「HLA遺伝子」タグアーカイブ

運命の人(男性)は匂いでわかる?|女性は本能で男性の匂いから恋愛遺伝子を感じ取れる?




■運命の人(男性)は匂いでわかる?|女性は本能で男性の匂いから恋愛遺伝子を感じ取れる?

All a Glow

by micadew(画像:Creative Commons)

恋を休んでいる人必見! 運命の人は匂いでわかる?

(2012/7/3、マイスピ)

女性は本能で男性の匂いからHLA遺伝子(恋愛遺伝子)を感じ取っているそうです。

以前も、女性は見た目よりも匂いで男性を選ぶという記事をご紹介しました。

女性の8割が「見た目」より「いい匂い」の男性を選ぶ?

「モテたい脳、モテない脳」(著澤口俊之×阿川佐和子)を読んだところ、こんなことが書かれていました。

モテたい脳、モテない脳 (PHP文庫)

新品価格
¥550から
(2017/3/31 13:15時点)

モテる男はいい匂いを出す。いい匂いを出す男というのは、免疫力の強い男。

免疫力が強いと嫌な匂いが消される。免疫力が強いと肌の菌の繁殖を抑えるので、嫌な匂いを発しない。

肉体的に魅力のある人間はフェロモンも多くなる。

いい体になれば免疫力が高まり、いい香りを出す。

また、「話を聞かない男、地図が読めない女」(著アラン・ピーズ)にもこのように書かれています。

だから、男と女はすれ違う―最新科学が解き明かす「性」の謎

中古価格
¥106から
(2017/3/30 09:45時点)

男の魅力は免疫系の強さにある。

女の脳は、においの信号を解読して男の免疫系の状態も探る。

研究によると、女は男に出会ってたった3秒間で免疫系の分析を終えるという。

つまり、においが臭い人は、免疫力が弱く、女性には魅力がないと思われてしまうということみたいです。

免疫力が強い男性は嫌な匂いを発しないそうです。

女性は運命的な男性に出会うと

嗅覚が敏感になる

脳が敏感になる

自律神経に働きかける

心拍数が上昇

胸がときめく

というフローをたどります。

運命の男性を見つけるためには、五感をフルに使う必要があるようですね。

ただそのためには、多くの人と出会う必要があるのかもしれません。







【関連記事】
続きを読む 運命の人(男性)は匂いでわかる?|女性は本能で男性の匂いから恋愛遺伝子を感じ取れる?

恋のはじまり|女は匂いで男を選ぶ!?・恋に落ちる瞬間・男女の恋愛の相性|恋愛は科学だ!

2013年2月25日(23時00分~23時45分)放送の「知的探検スペシャル恋愛は科学だ!」(フジテレビ系)では「恋のはじまり」を取り上げました。




【目次】

●恋する脳

Double Take

by Adam B(画像:Creative Commons)

恋人の写真と知らない人の写真を見たときの脳活動の違いを観察したところ、原始的な領域が活発になっていることがわかりました。

原始的な領域とはのどの渇きや空腹を感じる場所です。

つまり人は本能的に恋愛をしているのです。

恋に落ちているときには、脳の腹側被蓋野という部分と尾状核という部分が活性化するそうです。

【関連記事】

恋は感情ではなく、動物的な衝動|恋愛の脳領域

恋に落ちているときには、脳の腹側被蓋野という部分と尾状核という部分が活性化するそうです。

これらの部分では快楽を与える神経伝達物質のドーパミンが分泌されていることがわかりました。

ドーパミンは人に集中力をもたらし、やる気を起こさせる物質です。

恋に落ちた瞬間、ドーパミンは0.2秒で脳内を駆け巡るそうです。

ドーパミンは恋する脳のエネルギーなのです。

「恋に落ちる」とはドーパミンが与える幸福感なのかもしれません。




●恋に落ちる瞬間

●恋に夢中になると、今までやらなかった大胆なことができてしまう理由

激しい恋をして脳内にドーパミンが分泌されると幸福感は増しますが、判断力は鈍くなります。

【関連記事】

●女はにおいで男を選ぶ・男女の恋愛の相性

匂いと男女の相性の関係

HLA遺伝子の構造が全く違う相手の体臭を好み、似た相手の体臭を嫌うのは、近親交配を防ぐためであり、異質な相手と生殖した方が丈夫な子孫を残せるからなのです。

【関連記事】







【恋愛は科学だ!関連記事】
続きを読む 恋のはじまり|女は匂いで男を選ぶ!?・恋に落ちる瞬間・男女の恋愛の相性|恋愛は科学だ!

