「恋愛」タグアーカイブ

なぜ気持ちが冷めるの?恋する気持ちが突然冷めるメカニズム




【目次】

■7割以上の男女から突然気持ちが冷めたことがある!

Conversation

by Sharon Mollerus(画像:Creative Commons)

7割以上が経験アリ! 恋する気持ちが突然冷めるのはどうしてなの?

(2012/4/17、ヒトメボ)

「気持ちが冷める」「急に冷める(急に冷めた)」「急に好きじゃなくなる(急に好きじゃなくなった)」「好きだったのに急に冷めた」という経験をしたことがありますか?

記事の中のアンケートでは、7割以上の男女から突然気持ちが冷めたことがあるそうです。

なぜ恋する気持ちが突然冷めてしまうのでしょうか?

■恋する気持ちが突然冷めてしまうのはなぜ?

記事の中でコメントをしている恋愛科学カウンセラー・荒牧佳代さんによれば、付き合う前は等身大の自分よりも良い自分を演じていて、その相手の幻想をいだいてしまっており、付き合った後は、素の自分が現れたことにより、その幻想が砕けてしまうということみたいです。

ただ、もしかすると、恋人の言動で冷める前に、実は恋から冷めているのかもしれません。

それは、恋をしている人は、そもそも脳が正常な判断ができないからです。

「恋は盲目」を科学するによれば、恋には、「相手を否定的に思う力を抑えこむ仕組み」が存在し、恋している時には、相手の欠点など見つからないはずです。

●激しく恋をしている人が恋人の写真を見たときには、扁桃核そして、頭頂・側頭結合部の活動が抑えられていた。(ロンドン大学 セミール・ゼキ、アンドレアス・バーテルス)

●扁桃核は、脳幹と大脳基底核の外側にある大脳辺縁系に位置していて、本能的な快・不快を感じる働きを担っている。

●頭頂・側頭結合部は、判断や物事を批判的に捉える働きをしている。

●「これは、恋をしている人物は正常な判断ができないということを意味しています。恋人のことを批判的に見ることができなくなってしまう。恋は盲目。」

●「ただ判断力が鈍ると言っても恋人に対してのみの判断力が鈍る。つまり、恋人に特化した不思議なメカニズムなのです」

●二人の研究によって、恋のメカニズムには「相手に夢中になる仕組み」以外に「相手を否定的に思う力を抑えこむ仕組み」が存在することがわかった

-「だから、男と女はすれ違う」から引用

だから、男と女はすれ違う―最新科学が解き明かす「性」の謎

中古価格
¥106から
(2017/3/30 09:45時点)

つまり、相手の欠点を気になりだしてきたということは、その相手に対しての恋心が薄れてきているのです。

恋愛にも賞味期限があるという話もあります。

「別れが近いカップル」にみられる5つのサインによれば、恋は4年以上経過すると、恋を司る脳内物質「βエンドルフィン」が出なくなり、冷めてしまうのだそうです。

また、「だから、男と女はすれ違う」という本によれば、熱烈な恋の賞味期限は更に短く、1年から1年半なのだそうです。

●恋の賞味期限は12ヶ月から18ヶ月(ピサ大学 マラツイティ)

7ヶ月までは熱烈ラブラブな状態が続く。8ヶ月から17ヶ月の間は個人差があるが、ラブラブな状態とそうじゃない状態がオーバーラップする。そして、18ヶ月を過ぎて安定した関係が続いたとしても、もはや熱烈な恋ではなくなる。

賞味期限までに恋が成就し、安定した恋愛関係へと発展すると、時間と共に愛が変化していくのではないか。それがひょっとして「愛着」のステージなのではないか。

■長く続くカップルは、理性で好きになる部分と本能で好きになる部分のバランスがいいカップル

長く付き合うと、ラブラブな関係から安定した恋愛関係(愛着のステージ)へと移っていき、徐々に冷静に理性で相手を判断するようになります。

愛着のステージへと移った時には、理性で判断するようになり、ラブラブした関係の時には許せていたようなことも許せなくなってしまい、気持ちが冷めてしまうのです。

長く続くカップルというのは、本能で好きになる部分と理性で好きになる部分との両方を兼ね備えたカップルなのではないでしょうか。

つまり、安定した恋愛関係に至ってからが本当の愛といえるのです。

→ 「別れが近いカップル」にみられる5つのサイン について詳しくはこちら







【関連記事】
続きを読む なぜ気持ちが冷めるの?恋する気持ちが突然冷めるメカニズム

あなたが付き合っている男は当てはまる?「ずるい男」の特徴とは?

