#CES2018 で起きた大停電が電力・エネルギーの重要性を伝えてくれた!|暗くなったことで反対に見えてきたものとは?


hurricane sandy blackout

by brklyn is over(画像:Creative Commons)




■#CES2018 で起きた大停電が電力・エネルギーの重要性を伝えてくれた!|暗くなったことで反対に見えてきたものとは?

ラスベガスで開催されている家電見本市「CES 2018」では様々な企業が世界を変えるためにいろんなプロダクトやサービスを提案していることがニュースで伝えられています。

【CES2018 関連記事】

その中のニュースのひとつで、CESの会場で停電したことが話題になりました。

【参考リンク】

停電になり真っ暗になってしまったことで、どんなに新しいテクノロジーを活用したプロダクトやサービスであっても、停電になると役に立たなくなってしまうという現実が見えてきました。

一種のアート作品ともいえますよね。

だからこそ、私たちはいかにして電力を確保しなければならないのかについて考える必要があるのです。

【2018年予測】エネルギー業界は #ブロックチェーン と #5G と #IOT によって劇的に変わる!?|「スマートホーム」「スマートエネルギー」「スマートグリッド」によれば、スマートエネルギーとは、太陽光発電や風力発電などの再生可能エネルギーの活用、ICTによるエネルギー利用の効率化、ガスコージェネレーション、燃料電池、蓄電池など技術を活用することにより、地域において自律的なエネルギーの需給調整を図る分散型エネルギーシステムのことを言います。

エネルギーを作る技術、エネルギーを貯め込む技術、省エネ技術などを駆使して、いかにして、電力・エネルギーを確保していくかがますます重要になるでしょうね。







【参考リンク】