・近眼の方でも老眼になります。

■目の老化度チェック

(どれくらい老眼が進んでいるのか)

用意するもの:新聞紙・メジャー

1.新聞紙を目の前に持ってくる

2.ゆっくり新聞紙を離す

3.文字がはっきり読めたら止める

※本文の漢字を読むようにしてください。

4.目と新聞紙の距離を測る

この距離で眼年齢がわかるそうです。

※30cm以内だったら深刻な老眼ではないそうです。

■老眼の予防・改善

加齢による老眼の予防・改善

●毛様体筋を鍛える。

■目のストレッチ方法

(1) 人差し指にしっかりとピントを合わせ、3秒数えます。

(2) 今度は、2~3m先の対象物に目線を送り、ピントを合わせて3秒数えます。

(3) これを交互に10回繰り返します。

※ここまでが1セット、1日3~4セット行うと効果的。

【関連記事】

■8点ぐるぐるトレーニング

上・右上・右・右下・下・左下・左・左上・上

8方向に眼球を動かします。

※右回り・左回りを1セットとして、3セット行なう。

【関連記事】

●バランスよい食事で目の栄養補給を行なう。

カシスルテインブルーベリーなどの健康補助食品・サプリメントで目に栄養補給を行なう。

→ カシス(アントシアニン)の健康効果 について詳しくはこちら

→ ブルーベリー(アントシアニン)の健康効果 について詳しくはこちら

→ ルテインの健康効果 について詳しくはこちら

目の酷使による老眼の予防・改善

●スマホやパソコンをよく見る方は、目を酷使せず、定期的に目を休ませる。

●遠くを見たり、目を動かして目の緊張を和らげる。

「20-20-20-20」という眼精疲労回復エクササイズは、20分おきに20フィート(約6メートル)離れたところを20秒間見つめながら、20回連続で瞬きをすると疲れ目に良いそうです。

【関連記事】

●普段から目や身体の血流をよくするよう食事に気をつけ、ルテインやブルーベリーなど健康補助食品・サプリメントを利用する。

■老眼になったら

●眼科を受診し、見てもらう。

●最近ではめがね(老眼鏡)だけでなく、コンタクトもあるようなので、専門医と相談してみてください。

最近では、老眼と同じような症状が、30代ぐらいほどの若い人の間でも増えつつあるようです。

→ スマホ老眼の症状・原因・予防 について詳しくはこちら

それは、テレビ、パソコン、スマホなどを見続けているために起こっていると考えられます。

目を酷使することで、水晶体の厚さの調節を行なう毛様体筋に負担がかかり、衰えてしまっているようなのです。

目に負担のかからないような生活習慣を身につけて、少しでも目の老化を遅らせましょう。

→ 老眼とは|老眼の症状(初期症状)・予防・改善 について詳しくはこちら







【老眼 関連記事】
続きを読む 福山雅治さん、老眼を告白「腕時計の文字が小さくて見えない」|映画「ラストレター」

近視・老眼・ドライアイの予防・対処法|#林修の今でしょ講座

健康・美容チェック > 目の病気 > 近視・老眼・ドライアイの予防・対処法|#林修の今でしょ講座

2015年3月3日放送の林修の今でしょ!講座のテーマは「近視」「老眼」「ドライアイ」です。

眼科医が普段目の健康を維持するために実践していることは何なのか、予防・対処法を紹介するそうです。




【目次】


近視

Luke's Eye

by Stuart Webster(画像:Creative Commons)

  • 近くが見えて遠くが見えにくい
  • 強度近視の場合、眼底出血や網膜剥離で失明する危険も
  • 大人でも近視になる

【関連記事】

<近視対策>

  • スマホやPCでインターネットのページ読み込み中は、遠く(5mぐらいでいい)を見るようにする
    ピントを合わせる毛様体筋は、遠くをみるとリラックス、近くをみると緊張する。
    一時間に一度は遠くを見るようにしましょう。
  • 寝るときの携帯電話の使い方
    枕を高くして、体を起こして目の正面で見るようにする
    寝たままで携帯電話を使うと、回旋(外回旋)という動きをして目が疲れてしまう。
  • 暗いところではパソコンの後ろに照明を置く
    周りが明るいと光の量を減らすために瞳を小さくする
  • 子どもにタブレット端末を使わせる場合には、書見台に固定する
    距離を一定にするため
  • お風呂に入ったら熱いタオルで目を3分温める
    目の筋肉のこりを和らげることができる
  • 仕事中(まだ目を使うとき)は目を冷やす
  • 寝る前は眼の筋肉を温め、目の筋肉をほぐす

→ 目の疲れ について詳しくはこちら。

→ 眼精疲労 について詳しくはこちら。

→ 目のくま解消法では、蒸しタオルケアを紹介しています。

【関連記事】

<やってはいけない目に悪いこと>

  • 目は水風船みたいなものなので、絶対に押してはいけない。
    目に強い衝撃を与えると網膜剥離のおそれがある。





老眼

  • 近くのものがぼやけて見えづらくなる
  • 老眼は水晶体の変化で起きる。
    近くを見る=水晶体が太くなる
    遠くを見る=水晶体が細くなる
    水晶体が硬くなる→老眼
    水晶体が白くなる→白内障
  • 調節不全
    目を酷使することで目のピント調節ができなくなる
  • 老眼チェック
    目から離してみて、目からの距離が30cm以上(または40cm)の場合、老眼の可能性あり。

<老眼対策>

  • 外出するときサングラス(UV対応)をする
    紫外線が当たり続けると、目の中の水晶体がだんだん動きにくくなる。
    水晶体は、紫外線を吸収し網膜を守っている
    老眼対策に適したサングラスは、色の薄いサングラス。
  • 老眼が進行しないように見るものによって、2種類の老眼鏡を使い分ける
    パソコンを見るとき→度の弱い老眼鏡
    パソコンより近い距離を見るとき→度の強い老眼鏡
  • 青魚を食べる
    DHA・EPAなどの抗酸化物質が老眼対策に期待できる。
    網膜や水晶体は酸化ストレスで酸化するので、抗酸化物質を摂るとよい


ドライアイ

  • 目を覆う涙が乾燥する病気
  • 乾くと表面に細かい傷ができるシステム
    傷から菌が入り込んで角膜炎、悪い場合は角膜移植が必要になることがある
  • ドライアイチェック方法
    10秒間まばたきを我慢できなければドライアイの可能性あり
  • 1.涙の量が少ない、2.涙の質が悪い
    マイボーム腺からの脂の分泌が悪いと、すぐに水分が蒸発してしまう

<ドライアイ対策>

  • 寝る前にどんなに疲れていてもメイク落としをする
    アイラインやアイシャドウがついていると、マイボーム腺が詰まってしまうため
  • 目薬をさしたあと、まばたきしない
    涙は瞬きで鼻へ流れていく
    2滴以上ささない
  • 意識してまばたきをしっかりする

【関連記事】

→ 目の病気(目の病気・症状チェック) について詳しくはこちら







【老眼 関連記事】
続きを読む 近視・老眼・ドライアイの予防・対処法|#林修の今でしょ講座