タグ別アーカイブ: 恋愛

SNS(#Facebook)で、別れた恋人を調べてしまう人は、人間的に成長できない?

y quién va a sostener los miedos entre tú y yo.

by Camdiluv ♥(画像:Creative Commons)




■SNS(#Facebook)で、別れた恋人を調べてしまう人は、人間的に成長できない?

元恋人調べる人「成長できない」 フェイスブックを調査

(2012/10/5、朝日新聞デジタル)

交流サイト「フェイスブック」で、別れた恋人のことを調べてしまう人は、人間的に成長できない。そんな研究結果を、英国の研究者が米国の心理学雑誌に発表した。思い出にふけって現実を受け止めるのが難しいようだ。

Facebookで元恋人のことを調べる人は人間的に成長できないという研究結果が発表されたそうです。

その理由としては、思い出にふけって現実を受け止めるのが難しいということですが、なぜ思い出は美化されるのか?によれば、美しい思い出は思い出しやすく、また思い出すたびに都合よく変化させながら、脳にしまわれてしまうそうです。反対に、イヤな記憶の方はほとんど思い出されず、美しい思い出だけがどんどん美化されていくそうです。

また、男女を比較すると、女性の脳は何かを記憶するとき、感情とセットにするのが得意であるため、女性の方が過去の記憶にこだわったり、鮮明に覚えているそうです。

おそらく付き合っている間に喧嘩をしたり、相手の嫌なところも多々あったと思いますが、そうした記憶も都合よく脚色し、再び脳にしまっている可能性はあるかもしれません。

ただ、過去は過去。

過ぎ去った時は帰ってきません。

過去にとらわれている人は、現在の自分を大事にできていない可能性があります。

ぜひ今の自分を大事にしてあげて下さい。







【参考リンク】

女性の恋愛スイッチが入る瞬間とは?|女性はどんな時に恋愛スイッチが入るの?

Couple in love

by Pedro Ribeiro Simões(画像:Creative Commons)




■女性の恋愛スイッチが入る瞬間とは?|女性はどんな時に恋愛スイッチが入るの?

一目惚れからはじまる!? 働く女子に聞く「『恋愛スイッチ』が入る瞬間」

(2012/5/15、escala cafe)

第1位/「好みのタイプの人に出会ったとき」……38.3%
第2位/「デートしてみて、また会いたいなと思えたとき」……30.9%
第3位/「異性と話していて楽しいと感じたとき」……29.6%
第4位/「相手の好意を感じたとき」……23.5%
第5位/「異性から食事のお誘いがあったとき」……19.3%
第6位/「異性とのメールがなぜか続いているとき」……17.4%
第7位/「異性を心から尊敬できたとき」……16.7%
第8位/「ギャップにときめいたとき」……13.5%
第9位/「異性に好みだと言われたとき」……11.9%
第10位/「異性にセクシーさを感じたとき」……9.3%
※複数回答式・第11位以下は略。

<中略>
※『escala cafe』にて2012年4月にWebアンケート。有効回答数311件(escala cafe会員:22歳-34歳の働く女性)。

回答をタイプ別に分けてみたいと思います。

●男性的魅力・尊敬・ギャップ

  • 好みのタイプの人に出会ったとき
  • 異性にセクシーさを感じたとき
  • 異性を心から尊敬できたとき
  • ギャップにときめいたとき

●コミュニケーション

  • デートしてみて、また会いたいなと思えたとき
  • 異性と話していて楽しいと感じたとき
  • 異性とのメールがなぜか続いているとき

●好意

  • 相手の好意を感じたとき
  • 異性から食事のお誘いがあったとき

この結果から、女性がコミュニケーションをいかに重要にしているということがわかります。

「結局『顔』なんだろ」と考える人もいるでしょうが、女性のひと目惚れ率は、1000人にひとり以下という考えに基づけば、ほとんどの男性はその女性の顔のタイプではないのです。

そうした考えを持つよりも、「日頃は頼りないけどピンチの時に男らしく態度をする」「仕事を一生懸命がんばる」「会話で楽しませる」「積極的に話しかける」といったことのほうが、女性の恋愛スイッチが入ってしまうということなのではないでしょうか。