先日「男ってズルい!」という女性がいました。

どんなことを経験してきたのか気になったのですが、あいにく時間切れだったので、そこで、今回は、どういう点が女性から見て男性がズルいのか考えてみたいと思います。




【目次】

■大事な場面で逃げる男

困難な状況に陥ったときにその男の本性というものが出るものだと思いますが、そのときに逃げてしまうというのはズルいのではないでしょうか。

ただ、ズルい男は、決してこの場面で自分が臆病で逃げた訳ではない理由をしっかりとつくっています。

逃げたと認めればまだいいかもしれませんが、自分の体裁を繕うことを優先している男こそ本当の意味でのズルい男だと思います。

■大事なことを言わずにつきあう男

brother and girlfriend

by Arnoooo(画像:Creative Commons)

「付き合おう」という言葉がなく、身体の関係を許してしまった場合、今の状況がつきあっているのかどうかわからない状況というのがあります。

もちろん人によっては「一緒にいるんだから付き合っているに決まっている」というような言葉足らずなだけの男の人もいるでしょう。

ただ、大事なことはいわなくてもいいならラッキーという男性がいるのも確かです。




■決断を延ばす男

結婚する気がないのに結婚を意識している女性とつきあったり、追いかけられているという立場を利用して「この女は待たせても平気」と思っていたりする男がいるそうです。

女性には30歳、35歳、40歳といった大事なリミットがいくつかあります。

その大事なリミットがあることを知っておきながら、気づかない振りをしている男性はズルいのではないでしょうか。

【関連記事】

 

3つのことに共通するのは、「責任」です。

ズルい男というのは、あらゆる責任から逃れたい男と言い換えるといいのではないでしょうか?

責任を取れない、覚悟がない、そんな男性はズルい男性です。

ただ、恋は盲目という言葉がある通り、恋している間はそのズルさがわかっていても魅力的に感じてしまうもの。

【関連記事】

もし、あなたがこれまで付き合ってきた男性がズルい男性が多い場合、そういう恋愛のクセがあるということかもしれません。

恋をしているときは見えないものも、冷静なときにそんな自分のクセを知ることも一つの勉強ではないでしょうか。







「話しかけやすい」ことがモテの秘訣!?|話しかけやすい人になる方法とは?




■「話しかけやすい」ことがモテの秘訣!?

Me 2012

by Ubee Crazee(画像:Creative Commons)

「笑顔の女性は男性から5倍モテる」と心理学で証明されるで紹介した南ブルターニュ大学ニコラ・グーギャン博士の研究によれば、女性が笑顔でいるだけで、男性が声をかけたいなと思わせたようです。

笑顔でいる女性というのは、相手の男性に対して、「あなたを受け入れますよ」という非言語コミュニケーションをとっているように感じるため、「話しかけたいな」と思うのでしょう。

【関連記事】

きっかけのきっかけづくりが大事?で紹介した「本音は顔に書いてある」(著:アラン・ピーズ/バーバラ・ピーズ)によれば、口説き始めるのは実は90%は女性から始まっているそうです。

男と女、口説き始めるのはどちらが先?

90%以上は女から始まっている。

女は狙いを定めた男にまなざしや顔の表情、しぐさでシグナルをおくっていて、男は無意識のうちにそれに反応して、女に近寄っているのである。

だから、あたかも男が最初にモーションを起こしたように見える。

男性が女性を口説く場合、男性から物事がスタートしているように見えますが、実際は、女性から始まっているのです。

女性から男性に対して好意(らしき)の目線があることに気づいたことで、男性が無意識のうちにそれに反応して声をかけるのです。




■話しかけやすい人になるには?

