タグ別アーカイブ: 恋愛

「海でのナンパはそんなに嫌じゃない」女性は43%|誘い文句は「スイカ割りしませんか? 」

Captivated

by micadew(画像:Creative Commons)




■「海でのナンパはそんなに嫌じゃない」女性は43%

スイカ割りしませんか? 「海でのナンパはそんなに嫌じゃない」女性は43%

(2014/8/1、マイナビニュース)

「海でのナンパに、実はそんなに嫌じゃない」か聞いたところ、43%と約半数の女性が「嫌じゃない」と回答。

「嫌じゃない」という女性からは、「裸に限りないカッコでいる男女が知らんぷりなんてあり得ない!」「海でのナンパ、どんな女の子だって絶対期待してる」と街でのナンパと比べて前向きな女性が意外と多い事が分かった。

43%の女性が「海でのナンパに、実はそんなに嫌じゃない」と回答したそうで、街でのナンパと比べて前向きな女性が多かったそうです。

ここでのポイントは、「非日常」だと思います。

街での生活というのは「日常」であるのに対して、海というのは「非日常」ですよね。

毎日の仕事や学校でのストレスをためこんだり、日々の退屈した変わらない日常から抜け出したいと心の何処かで思っているのでしょう。

海でナンパされるというのは、日常ではない非日常の環境で、なおかつ異性から声をかけられたことによって認められたという承認欲求も満たされます。

そして、それが自分にとって理想の人であればなおさら嬉しいでしょう。

記事で紹介されている誘い文句も興味深いですね。

■誘い文句は「スイカ割りしませんか? 」

Lake time!

by Ashley Campbell(画像:Creative Commons)

誘い文句の体験談として挙げられたのは、スイカ割や、ビーチバレー、バーベキュー等の夏のアクティビティ。「一緒にスイカ割りしませんか? と誘われたら、つい乗っちゃう」「ビーチバレーしよう、と言われたら一緒に楽しんじゃう!」「バーベキューをやってる男性グループに誘われて参加したらすごく楽しかった!」など、夏のアクティビティを誘い文句にされると、好印象で応じてしまうという人が多数見受けられた。

大型連休にやりたいこと1位は「花火大会」|やってみたいアクティビティやイベントの男女の違いとはによれば、女性はレジャー感覚で気軽に体験できるものを好んだり、instagramなどのSNSに投稿しやすいイベントを好む傾向があるようです。

単に一緒に遊ぼうというよりも具体的にアクティビティを一緒にやろうという方が誘われやすいのだと思います。

よくいわれるのが女性には言い訳を用意してあげることが重要だと。

この場合は、女性はその男性が気に入ったから誘われたのではなくて、「スイカ割り」がしたかったからしょうがなく誘われたということができます。

■まとめ

今回の記事から学べるポイントは、非日常を演出することと女性が誘われてもいいと思わせるプランを提案すること。







冬にスタートした恋愛は夏よりも長続きする傾向にある|Facebook

Couple walking at the beach

by Bertram Nudelbach(画像:Creative Commons)




「愛の賞味期限」に関するデータがFacebook上で発表される

(2014/2/14、GIGAZINE)

Facebookによると、季節によって破局率の割合は異なっており、冬にスタートした恋愛関係は夏にスタートした恋愛関係よりも長続きする傾向にあるとのことです。

Facebookによれば、冬にスタートした恋愛関係は夏よりも長続きする傾向にあるそうです。

夏休みに旅行先で一夜限りのセックスをする女性は40%!で紹介したアンケート結果によれば、「ひと夏の恋を経験したい」と考えている女性は平均で37%、20代では4割にも達することがわかったそうで、その理由として最も多かったのは、「人生の思い出に、後先を考えない恋をしたい」というものでした。

また、男はビキニの女を「物と一緒にしか見れない」ことが判明で紹介したプリンストン大学の実験では、女性が肌を露出しすぎると、男性と真剣交際することが難しくなるということが判明しています。

つまり、女性はひと夏の恋を人生の思い出として経験したいと思い、男性は肌を露出しすぎた女性とは真剣交際するのが難しいわけですから、結果として、夏にスタートした恋愛は短くなりやすいですよね。







「別れが近いカップル」にみられる5つのサインとは?

