「飛蚊症」タグアーカイブ

目の中をミジンコみたいなモノが泳ぐ目の病気とはどんな病気?

健康・美容チェック > 目の病気 > 飛蚊症 > 目の中をミジンコみたいなモノが泳ぐ目の病気とはどんな病気?




■目の中をミジンコみたいなモノが泳ぐ目の病気とはどんな病気?

Oh the troubles I have seen

by psyberartist(画像:Creative Commons)

目の中をミジンコのような、糸くずのようなものが見えることはありませんか?

そのようなものが見える人は、飛蚊症の可能性があります。

視界に泳ぐミジンコみたいなナゾのアイツの正体って?

(2009/3/12、R25)

「これは『飛蚊症』といって、眼球内の水晶体と網膜の間にある硝子体に、液泡ができたり血が流れ込んだりして影となる症状です。

硝子体はゼリー状なので、密閉された金魚鉢の中の泡のように、目が動くと中の混濁もゆっくり揺れるんです」

(社団法人日本眼科医学会常任理事・オリンピア眼科病院・前田利根先生)

飛蚊症になると、眼球内の水晶体と網膜の間にある硝子体に、液泡ができたり血が流れ込んだりして影となることにより、ミジンコのような、糸くずのようなものが見える症状が現れることがあります。

飛蚊症には、いったいどのような種類があるのでしょうか。

「一番多い生理的飛蚊症の場合、小さな虫や糸くずのようにも見えます。これは、硝子体内部の繊維のヨリだったり小さな液泡だったりします。

また、高齢者に起きやすい後部硝子体剥離による飛蚊症の場合は、ぼんやりしたリング状のものが視野の中心の少し脇に出ます。

そのほか硝子体出血とぶどう膜炎による飛蚊症の場合は、それぞれ、墨汁をたらしたような影や細かい粒状の影となります」(同)

自分が飛蚊症かどうかわからない時やちょっと見え方に違和感がある人は、自己判断だけでなく、眼科で診てもらいましょう。

→ 飛蚊症の原因・症状・治し方・見え方 について詳しくはこちら







【関連記事】
続きを読む 目の中をミジンコみたいなモノが泳ぐ目の病気とはどんな病気?

40代から定期的に眼科ドックを受けて、目の病気を早期発見・予防しよう!

健康・美容チェック > 目の病気 > 40代から定期的に眼科ドックを受けて、目の病気を早期発見・予防しよう!




【目次】

■40代から定期的に眼科ドックを受けて、目の病気を早期発見・予防しよう!

Go Plaid Team!

by Karen(画像:Creative Commons)

<医療>失明危機防ぐ40代からの「眼科ドック」人気

(2015/7/12、毎日新聞)

緑内障は、40歳以上の17人に1人がかかる身近な目の病気であり、早期発見、早期治療が大切なので、40歳前後の方は、一度眼科での検査(眼科ドック)をおすすめしています。

→ 緑内障とは|緑内障の症状・原因・眼圧・予防 について詳しくはこちら

その他にも、加齢黄斑変性飛蚊症など加齢が原因となる目の病気もあるので、定期的に診てもらいましょう。

【関連記事】

■眼科ドックで分かるのは、目の病気だけではない!

実は眼科ドックで分かることは、目の病気だけに限りません。網膜は、体の中で実際に血管を肉眼視できる唯一の場所です。その血管から脳や心臓の状態を推測でき、脳梗塞(こうそく)や心筋梗塞、糖尿病などのリスクが分かるのです。

網膜は、体の中で実際に血管を肉眼で見ることができる唯一の場所であるため、この血管から脳梗塞心筋梗塞糖尿病高血圧などのリスクがわかるそうです。

最近では、眼底検査によって全身疾患の発症を予測する可能性を示唆するような研究も報告されています。

眼底検査で糖尿病や高血圧、緑内障、加齢黄斑変性などの病気の予測ができるによれば、次のような研究結果が出ているそうです。

  • 血圧が正常であっても眼底検査の結果、「網膜細動脈」と呼ばれる、血管のサイズが細い人の方が太い人に比べて、5年後に高血圧を発症するリスクが高い。
  • 「加齢黄斑変性症」も、その重症度と、脳卒中や心疾患、認知症の発症率との間に関連がある
  • 脳卒中の場合では、より重症の新生血管を伴う加齢黄斑変性症は発症リスクが約2倍高い

眼底検査が様々な病気の発症リスクの判断基準の一つになるようになりそうですね。

40歳を過ぎたら、ぜひ眼の検査(眼底検査)を受けましょう。

■眼底検査とは?

