「加齢黄斑変性症」タグアーカイブ

Google、人工知能(AI)「DeepMind」を目の病気(糖尿病網膜症と加齢黄斑変性症)の診断に活用

> 健康・美容チェック > 目の病気 > 加齢黄斑変性症 > Google、人工知能(AI)「DeepMind」を目の病気(糖尿病網膜症と加齢黄斑変性症)の診断に活用




■Google、人工知能(AI)「DeepMind」を目の病気(糖尿病網膜症と加齢黄斑変性症)の診断に活用

DeepMind Health – Moorfields Eye Hospital London Collaboration
DeepMind Health – Moorfields Eye Hospital London Collaboration

参考画像:DeepMind Health – Moorfields Eye Hospital London Collaboration|YouTubeスクリーンショット

グーグル、人工知能「DeepMind」を目の病気の診断に活用へ

(2016/7/6、CNET Japan)

ロンドンのMoorfields Eye Hospitalと共同で、DeepMindは、糖尿病性網膜症と加齢性黄斑変性症という2つの特定の疾患の兆候検出に取り組む予定である。Googleによると、2つの疾患を患う患者は合わせて世界中に1億人以上いるという。

Googleは英国営保健サービス(NHS)と提携し、人工知能(AI)プロジェクト「DeepMind」を目の病気の診断に活用するシステムの構築を目指すそうです。

対象となる目の病気は、糖尿病網膜症加齢黄斑変性症

■糖尿病網膜症とは?

糖尿病網膜症は、糖尿病の三大合併症の一つ。

糖尿病網膜症、糖尿病性神経障害糖尿病性腎症を3大合併症と呼びます。

糖尿病網膜症は、日本の中途失明原因の第2位で、年間約3000人がこの疾患で失明しているともいわれるそうです。

網膜は、瞳から入った光の明暗や色を感知する組織で、細かい血管が密集しています。

そのため、高血糖状態が続くと血管の閉塞障害と血液凝固異常がおき、眼内の血管が徐々に詰まって、網膜に栄養や酸素が届かなくなります。

そのような状態になると、網膜に新しい血管が生まれ、酸素不足などを補おうとします。

しかし、この新生血管はもろく、少しの刺激でも出血し、重篤化(じゅうとくか:病気がより悪い状態になること)すると網膜剥離を起こし、失明してしまいます。




■加齢黄斑変性症とは?

「黄斑部(おうはんぶ)」は網膜の中心にあり、ここが物を見る中心となっています。

黄斑部は直径2mm、厚さ0.2mmにすぎませんが、黄斑部が私たちの視力を支えています。

正常な黄斑部には、カロテノイド系色素ルテインとゼアキサンチンが集中的に分布しています。

加齢黄斑変性症の患者の場合、黄斑部のルテインとゼアキサンチンが減少しています。

加齢黄斑変性症とは、この黄斑部が何らかの原因で変性し、黄斑部を再生しようと網膜の外側の脈絡膜から細かい血管(脈絡膜新生血管)が発生します。

「新生血管(しんせいけっかん)」は、正常な状態では存在しないのですが、血管がつまり、網膜のすみずみまで酸素が行き渡らなくなると、網膜が酸欠状態になり、新しい血管を生やして酸素不足などを補おうとします。

この新生血管は構造がもろく、容易に出血してしまい、これにより網膜に障害が起こります。

■DeepMindの技術がどう役立つのか?

DeepMind Health – Moorfields Eye Hospital London Collaboration

GoogleはDeepMindの技術に、2つの疾患のスキャン結果の分析を学習させる方法を調査する。2つの疾患の診断は、その複雑さのために眼科医にとって時間のかかる作業だという。この調査は、患者の早期診断を実現する可能性があり、そうなれば、早期に治療を開始できるため、その後の視力低下を抑えることができる。

糖尿病網膜症と加齢黄斑変性症という2つの病気の診断は複雑なために眼科医にとっては時間のかかる作業なのだそうです。

そこで、人工知能(AI)によって、早期診断をすることができれば、早期治療につながることが期待できます。

DeepMindがNHSと手を組むのはこれが2度目である。DeepMindは、ロンドンにある他の病院と共同で腎臓分析ツールの開発にも取り組んでいる。

DeepMindは腎臓分析ツールの開発にも取り組んでいるそうですが、人工知能をはがん検診にも役立つのではないかと期待されています。

ディープ・ラーニングでがんを見つける?|がん検診を人工知能が行なう時代になる!?で紹介したベンチャー企業Enliticは、Deep Learningを医療データに応用したシステムを開発しています。