【男性的魅力・尊敬・ギャップ 関連記事】

【コミュニケーション関連記事】

【好意 関連記事】

男性の生涯未婚率が20%を突破!30年前の約8倍に

Lonely - iPad & dinner

by Dana Voss(画像:Creative Commons)




■男性の生涯未婚率が20%を突破!30年前の約8倍に

生涯未婚の男性、2割を突破…30年で8倍

(2012/5/1、読売新聞)

50歳時点で一度も結婚したことがない人の割合である生涯未婚率(2010年時点)は、男性20・1%、女性10・6%と、初めて男性が2割台、女性が1割台に達したことが30日、わかった。

<中略>

1980年時の生涯未婚率は、男性2・6%、女性4・5%で、今回は30年前より男性が約8倍、女性が2倍以上に増えた計算。男女共に90年頃から生涯未婚率が急上昇している。

男性の生涯未婚率が30年前の約8倍の20%を突破したことがわかったそうです。

参考画像:生涯未婚率の推移|平成28年版厚生白書|スクリーンショット

平成28年版厚生白書で紹介されている国立社会保障・人口問題研究所「日本の世帯数の将来推計(全国推計)(2013年1月推計)」、「人口統計資料集(2015年版)」によれば、生涯未婚率(50歳時点で一度も結婚をしたことのない人の割合)は2035年には生涯未婚率が男性で約29%、女性では約19%になると見込まれています。

世界人口70億人に|なぜ男性過多になっているのか?によれば、世界中で男性と女性の出生比率のバランスが崩れてきています。

自然界における男女の出生比率は、男性:女性=105:100だといわれています。

しかし、インドやベトナム、中国ではそのバランスが崩れ、女性の数が不足している傾向にあり、それに伴う様々な影響が予想されています。

著書「だから、男と女はすれ違う」によれば、

そもそも哺乳類の動物は、性比は105対100で、オスのほうが多く生まれるものが多い。

オスの子供のほうが育ちにくいので、結婚年齢にたっしたときにはほぼ100対100に落ち着くようになっている。

のですが、もうすでに日本ではすでに105対100になっているそうです。

だから、男と女はすれ違う―最新科学が解き明かす「性」の謎

中古価格
¥106から
(2017/3/30 09:45時点)

女性が少なくなってくることで起こる問題、それは独身男性の増加です。

仮にインドと中国の男女出生比が10年以内に基準値に戻ったとしても、両国の男性たちはその後、数十年間にわたって「結婚難」に直面するだろうと、フランスの人口統計学者クリストフ・ギルモト(Christophe Guilmoto)氏は指摘する。

「結婚年齢が上がるだけでなく、独身男性が急速に増加するだろう。これまでほぼ全国民が結婚していたような国々にとっては重大な変化だ」

男性:女性=105:100になれば、当然男性が余ることになります。

つまり、今回の生涯未婚男性2割突破というニュースが、男性余り社会という状態のはじまりを表しているのかもしれません。

ただ、54%の女性が「告白されれば付き合うかも」という記事で取り上げましたが、ユニリーバ・ジャパンによる「恋愛と告白に関する調査」の結果によれば、意識していない男性からでも告白されれば、54%の女性が付き合うかもと答えていたことがわかったそうです。

生涯未婚の男性が2割を突破しているのは、男性が自己完結して告白しようとしていないからなのかもしれませんね。







P.S.

モテる男女ほどモテるタイプの男女に惹かれるのはなぜ?

ネットワーク内では不幸な人は不幸な人同士で、幸福な人は幸福な人同士で群れをつくっている。
<中略>

幸福な人々とはお互いを友人に選ぶのかもしれないし、全員を同時に幸福にする同一の環境の中にいるのかもしれない。

「つながり 社会的ネットワークの驚くべき力」(著 ニコラス・A・クリスタキス ジェイムズ・H・ファウラー)

つながり 社会的ネットワークの驚くべき力

新品価格
¥3,240から
(2017/3/30 09:36時点)

この考え方によれば、生涯未婚の比率が増えれば増えるほど、未婚の人に囲まれるということになるので、さらに未婚の人が増えていくかもしれません。

未婚にならない秘訣は、もしかすると、未婚の人に囲まれないように、結婚している人やモテるグループにいることなのかもしれません。

【未婚 関連記事】

【モテ 関連記事】

なぜ気持ちが冷めるの?恋する気持ちが突然冷めるメカニズム

Conversation

by Sharon Mollerus(画像:Creative Commons)




7割以上が経験アリ! 恋する気持ちが突然冷めるのはどうしてなの?