Lonely Valentine

by Kurt Bauschardt(画像:Creative Commons)




春休みや夏休みの前、クリスマスの2週間前などの何かのイベントがある前に別れることが多いという記事(クリスマスの2週間前に恋人同士は別れる事が多い?)を以前紹介しましたが、今回は、「別れが近いカップル」にみられる5つのサインという記事を見つけましたので、ご紹介したいと思います。

現れたらキケン!「別れが近いカップル」にみられるサイン5選

(2011/11/19、Gow!Magazine(ガウ!マガジン))

●その1:交際して4年以上はキケン

恋は4年以上経過すると、恋を司る脳内物質「βエンドルフィン」が出なくなり、冷めてしまうといいます。

末永く交際を続けるには、恋愛感情だけではなく、価値観などで尊敬できる相手を見つける必要がありそうです。

記事によれば、恋は4年以上経過すると、恋を司る脳内物質「βエンドルフィン」が出なくなり、冷めてしまうのだそうです。

しかし、「だから、男と女はすれ違う」という本によれば、恋の賞味期限は更に短いようです。

●恋の賞味期限は12ヶ月から18ヶ月(ピサ大学 マラツイティ)

7ヶ月までは熱烈ラブラブな状態が続く。8ヶ月から17ヶ月の間は個人差があるが、ラブラブな状態とそうじゃない状態がオーバーラップする。そして、18ヶ月を過ぎて安定した関係が続いたとしても、もはや熱烈な恋ではなくなる。

賞味期限までに恋が成就し、安定した恋愛関係へと発展すると、時間と共に愛が変化していくのではないか。それがひょっとして「愛着」のステージなのではないか。

本によれば、熱烈な恋の賞味期限は、1年から1年半なのだそうです。

恋の賞味期限が限られている理由としては、

恋というのは報酬系のネットワークがフル回転している状態、つまりドーパミンがバンバン出ている状態

であり、

報酬系がフル稼働する恋は「体に負担がかかる」

からなのだそうです。

→ 恋愛の賞味期間は3年? について詳しくはこちら

【関連記事】

 

●その2:下の名前で呼ばなくなるとキケン

米、カリフォルニア大学のキング博士がカップル55組を対象に調査をしたところ、お互いが下の名前で呼び合わないカップルの86%が5ヶ月の間に別れているという結果が出たそう。

カップル円満でいたいのであれば、意識して下の名前で呼び合うのが良さそうです。

記事によれば、お互いが下の名前で呼び合わないカップルの86%が5ヶ月の間に別れているという結果が出たそうです。

もしかすると、下の名前を呼ばなくなっている時期というのは、ドーパミンが出なくなっている状態といえるのかもしれませんね。

→ 名前(ファーストネーム)で呼びかけられると女性の愛情ホルモンは増加する!? について詳しくはこちら




●その3:相手の欠点が気になりだすとキケン

恋に落ちている最中は、あばたもえくぼ。しかし、付き合っているうちに相手の欠点が見えてくるもの。いちいち目につくようになってきたら危険信号です。

記事によれば、相手の欠点が気になりだすと危険なのだそうです。

「恋は盲目」を科学するでも紹介しましたが、恋をしている人は、正常な判断ができないそうです。

●激しく恋をしている人が恋人の写真を見たときには、扁桃核そして、頭頂・側頭結合部の活動が抑えられていた。(ロンドン大学 セミール・ゼキ、アンドレアス・バーテルス)

●扁桃核は、脳幹と大脳基底核の外側にある大脳辺縁系に位置していて、本能的な快・不快を感じる働きを担っている。

●頭頂・側頭結合部は、判断や物事を批判的に捉える働きをしている。

●「これは、恋をしている人物は正常な判断ができないということを意味しています。恋人のことを批判的に見ることができなくなってしまう。恋は盲目。」

●「ただ判断力が鈍ると言っても恋人に対してのみの判断力が鈍る。つまり、恋人に特化した不思議なメカニズムなのです」

●二人の研究によって、恋のメカニズムには「相手に夢中になる仕組み」以外に「相手を否定的に思う力を抑えこむ仕組み」が存在することがわかった

だから、男と女はすれ違う―最新科学が解き明かす「性」の謎

中古価格
¥106から
(2017/3/29 13:17時点)