レントゲン写真、MRI、CTスキャン、顕微鏡写真などイメージデータをDeep Learningの手法で解析し、検査結果に悪性腫瘍などがあるかどうかを高速にかつ正確に判定するというものです。

IBMの「WATSON」によってがん治療がスピードアップする!?によれば、Watsonは膨大な量の医療データや論文などのデータベースが格納されており、患者のデータを高速で解析し、医療データを照らし合わせることで、患者に最も最適と思われる治療方針を提案することで、医師や患者が意思決定の支援をするシステムです。

【関連記事】

■まとめ

人工知能+病気診断の組み合わせはここ数年で飛躍的に増えていくのではないでしょうか。







【関連記事】
続きを読む Google、人工知能(AI)「DeepMind」を目の病気(糖尿病網膜症と加齢黄斑変性症)の診断に活用

他人のiPS細胞から網膜細胞を作って移植を受ける目の難病患者5人の募集開始|理化学研究所多細胞システム形成研究センター(CDB)

Boy testing eye site

by Les Black(画像:Creative Commons)

> 健康・美容チェック > 目の病気 > 加齢黄斑変性症 > 他人のiPS細胞から網膜細胞を作って移植を受ける目の難病患者5人の募集開始|理化学研究所多細胞システム形成研究センター(CDB)




患者5人の募集開始=目の難病、他人のiPS移植―理研など

(2017/2/6、時事通信)

CDBなどは14年9月、滲出型加齢黄斑変性の患者本人の皮膚からiPS細胞を作り、網膜のシートに変化させ移植する初の手術に成功した。今回は京都大iPS細胞研究所(所長・山中伸弥教授)が備蓄している他人のiPS細胞を使うため、移植までの期間は約10カ月から1カ月に、約1億円だった費用は1人数百万~2000万円程度に減らせるという。

理化学研究所多細胞システム形成研究センター(CDB)は、他人のiPS細胞から網膜細胞を作って移植する世界初の臨床研究について、移植を受ける患者5人の募集を始めました。

【関連記事】

アミノアントラキノン(AAQ)の注射でマウスの視力回復 加齢黄斑変性や網膜色素変性症など失明を伴う目の病気の治療にも期待|米研究

HannahPovey Eye 01

by Dan Foy(画像:Creative Commons)

> 健康・美容チェック > 目の病気 > アミノアントラキノン(AAQ)の注射でマウスの視力回復 加齢黄斑変性や網膜色素変性症など失明を伴う目の病気の治療にも期待|米研究




■アミノアントラキノン(AAQ)の注射でマウスの視力回復 加齢黄斑変性や網膜色素変性症など失明を伴う目の病気の治療にも期待|米研究

化学物質注射でマウスの視力回復、米研究

(2012/7/26、AFP)

アミノアントラキノン(AAQ)という化学物質を注射することで、目が見えなかったマウスの網膜細胞の光感受性を向上させ、視力の回復に成功したとする研究が25日の米脳神経科学誌「ニューロン(Neuron)」に発表された。黄斑変性症や網膜色素変性症といった一般的な目の病気による失明の治療に朗報となりそうだ。

マウスにアミノアラトラキノンという化学物質を注射すると、網膜細胞の光感受性を向上し、視力が回復したそうです。

論文共著者によれば、まだ物質の安全性と、人間への効果の有無を確認する必要があるそうですが、研究が上手く進めば、加齢黄斑変性や網膜色素変性症といった失明を伴う目の病気の治療にも期待ができそうです。







【関連記事】

【関連記事】

007の”M”役女優ジュディ・デンチ(Judi Dench)、黄斑変性症で失明の危機

IMGP6889

by Matt Buck(画像:Creative Commons)

> 健康・美容チェック > 目の病気 > 加齢黄斑変性症 > 007の”M”役女優ジュディ・デンチ(Judi Dench)、黄斑変性症で失明の危機




ジュディ・デンチ、黄斑変性症で失明の危機

(2012/2/20、シネマトゥデイ)