好きな人にアピールする2つの方法「見覚えがある」ことが運命の人と出会う魔法!?でも紹介しましたが、まずは、何よりも「見覚えのある人」になることが大事です。

「見覚えのある人」になる方法は、「あいさつ」+「笑顔」

別に何かを話しかける必要はありません。

いきなりいろんなことを話そうと思わず、少しずつコミュニケーションをとっていけば、次第に話すようになるはずです。

隙のある女性がモテる?この「隙」って何?によれば、女性が心を開いてちょっとした本音をしてくれることにより、そのことで男性も心を許し、仲良くなっていくのだと思います。

好きな人に上手くアピールする方法|ホンマでっかTV 1月23日によれば、モテる女性というのは、話しかける回数の多さに比例するそうです。

それは、女性はただ話しかけるだけで男性はアプローチし易くなるからです。

「話しかける/話しかけられる」ことが繰り返されれば、自然と仲良くなっていくのでしょうね。

【関連記事】







なぜ、彼女を褒め続けると、キレイになろうと努力するようになるのか?




229/365 - Testimonial!

by Courtney Carmody(画像:Creative Commons)

彼女を褒め続けるとどうなるのかという記事が話題になっているそうです。

ざっくりまとめられたところがあったので、引用します。

●彼女を褒め倒す

●1週間ほどで化粧品が変わる

●美容へのさらなる芽生え(パックなど頻繁に)

●衣服への探求(女性誌が増える)

毎日1カ月間「かわいい」「きれい」「好き」などの褒め言葉を言うことによって、きれいになろうと努力するようになったそうです。

なぜ、「かわいい」「きれい」「好き」などの褒め言葉を言われると、女性はキレイになろうと努力するのでしょうか?

一つは、褒められると、脳が活性化し、女性ホルモンが出るから。

女性はホメられるとキレイになるによれば、ホメられると次のようなことが起こるそうです。

●ホメられることによって、「報酬系」と呼ばれる脳の部位が活性化し、元気になったりイキイキしてくる

●「エストロゲン」と呼ばれる女性ホルモンがたくさん分泌し、肌のコンディションが良くなる

●自信が出る

●ストレスホルモンを減らし、ドーパミンが出ることで積極的になる

もう一つは、暗示効果。

女性は周囲からの評価・役割を裏切ることが出来ない性質を持っているため、男性から「かわいい」「きれい」と褒められると、その評価を落としたくないという心理が働き、自分の評価を守ろうとして、キレイになろうと努力するのです。

もし、あなたの彼女・奥様にきれいでい続けてほしいならば、褒め言葉をかけ続けましょう。

きっとその期待に応えてくれるはずですよ。







【関連記事】
続きを読む なぜ、彼女を褒め続けると、キレイになろうと努力するようになるのか?

どのようにすれば遠距離恋愛中のカップルは愛が深まっていくのか?




Philippe avec le chat TROP Mignonne

by Laura D’Alessandro(画像:Creative Commons)

遠距離恋愛の方が愛は深まる―研究結果

(2013/10/3、マイナビウーマン)

遠距離恋愛中のカップルは以下の二つの理由から、相手により親しみを感じることができたということです。

まず一つは自分自身のことをよく話す、ということ、二つ目は相手にこうしてほしいと伝えるということです、と香港大学で研究の著者、クリスタル ジアン氏と、コーネル大学のジェフリー ハンコック氏は言います。

香港大学で研究しているクリスタル・ジアンさんとコーネル大学のジェフリー・ハンコックによれば、遠距離恋愛中のカップルは、自分自身のことをよく話すことと相手にこうしてほしいと伝えることによって、相手により親しみを感じることができたそうです。

遠距離で頻繁に会うことができない分、会った時は会えなかった分の気持ちは強いでしょうし、またコミュニケーションツールで連絡をとりあう中で、気持ちを伝えていくことで、

心の距離は縮まって行く

ということなのでしょうね。