「恋愛」タグアーカイブ

新型コロナウイルスを受けて、恋愛・結婚観、恋活・婚活はどう変化した?




新型コロナウイルスを受けて、恋愛・結婚観、恋活・婚活はどう変化した?
新型コロナウイルスを受けて、恋愛・結婚観、恋活・婚活はどう変化した?

Alex Bertha|unsplash

新型コロナウイルスの初期の段階では、コミュニケーションがとりにくくなり、寂しくなったからでしょうか、マッチングアプリで送信されたメッセージ数が増加するといった傾向がありました。

「Pairs」を運営する株式会社エウレカによる「新型コロナウイルスの恋愛・結婚の価値観への影響調査」の結果によれば、新型コロナウイルスを受けて、交際意欲が以前より増した一方で結婚を躊躇する人も多かったり、恋活・婚活を休止している人も多くなるなど、恋愛・結婚観、恋活・婚活に影響を与えていることがわかります。

婚活&絆婚が急増!?震災が与えた影響とは?(2011/9/9、セキララゼクシィ)によれば、東日本大震災の後には一人暮らしをする働く女性に心境の変化が見られ、不安や心細さを感じ、震災前より結婚したいという気持ちが高まったとあります。

しかし、新型コロナ禍においては、同じ感覚で行動するパートナーを求めたり、より「経済的な安定性」を重視するようになっています。

出生率4年連続減が話題!江戸時代の子育て観がヒントに!ウィズコロナ時代は家族観の変化と職住近接によって少子化が解消される!?で紹介した厚生労働省の公表した人口動態統計によれば、2019年の婚姻件数が7年ぶりに増加していて、5月の改元に伴う「令和婚」が広まった可能性があるそうですが、ウィズコロナ時代においては家族を持つことへのハードルが高くなったのではないでしょうか?

ネット系婚活サービスを通じて結婚した人の割合は7.4%と過去最高となっていますが、新型コロナを受けてどのように変化するのか今後注目です。







50代の男性・女性は恋愛でどんな悩みを抱えているの?




【目次】

■50代の男性・女性は恋愛でどんな悩みを抱えているの?

50代の男性・女性の恋愛
50代の男性・女性の恋愛

「50代のダイエット」や「恋愛・結婚」の記事をまとめていると、「50代 恋愛」について検索されることがあります。

「50代男性の恋愛心理」
「50代女性の恋愛心理」
「50代同士の恋愛」
「50代の恋愛事情」
「50代 最後の恋」
「50代 恋愛 別れ」
「50代の女性が年下の男性を好きになった」
「50代女性の恋愛対象は」
「50代既婚男性との恋愛」

などなど50代になっても恋愛については悩むものなのです!

若い頃の恋愛では親が口を出してくることが悩みだった人が、50代の恋愛では子供が恋愛に口を出してくることが悩みになるというケースもあることでしょう。

■50代の独身者で恋人がいる割合

ブライダル総研 恋愛・婚活・結婚調査2015(2015/11/19、リクルートマーケティングパートナーズ)では、年代別・性別で独身者で恋人がいる人の割合を調べていますので、データを見てみましょう。

恋人がいる人の割合(独身者)
恋人がいる人の割合(独身者)|ブライダル総研 恋愛・婚活・結婚調査2015(2015/11/19、リクルートマーケティングパートナーズ)

参考画像:ブライダル総研 恋愛・婚活・結婚調査2015(2015/11/19、リクルートマーケティングパートナーズ)|スクリーンショット

50代の独身者で恋人がいる人は、男性13.7%、女性31.3%というデータがあります。

恋愛したいけどできていない人を含めると、もっと恋愛について悩んでいる人がいることでしょう。




■人生100年時代には50代の恋愛が普通のものになる時代に!

人生100年時代の恋愛・結婚を考えると、例えば、寿命が短い時代には「一人のひと(男性・女性)に尽くす・添い遂げる」という考え方が主流だったかもしれませんが、人生100年時代には「二人以上」ということが普通になっていくのではないでしょうか。

極端に発想すると、理想の遺伝子を持つ(であろう)相手と子どもを作り、子育て期には経済的に安定している相手と生活をし、子育てが終わってからはセカンドライフを楽しめる趣味や会話が合う相手と恋愛・結婚をするという人もいてもおかしくないでしょう。

そのように考えれば、「50代の恋愛」に限ることなく、60代・70代・80代・90代…というように、新たなパートナーを見つけることは珍しいことではなくなっていくでしょう。