ジュディ・デンチが、黄斑変性症(おうはんへんせいしょう)という目の病に侵されており、失明の危機を抱えていることが明らかになった。

007シリーズのジェームズ・ボンドの上司M役のジュディ・デンチさんが黄斑変性症という目の病気になっており、デイリー・ミラー紙の取材の中では「目が悪くなりすぎていて、もう自分では脚本を読めない」と明かしています。

⇒ 加齢黄斑変性 について詳しくはこちら。

黄斑変性症は、主に老化が原因で発症する眼病で、視界がゆがんだり視野が部分的に見えづらくなり、悪化すると視力を失うこともあるという。

手術やサプリメントの力で改善や、進行を遅らせることが可能な場合があり、デンチは注射による治療を受けているという。

ジュディ・デンチさんは現在注射による治療を受けているそうです。

記事によれば、今は、脚本を娘やエージェントや友人が読んでくれていて、それが好きだと語っています。







【関連記事】

目の病気

緑内障とは|緑内障の症状・原因・眼圧・予防

飛蚊症とは|飛蚊症の原因・症状・治し方・見え方

加齢黄斑変性症とは|症状・原因・治療・サプリメント

白内障とは|白内障の症状・原因・治療・予防

ドライアイとは|ドライアイ(目が乾く)の症状・原因・治療

眼精疲労の症状(頭痛)・原因・マッサージ・ツボ

老眼とは|老眼の症状(初期症状)・予防・改善

スマホ老眼の症状・原因・予防

糖尿病網膜症の症状・治療・分類・予防

VDT症候群とは|VDT症候群の症状・原因・対策

網膜剥離とは|網膜剥離の症状・原因・見え方

近視とは|強度近視・仮性近視

結膜弛緩症とは|結膜弛緩症の症状・原因・治療

斜視(隠れ斜視)

眼瞼下垂(まぶたのたるみ)の症状・原因

まぶたの痙攣の治し方|まぶたがピクピクする原因

翼状片の症状・原因・予防

瞼裂斑の症状・原因・予防・対策

紫外線対策と目の病気(翼状片・瞼裂斑・白内障)

コンタクトレンズと目の病気・正しい使用法・ケア

目の症状

目の充血の原因・治し方|目が赤いのは目の病気のサイン?

目の疲れを取る方法(ツボ・マッサージ)|目が疲れる原因

目の痙攣の治し方・止め方|目がピクピクする原因

目の下のクマを取る方法 原因と解消方法

目がかゆい|目のかゆみの原因・対策・対処法

目が痛い|目の痛みの原因となる目の病気と解消法

目のかすみの症状・原因・対策|目がかすむ

肩こり頭痛解消法|めまい・吐き気の原因は眼精疲労?

目やにの原因となる目の病気|どんな色の目ヤニが出ている?

光がまぶしい・目がまぶしい

目がゴロゴロする|目の異物感の原因はゴミそれとも病気?

加齢黄斑変性症を目の病気として正しく認識しているのは約2割しかいない

AMD

by National Eye Institute(画像:Creative Commons)

> 健康・美容チェック > 目の病気 > 加齢黄斑変性症 > 加齢黄斑変性症を目の病気として正しく認識しているのは約2割しかいない




■加齢黄斑変性症を目の病気として正しく認識しているのは約2割しかいない

加齢黄斑変性症、目の病気との認識は約2割

(2010/5/12、キャリアブレイン)

日本人の失明原因の第4位で、視力が低下したり、見たい部分がゆがんで見えたりする「加齢黄斑変性症」の認知度は40.6%で、白内障(99.6%)や緑内障(99.0%)、糖尿病網膜症(76.9%)に比べ、圧倒的に低いことがノバルティスファーマの調査で明らかになった。

また、疾患名を知っている人に対し、加齢黄斑変性症が身体のどの部分の病気かを聞いたところ、「目の病気」と正しく認識している人は58.5%で、全体では23.8%にとどまった。

ノバルティスファーマの調査によれば、加齢黄斑変性症の認知度は約4割で他の目の病気(白内障や緑内障、糖尿病網膜症)に比べて圧倒的に低いようです。

また、目の病気と正しく認識している人は、約2割だったそうです。

→ 加齢黄斑変性症|症状・原因・治療・サプリメント について詳しくはこちら







【関連記事】