なぜ心房細動による脳梗塞が増えているのか?2つの理由


> 病気・症状 > 脳卒中 > 脳梗塞 > なぜ心房細動による脳梗塞が増えているのか?2つの理由

【目次】




■高血圧による脳梗塞はかなり減っている

old town quarter

by Thomas8047(画像:Creative Commons)

高齢化で急増、脳梗塞を引き起こす「心房細動」

(2015/2/2、日本経済新聞)

脳梗塞といえば、昔は高血圧から起こるものが有名でした。血圧の高い人は、脳梗塞を恐れて血圧をコントロールするようになり、その甲斐あって高血圧による脳梗塞はかなり減りつつあります。ところが、脳梗塞自体は減っていません。なぜかというと、別の原因による脳梗塞が増えている、それが不整脈の一つ、『心房細動』による脳梗塞です

これまで脳梗塞といえば、高血圧から起こるものが有名で、そのことが認知されたからでしょうか、血圧の高い人は、血圧をコントロールすることによって、高血圧による脳梗塞はかなり減っているそうです。

しかし、脳梗塞自体は減っていないそうです。

その代わりとして、脳梗塞の原因として増えているのが、不整脈の一種である『心房細動』による脳梗塞です。

通常心臓は一定のリズムで一分間に60から100回拍動しますが、心房細動になると、心臓は不規則に300回以上拍動します。

心房細動が起きると、心臓の中の血がよどんで血のかたまり(血栓)ができやすくなり、それが血流にのって、脳の血管に詰まると脳梗塞を引き起こします。

それでは、なぜ心房細動による脳梗塞が増えているのでしょうか?




■なぜ心房細動による脳梗塞が増えているのか?

高齢化で急増、脳梗塞を引き起こす「心房細動」

(2015/2/2、日本経済新聞)

最大の原因は、急速に進んでいる高齢化です。心房細動は、年齢とともにかかる割合が高くなります。欧米のデータでは、60歳代で2%、70歳代で5~6%、80歳代では10%もの人がかかるといわれます。

<中略>

その次に重要な原因が、高血圧、糖尿病、肥満などの生活習慣病です。これらの生活習慣病のある人は、ない人よりも、心房細動になりやすいことが分かっています。また、心房細動の患者さんがこれらの生活習慣病を合併していると、より脳梗塞を起こしやすいことも分かっています。

心房細動による脳梗塞が増えている理由は2つ。

1.高齢化

2.生活習慣病

高齢化に加えて、高血圧糖尿病などの生活習慣病の人が増加傾向にあるため、心房細動になる人が増えていると考えられるそうです。

つまり、脳梗塞を予防するためにも、心房細動のチェックと生活習慣の見直しをすることが重要になります。

→ 脳梗塞とは|脳梗塞の症状・原因・予防 について詳しくはこちら







【関連記事】