-「だから、男と女はすれ違う」から引用

つまり、恋には、「相手を否定的に思う力を抑えこむ仕組み」が存在し、相手の欠点を気になりだしてきたということは、その相手に対しての恋心が薄れてきていると言えそうです。

→ 恋する気持ちが突然冷めるメカニズム について詳しくはこちら
 

●その4:お互いが仕事や趣味に没頭しているとキケン

相手の立場を忘れてお互いが自分の事に熱中するのは、恋を忘れている証。

記事によれば、お互いが仕事や趣味に熱中していると、恋を忘れている証拠なのだとか。

「幸せを科学する」(著 大石繁宏)によれば、

幸せを科学する―心理学からわかったこと

新品価格
¥2,592から
(2017/3/29 13:28時点)

●趣味の一致は、結婚生活への満足度と関係が高い。

●共通の活動に費やした時間が多い夫婦が、最も結婚生活に満足している夫婦。

共通の趣味を持ち、その時間が多いカップルは、満足度が高いようです。一つでも共通の趣味があると違ってくるのかもしれません。

→ 「圏」を持つ人の76.8%が「幸せだ」と感じている について詳しくはこちら
 

●その5:恥じらいがなくなるとキケン

長く付き合うと失われていくのが恥じらい。しかし、それでは相手に対し異性を感じなくなってしまいます。いくら慣れているからといって、彼氏の前で全裸で過ごすのは止めましょう。

記事によれば、恥じらいがなくなるということは異性を感じなくなっているということであり、これは、恋人ではなく、家族になっているということなのかもしれません。




→ クリスマスの2週間前に恋人同士は別れる事が多い? について詳しくはこちら




恋をすると、なぜ「触れたい」という感情が生まれるか?|映画「her/世界でひとつの彼女」

Couple

by mrhayata(画像:Creative Commons)




スパイク・ジョーンズ監督は、声に恋するというアイデアを10年前に思いつき、そのアイデアを温めていたそうで、今回の映画は、現在のテクノロジーの発展によって、アイデアがよりリアルなものに感じられるようになったからこそできたのだろう。

「人工知能型OSに恋するなんてことがあるだろうか?」
と最初は思うかもしれない。

でも、ありえないとも言えない。

今の現実を見れば、それに近いことが起きているし、いまこの瞬間も恋をしている人もいるかもしれない。

ただ、この作品で話したいことは、決して人工知能と恋することを面白おかしく描くということではなくて、心を通わせあえることの重要さなんだと思う。

her/世界でひとつの彼女(字幕版)

新品価格
¥300から
(2017/3/28 21:31時点)

『her/世界でひとつの彼女』スパイク・ジョーンズ監督来日!トークイベント

(2014/5/29、cue)

野村:人工知能型OSと恋に落ちるというストーリーを着想したきっかけは?

スパイク:人工知能と男が恋に落ちるというのは10年位前に思いついてはいたんですが、5年くらい前に脚本を書き始めた時は、それはあくまでも入り口に過ぎなかったんです。人とテクノロジーの関係を描きたかったわけではないんです。

人がどうしたら繋がるのか?ということだったんですね。リアルに、誠実に、人と心を通わせるのはとても難しいことです。

今、テクノロジーのせいで人々は互いに関係が築けないと言われていますが、昔だって別の事を言い訳にお互い心を通わすことを避けていたんです。

現代社会を生きる我々は忙しいし、コミュニケーションの形は日々変わるし、毎日受け取る情報量もとても多いです。

だから人工知能と恋するということは、そんな中で本当に愛する人に自分を晒して通じ合うことの難しさ、それがどれだけの挑戦なのか、ということを描くためのきっかけだったんです。

