「トマトジュース」タグアーカイブ

【あさイチ】二杯酢+トマトジュースで素麺つゆレシピ|5月29日




2019年5月29日放送のNHK「#あさイチ」では和食の鉄人が二杯酢をまろやかにする技を紹介してくれました。

その技とは、酢と醬油を1:1の同じ分量にして、加熱するだけ!

加熱することで酢の酸味が飛んで、まろやかになります。

そして、おすすめレシピとして紹介したのがまろやか二杯酢にトマトジュース(二杯酢の5から7倍)を加えて混ぜた素麺つゆ。

トマトにはうまみ成分の「グルタミン酸」が含まれているので、昆布や鰹節と同じように出汁の代わりになるというわけですね。

また、トマトジュースの代わりに、豆乳や牛乳を入れてもいいそうです。

【ソレダメ】そうめんブームの兆し!家でできる素麺の格上げワザ|そうめんは「氷水」に入れちゃダメ!|麺は冷蔵庫で保管|麺は梅干しとゆでてコシを出す|激ウマ麺つゆ

2018年7月11日放送の「ソレダメ」でも「麺つゆ×トマトジュース」を紹介していましたよね。

トマトジュースに対して、1割ぐらい麺つゆを入れるとよいそうです。

ぜひ皆さんも一度試してみてくださいね。

【あさイチ】二杯酢+トマトジュースで素麺つゆレシピ







幻の島原手延黒ごまそうめん1kg化粧箱【ご自宅用・ギフトにも】

幻の島原手延黒ごまそうめん1kg化粧箱【ご自宅用・ギフトにも】

幻の島原手延黒ごまそうめん250g(ギフト箱)|御礼・お返し・お土産・内祝い・ノベルティに!

幻の島原手延黒ごまそうめん250g(ギフト箱)|御礼・お返し・お土産・内祝い・ノベルティに!

トマトジュースでコレステロール値や中性脂肪値など脂質異常症に関連する検査値が改善

> 健康・美容チェック > 脂質異常症 > コレステロール > トマトジュースでコレステロール値や中性脂肪値など脂質異常症に関連する検査値が改善




■トマトジュースでコレステロール値など脂質異常症に関連する検査値(コレステロール値・中性脂肪値)が改善

トマト(tomato)
トマト(tomato)

トマトジュースでコレステロール値が改善?

(2016/1/13、medley)

トマトジュースを与えたハムスターで、コレステロール値や中性脂肪値など脂質異常症に関連する検査値が改善されました。

脂質異常症の状態にしたハムスターを、トマトジュースを飲ませる群と飲ませない群に分けておこなった実験によれば、トマトジュースを与えたハムスターで、コレステロール値や中性脂肪値など脂質異常症に関連する検査値が改善したそうです。

トマトから脂肪肝、中性脂肪改善に有効な成分を発見―京大で紹介した京都大大学院の河田照雄教授らの研究グループの研究によれば、トマトには、血液中の中性脂肪量を抑制する成分が含まれており、脂肪肝メタボリックシンドロームの予防に効果が期待されるそうです。

また、この物質(トマトジュース中には脂肪燃焼作用を有する13-oxo-ODAという成分が含まれる)は、血液と肝臓の中性脂肪の減少だけでなく、脂肪燃焼に関わるたんぱく質の増加、エネルギー代謝の向上、血糖値の低下などに役立ちそうです。

毎食コップ1杯のトマトジュースで同様の効果が得られるそうなので、トマト好きの方は試してみてはいかがでしょうか。

→ 中性脂肪を減らす方法(食事・運動・サプリメント) について詳しくはこちら




→ コレステロールとは|コレステロール値を下げる食品・食事 について詳しくはこちら

→ 悪玉コレステロールを減らす方法|LDLコレステロールを下げる食品・食事 について詳しくはこちら

→ 脂質異常症の症状・原因・予防 について詳しくはこちら




【コレステロール関連記事】
続きを読む トマトジュースでコレステロール値や中性脂肪値など脂質異常症に関連する検査値が改善

「血中コレステロールが気になる方に」「血圧が高めの方に」という2つの機能性を表示した機能性表示食品「カゴメトマトジュース」新発売

健康・美容チェック > 高血圧 > 血圧が高い > 「血中コレステロールが気になる方に」「血圧が高めの方に」という2つの機能性を表示した機能性表示食品「カゴメトマトジュース」新発売