(2012/4/17、ヒトメボ)

 ヒトメボで「恋人の言動によって突然冷めた恋はありますか? 」というアンケートを行ったところ、有効回答数が75。その中で、およそ7割以上もの男女が「アリ」と回答!

記事の中のアンケートでは、7割以上の男女から突然気持ちが冷めたことがあるそうです。

なぜ恋する気持ちが突然冷めてしまうのでしょうか?

■恋する気持ちが突然冷めてしまうのはなぜ?

恋をする行為自体、相手に幻想を抱くということなんです。好きになると、相手の一部分の言動からその人すべての性格を勝手に自分の中で作り上げてしまうんですね。

また、付き合う前の駆け引きの段階では普段の自分より、頑張ってオシャレをしてカッコよく見せたり、かわいく振る舞ったり、内面も無意識のうちに気取ったりして、等身大の自分よりいい自分を演じるもの。

それが、恋人関係になってしまうと、安心しきったりマンネリ化して、普段の気がゆるんだ素の自分を見せやすくなります。

<中略>

付き合う前の男性は、恋人を手に入れたいという気持ち(狩猟本能)から、テストステロンという男性ホルモンが大量に分泌されて、フェロモンが増し、色気がでます。しかし、意中の女性を手に入れると、狩猟本能が満たされテストステロンの分泌量が急激に下がってしまいます。このことが、男性としての魅力を低下させ、油断した言動や態度に繋がるのでしょう。

恋愛科学カウンセラー・荒牧佳代さんのコメントによれば、付き合う前は等身大の自分よりも良い自分を演じていて、その相手の幻想をいだいてしまっており、付き合った後は、素の自分が現れたことにより、その幻想が砕けてしまうということみたいです。

ただ、もしかすると、恋人の言動で冷める前に、実は恋から冷めているのかもしれません。

それは、恋をしている人は、脳が正常な判断ができないからです。

「恋は盲目」を科学する

●激しく恋をしている人が恋人の写真を見たときには、扁桃核そして、頭頂・側頭結合部の活動が抑えられていた。(ロンドン大学 セミール・ゼキ、アンドレアス・バーテルス)

●扁桃核は、脳幹と大脳基底核の外側にある大脳辺縁系に位置していて、本能的な快・不快を感じる働きを担っている。

●頭頂・側頭結合部は、判断や物事を批判的に捉える働きをしている。

●「これは、恋をしている人物は正常な判断ができないということを意味しています。恋人のことを批判的に見ることができなくなってしまう。恋は盲目。」

●「ただ判断力が鈍ると言っても恋人に対してのみの判断力が鈍る。つまり、恋人に特化した不思議なメカニズムなのです」

●二人の研究によって、恋のメカニズムには「相手に夢中になる仕組み」以外に「相手を否定的に思う力を抑えこむ仕組み」が存在することがわかった

-「だから、男と女はすれ違う」から引用

だから、男と女はすれ違う―最新科学が解き明かす「性」の謎

中古価格
¥106から
(2017/3/30 09:45時点)

恋には、「相手を否定的に思う力を抑えこむ仕組み」が存在し、恋している時には、相手の欠点など見つからないはずです。

つまり、相手の欠点を気になりだしてきたということは、その相手に対しての恋心が薄れてきているのです。

【関連記事】

「別れが近いカップル」にみられる5つのサイン

恋は4年以上経過すると、恋を司る脳内物質「βエンドルフィン」が出なくなり、冷めてしまうのだそうです。

「だから、男と女はすれ違う」という本によれば、恋の賞味期限は更に短いようです。

●恋の賞味期限は12ヶ月から18ヶ月(ピサ大学 マラツイティ)

7ヶ月までは熱烈ラブラブな状態が続く。8ヶ月から17ヶ月の間は個人差があるが、ラブラブな状態とそうじゃない状態がオーバーラップする。そして、18ヶ月を過ぎて安定した関係が続いたとしても、もはや熱烈な恋ではなくなる。