OSとは、どんなに恋をしても、触れることができない。

恋をすると面白いと思うのが、「触れたい」という感情がなぜか生まれること。

触れたいという感情が生まれるのは、一つになりたい(一体化したい)、存在していることを実感したい、安心したい、といった感情が生まれるからではないだろうか。

しかし、触れるためには、実にいくつかの条件が必要となってくる。

「触れる」ためには、触れる相手と体がそこに同時に実在しないといけないからだ。

「見る」「聞く」ということは、現在のテクノロジーを持ってすれば、そこにいなくても感じることはできる。(直接会う場合と情報量は違うだろうけど)

ただ、「触れる」ためには、そこに相手が存在していないといけない。

「愛撫・人の心に触れる力」(著:山口創)では、なぜ人が触れたいという欲求を感じるのかについてこのように書かれています。

愛撫・人の心に触れる力 (NHKブックス)

中古価格
¥68から
(2017/3/28 21:31時点)

現代人が、「触れたい-触れられたい」という強い欲求を感じるというのは、単に物理的な皮膚への接触刺激が不足しているということではなく、人と感情を分かちあい、一体化することへの渇望であると考えられないだろうか。

希薄化する人間関係やヴァーチャルなコミュニケーションに偏った現代人は、他者の身体と私の身体が分け隔てなく感じられるような、密度の良い親密な関係を求めているのである。

自分と相手と感情をわかちあい、一体化したいということを「触れる」ということを通じて、感じあいたいのではないだろうか。

映画を見ていない段階だけど、おそらく映画の本筋とは違うとは思う。

だけど、直接会う(触れる)ことができるというのがどれほど貴重なことで、素晴らしいことなのか、は間違ってないと思う。

でも、映画を見る前と見ない後ではまた考えが違ってくるのかもしれない。

「触れる」ことができない人工知能型OSとの恋の結末は、どのようなものになるのだろうか。







【関連記事】

P.S.

いつ好きな人に触れられてもいいように準備しておくといいかもしれませんね。



P.P.S.


今回のインタビューでは、もう一つ気になることがありました。

『her/世界でひとつの彼女』スパイク・ジョーンズ監督来日!トークイベント

(2014/5/29、cue)

よく考えてみると、親密な関係というのはすごく自分の中だけで考えていることが多いんですよね。

例えば何かを言われて傷ついてしまう。それは何か具体的に事が起こっているのではなく、自分の心の中で言われたことを考えてネガティブになる。

他にも例えば、愛する相手と一緒にいられなくて悲しかったり切なかったりする想いをする。これも自分の心の中だけで葛藤が起こっていることです。

恋をすると、具体的に何も起きていないのに、そのことを考えこんでしまうということがある。

恋をすることは、自分との対話なのかもしれない。

【関連記事】

 

【おすすめ記事】

「突然抱きしめられた」|抱きしめるときの男性心理と女性心理

Together / Együtt

by Benjamin Balázs(画像:Creative Commons)




■「突然抱きしめられた」|抱きしめるときの男性心理と女性心理

言葉なしでも「愛されてる」と感じる瞬間ランキング

(2014/3/9、gooランキング)

マイナビが独身女性200人に「ドキッとした男性の強引なアプローチ」を聞いたところ、一番多かったのは「突然抱きしめられた」だったのだとか。

デートの帰り道や飲み会の席で抱きしめられた女性が多く、中には後ろから抱きつかれ押し倒されてしまった経験を持つ人も。

このブログでも検索されるワードとして「突然抱きしめられた」「抱きしめる 男性心理」「頭をなでる 男性心理」などが検索されています。

どのような気持ちで検索したかはわかりませんが、おそらく、好意がある人に抱きしめられた場合は相手の気持ちが知りたくて検索したのでしょうし、反対に全く恋心を抱いていない相手に抱きしめられた場合にはどうしたらいいのかわからず、とりあえず検索してみたのだと考えられます。

では、なぜ男性は突然抱きしめてしまうのでしょうか?