■「血中コレステロールが気になる方に」「血圧が高めの方に」という2つの機能性を表示した機能性表示食品「カゴメトマトジュース」新発売

Tomato Juice

by Ricardo Liberato(画像:Creative Commons)

2016年2月に「血中コレステロールが気になる方に」と表示した機能性表示食品として発売された「カゴメトマトジュース」に新たに「血圧が高めの方に」という表記を追加して発売するそうです。

「カゴメトマトジュース」にはリコピンとGABAが含まれており、リコピンには血中HDL(善玉)コレステロールを増やす機能が、GABAには血圧が高めの方の血圧を下げる機能があることが報告されていることから、血中コレステロールが気になる方や血圧が高めの方におすすめできるということですね。




■トマトジュースと血圧の関係

カゴメ株式会社総合研究所は、近畿大学農学部村上哲男教授との共同研究で、動物試験においてトマト漿液に、血糖値や血圧の上昇を抑制する効果があることを明らかにしています。

発売45年目の新事実。血圧にも、GABAでした!~機能性表示食品「カゴメ野菜ジュース」発売~(2017/10/12、カゴメ)によれば、GABAを摂取しない場合(血圧が高めの方)、交感神経の末端から分泌されたノルアドレナリンによって血管(細動脈血管)を収縮し血圧が上昇するのですが、GABAを摂取した場合、GABAがノルアドレナリンの過剰な分泌を抑制することで血圧上昇を抑制してくれるそうです。

→ 高血圧とは|高血圧の症状・食事・予防・原因・対策 について詳しくはこちら

→ 血圧を下げる方法(食べ物・サプリメント・運動) について詳しくはこちら

■トマトジュースとコレステロールの関係

トマトに含まれる「リコピン」で善玉コレステロールが増える!?によれば、トマトに含まれる「リコピン」という成分に善玉コレステロールを増やす作用が期待できるそうです。

トマトジュースでコレステロール値や中性脂肪値など脂質異常症に関連する検査値が改善で紹介した脂質異常症の状態にしたハムスターを、トマトジュースを飲ませる群と飲ませない群に分けておこなった実験によれば、トマトジュースを与えたハムスターで、コレステロール値や中性脂肪値など脂質異常症に関連する検査値が改善したそうです。

トマトから脂肪肝、中性脂肪改善に有効な成分を発見―京大で紹介した京都大大学院の河田照雄教授らの研究グループの研究によれば、トマトには、血液中の中性脂肪量を抑制する成分が含まれており、脂肪肝メタボリックシンドロームの予防に効果が期待されるそうです。

また、この物質(トマトジュース中には脂肪燃焼作用を有する13-oxo-ODAという成分が含まれる)は、血液と肝臓の中性脂肪の減少だけでなく、脂肪燃焼に関わるたんぱく質の増加、エネルギー代謝の向上、血糖値の低下などに役立ちそうです。

→ 善玉コレステロール(HDLコレステロール)を増やす方法 について詳しくはこちら

【関連記事】

■まとめ

トマトジュース好きにとっては朗報ですね!

これを機会にトマトジュースを飲んでみてはいかがでしょうか?







【参考リンク】
続きを読む 「血中コレステロールが気になる方に」「血圧が高めの方に」という2つの機能性を表示した機能性表示食品「カゴメトマトジュース」新発売

トマトジュースを継続して飲むことで、紫外線を浴びることにより暗くなった肌の色調の回復が早まる可能性がある

> 肌知識 > 肌の悩み > シミ > トマトジュースを継続して飲むことで、紫外線を浴びることにより暗くなった肌の色調の回復が早まる可能性がある




■トマトジュースを継続して飲むことで、紫外線を浴びることにより暗くなった肌の色調の回復が早まる可能性がある

Tomato Juice

by Ricardo Liberato(画像:Creative Commons)

トマトジュースの摂取で紫外線により暗くなった肌の色調の回復が促進される可能性があることを確認|PDF

(2016/7/11、カゴメニュースリリース)