賞味期限までに恋が成就し、安定した恋愛関係へと発展すると、時間と共に愛が変化していくのではないか。それがひょっとして「愛着」のステージなのではないか。

本によれば、熱烈な恋の賞味期限は、1年から1年半なのだそうです。

 

■長く続くカップルは、理性で好きになる部分と本能で好きになる部分のバランスがいいカップル

付き合う前は、容姿や雰囲気、外見など本能的な部分で魅かれていたところが、長く付き合うことで少しずつ知性や教養、マナーなどといった理性的な部分で相手を判断するようになるのです。理性は本能をコントロールしますから、本能的に相手のことを好きであっても、言動が自分の許せる範囲でないと気持ちが冷めてしまうんですね。長く続くカップルというのは、理性で好きになる部分と本能で好きになる部分のバランスがいいカップルなんですよ

長く付き合うと、ラブラブな関係から安定した恋愛関係(愛着のステージ)へと移っていき、徐々に冷静に理性で相手を判断するようになります。

長く続くカップルというのは、本能で好きになる部分と理性で好きになる部分とのバランスがいいカップルなのでしょうね。




→ 「別れが近いカップル」にみられる5つのサイン について詳しくはこちら




【関連記事】

なぜ恋をしない女性が増えているのか?その5つの理由を考えてみた

Amber Heard Wallpaper

by Mariya Butd(画像:Creative Commons)




20代独身女性の51.1%が「今恋をしていない」という記事を先日紹介しましたが、恋人がいない20代女子の3人に1人が「クリスマス前の新しい恋に前向き」と答えており、恋なんてしないと考えているわけではないことがわかります。

しかし、20-30代独身女性、8割が新しい「出会い」を求めるも、1年以上出会いなしというデータもあり、恋をしたいという気持ちがあるものの、そこまでは至っていないというのが現状のようです。

【関連記事】

なぜ恋をしない人が多いのでしょうか?

 

1.過去の恋愛を引きずっている

一つ目は、過去の恋愛を引きずっている可能性があります。

【関連記事】

Facebookなどで別れた恋人の事をチェックしてしまったり、SNSやお酒をきっかけに元彼と結ばれてしまったりしてしまっている人がいるようです。

過去の恋愛を引きずってしまっているために、元彼と今彼を比較してしまい、今の恋愛がうまくいかないようです。

 

2.恋愛の芽を見てみないふりをしている

二つ目は、恋愛の芽を見てみないふりをしている可能性があります。

女性の41%、男性の39%が過去の恋愛を引きずっている!?によれば、今どきの若い女性の恋が成就しない理由としては「仕事が忙しすぎる」というものがあります。

仕事中毒になってしまって、自分の心を見つめる時間もないようです。

「恋は、あなたのすべてじゃない」(著:石田衣良)にはこのように書かれている部分があります。

恋をしない人が多いのは、みんなの恋愛に向かう欲望が減退しているからだと思うんです。

慢性的な恋愛エネルギー不足。

なぜそんなことになるかといえば、みんな疲れてしまっているんです。

他人のものさしや、ちまたにあふれる「これがふつうの恋愛だ!」という情報に無理に合わせようとして、アップアップしている。

だから自分の中に生まれた「恋愛の芽」に目をやる余裕が無いのでしょう。せっかく「あの人いいな」というときめきや「この人といっしょにいたいな」という胸の高なりを感じても、それを育てようとはせずに「めんどうくさいからいいや」とミないふりをしてしまう。

恋愛に関する情報は巷にあふれています。

例えば、クリスマスには、イルミネーションを見て、高級ディナーを食べて、夜景の綺麗なホテルに泊まるといった誰かが作り上げた幻想のようなものを思い込まされています。

そうした周りの情報に合わせなければいけないと考えていると、面倒くさくなったりして自分の中に生まれた恋愛の芽を見てみないふりをして育てようとせず、「恋愛しなくていいや」と思ってしまうのではないでしょうか。

周りの情報に合わせた「普通の恋愛」を求めるのではなく、「自分たち二人なりの恋愛」を求めることが出来れば、もっと自然と付き合うことができるはずです。

【関連記事】

 

3.恋愛に対する恐れ

三つ目は、恋愛に対するおそれがある可能性があります。

恋愛の最大の敵は「恐れ」?

