大きな胸の女性は運動から遠ざかりやすい!?|プリマス大学の研究


Caroline Wozniacki

by Richard Thorpe(画像:Creative Commons)




フランスの5分の1の女性、バストが豊満すぎて運動から遠ざかる―中国メディア

(2014/7/8、xinhua.jp)

フランス紙ル・フィガロ(電子版)によると、プリマス大学の研究結果で、バストが豊満すぎる女性は他人の視線や不快感などにより、運動から遠ざかっていることが分かった。その割合は5分の1に上るという。

記事によれば、大きな胸の女性は、他人の視線や不快感などにより運動から遠ざかっているそうです。

大きな胸の女性が男性には言えない悩みとは?で挙げられていた悩みの中にも、「男性の視線が常に胸元に集中する」というものがありました。

また、大きな胸は運動する上においても負担がかかるようです。

以前、シモーナ・アレ(Simona Halep)選手は、「プレー中、この胸を不快に感じる。その重さが素早く反応するのを難しくさせる」とコメントし、プレーに支障が出るほど、胸が負担だと感じているという記事を紹介しました。(テニス・シモーナ・アレ選手、「胸縮小手術」宣言 プレーに支障

【関連記事】

大きな胸の女性が男性には言えない悩みとは?

大きな胸があると、走る時胸が揺れて痛かったり、肩こりが酷かったりするそうです。

【関連記事】