カゴメは、トマトジュースを継続して飲むことで、紫外線を浴びることにより暗くなった肌の色調の回復が早まる可能性があることを、ヒト試験により明らかにしたそうです。

肌は、紫外線を浴びると、炎症による赤みを帯び、これを「紅斑(こうはん)」と呼びます。

トマトは、リコピンなど強い抗酸化作用をもつ成分を多く含んでおり、紫外線を浴びることにより皮膚で発生する活性酸素を消去することで、肌の赤みやその後の色素沈着などの皮膚のダメージを予防・軽減する効果が期待されています。

実際に、海外の研究機関による試験においては、トマトペーストの摂取が、紫外線によって生じる肌の赤みを抑制することが報告されているそうです。

今回の試験では、海外の先行研究から期待された、紫外線を浴びることで生じる肌の赤みをトマトジュースの摂取が抑制する効果は認められなかったものの、紫外線照射後に低下した明度の改善が確認されたことから、トマトジュースの継続飲用(12 週間)は、紫外線により暗くなった肌の色調の回復を早める可能性があると考えられるそうです。




■紫外線照射後の肌の色調の低下に与える影響

トマトジュース(トマトジュース、高リコピントマトジュース)を飲んだ方は、対照群であるトマト漿液飲料を飲んだ方に比べて紫外線を浴びることにより暗くなった肌の色調の回復が促進されるという結果が出たそうです。

20160711kagome1

参考画像:トマトジュースの摂取で紫外線により暗くなった肌の色調の回復が促進される可能性があることを確認|(2016/7/11、カゴメニュースリリースPDF)

20160711kagome2

参考画像:トマトジュースの摂取で紫外線により暗くなった肌の色調の回復が促進される可能性があることを確認|(2016/7/11、カゴメニュースリリースPDF)

シミの明るさ(L値)はメラニン量(メラニン・インデックス)と逆相関を示しますが、今回の研究において、紫外線照射28日後のL値とメラニン量には、有意に高い逆相関が見られ、L値の変化はメラニンの生成と関与していることが示唆されました。

このことを踏まえると、トマトジュースの飲用によるL値の回復は、肌のメラニン量の減少によるものであると推察できるそうです。

20160711kagome3

参考画像:トマトジュースの摂取で紫外線により暗くなった肌の色調の回復が促進される可能性があることを確認|(2016/7/11、カゴメニュースリリースPDF)

■トマトジュースの飲用による肌の色調の回復を改善するメカニズム

20160711kagome4

参考画像:トマトジュースの摂取で紫外線により暗くなった肌の色調の回復が促進される可能性があることを確認|(2016/7/11、カゴメニュースリリースPDF)

本試験において、紫外線により低下したL値の回復が改善したメカニズムとして、1.メラニンの生成が抑制されたことと、2.ターンオーバーが促進されたことが考えられます。

1.メラニンの生成抑制

紫外線を浴びるとメラニンが肌の内部で生成され、表皮に移行することで肌の色が決まる。

トマトジュースに含まれる成分により、メラニンの生成が抑制された可能性が考えられる。

2.ターンオーバー(新陳代謝)の促進

メラニンは肌のターンオーバーに伴い肌表面に押し出され、排出されると言われており、ターンオーバーが促進されたことでメラニンの滞留が減少したことが考えられる。

■トマトの美肌効果

日焼けに、トマトの力|リコピンがシミ・シワを防ぎ、日焼け後に肌が硬くなるのを防ぐによれば、トマトに含まれる抗酸化作用の高いリコピンは、紫外線によって生じる活性酸素を消去し、肌のシミシワを防ぐ効果や日焼け後に肌が硬くなるのを防ぐ効果があるそうです。

また、トマトには美肌に良い成分としては「リコピン」だけでなく、抗酸化力のあるビタミンCが豊富に含まれています。

ビタミンCが紫外線による酸化を防止してくれ、またコラーゲンを生成し、シミやくすみの原因となるメラニンの生成を抑制してくれるそうです。

【関連記事】

■まとめ

トマトジュースを継続(12 週間)して飲むことは、紫外線により暗くなった肌の色調の回復を早める可能性があることを確認しました。

今後は、肌の色調の回復を促進する有効成分についての研究が進んでいくのではないでしょうか。







【関連記事】
続きを読む トマトジュースを継続して飲むことで、紫外線を浴びることにより暗くなった肌の色調の回復が早まる可能性がある