眼底検査で糖尿病や高血圧、緑内障、加齢黄斑変性などの病気の予測ができるによれば、眼底検査は、目に光を当ててレンズを使って眼科医が直接のぞきこむ方法と、専用の眼底カメラで撮影して結果を分析する方法の2種類があります。

いずれの場合でも瞳の奥にある網膜や血管、網膜の外側の脈絡膜などの様子をチェックします。

→ 目の病気 について詳しくはこちら







目の病気

続きを読む 40代から定期的に眼科ドックを受けて、目の病気を早期発見・予防しよう!

10代・20代でも発症!?スマホによる目の酷使が原因で飛蚊症を発症する?

健康・美容チェック > 目の病気 > 飛蚊症 > 10代・20代でも発症!?スマホによる目の酷使が原因で飛蚊症を発症する?




【目次】

■スマホで目が酷使されると飛蚊症が発症する?

Tokyo_Texting

by Vincent Albanese(画像:Creative Commons)

パソコンやスマホのやりすぎで10代でも発症!飛蚊症とはどんな病気?

(2015/8/31、gooヘルスケア)

飛蚊症は、加齢やストレス、目の病気などが原因でおこります。また、近視の場合も起こりやすいといわれている病気です。パソコンやスマホなどが普及したことで目を悪くする原因が増え、10代や20代でも安心はできません。

スマホ依存で飛蚊症に? 目の端に映る黒い影が気になりはじめたら

(2015/10/13、googirl)

長い時間スマホを操作していると目を酷使することになり、飛蚊症が出てくるリスクが高くなります。

この症状は目の硝子体を曇らせていることが原因になります。

飛蚊症は老化現象によるものがありますが、これらの記事によれば、スマホやPCによって目を酷使することで、10代でも飛蚊症を発症しているのだそうです。

→ 飛蚊症(ひぶんしょう)とは|飛蚊症の原因・症状・治し方・見え方 について詳しくはこちら

■飛蚊症の原因

飛蚊症の原因としては、主に3つに分けられます。

1.生理的なもの

母胎の中にいる時に本来は消えるべき硝子体の中の組織がそのまま残っている場合があります。

2.老化現象によるもの

硝子体が老化や近視眼で収縮し、硝子体と網膜とが離れることで、この時もとの接着部分が硝子体混濁となり、その影が飛蚊症となります。

3.病気によるもの

網膜剥離や網膜剥離の原因ともなる網膜の穴が開くこと、眼底出血などの病気による飛蚊症があります。




■【仮説】スマホで目を酷使すると活性酸素が発生して目を傷つけて飛蚊症になる

なぜスマホやPCで目を酷使すると飛蚊症になるのか、その原因について考えてみたいと思います。

目は私たちの身体の中でも、特に活性酸素の害を受けやすいところだと考えられます。

眼はまぶたを開いているとき、必ず色々な光が入ってきます。

この光の中の青色光と紫外線が活性酸素を発生させる原因となっています。

そして、この活性酸素が目を傷つけて飛蚊症の原因になっていると考えられます。

ただ、飛蚊症の原因について調べてきましたが、はっきりと活性酸素が飛蚊症になっていると書かれていることは少なく、現段階ではあくまで一つの説と考えていたほうが良いようです。

【追記(2015/11/10)】

スマホ世代で増加する老眼、飛蚊症

(2015/11/9、東スポWEB)

ネットやSNS上で若者の「蚊が飛び始めた」という書き込みが増加。

<中略>

「原因は紫外線。紫外線が目に入ると活性酸素を出し、目の中を酸化させてしまう。若者に飛蚊症が増えたなら、スマホ依存で目を酷使しているうちに、スマホの光が紫外線と同じ働きをしたと考えられる」(同眼科医)

この記事によれば、紫外線が活性酸素を発生する原因となって目を酸化させたことが原因とあります。

■「近視」が飛蚊症の原因の一つになる

飛蚊症になりやすくなる原因は「老化」と「近視」!|この差って何ですかによれば、近視が飛蚊症の原因の一つなのだそうです。

健康な人の目の眼球はほぼ丸なのですが、近視の人の目の眼球は楕円形(硝子体の奥行が近視でない人と比べて伸びている形)になっているそうです。

硝子体の奥行が伸びたことで、硝子体が部分的に網膜から引っ張られる力が強くなり、引っ張られる力が強い部分が網膜から離れてしまい、接着していた部分がシワとなり、そのシワに外から入ってくる光が入ってくることで影が出来てしまいます。