最近では、高齢者の一人暮らし、いわゆる「独居老人問題」が取り上げられる機会も増えてきました。

世帯構造別にみた65歳以上の者のいる世帯数の構成割合の年次推移|グラフで見る世帯の状況|国民生活基礎調査(平成25年)の結果から|厚生労働省
世帯構造別にみた65歳以上の者のいる世帯数の構成割合の年次推移|グラフで見る世帯の状況|国民生活基礎調査(平成25年)の結果から|厚生労働省

参考画像:世帯構造別にみた65歳以上の者のいる世帯数の構成割合の年次推移|グラフで見る世帯の状況|国民生活基礎調査(平成25年)の結果から(平成26年、厚生労働省)

高齢世帯は2040年に44.2%に、一人暮らしの高齢者も増加|「日本の世帯数の将来推計」厚労省推計で紹介した国立社会保障・人口問題研究所が行なった2018(平成30)年推計の「日本の世帯数の将来推計(全国推計)」によれば、全世帯主に占める 65 歳以上世帯主の割合は2015年の36.0%から2040年には44.2%を占めることがわかったそうです。

孤独が健康に大きく影響するというニュースも増えています。

【孤独 関連記事】

高齢者の一人暮らしの人の中には、一人のほうが楽という人がいる一方で、もしかすると、「一人のひと(男性・女性)に尽くす・添い遂げる」という価値観があることで「一人」を選択してしまっているという人もいるかもしれません。

それが美的感覚として素晴らしいと思われていますし、それを否定するわけではありませんが、これからの人生100年時代には「孤独」でいるのは長すぎるかもしれません。

人生100年時代には恋愛・結婚のパートナーに限らず、新しいコミュニティでつながりをもつことも大事になるでしょう。

高齢者の一人暮らしであっても、ゆるく周りの人々とつながっていく形を作っていくことがこれから必要になるはずです。

人とのつながりをゆるくでも持つことが人生に彩りを与え、時にはそれが恋愛・結婚に発展していくこともあるということが自然になっていくでしょう。

50代の恋愛が普通のものとなりますように!







【50代 関連記事】

ちょっと離れたところからでも、好意を伝えるボディランゲージ・しぐさ




Body Language

by Glenn Loos-Austin(画像:Creative Commons)

きっかけのきっかけづくりが大事?という記事を以前ご紹介しましたが、今回紹介する記事にはその「きっかけのきっかけ」を作る好意を伝えるボディランゲージが紹介されています。

恋をスムーズにすすめるためにも知っておこう!ボディランゲージの意味するものとは?

(2012/11/5、Googirl)

■ちょっと離れたところからでも、好意を伝えるボディランゲージ

笑顔

ちょっと気になる相手がいたら、遠いところからでも目があったら微笑む、これは基本中の基本。あわてて視線を避けたり、無表情で見返えしては女性としての魅力が伝えられません。

男性の場合は、恥ずかしがって目を逸らしてしまったり、無表情であったりすることが多いですが、女性は親和欲求(人と仲良くしたい願望)が強いため、見つめる時間が長く、笑顔でいる人も多いと思います。

もし、あなたが笑顔でなく無表情であるならば、相手に良い印象を与えられていない可能性が高いと思います。

ちなみに、女性が異性との出会いを高めることの第1位に挙げていることも「いつも笑顔でいる」でした。(女性が「異性との出会いを高めると思うこと」とは?

【関連記事】

背筋を正す

人は姿勢で年齢を認識するとも言われています。(人は姿勢で年齢を認識する!その4つのポイントとは?

姿勢を良くすることがその人自身を魅力的に魅せることができると思います。

日本人は猫背になりやすい!?ともいわれていますので、姿勢には気をつけてくださいね。

 

視線

相手と一瞬だけ視線を合わせ、さっと逸らす。”目は口ほどにものをいう”、思わせぶりな視線で彼の気をひきましょう。

きっかけのきっかけづくりが大事?という記事でも紹介しましたが、男性が女性に声をかけることにおいては、女性から男性に対して好意(らしき)の目線があることに気づいたことで、男性がそれに反応して声をかけるのです。

ちなみに、男性が女性を8秒以上凝視するとその女性に惚れているともいわれています。(8秒以上凝視してしまったら、あなたはその女性に惚れている?

