ばあちゃん、介護保険制度の申請をする

ばあちゃん(母)が股関節の痛みで歩けなくなったので病院で診てもらう




2023年2月13日。

ばあちゃん(母)の脚の調子(具体的には股関節に痛み)が日に日に悪くなり、全く歩けない状態になりました。

何か非常に悪い病気なのではないかとばあちゃん(母)本人が心配になり、今診てもらっている病院とは別の病院で診てもらうことにしました。

レントゲンを撮ったところ、骨折など見てわかるものはなく、ただお医者さんが触ってみた感じでは、股関節に炎症が起きて水が溜まってしまっているのではないかということでした。

股関節の炎症を抑えるには力がかからないようにすることが大事なのですが、少し痛みがあった状態でリハビリを頑張ろうと歩いた結果、反対に炎症を悪くしてしまっていたようです。

さらに詳しく病状を確定するためにはMRIで診てみた方がいいということで翌日改めて診察することになりました。

診察した後、お医者さんから教えて頂いた治療のアドバイスは3つ。

1)炎症を抑えるためには、股関節の炎症箇所に負荷がかからないようにして、とにかく安静(例えば松葉づえをついて足をつかないようにするなど)にするのが大事。

痛み止めを飲んで、3週間ほどすると炎症も治まるそうです。

2)水をよく飲み、血栓症予防のために足首の上げ下げをする。痛みがあるとトイレに行くのを避けるために水を飲むのを控える傾向にあり、また冬は乾燥して水分が奪われるため、一日水1.2リットルを目安に近くに置いてちょこちょこ飲むようにするよう心掛けるようにとのことでした。

3)安静にすると気になるのが筋力の低下ですが、この点についてもお医者さんは寝ながらでも筋トレはできるのでやっていきましょうということでした。たとえば、息を吐きながらお腹をへこませることで腹筋が鍛えられます。

2023年2月14日。

翌日病院でMRIの検査と骨密度検査を受けました。

MRIの結果を見ると、股関節の痛みは「腸恥滑液包炎」ではないかなという感じでした。

炎症がくっきりと見えていたので、かなりの痛みがあることがわかります。

体を安静にして痛み止めを飲んでも痛みが引かない場合はペインクリニックの担当者に痛み止めの注射を打ってもらう予約をとりました。

骨密度検査も受けたのですが、若い人の50%ぐらいにまで骨密度が低下し、同じ年代の人と比べても低いことがわかりましたので、骨粗しょう症の治療(健康な骨を作るのに必要なビタミンD、ビタミンK)もあわせて行うことになりました。

ばあちゃんは甘いものが好きなのですが、甘いものは骨だけでなく、血管、脳、肌にも影響を与えるので摂り過ぎには注意するようにアドバイスを受けました。

→ 糖化の症状・原因・チェック・糖化を防ぐ方法

■さいごに

非常に食欲があったので悪い病気ではないと思っていましたが、ばあちゃんは急に歩けなくなったことに凄く落ち込んでいたため、その心配する気持ちを軽くするためにも、今回は別の病院でセカンドオピニオン的に診てもらいました。

結果は最初に診て頂いた病院と同じ診察結果だったのですが、特に悪い病気でもないことがわかり、ホッとした表情をしていたので、行ってよかったです。

診察を受けた後、ばあちゃんは悪い病気ではないことにホッとしていたようで、ごはんをたくさん食べていました(笑)でも心配し過ぎて本当に疲れました!

介護の時間が増え、仕事をする時間が減ってしまっていますが、逆風は高く飛び上がるチャンスでもあると思って、いろいろと試行錯誤しながら頑張ってます!

今の大変な状況も未来から見ると「あの時大変だったけど、未来ではワクワクすることが起きてるよ」という気持ちで頑張りたいと思います!

【追記(2023/2/15)】

みなさまからの励ましの言葉、温かいご声援を頂きありがとうございます😭

今回はライブ配信をお休みすることになり、休んだままだと心配する方もいらっしゃるかと思い投稿させてもらいました。

とにかく今は休むことが一番の治療法ということで休んでもらいます。

悪い箇所もわかり、治療方針も決まったのでホッとしています😊

食欲は非常にありますのでご安心ください(笑)

私はここが踏ん張りどころなので、家事と仕事を頑張ります!

【追記(2023/2/21)】

ばあちゃん(母)は入院することになりました。

→ ばあちゃんの料理教室SNS・ばあちゃんの料理教室ができたきっかけ はこちら

→ ばあちゃんの料理教室レシピ集 はこちら

ばあちゃんの料理教室 伝え続けたい「美味しっ!」のバトン

新品価格
¥1,870から
(2023/1/4 08:59時点)

→ ばあちゃんの料理教室レシピ本の初版印税を全額寄付する理由 はこちら

→ 【予約したお客様に聞いてみた!】レシピ本を予約した理由とは? はこちら







【関連記事】