「恋愛」タグアーカイブ

【#成人式】成人おめでとう!2012年の新成人の恋愛・結婚観

日本京都東山_平安神宮成人式日.17

by Keiko Shih(画像:Creative Commons)




新成人に聞く、交際相手はいますか?

(2012/1/6、ニコニコニュース)

現在、彼氏または彼女がいますか? 2012年1月に成人式を迎える独身男女に聞いたところ、全体の24.7%(男性21.0%、女性28.5%)が「交際相手がいる」と回答。

昨年の調査結果と比べ、「彼女がいる」男性は4.7ポイント増加したが、1996年に比べ29.0ポイントも減少していることが、オーネットの調査で分かった。

また「交際相手がいない」という人に、彼氏・彼女がほしいですかと聞いたところ、68.3%(男性70.6%、女性65.7%)が「ほしい」と答えた。

「ほしい」という人は昨年と比べ3.7ポイント増加。

また「今後は、異性との交際を積極的にしたい」(46.6%)とした人も同5.6ポイント増加するなど、「昨年の新成人より、恋愛に対する意欲が感じられた」(オーネット)

この調査結果によれば、昨年に比べて、新成人の恋愛に対する意欲が高まっているようです。

 

●新成人の結婚観

これまでに交際した相手(現在も含む)は何人ですか?

この質問に対し「ひとりもいない」が最も多く47.0%(男性47.8%、女性46.3%)。

昨年(男性49.3%、女性41.3%)と比べ、男性は微減だったが、女性は5.0ポイントも増えた。

長引く景気低迷は、新成人の結婚観にどのような影響を与えているのだろうか。

「経済的不安などから結婚を先延ばしにする傾向が強まっている」と答えたのは64.3%(男性6.5.8%、女性62.8%)。

その一方で「経済不況下でも、結婚したい気持ちが弱まっているとは思わない」が49.5%(男性43.5%、女性55.5%)。

厳しい経済環境は自身の結婚意欲に影響を与えていないと考えている人が多いようです。

 

●自分は結婚できないかもしれない

家庭の経済的生活を支えるのは夫にある、と考えている人はどのくらいいるのだろうか。

全体の37.8%(男性51.3%、女性24.3%)は「夫にある」と回答。

また「結婚するには女性の収入も重要な条件である」としたのは45.1%(男性29.8%、女性60.5%)。

女性も男性の収入に頼るばかりではなく、自らも家計を担うつもりでいることがうかがえた。

長引く景気低迷によって、結婚意欲に影響は与えていないと答えていましたが、結婚後の生活設計には影響を与えているようです。

このような背景から、全体の63.6%(男性59.8%、女性67.5%)が「自分は結婚できないのではないかと思うことがある」と考え、75.6%(男性74.3%、女性77.0%)が「経済的な基盤ができないと結婚はできない」と考える傾向は、女性のほうが高い結果となった。

自分は結婚出来ないのではないかと全体の約6割が考えているそうです。

ただ、「経済的な基盤ができないと結婚はできない」と考える傾向は、女性のほうが高い結果となったのはなぜでしょうか。

先ほどの調査結果によれば、「結婚するには女性の収入も重要な条件である」としたのは45.1%(男性29.8%、女性60.5%)となっており、女性も男性の収入に頼るばかりではなく、自らも家計を担うつもりでいるようです。

つまり、ここには男女の考え方にギャップがあるように思います。

男女とも恋愛に対する意欲が高まっており、一人で生活するよりは二人で生活する方が経済的にもメリットがあるはずであり、女性も男性の収入に頼るばかりではなく、自らも家計を担うつもりでいてくれるのであれば、あとは、どう行動し決断するかだけのような気がします。

 

【関連記事】

結婚したくても出会いがない。交際相手なし男女とも過去最高

18~34歳の未婚者のうち、「異性の交際相手がいない」とする男性が61・4%、女性が49・5%と、いずれも過去最高となったことが25日、国立社会保障・人口問題研究所の調査で分かった。

一方、結婚願望を持つ未婚者は男女とも8割以上に上り、「結婚したくても、出会いが」という独身者の実態が浮き彫りになった。

「交際相手がいない」とする未婚者が男女とも過去最高という結果になったそうです。

大事なポイントは、結婚をしたくないわけではなく、結婚したくても出会いがないという点です。

これによると、「交際相手がいない」とする未婚者は、5年前の前回調査から大幅に増え、男性は9・2ポイント、女性は4・8ポイント増。一方、結婚意思がある人の割合は男性が86・3%、女性で89・4%と多かった。

結婚に対する考え方を尋ねると、「ある程度の年齢までには結婚するつもり」としたのは男性56・9%、女性58・4%。逆に「理想の相手が見つかるまでは結婚しなくてもかまわない」は男性42・4%、女性40・5%だった。

独身でいる理由は、18~24歳では、「まだ若すぎる」など結婚への積極的動機がないことを挙げる人が多かったが、25~34歳になると「適当な相手にめぐり会わない」が最多となり、男性46・2%、女性51・3%だった。

こうした事が起こる背景には社会的な問題が隠れているのではないでしょうか。

調査を行った人口動向研究部の金子隆一部長は「今は“婚活”が脚光を浴びているが、背景にはお見合い文化が廃れる中、結婚相手を探す機会が減っている実態があるのではないか」と分析している。

経済的な理由から結婚すること自体を先送りにしていることも関係しているかもしれませんが、記事にも書かれているとおり、お見合い文化が減っていることや会社内での紹介がなくなっていることなどが考えられます。

1992年に全国の18歳から59歳までの3432人をサンプルにアメリカにおける恋愛行動と性行動を調査した結果によれば、

調査対象となった人々の約68%が知り合いの紹介で配偶者にめぐり合っている。

一方、自力で配偶者と出会った人は32%に過ぎない。

「つながり 社会的ネットワークの驚くべき力」(著 ニコラス・A・クリスタキス ジェイムズ・H・ファウラー)

つまり、ほとんどが誰かの紹介で配偶者に出会っているということです。

社会の仲立ちによる紹介は、独力で事を進める場合よりもリスクは少なく、情報は多い。

ところが、現代社会に生きる人々は、一般に見合い結婚には否定的で、見ず知らずの人と結婚するなどとても想像できない。

自らの運命を生きているのだと私たちがいくら言い張っても、社会的ネットワークがきわめて効率的に縁結びの役を果たしているのである。

「つながり 社会的ネットワークの驚くべき力」(著 ニコラス・A・クリスタキス ジェイムズ・H・ファウラー)

もう少し見合い結婚に対してゆるく捉えるなど、社会的ネットワークをうまく活用していくと考えていくようにしたほうが良いのかもしれませんね。

【関連記事】

【関連記事】

P.S.

「日本を変えたい」8割 新成人ネット調査

(2012/1/8、msn産経)

新成人の8割近くが「自分たちの世代が日本を変えていきたい」と考えていることが8日、インターネット調査会社マクロミル(東京)の調査で分かった。

同社は「不景気による就職難や東日本大震災をきっかけに、若者が真面目に社会に向き合っていこうと考えているのでは」と分析している。

こうした気持ちでいるということは頼もしいですね。