女性が言う「生理的に無理」の正体とは何なのか?




【目次】

■「生理的に無理」の正体とは?

girl on steps

by zoetnet(画像:Creative Commons)

見た目や臭いなど好き嫌いの原因がはっきりしている場合もあれば、人に対して「理由はわからないけれど何だか受け付けられない」≒「生理的に無理」という感情が起きてしまうことがありますよね。

ただ「生理的に無理」という言葉は男性からはあまり聞かれることはなく、女性からよく聞く言葉なので、「生理的に無理」という感情は女性だから感じることができる感情なのかもしれません。

ところで「生理的に無理」の正体は何なのでしょうか?

よく言われるのは本能レベルで「この男性の子孫を残せるかどうか?」を判断しているということ。

その仮説のヒントとして考えられるのが「ニオイ」です。

■女性は男性のどんなところをみて、「生理的に無理」と思うのか?

女性の8割が「見た目」より「いい匂い」の男性を選ぶ?で紹介した、「モテたい脳、モテない脳」(著澤口俊之×阿川佐和子)では次のようなことが書かれていました。

モテたい脳、モテない脳 (PHP文庫)

新品価格
¥550から
(2017/3/31 13:15時点)

  • モテる男はいい匂いを出す。いい匂いを出す男というのは、免疫力の強い男。
  • 免疫力が強いと嫌な匂いが消される。免疫力が強いと肌の菌の繁殖を抑えるので、嫌な匂いを発しない。
  • 肉体的に魅力のある人間はフェロモンも多くなる。
    いい体になれば免疫力が高まり、いい香りを出す。

また、「話を聞かない男、地図が読めない女」(著アラン・ピーズ)にもこのように書かれています。

だから、男と女はすれ違う―最新科学が解き明かす「性」の謎

中古価格
¥106から
(2017/3/30 09:45時点)

  • 男の魅力は免疫系の強さにある。
    女の脳は、においの信号を解読して男の免疫系の状態も探る。
    研究によると、女は男に出会ってたった3秒間で免疫系の分析を終えるという。

2つの本を参考にすれば、いい匂いを発する男性は免疫力の強い男性であり、反対にいえば、においが臭い人は免疫力が弱く、女性には魅力がないと思われてしまうということです。

運命の人(男性)は匂いでわかる?|女性は本能で男性の匂いから恋愛遺伝子を感じ取れる?によれば、女性は本能で男性の匂いからHLA遺伝子(恋愛遺伝子)を感じ取っているそうです。

人生の科学 「無意識」があなたの一生を決める [ デイビッド・ブルックス ]

価格:2,484円
(2018/10/27 18:14時点)
感想(0件)

「「無意識」があなたの一生を決める 人生の科学」(著:デイヴィッド・ブルックス)によれば、人は生まれつき好きなもの、嫌いなものがある程度決まっているそうです。

【中古】 だから、男と女はすれ違う 最新科学が解き明かす「性」の謎 /奥村康一,水野重理,高間大介【著】 【中古】afb

価格:548円
(2018/10/27 18:15時点)
感想(0件)

恋愛は直感か?|あなたは直感を信じて恋愛をしますか?で紹介した「だから、男と女はすれ違う」によれば、子どもから思春期の間に、無意識のうちに築き上げてきた思考や性格(言葉遣い、ユーモアのセンス、洋服の好み、好き嫌い、価値観、趣味など)に関する膨大なリスト「ラブマップ(恋の地図)」が作られるそうです。

このように考えると「生理的に無理」の正体は、女性にとって本能的に受け付けられない何か(一つはニオイの可能性がある)を判断しているからこそ起きているのではないでしょうか?







【関連記事】
続きを読む 女性が言う「生理的に無理」の正体とは何なのか?

匂いと男女の相性の関係|HLA遺伝子の構造が全く違う人の体臭を選んでいる!?




■匂いと男女の相性の関係|HLA遺伝子の構造が全く違う人の体臭を選んでいる!?