これが飛蚊症の症状を起こす原因となっています。

つまり、10代・20代でも飛蚊症が増えている理由としては、スマホで目が酷使されることによって、近視になり、飛蚊症を起こしていると考えられます。

→ 近視 について詳しくはこちら

■まとめ

現時点では、スマホによる目の酷使が飛蚊症の原因になっているとはっきりわかっているわけではありませんが、今の子供たちは長時間スマホを使用しているため、はっきりとわかったころには目に大きなダメージを与えている恐れがあります。

一つの可能性として、目を守るためにもスマホの使用時間を短くしていった方が良いのではないでしょうか。

→ 飛蚊症とは|飛蚊症の原因・症状・治し方・見え方 について詳しくはこちら







【関連記事】
続きを読む 10代・20代でも発症!?スマホによる目の酷使が原因で飛蚊症を発症する?

10月10日は「#目の愛護デー」|40歳過ぎたら眼科検診を

> 健康・美容チェック > 目の病気 > 10月10日は「#目の愛護デー」|40歳過ぎたら眼科検診を




■10月10日は「#目の愛護デー」|40歳過ぎたら眼科検診を

Royal Navy Medics Treating a Patient

by Defence Images(画像:Creative Commons)

40歳過ぎたら目も検診 緑内障、変性近視…少ない自覚症状

(2012/10/2、東京新聞)

成人の失明原因を上位から挙げると、(1)緑内障(2)糖尿病網膜症(3)変性近視(4)加齢黄斑変性(5)白内障=メモ。

これらの病気は、加齢に伴って目の組織が変化し、視力が低下していく。白内障を除いて、物を見る機能はいったん損なわれたら回復せず、治療も現状維持が目標になる。

10月10日は「目の愛護デー」です。

失明原因となる目の病気は、いったん機能を失うと、現時点では回復することなく現状維持が目標となるため、早期発見・早期治療が重要となります。

初期には自覚症状が少なく、発症に気付きにくいことが多い。

中年以降は、緑内障糖尿病網膜症加齢黄斑変性白内障飛蚊症といった様々な目の病気が出やすくなります。

ただ、こうした目の病気は自覚症状が少なく気づきにくいので、そのためにも定期的に眼科検診を受けることが重要になります。

目の定期検査、「アラフォー世代」の受検率9.2%

(2009/5/29、医療介護CBニュース)

40歳前後のいわゆる「アラフォー世代」の目の健康について、眼科で定期的に検査を受けている人の割合は全体の9.2%だったことが、製薬会社ファイザー(東京都渋谷区)が行った実態調査で明らかになった。

目の病気である緑内障の患者さんは40歳ごろから増える傾向にあるといわれています。

そのため、40歳になったら、定期的に眼科で診ていただいた方がよいのですが、この記事によれば、眼科で定期的に目の定期検査を受けている人は少ないようです。

また、眼底検査によって、その他の病気が見つかることもあります。

眼底検査によって、糖尿病動脈硬化、脳腫瘍といった目以外の病気が見つかることもある。

目が不調になると、生活の質が落ちてしまうので、少しでもその生活の質を維持するためにも、定期的に検診を受けるようにしてください。

→ 目の病気 について詳しくはこちら







【関連記事】
続きを読む 10月10日は「#目の愛護デー」|40歳過ぎたら眼科検診を

目の病気(若年性白内障・ドライアイ・老眼・まばたき不全・飛蚊症・加齢黄斑変性)・オサートで視力回復|駆け込みドクター 2月22日

Eye

by Samuel Johnson(画像:Creative Commons)

> 健康・美容チェック > 目の病気 > 目の病気(若年性白内障・ドライアイ・老眼・まばたき不全・飛蚊症・加齢黄斑変性)・オサートで視力回復|駆け込みドクター 2月22日




2015年2月22日放送の駆け込みドクター!のテーマは「今日からできる視力回復スペシャル」です。

番組HP

■目にまつわるウソホント

「緑を見ると目が良くなるってホント?」→×

遠くの木などをみると目の緊張がリセットされて休まりますが、視力が良くなるわけではない。

視力の良し悪しは遺伝する?→△

強い近視や遠視の場合は遺伝の影響が多いが、裸眼で本が読めるくらいの近視の場合は環境の影響が多い。

学校近視:学童期に近くを見る作業が多いために禁止になる。

【対策】

  • 近いものを見続けない
  • 長時間の勉強などでは時々遠くを診て目を休める

「目が良い人ほど老眼が早いってホント?」→×

近視の人もそうでない人も同じように老眼にはなる

近視の人は老眼が始まっても気づきにくいだけ

→ 老眼 について詳しくはこちら

 