<男性が急に(突然)抱きしめたくなる時>

男性が急に(突然)抱きしめたくなる心理としては、様々な理由で好きな気持ちを抑えられず、抱きしめるという行為・表現をとってしまったのだと思います。

●何らかのタイミングで気持ちが高ぶったとき

これは人によって様々だと思いますが、女性の仕草などで男性にはそれぞれツボのようなものがあります。

照れてる姿を見たりとか、待ち合わせやお別れの時に手を振ったりする姿を見たり、などありますが、これは色んなパターンがあると思います。

●お酒の勢いやお酒で理性がなくなったとき

いつもは理性で抑えている感情がお酒を飲んで気持ちが大きくなったり、理性がなくなると、抱きしめるという行動をしてしまう男性がいます。

●辛い時や泣くのをこらえて、頑張っている姿を見たとき

女性がつらい状況に陥っていたりして泣くのをこらえていたり、頑張っている姿をみると、男性は守ってあげたいという気持ちを「抱きしめる」という行動で示したくなるものなのではないでしょうか。

■触れたいという感情が沸き上がる理由

恋をすると、なぜ「触れたい」という感情が生まれるか?|映画「HER/世界でひとつの彼女」で書きましたが、恋をすると面白いと思うのが、「触れたい」という感情がなぜか生まれること。

触れたいという感情が生まれるのは、一つになりたい(一体化したい)、存在していることを実感したい、安心したい、といった感情が生まれるからではないでしょうか?

しかし、触れるためには、実にいくつかの条件が必要となってきます。

それは、「触れる」ためには、触れる相手と体がそこに同時に実在する必要があるということ。

「見る」「聞く」ということは、現在のテクノロジーを持ってすれば、そこにいなくても感じることはできます。

ただ、「触れる」ためには、そこに相手が存在していないといけません。

「愛撫・人の心に触れる力」(著:山口創)では、なぜ人が触れたいという欲求を感じるのかについてこのように書かれています。

現代人が、「触れたい-触れられたい」という強い欲求を感じるというのは、単に物理的な皮膚への接触刺激が不足しているということではなく、人と感情を分かちあい、一体化することへの渇望であると考えられないだろうか。

希薄化する人間関係やヴァーチャルなコミュニケーションに偏った現代人は、他者の身体と私の身体が分け隔てなく感じられるような、密度の良い親密な関係を求めているのである。

自分と相手と感情をわかちあい、一体化したいということを「触れる」ということを通じて、感じあいたいのではないでしょうか。

■女性には突然抱きしめられたい心理がある!

女性がパートナーにしてほしい愛情表現第一位は「ハグ・抱きしめる」なのだそうです。

抱きしめられたい 心理|なぜ「抱きしめられたい」と思うのか?によれば、女性が男性から抱きしめられたくなる瞬間は主に4つあると考えられます。

1.淋しい時

2.好きな気持が高まった時

3.不安なとき

4.疲れている時

なぜ、「抱きしめられたい」と思うのかというのは、おそらく以前に抱きしめられたことで気持ちがホッとしたり、落ち着いたり、幸せな気持ちになれたりした経験があったからなのだと思います。

女の子はなぜ頭ぽんぽんに弱いの? そのメカニズムとは?によれば、抱きしめられたり、やさしくふれられると、オキシトシンの分泌が増加し、ストレスが軽減したり、愛情や信頼などの感情を呼び起こすそうです。

つまり、抱きしめられると、幸せホルモンが分泌されて、幸せな気持ちになれるんですね。

【関連記事】

■まとめ

「抱きしめる男性心理」で検索された方で、もし、あなたが好意がある人に抱きしめられたのでしたら、そのまま恋を育んでいってくださいね。

不意打ちの強引なアプローチで(よい方向に)心が動いてしまった人はいいのですが、問題があるのは、好意が全くない人に抱きしめられたパターン。

「強引な男がいい」という場合には、実は「(私が好きな人で)強引な男がいい」のです。

男性は女性の拒絶のサインを見逃さないようにしましょう。

そして、もしそのサインに気づかないような男性だった場合は、きちんとその気持ちを伝えましょう。

→ 抱きしめられたい 心理|なぜ「抱きしめられたい」と思うのか? について詳しくはこちら




→ 女性がパートナーにしてほしい愛情表現第一位は「ハグ・抱きしめる」 について詳しくはこちら




【関連記事】

P.S.

いつ好きな人に抱きしめられてもいいように準備しておくといいかもしれませんね。