あなたを太らせている14の習慣とは!?


Cellulite_Fat-Women-in-Swimsuit-Beach__IMG_8890

by Emilian Robert Vicol(画像:Creative Commons)




■あなたを太らせている14の習慣とは!?

太る14の習慣という記事がありましたので、ご紹介します。

現在あまり太っていない人は今後太らないようにするためにも、そして現在太っていると感じている人は、当てはまる習慣がないかどうか、チェックしてみてはいかがですか。

ダイエットに役立つかもしれません。

いつのまにか…あなたを太らせている14の習慣

(2008/12/19、らばQ)

1. テレビを見る
2. 食べるのが早い
3. ながらの間食
4. 頻繁なファーストフード
5. 食事で感情コントロール
6. 忙しすぎて運動をする暇がない
7. 太った友人を持つ
8. 睡眠不足
9. カロリーと体脂肪に関する知識不足
10. クレジットカード
11. 食事を抜く
12. 着心地の悪い衣服
13. 体重計を拒否
14. 退屈

なんだかよくわからないチェック項目もありましたが、確かにこのような生活習慣だと太りそうな感じがします。

1. テレビを見る

食事の際に、テレビを見ている時間が長くなると、食事の時間が長くなり、食べ過ぎてしまいそうです。

また、テレビを見ると、運動する時間が少なくなることも理由にあるかもしれません。

【関連記事】

2. 食べるのが早い

満腹になったと感じるのは、食べた量ではなく、血糖値が上がったことで満腹と感じるそうです。

つまり、早食いの人は、それだけ食べる量が増えてしまうというわけです。

早食いの人は肥満になるリスクが4.4倍|岡山大が学生追跡調査によれば、岡山大学の調査によれば、肥満でなかった人も、早食いを続けるうちに肥満になっていくということが確認されたそうで、早食いの人と早食いでない人を比較すると、早食いの人は肥満になるリスクが4.4倍もあるそうです。

満腹になるまで早食いをする人は、そうでない人に比べ3倍、太り過ぎになりやすい|大阪大で取り上げた大阪大の磯博康さんの研究チームによれば、満腹になるまで早食いをする人は、そうでない人に比べ3倍、太り過ぎになりやすいそうです。

【関連記事】

3. ながらの間食

何かしながら間食してしまうとついつい食べ過ぎてしまうようです。

【関連記事】

4. 頻繁なファーストフード

高カロリー・高脂肪な食事のファストフードを頻繁に食べてしまうと、太りやすくなりそうです。

【関連記事】

5. 食事で感情コントロール

怒った時などのやけ食いがこれに当てはまりそうです。

【関連記事】

6. 忙しすぎて運動をする暇がない

運動不足はやはり太ってしまう原因ですね。

【関連記事】




7. 太った友人を持つ

太った友人を持ち、同じような食事をすると、量も多くなるでしょうし、「まだ大丈夫」という安心感があるのかもしれません。

【関連記事】

8. 睡眠不足

睡眠不足メタボに深い関係があるという記事を目にしたこともあります。

【関連記事】

9. カロリーと体脂肪に関する知識不足

カロリーと体脂肪など健康に関する知識が少ないとそれだけ食事に関して無頓着になってしまい、太る原因となりそうです。

【関連記事】

10. クレジットカード

クレジットカードと太ることに関してはまったく関係がないようですが、記事では次のように紹介しています。

Visaの調査によると食事にクレジットカードを使う人は現金を使う人より30%も使う量が多いそうです。いわゆる食べる量が増えるということです。

クレジットカードで食事の支払いをすると、少し余分に注文を頼んでしまうのでしょうか。

11. 食事を抜く

食事を抜くと、次の食事で満腹になるまで食べてしまう恐れがあるのかもしれません。

【関連記事】

12. 着心地の悪い衣服

着心地の悪い衣服と太ることに関しては関係ないと思いましたが、記事によると、運動しやすい服を着ていると運動量が増えるということのようです。

ウィスコンシン大学の調査によると、カジュアルな服装で通勤すると運動量が増えたという調査結果が出たそうです。

ビジネススーツに比べカジュアルな格好だと動きやすいため、いつもより歩いたり運動量が増えるそうです。

13. 体重計を拒否

毎日体重を測ることで、太ることに対する意識を持つことが太らないために必要なようです。

14. 退屈

退屈で時間を持て余すと、ついつい何か食べてしまうということがありますよね。