■若年性白内障

●若年性白内障とは

  • 若年性白内障はレンズの役割を持つ水晶体が白く濁る目の病気
  • 大きな原因は加齢による目の老化
  • ものがかすんだり、霧がかかったように白く見える
  • 若年性白内障の特徴は症状の進行が早いこと
  • 若年性白内障を発症した大桃美代子さんはレンズの役割を持つ水晶体を手術で人工レンズに入れ替えることで視力が回復したそうです。
  • 40代以降の発症が多い
  • 白内障は紫外線の影響がある

●白内障チェック

  • 物が二重三重に見える時がある
  • 目の前に霧がかかったように白く見える
  • 最近化粧が濃くなったといわれる
  • 老眼鏡をかけても小さな字が読みにくい
  • 太陽の光・車のライトがまぶしく、前がよく見えなくなる
  • 夜、照明を付けても暗く感じることがある

1つでも当てはまる人は眼科で診てもらいましょう。

紫外線から目を守る方法

UVカット付きのサングラス

  • 目とメガネの隙間から紫外線が入ってくるので弦の幅が広いほど効果的
  • 帽子もよい

●白内障の最新治療「フェムトセカンドレーザー」(1000兆分の1)

通常のレーザーは、どうしても人の手で作業をするのでいびつになりレンズがずれることがある。

フェムトセカンドレーザーは、正確な位置とサイズで切り取れるので、手術後にレンズがずれる心配がほとんど無い。

→ 白内障の症状・原因・予防・治療 について詳しくはこちら

 

■寝ている間に視力回復

オサートは、専用のコンタクトレンズをつけて、夜眠り、朝はずすだけを繰り返すことで視力を回復させる治療法です。

角膜の形を矯正して視力が回復するそうです。

オルソケラトロジーとは?手術しない視力回復方法によれば、『オルソケラトロジー』は、眼球を矯正する専用ハードコンタクトレンズを着用して睡眠し、朝起きたときにそのレンズをはずし、眼球がレンズによって矯正されたため、正しく光を受け止めることができ、視力が回復するというもの。

【関連記事】

 

■ドライアイ解消法・まばたき体操

●老眼

老眼は放っておくと目の疲れから眼精疲労を起こすため、遠近両用のメガネを常用することがおすすめ

老眼が原因の肩こり・頭痛は遠近両用メガネで改善される

ドライアイ

涙の量を調べるシルマーテスト

5分間で10mm以上なら正常

5mm以下ならドライアイと診断

→ ドライアイの症状|目が乾く について詳しくはこちら

●まばたき不全

目の周りの筋肉が衰える中高年や筋肉の発育の良くない若者に増えているそうです。

●まばたき体操

1セット6拍で行う体操

  1. 1・2は普通にまばたきする
  2. 3・4はぎゅっと瞬きする
  3. 5・6は目を開け放しにする

※1日10セットが目安

まばたきで「疲れ目」解消!?眼精疲労回復エクササイズ20-20-20ルール|目の疲れから守る方法や座り過ぎを防ぐ方法でも紹介した「20-20-20-20」という眼精疲労回復エクササイズは、20分おきに20フィート(約6メートル)離れたところを20秒間見つめながら、20回連続で瞬きをすると疲れ目に良いそうです。

 

■飛蚊症

飛蚊症は、小さな黒い虫や糸くずのようなものが見える目の病気。

目の老化が原因。

光の通り道である硝子体の濁ることで起こっている。

【飛蚊症の症状緩和法】

横や上を見て素早く正面に視線を戻すと散らすことができる。

※通常は問題ないが、突然飛蚊症が多くなったら要注意。

→ 飛蚊症の症状・原因 について詳しくはこちら

 

網膜剥離

物を見るための神経である網膜が何らかの原因で剥がれてしまう

網膜の一部に敗れが出来た時に、網膜の血管が切れ、出血し、血液が網膜に影を映して飛蚊症の原因になる

【飛蚊症以外の症状】

  • 暗いところで稲妻のような強い光が見える
  • 見ているものの一部が見えない

●網膜剥離の原因

網膜剥離は強い衝撃などにより起こることが多い。

アレルギーによる目のかゆみで目を叩くのは危険。

かゆくても叩かず、冷やしてかゆみを和らげる。

 

