「果物」タグアーカイブ

新型インフル「食生活改善で重症化予防を」ノーベル医学賞のモンタニエ氏

新型インフル「食生活改善で重症化予防を」ノーベル医学賞のモンタニエ氏

(2009/10/8、産経新聞)

エイズウイルスを発見し、昨年のノーベル医学・生理学賞を受賞したフランスのリュック・モンタニエ氏が7日、東京都千代田区の日本記者クラブで講演。

新型インフルエンザの予防について、「ワクチンが最も有効だが、食生活の改善も重症化予防に効果がある」と語った。

ノーベル医学賞を受賞したモンタニエ氏が、食生活の改善が、新型インフルエンザの重症化予防に効果があるとコメントしたそうです。

具体的にどのような食生活の改善を行えばよいのでしょうか。

モンタニエ氏は体が酸化することで免疫力が低下すると指摘。

「イギリスがフランスやイタリアに比べて死亡率が高いのは、食生活も影響している。

抗酸化作用のある野菜や果物を摂取することが大切だ」と呼びかけた。

体が酸化することで、免疫力が低下するという考えから、抗酸化作用のある野菜や果物を積極的に摂取したほうが良いようです。

新型インフルエンザの重症化予防のためにも、参考にしたいですね
 
抗酸化作用・抗酸化物質についてはこちら。 ⇒ 抗酸化作用・抗酸化物質

(抗酸化作用のある野菜や果物などの食品も紹介しています。)

 

【関連記事】

  • 新型インフルエンザの症状とは?
  • 新型インフルエンザ予防対策とは
  • <新型インフルエンザ>乳幼児も注意が必要
  • <新型インフルエンザ>「妊婦は重症化しやすい」と注意喚起 日本産科婦人科学会

【関連リンク】

野菜・果物とがん:食物繊維とβ-カロテン

Wall_Food_10048

by Michael Stern(画像:Creative Commons)




がんのリスク・マネジメント:(16)野菜・果物とがん:食物繊維とβ-カロテン(2008/11/18、毎日新聞)

記事で大事だと感じた点をまとめてみました。

野菜や果物の食物繊維と大腸がんの関係

野菜と果物が健康に良いといわれる理由の1つに、食物繊維があります。

食物繊維には、グルコースやコレステロールの吸収を抑えることによる糖尿病や心疾患の予防効果があります。

それに加えて、便容積を増大させ、排便を促進し、発がん物質が腸管と接触する時間を短くする、あるいは、腸内細菌叢を変化させ2次胆汁酸などの産生を抑えるなどによる大腸がん予防効果が期待されます。

最近の研究によると、食物繊維による大腸がんの予防効果は認められていないようです。

しかし、食物繊維の摂取量が極端に少ないと、リスクが上昇するという結果は出ているそうです。

そのため、大腸がん予防のためには、食物繊維の量はある程度摂れば十分であり、多く摂ってもその予防効果は変わらない可能性が高いようです。

β‐カロテンとがんの関係

世界がん研究基金(WCRF)と米国がん研究協会(AICR)による「食事、栄養、身体活動とがん予防の世界評価」の2007年の改訂では、β-カロテンが肺がんリスクを上げるという結果が出ているそうです。

β-カロテンのサプリメントには、前立腺がんと皮膚がん予防効果が期待されていましたが、それほど影響しないという結論を得られているそうです。

■まとめ

この記事の結論としては、野菜や果物は、上部消化管がんや循環器疾患の予防効果は期待されるので、適度に野菜・果物を摂取することを薦めていました。

ある食品ばかりを摂取するよりも、適度な量をバランスよく食事をすることのほうが健康にはよいようです。







便秘解消に果物がおすすめ

便秘解消に果物がおすすめ

多くの方が悩んでいる便秘

便秘の解消に役立ちそうな記事を見つけましたので、ご紹介。

果物を食べて便秘のない毎日を! (2008/11/15、エキサイト)

これらの解消・予防対策として共通するのは、規則正しい生活習慣と食事、適度な運動。

さらに意識して摂りたいのが食物繊維と水。

食物繊維は体内で消化されず、水を含むとふくらんで便の量を増やし、適度に便を柔らかくし押し出す働きをしてくれる。

食物繊維は二種類あり、ごぼう・人参などの野菜類、芋類、豆類に多く含まれる不溶性食物繊維と、ぬるぬるした粘りがあり果物・海藻・こんにゃくに多い水溶性食物繊維がある。

同じ食品にも不溶性・水溶性両方が含まれているが、不溶性が多くなりすぎると便の水分が不足したり、腸が過敏になるけいれん性便秘では逆効果になったりするので、意識して摂りたいのは水溶性食物繊維だ。

便秘の解消する上で大事だといわれているのが、食物繊維ですよね。

しかし、食物繊維は1種類しかないと思っている方が多いようです。

食物繊維には、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維があります。

記事の中では、水溶性食物繊維を意識して摂取することをすすめているようです。

この食物繊維を摂る上で、お勧めなのが果物です。

そこでおすすめしたい食べ物は、手軽に食べられる果物。

食物繊維だけでなくビタミンCも豊富で美容にもうれしい食材だ。

バナナは不溶性と水溶性食物繊維をバランスよく含んでいて便秘対策に適しており、またキウイ・りんご・いちごは食物繊維を多く含む以外に、腸内の善玉菌を増やす手助けしてくれる。

果物をヨーグルトに混ぜて一緒に食べれば、腸内環境の改善がさらに期待できる。

旬の果物を食べる習慣をつけて、便秘解消しましょう。

→ 便秘とは|即効性のある便秘解消方法(ツボ・運動・マッサージ・食べ物)・便秘の原因 について詳しくはこちら

→ 便秘の症状で知る便秘の原因とは?|便(うんち)で体調チェック について詳しくはこちら

→ 頑固な便秘を治す方法|食べ物・ツボ・生活習慣 について詳しくはこちら

朝キウイダイエット

朝キウイダイエット

意外なキーワードで検索が伸びています。

それは、

「朝キウイダイエット」

です。

「朝キウイダイエット」というキーワードがgooキーワードセンターの注目ワード2008年10月07日で紹介されており、朝バナナダイエット、バナナの代用品にキウイ (バナナの代用品にキウイを薦めた記事)が検索上位に表示されているようです。

朝バナナダイエットが大人気で、店頭からバナナが消えており、あったとしても需要が多いため、価格が値上げされていることもあり、ほかに代用できるものはないかということでキウイが注目されています。

テレビでもバナナの代わりにキウイがおすすめと放送されたことから人気が出てきている様子です。

キウイには、ビタミン、カリウム、食物繊維、酵素が豊富で、バナナの栄養価(カロテン・カリウム)とも近く、また旬の果物のため、価格もお手ごろになっています。

しかし、キウイに限らず、旬の果物を上手に取り入れて、健康的にダイエットしましょう。

【関連ページ】

朝バナナダイエット、バナナの代用品にキウイ

朝バナナダイエット、バナナの代用品にキウイ

朝バナナダイエットが大人気で、各お店で品切れとなり、店頭からバナナが消えています。

あったとしても需要が多いため、価格が値上げされていることもあるようです。

そこで、バナナの代用品にお勧めなのが、「キウイ」!

キウイはバナナと栄養価(カロテン・カリウム)も近く、また旬の果物のため、価格もお手ごろになっています。

バナナが店頭になくてバナナダイエットができない方にはキウイなど他の果物を利用してみてはいかがでしょうか。

【関連ページ】