胸のサイズがAカップからHカップになるバストアップエクササイズ方法(吉丸美枝子)


The kids are back

by John Benson(画像:Creative Commons)




2009年5月19日放送の魔女たちの22時(日本テレビ系)では、「整形なしでバストがAカップからHカップになった魔女」が取り上げられていました。

AカップからHカップにバストアップする方法|魔女たちの22時

吉丸美枝子さんは、昔から胸が小さいことで悩んでいたそうです。

そんな彼女にバストアップしようというきっかけを与えたのは娘さんからのきつい一言だったそうです。

「胸が小さくて、三段腹なんて気持ち悪い。」

その一言をきっかけに、自分自身で考えたエクササイズによってバストをAカップからHカップにまで大きくしたそうです。

始めたのは、36歳のとき。現在は、60歳で、現在もそのバストを保っています。

では、豊胸などの整形手術を行わずに、どのようなエクササイズでバストアップしたのでしょうか。

■バストアップエクササイズの方法

●土台づくり

  1. 胸の前で両手の平を合わせて、押しあうようにする。
  2. この動きを今度は、左胸・右胸の前で行う。*このエクササイズは、胸まわりの筋肉を鍛え、バスト(トップ)が垂れないようにする土台作りをする意味があるそうです。

●バストアップ

  1. 片腕ずつ、二の腕についている脂肪を溶かすイメージで5分ほどマッサージします。
    5分ほどマッサージすると、やわらかくなってくるそうです。
  2. そして、その柔らかくなった二の腕の脂肪を、バストに流し込むようなイメージでマッサージをするそうです。
  3. 次に、二の腕と同じように、イメージしながらお腹についた脂肪もよく揉みほぐし、その柔らかくなった脂肪をバストへもってくるというイメージでマッサージをします。
    これらのエクササイズを15分間ほど行うとよいそうです。

吉丸美枝子さんによれば、このバストアップエクササイズで、1年でAカップからDカップまで大きくなったそうです。

そして、バストアップマッサージ&エクササイズの効果には年齢は関係ないそうです。

このバストアップマッサージ&エクササイズはリンパの流れもよくさせているようで、美肌効果もありそうです。

興味のある方はやってみましょう。

【感想】

このエクササイズで重要だと思ったのが、まずは土台づくりを行なったこと。

土台がないと、いくらバストが大きくなっても垂れてきてしまい、きれいなバストはできませんからね。

もうひとつは、イメージすること。

吉丸美枝子さんは、自分のバストが「マリリン・モンローのように大きく美しくなれる!」と強くイメージしながらエクササイズを行なっていたそうです。

良いイメージを持つことが重要だというわけです。

ところで、吉丸美枝子さんについて調べてみると、かなり有名な方のようです。

「ヴェーネレ美容法」「フェロモンダイエット」「フェロモン美容術」などに関する書籍も出しています。







【関連記事】