目やにの色と状態でわかる眼の症状

透明でサラサラな目やに→アレルギーなどの可能性あり

透明でネバネバな目やに→ドライアイなどが疑われる

黄色くネバネバな目やに→ウイルス性の結膜炎などに感染しているおそれがある

目の奥に溜まる目やには失明のリスクが有る病気のサイン

 

■加齢黄斑変性

網膜の中心にある明るさや色を司る黄斑が膨らんでしまう目の病気。

発症すると、視界のものが歪んで見えたり、中心が暗くぼやけてしまう放っておくと失明におそれがある

中高年を中心に急増している。

●加齢黄斑変性の原因

目の奥にたまった老廃物であるドルーゼンが原因

ドルーゼンが黄斑付近に溜まると、それを排除しようとする免疫反応で炎症が起こり、黄斑が膨らむ

●加齢黄斑変性の予防

  • 禁煙でリスク低下→喫煙者はたばこを吸わない人の5倍発病率がある
  • 強い光を見たり、スマホやパソコンから出るブルーライトは黄斑の細胞に障害をきたすので注意
  • 外出する際には帽子やサングラスを
  • 栄養が偏った食事も原因となるので、バランスの良い食事をとる
  • 緑黄色野菜や青魚を食べる

●加齢黄斑変性の検査

10cm角の方眼紙の中心にパチンコ玉大の黒い点を描く

  1. 方眼紙を目から30cm離し、片目ずつ黒い点を見る

線が歪んで見えたり、中心がぼやけたりする場合は病院で診断を受けましょう。

→ 加齢黄斑変性|症状・原因・治療・サプリメント について詳しくはこちら

【関連記事】

■目にいい食材ランキング

1位 鮭

アスタキサンチンは視力回復・目の老化防止・疲れ目解消に効果がある。

2位 ほうれん草

βカロテンやルテインが豊富

βカロテン:目の粘膜を健康に保ち、ドライアイの症状を軽減

ルテイン:紫外線から目を守り、黄斑変性や白内障予防に効果がある

3位 ブルーベリー

アントシアニンは眼精疲労に効果がある。

また、ビタミンAやビタミンEを豊富に含む

ビタミンA:疲れ目予防

ビタミンE:目の老化を防ぐ







目の病気

緑内障とは|緑内障の症状・原因・眼圧・予防

飛蚊症とは|飛蚊症の原因・症状・治し方・見え方

加齢黄斑変性症とは|症状・原因・治療・サプリメント

白内障とは|白内障の症状・原因・治療・予防

ドライアイとは|ドライアイ(目が乾く)の症状・原因・治療

眼精疲労の症状(頭痛)・原因・マッサージ・ツボ

老眼とは|老眼の症状(初期症状)・予防・改善

スマホ老眼の症状・原因・予防

糖尿病網膜症の症状・治療・分類・予防

VDT症候群とは|VDT症候群の症状・原因・対策

網膜剥離とは|網膜剥離の症状・原因・見え方

近視とは|強度近視・仮性近視

結膜弛緩症とは|結膜弛緩症の症状・原因・治療

斜視(隠れ斜視)

眼瞼下垂(まぶたのたるみ)の症状・原因

まぶたの痙攣の治し方|まぶたがピクピクする原因

翼状片の症状・原因・予防

瞼裂斑の症状・原因・予防・対策

紫外線対策と目の病気(翼状片・瞼裂斑・白内障)

コンタクトレンズと目の病気・正しい使用法・ケア

目の症状

目の充血の原因・治し方|目が赤いのは目の病気のサイン?

目の疲れを取る方法(ツボ・マッサージ)|目が疲れる原因

目の痙攣の治し方・止め方|目がピクピクする原因

目の下のクマを取る方法 原因と解消方法

目がかゆい|目のかゆみの原因・対策・対処法

目が痛い|目の痛みの原因となる目の病気と解消法

目のかすみの症状・原因・対策|目がかすむ

肩こり頭痛解消法|めまい・吐き気の原因は眼精疲労?

目やにの原因となる目の病気|どんな色の目ヤニが出ている?

光がまぶしい・目がまぶしい

目がゴロゴロする|目の異物感の原因はゴミそれとも病気?