豆乳(大豆)が美人(肌がきれいな女性)に人気のワケとは?


健康・美容チェック > 豆乳 > 豆乳(大豆)が美人(肌がきれいな女性)に人気のワケとは?




Drink

by Gui Seiz(画像:Creative Commons)

一時期すごく人気になった食品で、長く人気が続いているのには理由があるはず・・・。

そこで、今回は今でもなお長く売れ続けているロングセラーの食品にスポットライトを当ててみたいと思います。

今回取り上げるのは、豆乳です。

■豆乳(大豆)が人気のワケ

1.豆乳に含まれる栄養素がスタイル維持に役立つから

【関連記事】

ミネラル豆乳ダイエット|ドリームプレス社

●豆乳に含まれる大豆たんぱくが炭水化物・糖質の燃焼に役立つから
●豆乳に含まれるサポニンが脂肪燃焼を促進してくれるから。

 

2.豆乳に含まれる大豆イソフラボンが女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きをしてくれるから

女性を美しくする4つの恋愛ホルモン

よく恋をすると綺麗になると言われますが、そのもととなるのが、エストロゲン。

恋をするとエストロゲンの分泌が盛んになり、エストロゲンのレベルが相対的に強いほどウエストは引き締まる、つまり、女性らしい体の特徴の一つである「くびれ」ができやすくなるのです。

→ 豆乳の栄養・健康効果(効能)について詳しくはこちら

■大豆イソフラボンの健康効果の恩恵を受けやすい人とそうでない人がいる!

エクオール(EQUOL サプリ)が更年期(更年期障害)症状の軽減に役立つ

大豆イソフラボンは、更年期障害の原因といわれる「エストロゲン」と構造が似ているため、体内に入ると、エストロゲンと同じような働きをするといわれています。

ただ、最近の研究によれば、大豆イソフラボンの健康効果の恩恵を受けやすい人とそうでない人がいることが明らかになったそうです。

その違いは、エクオールを作り出すためのエクオール産生菌という腸内細菌を持っているかどうかです。

腸内細菌によって大豆イソフラボンに含まれるダイゼインという成分をエクオールに変えることで、ダイゼインのままと比べ、よりエストロゲンに似た働きをすると言われています。

​エクオール産生菌という腸内細菌を持っている人といない人がいるそうで、エクオール産生菌がいない人は、大豆イソフラボン(ダイゼイン)のまま吸収されるそうです。

日本人の50%がエクオールを作れるそうです。

若い人にエクオールを作れる人が少なくなっているそうですが、食の欧米化が原因ではないかと考えられます。

【関連記事】

■まとめ

人気が続く商品というのは、実感が少しでもあるからこそ続いているのだと思います。

あるテレビ番組の中で、美人(肌がきれいな人)にその秘訣を尋ねたところ、「豆乳」を欠かさず飲んでいて、その質問を他の人にしても、同じように「豆乳」を飲んでいると答えていました。

もしかすると、美人な人の周りには美人の人たちだけが知りうる美容情報が集まってくるようになっているのかもしれません。

スタイルの良い人の「何もしてない」を信じてはいけない!でも紹介しましたが、スタイルの良い人は何もしていないわけではなく、美しさを維持するために、そして更に磨きをかけるために、常に努力をしているのですが、これぐらいではしているうちに入らないという高い理想があるため、質問された時には、「何もしてない」「特に変わったことはしていない」と答えているのだと思います。

また、自分にとっていいものは、長く継続しようという美へのモチベーションが高いことも関係していると思います。

【関連記事】







【エストロゲン関連記事】