「奥薗壽子」タグアーカイブ

【奥薗レシピ】超悪玉コレステロールを増やさない!里芋きな粉おはぎの作り方|#たけしの家庭の医学

> 健康・美容チェック > コレステロール > 【奥薗レシピ】超悪玉コレステロールを増やさない!里芋きな粉おはぎの作り方|たけしの家庭の医学




スイーツを食べ過ぎると、超悪玉コレステロールを生み出してしまいます。

●スイーツに含まれる超悪玉コレステロールを増やす2大成分

久々

by sota(画像:Creative Commons)

1.コレステロール

生クリーム・牛乳・卵黄・バター

※コレステロール1日の摂取基準600mg

※シュークリーム1個でコレステロール250mg(五訂日本食品標準成分表より)

2.砂糖

超悪玉コレステロールを増やさないようにするためには、コレステロールをカットし、砂糖をできるだけ少なくする必要があります。

砂糖77%カット




■里いもきなこおはぎの作り方・レシピ

1個54kcal

  1. 里芋(3~4個)の皮をむきぶつ切りにする。
    ※里いもを糖質の高いもち米の代わりに使う。
  2. 里芋をボールに入れ、電子レンジで5分。
    ※里芋をラップ直接覆うようと熱の通りが良い。
  3. 里芋を軽くつぶす
    ※ふかした里いもを潰すことでもち米のような粘りが出る
  4. 温かいご飯(50g)を入れ混ぜる。
    ※ごはんの粒々でもち米の様な食感に。
    ※奥薗レシピのおはぎ(里いも3から4個、ごはん50g:糖質45g)で通常のおはぎ(もち米24g:糖質86g)で糖質48%カット。
  5. ラップを使って生地を丸める。
    ※ラップを使うと手が汚れない。
  6. 中心にあんこの代わりに甘納豆を入れ丸める。
    *甘納豆を使うことで砂糖を3分の1以下に抑える!
  7. きな粉(大1)、砂糖(大2)を混ぜる。
    *通常より多めの砂糖になりますが、周りを甘くすることで全体の砂糖の量を減らした。
  8. 塩を1つまみ混ぜる。
    ※甘さを引き立たせる。
  9. きな粉を丸めた生地にまぶす。

→ コレステロールとは|コレステロール値を下げる食品・食事 についてはこちら

→ 悪玉コレステロールを減らす方法|LDLコレステロールを下げる食品・食事 についてはこちら

→ 中性脂肪とは・数値(正常値)・高い原因・下げる(減らす) についてはこちら







【超悪玉コレステロールに関する奥薗レシピ 関連記事】
続きを読む 【奥薗レシピ】超悪玉コレステロールを増やさない!里芋きな粉おはぎの作り方|#たけしの家庭の医学

【奥薗レシピ】超悪玉コレステロールを増やさない!豆乳レアチーズケーキの作り方|#たけしの家庭の医学

> 健康・美容チェック > コレステロール > 悪玉コレステロール(LDLコレステロール) > 【奥薗レシピ】超悪玉コレステロールを増やさない!豆乳レアチーズケーキの作り方|たけしの家庭の医学




スイーツを食べ過ぎると、超悪玉コレステロールを生み出してしまいます。

●スイーツに含まれる超悪玉コレステロールを増やす2大成分

Cheese cake time

by Alwin N.A(画像:Creative Commons)

1.コレステロール

生クリーム・牛乳・卵黄・バター

※コレステロール1日の摂取基準600mg

※シュークリーム1個でコレステロール250mg(五訂日本食品標準成分表より)

2.砂糖

超悪玉コレステロールを増やさないようにするためには、コレステロールをカットし、砂糖をできるだけ少なくする必要があります。

コレステロール78%カット、砂糖77%カット

豆乳レアチーズケーキの作り方・レシピ

(1人分89kcal)

  1. クリームチーズ(100g)を電子レンジに40秒かけ、やわらかくする。
    奥薗レシピのレアチーズケーキ(クリームチーズ100g:コレステロール99mg)で、通常のレアチーズケーキ(クリームチーズ200g:コレステロール198mg)に比べて、55%カットに成功!
  2. 泡だて器で混ぜたところに、水で溶かした粉ゼラチンを入れ混ぜる。
  3. 無調整豆乳(400ml)を少しずつ加え混ぜる。
    ※豆乳はカロリーが低く、コレステロールが含まれていないメリットがある。
    奥薗レシピのレアチーズケーキ(豆乳400ml:コレステロール0mg)で、通常のレアチーズケーキ(生クリーム200g:コレステロール240mg)
  4. レモン汁(大3)を入れて、さらに混ぜる。
    ※豆乳のたんぱく質がレモンの酸で固まっていくので、生クリームのような感じに。
  5. 器に流し込む。
  6. 冷蔵庫で1~2時間冷やし固める。
  7. キウイフルーツの皮をむいておろし金ですりおろす。
  8. 砂糖(大2)を入れ、キウイソースを作る。
    奥薗レシピのレアチーズケーキ(砂糖18g)で、通常のレアチーズケーキ(砂糖30g¥)に比べて、40%カットに成功!
    ※キウイに含まれる食物繊維で中性脂肪を下げる効果も期待できる。
  9. 固まったレアチーズケーキにキウイソースをかける。