恋愛の最大の敵は「恐れ」だと思います。

恐れのせいで、自分の気持ちに嘘をついてしまったり、相手を自分よりも立場が上の存在だと思い込んでしまうことがあるでしょう。

自分の気持ちを偽ってしまって、大変な思いをしている人もいるのではないでしょうか。

幸せな恋愛をするためには、常に(好きな人にこうしてあげたいと思う以上の気持ちで)自分自身を大事にすることができれば、好きな人に対する執着心がなくなり、心に余裕が生まれ、自然体で接することができ、幸せな恋愛をすることができるのではないでしょうか。

もっと自分自身を大事にしてあげてください。

 

4.行動しない

四つ目は、恋愛したいと言いながら、行動しないことが考えられます。

恋人が途切れない秘訣は常に種をまき続けること

 先日あるTV番組で、タレントのYOUさんは、“恋多き”女性とされる理由について、「私は投資しているからなあ」と答えていました。人と飲むのが好きで、お金も時間もたくさん使っている。そのなかで男性と知り合っているだけ……と。

人との出会いにお金も時間も使っているからこそ出会いがあるということであり、忙しいことを理由に誘いを断ってしまうと出会いの場を自ら失ってしまうということですね。

【関連記事】

 

5.隙がない

五つ目は、隙があるように見えないことが原因の可能性があります。

隙のある女性がモテる?この「隙」って何?

「隙」の正体とは、「もしかしたら付き合えるかもしれない!」と思わせること、なのだそうです。

その「隙」はどうしたら生まれるのでしょうか。

それは、女性が心を開いてちょっとした本音をしてくれることにより、そのことで男性も心を許し、声がかけやすくなったり、仲良くなったりしやすくなることで生まれるようです。

きっかけのきっかけづくりが大事?

きっかけのきっかけとは、「隙」という言葉に言い換えてもいいかもしれません。

隙のある女性≒好意があるのではないかと思わせてくれる女性には行動を起こしやすいのではないでしょうか。

多くの男性は勇気がないため、何か「きっかけのきっかけ」や「隙」がないと動けないのだと思います。

恋愛のスタートのカギは男性が握っているのではありません。

女性が握っているのです。

女性はさも男性が恋愛のスタートのカギを握っているように見せかけてあげてくれればスタートが切りやすいのではないでしょうか。

【関連記事】







P.S.

このように「なぜ恋をしない人が多いのか?」について書いてきましたが、恋は決してしなければならないものではありません。

「恋は、あなたのすべてじゃない」(著:石田衣良)にも

恋愛は素敵なものだけれど、そんなにご大層なものでもない。

と書かれています。

恋は、あなたのすべてじゃない (角川文庫)

新品価格
¥514から
(2017/3/31 13:14時点)

そう、恋愛は素敵なものだけど、崇め奉るようなものではないのです。

ただ、恋愛自体は人生を豊かにしてくれるものなのですから、恋愛をする気持ちを阻む壁はないにこしたことはないですよね。

それではどうしたらいいのでしょうか?

  • だから、恋愛の壁に向かう前に、まずは自分の心の中にある壁、つまり「恋愛をする気持ちを阻む壁」と向きあったほうがいいと思います。壁を壊せば強くなれる。でも、なにもしないでいるとその壁はどんどん高く、厚くなってしまうんです。
  • では、壁(恋をする気持ちを阻む壁)を壊すにはどうすればいいか。簡単です。押し寄せてくる余計な情報をシャットアウトして、自分の心に問いかける時間を持てばいいんです。
  • 要するに、恋もモノなんです。幻を追いかけているだけでは進歩はないから、具体的に自分の心が動くような男性と出会う機会を増やすことが肝心。怖いかもしれないけれど、心のサイドブレーキをはずして「現実的な具体的な恋の相手として、男の人を意識する」というところからはじめてみませんか?
    「恋は、あなたのすべてじゃない」(著:石田衣良) より

日々押し寄せてくる外からの情報をシャットアウトし、自分と向き合う時間を持ち、自分の心に問いかける時間を持てば、自然と恋する気持ちが生まれるのではないでしょうか。