【関連記事】

頭を傾ける

頭を傾けるジェスチャーは、「彼に興味がある」という意味のサインを送ります。

今回の記事によれば、頭を傾けるしぐさは「興味がある」という意味のサインを贈ることなのだそうです。

なぜ「首を傾げる」しぐさは可愛く見えるのか?によれば、「相槌をうつ」しぐさは、「同意」や「理解」を示し、「首を傾げる」しぐさは、「疑問(どういう意味?)」を示しています。

「相槌をうつ」「首を傾げる」というしぐさで、話を聞いてくれているということを示すことで、男性としては嬉しく思うのかもしれません。







【関連記事】
続きを読む ちょっと離れたところからでも、好意を伝えるボディランゲージ・しぐさ

付き合って3ヶ月の壁を乗り越えたカップルは4年以上恋愛関係を継続する可能性が高い|Facebook




■3ヶ月の壁を乗り越えたカップルは4年以上恋愛関係を継続する可能性が高い−Facebook

Big suprise

by Eddy Van 3000(画像:Creative Commons)

「愛の賞味期限」に関するデータがFacebook上で発表される

(2014/2/14、GIGAZINE)

Facebookは以上の統計データから「3カ月間恋愛関係が継続するカップルは全体の約半数で、3カ月に大きな壁がある」と見ており、さらに「3カ月の壁を乗り越えたカップルは4年以上恋愛関係を継続する可能性が高い」という結論を出しています。

これまでも、恋愛の賞味期限について何度か取り上げてきましたが、今回のポイントは、恋愛関係には「3ヶ月の壁」があるという点です。

【関連記事】

恋愛のおける最初の3ヶ月という期間は、本来であれば、周りからすれば目も当てられないほど熱烈なラブラブ期間のはずですが、その間に冷めてしまい別れてしまうほうが不思議なくらいです。

「恋は盲目」を科学するによれば、恋のメカニズムには「相手を夢中になる仕組み」だけでなく、「相手を否定的に思う力を抑えこむ仕組み」が存在し、恋している時には、相手の欠点など見つからないそうです。

ということは、そもそも付き合う相手を間違えているというほうが正しいのかもしれません。

以前、恋愛のクセの中でギャップに弱い人を例として紹介しました。

例えば、ギャップに弱い人っていますよね。

一見怖そうな人が優しかったり、なよなよっとしている人が実はすごく男らしかったり。

以前どこかで聞いたのですが、ギャップっていうのは「一発ギャグ」みたいなものだと。

ただそれは瞬間的にキュンと来ただけであって、長続きするものではありません。

外見と内面が一致している方が安心感をもたらしてくれます。

今回の記事を参考にすれば、3ヶ月の壁を乗り越えられない恋愛が続いている人は、そうした恋愛のクセを持っているのかもしれません。







P.S.
続きを読む 付き合って3ヶ月の壁を乗り越えたカップルは4年以上恋愛関係を継続する可能性が高い|Facebook

8秒以上凝視してしまったら、あなたはその女性に惚れている?




【目次】

■8秒以上凝視してしまったら、あなたはその女性に惚れている?

Look Out for Trouble

by Brian(画像:Creative Commons)

8秒以上凝視してしまったら、あなたはもうその女性に惚れている!

(2012/6/28、週プレNEWS)

男性は凝視する時間が長ければ長いほど、その女性に興味を持っており、男性が4秒以上凝視しなければ、その女性に興味がなく、また男性が8秒以上凝視してしまったら、あなたはその女性に惚れているそうです。

ただ、この実験結果は女性には当てはまらないそうです。




■男性は女性のどこに惹かれるか?

以前男が本能的に惹かれる部位は「胸」ではなく「くびれ」!という記事を取り上げましたが、被験者の目の動きがわかるようにカメラを備えつけて行なった実験によれば同様の実験結果が出ていて、男性は最初に女性の体の真ん中や下半身を見て、無意識のうちに、くびれ(生殖力、ウエストとヒップの比率)をチェックして徐々に顔をあげるようにしているそうです。

女性の場合は、男性の顔からチェックが始まるそうです。

女性のひと目惚れ率は、1000人にひとり以下という記事を以前紹介しましたが、女性は男性の顔のどういった部分(顔の作り、表情)をチェックしているのでしょうか。

男性は女性のくびれをみて、女性は男性の顔を見ているということは、もしかすると、男性は女性にその女性をチェックしている姿を見られているといえるのかもしれませんね。

【関連記事】

■男性は即断即決、女性は慎重に判断する

第一印象がつくられた後に、異性への最終判断を下さなければなりません。すなわち、「この人に話しかけるべきか」「赤通してみようか」などです。その最終判断に至るまでには、男は女性を12.8回注視するのが平均らしいです。他方、女性は男を22.5回注視するとか。男性のほうが断然少ないですね。このことから、やはり男の恋愛は視覚で即断即決をしているといえそうです。

女性のひと目惚れ率は、1000人にひとり以下という記事によれば、男性は、10人に一人の割合でストライクゾーンに入る女性が見つかるということなので、女性に比べると、ストライクゾーンが広いため、チェックする回数が少ないのかもしれません。

反対に女性は、男性を数多く注視することで、慎重に判断しているようです。







【関連記事】
続きを読む 8秒以上凝視してしまったら、あなたはその女性に惚れている?