奥薗レシピのレアチーズケーキ(コレステロール99mg)で、通常のレアチーズケーキ(コレステロール452mg)に比べて、78%カットに成功!

→ コレステロールとは|コレステロール値を下げる食品・食事 についてはこちら

→ 悪玉コレステロールを減らす方法|LDLコレステロールを下げる食品・食事 についてはこちら

→ 中性脂肪とは・数値(正常値)・高い原因・下げる(減らす) についてはこちら







【超悪玉コレステロールに関する奥薗レシピ 関連記事】
続きを読む 【奥薗レシピ】超悪玉コレステロールを増やさない!豆乳レアチーズケーキの作り方|#たけしの家庭の医学

【奥薗レシピ】超悪玉コレステロールを増やさない!お麩のアーモンドクッキーの作り方|#たけしの家庭の医学

> 健康・美容チェック > コレステロール > 【奥薗レシピ】超悪玉コレステロールを増やさない!お麩のアーモンドクッキーの作り方|たけしの家庭の医学




スイーツを食べ過ぎると、超悪玉コレステロールを生み出してしまいます。

●スイーツに含まれる超悪玉コレステロールを増やす2大成分

Amazing Almond Cookies

by Andrea Nguyen(画像:Creative Commons)

1.コレステロール

生クリーム・牛乳・卵黄・バター

※コレステロール1日の摂取基準600mg

※シュークリーム1個でコレステロール250mg(五訂日本食品標準成分表より)

2.砂糖

超悪玉コレステロールを増やさないようにするためには、コレステロールをカットし、砂糖をできるだけ少なくする必要があります。

コレステロール95%カット、砂糖73%カット

超悪玉コレステロールを増やさないお麩のアーモンドクッキーの作り方・レシピ

50個分 1個10kcal

  1. アーモンドをポリ袋に入れて、麺棒で細かく砕く。
    ※このアーモンドは塩がまぶしてあるおつまみ用。アーモンドの塩が甘さを引き立ててくれるそうです。
  2. フライパンに麸を入れて、焦げ色がつくまで乾煎りする。
    ※香ばしい歯ごたえと少し焦がすことによって焼いたクッキーの香ばしさがでる。
  3. きつね色になったら、火を止めて、バター大1(12g)を入れ、全体に染み込ませる。
  4. フライパンから一度麸を取り出す。
  5. 水(大1)と砂糖(大3)でカラメルを作る
    カラメルコーティングすることで、少ない砂糖でも甘味を感じさせる。
    ポイントは、あまり触りすぎないで煮詰めていくこと。
    フライパンを動かすように砂糖に色をつける。
  6. お麩にカラメルをからめる。
  7. 最後にアーモンドを全体にまぶす。

奥薗レシピのアーモンドクッキー(コレステロール25mg)で、通常のアーモンドクッキー(コレステロール496mg)に比べて、95%カットに成功!

奥薗レシピのアーモンドクッキー(砂糖27g)で、通常のアーモンドクッキー(砂糖100g)に比べて、73%カットに成功!

→ コレステロールとは|コレステロール値を下げる食品・食事 についてはこちら

→ 悪玉コレステロールを減らす方法|LDLコレステロールを下げる食品・食事 についてはこちら

→ 中性脂肪とは・数値(正常値)・高い原因・下げる(減らす) についてはこちら







【超悪玉コレステロールに関する奥薗レシピ 関連記事】
続きを読む 【奥薗レシピ】超悪玉コレステロールを増やさない!お麩のアーモンドクッキーの作り方|#たけしの家庭の医学

夏バテ予防と疲労の原因物質FF|FFを減らす睡眠法&疲労回復効果のある物質「イミダペプチド」|みんなの家庭の医学

> 健康・美容チェック > 夏バテ > 夏バテ予防と疲労の原因物質FF|FFを減らす睡眠法&疲労回復効果のある物質「イミダペプチド」|みんなの家庭の医学

2010年7月27日放送のたけしの家庭の医学では、「最新!夏バテ予防」を取り上げました。




■疲れのメカニズム

The City Lies Inviting You Right In

by Alexandra Bellink(画像:Creative Commons)

