5日でメガネいらずに!?新・視力回復法|実用視力・ドライアイ・眼瞼痙攣|#ためしてガッテン(#NHK)


> 病気・症状 > 目の病気 > 5日でメガネいらずに!?新・視力回復法|実用視力・ドライアイ・眼瞼痙攣|ためしてガッテン(NHK)

2012年10月24日放送のためしてガッテン(NHK)では、「5日でメガネいらずに!? 新・視力回復法の正体」を取り上げました。

→ 【ガッテン】毛様体筋とメガネの関係を知って楽に見れるメガネを作ろう!|合っていない眼鏡で目の疲れ・肩こり・頭痛・めまいに悩んでいる人が多い! について詳しくはこちら

【目次】




■実用視力とは

black & white Glasses & Book - exhausting read

by photosteve101(画像:Creative Commons)

実用視力とは、1分間に、視力がどれだけ変化するか連続的に調べたもので、実生活での見え方に近い視力を測定するものです。

しかし、人によっては、数十秒の間にこの実用視力が下がってしまう人がいるそうです。

なぜ、実用視力が下がってしまうのでしょうか?

■実用視力が下がるのは、「ドライアイ」が原因!

通常は、まばたきすると、涙が、均一になめらかに目の表面に広がっていくことにより、目の表面の細かなデコボコを消し、モノを見やすい状態にしてくれています。

しかし、実用視力が低下してしまう人は、まばたきしても、目のところどころに涙を保持できない場所ができ、表面がデコボコの状態になってしまいます。

このような目の状態のことを、「ドライアイ」といいます。

→ ドライアイ について詳しくはこちら




■ドライアイ解消には「ムチン」!

涙をなめらかにくっつけるために必要なのが「ムチン」です。

何らかの原因により、「ムチン」の量が減ってしまうと目の表面の涙がデコボコになってしまうというわけです。

現在は、「ムチン」の分泌を促すことでドライアイを治す新しい目薬ができています。

【関連記事】

ドライアイの治療だが、まずは人工涙液のこまめな点眼が基本。

保湿と角膜表面のキズを治す効果があるヒアルロン酸入りもある。

市販薬は濃度が低いので、眼科で処方してもらおう。

この4月には涙液の水分とムチンの分泌を促進する点眼薬が承認された。

年末には処方が始まる予定で、効果が期待されている。

■ドライアイとそっくりな病気に注意!「眼瞼痙攣(がんけんけいれん)」

●眼瞼痙攣の症状

初期の段階では、目が乾く・目の疲れ・目が痛いといったドライアイと同じような症状が現れますが、進行すると、異常なまぶしさを感じたり、突然まぶたが開きにくくなったりするようです。

●眼瞼痙攣の原因

原因は、まばたきをつかさどる脳の神経回路の異常と考えられている。

●眼瞼痙攣の治療

筋肉を緩める「ボツリヌス注射」で、7~8割の患者の症状が軽減すると報告されているそうです。

●眼瞼痙攣チェック方法

1.10秒程度できるだけ速くまばたきする。

2.以下のような症状が出るかチェックする。
●まぶたがけいれんする
●まぶただけでなく口まで一緒に動いてしまう

以上のような症状が現れれば、「眼瞼けいれん」の疑いがあるので、神経眼科や眼科で診てもらってください。

→ まぶたの痙攣の治し方|まぶたがピクピクする原因 について詳しくはこちら







【予告編】

2012年10月24日放送予定のためしてガッテン(NHK)では、「5日でメガネいらずに!? 新・視力回復法の正体」を取り上げるそうです。

番組予告によれば、2つの内容について取り上げるようです。

1つ目は、視力回復法。

実は、この方法で視力が改善する可能性のある人は、全国に2200万人。なんと5人に1人にチャンスがあることが判明!しかも、実際にいろんな人の目を調べてみると、近視、乱視、そして老眼の人の中にも、この方法で視力改善のチャンスがある人が!
この新・視力回復法。ポイントは、従来の視力検査では測ることのできなかった、日常生活でとっても大事な役割を果たす「○○視力」をアップさせること。この方法で、視力0.4だった人がその日のうちに視力1.0に改善したり、わずか5日で長年使っていた眼鏡が不要になったりした驚きのケースを紹介!

今回番組で紹介する視力回復法は、毎日のトレーニングでも手術でもない「ある簡単な方法」なのだそうです。

それも、近視だけでなく、乱視や老眼の人にも視力改善のチャンスがあるということなのでびっくり!

【関連記事】

 

2つ目は、まぶたが開かなくなる謎の病気。

また、最初はドライアイに間違えられやすいものの、症状が進むと突然まぶたが開かなくなる、隠れ患者数推定数十万人という謎の病気についても紹介。たった10秒間でこの病気かどうかをチェックできる方法もお伝えする。

まぶたに関する病気といって思い出したのは、眼瞼下垂(がんけんかすい)ですが、どうなのでしょうか?

【関連記事】