Couple

by Jon Gosier(画像:Creative Commons)

匂いと相性の関係について書かれている記事を見つけましたのでご紹介します。

相性なんて関係ない?──非常識恋愛のススメ by 井上由美子

(2012/7/23、GQ JAPAN)

男女の相性を左右する要素の一つとして、HLA遺伝子が数年前から注目を集めている。通称・恋愛遺伝子。免疫に関する遺伝子がヒトの体臭に個性を与えており、その匂いが特定の異性を惹きつけることが長年の研究によってわかった。それによると、ヒトはHLA遺伝子の構造が全く違う相手の体臭を好み、似た相手の体臭を嫌うそうだ。

これは異質な相手と生殖した方が免疫が多様な、要するに丈夫な子孫を残せるからだと言われている。

恋愛遺伝子とも言われるHLA遺伝子は人間の体臭に特徴を与えており、この匂いによって相性がぴったりなパートナーを探すことができるとして注目を集めています。

しかし、井上由美子さんは「相性」には否定的です。

でも、我々は裸で体臭を振り撒きながら歩くわけではない。むしろ毎日お風呂に入って、熱心に体臭を消している。説明のつかないものに惹かれることにロマンは感じつつも、職業や収入、ファッションなどわかりやすいものに引き寄せられるのが現実だ。

前述の結婚相談所だって、ほとんどの人がHLA遺伝子の型より条件が合う相手を選ぶのではないだろうか。それに、カラダも心も最高の相性と公言してベタベタ付き合っていたカップルが、つまらないきっかけで憎み合って別れるなんて日常茶飯事だ。相性が遺伝子レベルのものなら、終生変わることはない筈なのに。

確かに、人は結婚するにあたっては、HLA遺伝子の型ではなく、職業、収入などのステイタスやファッションなどの条件に合う相手を選んでいると思います。

【関連記事】

しかし、先ほど書かれている部分をよく思い出して欲しいのです。

HLA遺伝子の構造が全く違う相手の体臭を好み、似た相手の体臭を嫌うのは、近親交配を防ぐためであり、異質な相手と生殖した方が丈夫な子孫を残せるからなのです。

つまり、これは、子孫繁栄戦略上の相性の問題であり、恋愛や結婚のパートナーとしての相性の問題ではないのです。

丈夫で健康な子供を産むためのパートナーの相性と幸せな結婚生活を育めるパートナーの相性とは、また別の問題だと思うのです。

あなたは丈夫で健康な子供を産むためのパートナーを選びますか?

それとも幸せな結婚生活を育めるパートナーを選びますか?

両方を兼ね備えたパートナーを選ぶのがベストなのでしょうが、人生100歳時代を考えると、産みと育てのパートナーを分けるというのも一つの選択肢として考えても良い時代なのかもしれませんね。







【関連記事】
続きを読む 匂いと男女の相性の関係|HLA遺伝子の構造が全く違う人の体臭を選んでいる!?

思春期の女性が父親のニオイを嫌うのには理由がある?




Father & Daughter

by Damián Bakarcic(画像:Creative Commons)

「生理的に無理……」男の体臭が気になるのは私の遺伝子のせい! 愛は匂いを越えられないのか?

(2012/8/2、ローリエ)

相手の体臭が気になるとか、臭いと感じるのはその人との遺伝子が似ているためであり、特に思春期の女性は、この遺伝子が近いため父親の匂いを嫌がる、避けたがるのではないかということである。遺伝子が近い双方、つまり娘が父親を臭い、嫌だ、と感じることで近親交配を避けるように出来ているらしく、これは女性側にしかない能力らしい。

一つの説によれば、思春期の女性が父親の匂いを嫌がるのには、遺伝子が遺伝子の近い父親の匂いを嫌うようにプログラミングすることで近親交配を避けるようにできているそうです。

反対に、好ましい匂いの人というのは、遺伝子的に自分と遠い人なのだそうです。

女性たちは、MHC(またはHLA遺伝子)という免疫をつかさどる遺伝子が、自分と遠い男性ほど“好ましい匂い”として感じるのである。つまり、好ましい匂い、好意的に感じる男性というのは本人同士というよりも“遺伝子”のマッチングが上手くいっているということ。

女性にだけ、こうした遺伝子を嗅ぎ分けることができる能力(嗅覚)があるというのは驚きですね。







【関連記事】
続きを読む 思春期の女性が父親のニオイを嫌うのには理由がある?