仕事量の激増

→ 脳では大量の酸素とエネルギーが消費

→その際生み出されるのが、活性酸素(酸素が有害な形に変化したもの)

※活性酸素には、周りの細胞や組織を傷つける働き

→細胞が傷つくと、疲労の原因物質FF(疲れの因子という意味で、FFこそ疲れの正体)と呼ばれるたんぱく質が発生する。

→FFが増加すると、信号になり、疲労中枢に伝わり、「疲れた」と感じるそうです。

 

■FFを増加させる間違った生活習慣とは・危険な夏の過ごし方とは

私達の身体は、交感神経と副交感神経からなる自律神経が働くことで、体温の調節を行っています。

【夏の気温差(5度以上の温度差)】

外の気温とクーラーで冷やされた室内など5℃以上の急激な寒暖差にさらされると、自律神経の切り替えが激しくなり、大きな負担がかかり、FFが発生することに。

【冷たい飲み物】

冷たい飲み物で身体の一部を冷やすと、自律神経に負担がかかる。

【42℃のお風呂】

42度の熱すぎるお風呂は、自律神経に負担がかかる。

【睡眠(夜暑さで目を覚ます)】

暑さで目を覚ますと、そのたびに自律神経が活動し、自律神経が休まらない。

 

●FFは夏に増加しやすいので注意が必要。

紫外線が目に入るとFFが増えるそうです。

●過度なトレーニングはFFを増やすことになる。

●疲労を回復させるには何よりも睡眠が大切。

 

■FFを減らす夏の最新睡眠法

1.足元を温めて寝る

足元を温め、上半身を冷やすとリラックスできて深く眠れるそうです。

2.睡眠中に熱くて何度も目を覚ますと疲労を回復しない

クーラーの温度は寝苦しさを感じない程度にしましょう。

クーラーは適温であれば、つけっぱなしでもいいそうです。

 

■疲労回復効果のある物質「イミダペプチド」

イミダペプチドは、鶏の胸肉に含まれている。

イミダペプチド200mg=鶏の胸肉約100gを1週間摂り続けると、疲労回復につながるそうです。

文部科学省などの研究によると、イミダペプチドを一週間摂ることで75%以上の方の疲労が回復するという結果が出ています。

さらに、今年6月の大阪市立大学医学部の研究によると、イミダペプチド+ビタミンCでさらに疲労回復が早まるそうです。ビタミンCを摂れば摂るほど疲労回復が早まるそうです。

夏バテ についてはこちら







続きを読む 夏バテ予防と疲労の原因物質FF|FFを減らす睡眠法&疲労回復効果のある物質「イミダペプチド」|みんなの家庭の医学

【奥薗レシピ】サラダ風チャンプルーの作り方|たくさん食べて美しく痩せる|#たけしの家庭の医学

2010年3月23日放送のたけしの健康エンターテイメント!みんなの家庭の医学では、「たくさん食べて美しく痩せる7つの食材スペシャル」を取り上げました。




■奥薗壽子レシピ サラダ風チャンプルー(ざ・ごおかいシーサー) ※4人分

ゴーヤーチャンプルー

by ymrl(画像:Creative Commons)

  1. 木綿豆腐(1丁)を適当な大きさに切り、水切りしておきます。(後で炒めるため)
  2. 三つ葉2束、青ジソ20枚、かいわれ1パック、みょうが3個、新タマネギ1個を切ります。
  3. 長芋を細く切ります。
  4. 水切りした木綿豆腐に小麦粉(適宜)をまぶし、オリーブオイルで炒めます。
  5. ちりめんじゃこと赤じそふりかけ(小1)を加える。
  6. みょうが以外の野菜と長芋を入れ、さっと炒めます。
  7. 焼き海苔2枚をちぎって加える。
  8. サラダを盛り付け、みょうがをかけます。

●ドレッシング

  1. 梅干しをラップの中でつぶす。
  2. ラップにハサミで切れ目を入れ、搾り出し、梅干ペーストを作る。
  3. 酢(大1)、みりん(大1)、オリーブオイル(大1)、醤油(小1)を入れ混ぜる。

一人分 222kcal

ダイエット方法の選び方 はこちら

ダイエット方法ランキングはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ダイエット方法ランキング







【ダイエットに関する奥薗レシピ 関連記事】
続きを読む 【奥薗レシピ】サラダ風チャンプルーの作り方|たくさん食べて美しく痩せる|#たけしの家庭の医学