「ストレス」タグアーカイブ

イヌの気持ち分かる!?尿反応からストレス度チェック

Untitled

by Emery Way(画像:Creative Commons)




イヌの気持ち分かる!? 尿反応からストレス度チェック

(2009/1/29、産経新聞)

「寒いから服を着せてやったが、ペットは本当に快適なのだろうか」。

こんな疑問から、大阪府立大名誉教授の馬場栄一郎さん(獣医学)がモノ言えぬ犬の快適度の計測に挑戦している。

ストレスが高まると活性酸素が増えることに着目した分析で、馬場さんは「人が快適と思うものが、ペットには、ありがた迷惑になっていては何もならない」と、犬の不満を知ることで互いの関係が良くなることを期待している。

馬場さんは、人の場合、ストレスを感じると活性酸素で生産される代謝物「マロンジアルデヒド」が検出されることに注目。

この代謝物が尿から出ることから、犬の尿を採取し環境の違う個体ごとに比較した。

<中略>

実験からは、代謝物の反応が、開放的に過ごすときと閉じこめられたときで差が出たほか、愛情を持って接した場合とそうでないときに違いがあることが判明。

活性酸素の量が快適度と深く関係していることが実証されたという。

大阪府立大名誉教授の馬場栄一郎さんによれば、ストレスを感じると活性酸素で生産される代謝物「マロンジアルデヒド」の量が犬の快適度と深く関係しているそうで、例えば、開放的に過ごすときと閉じこめられたときで差が出たり、愛情を持って接した場合とそうでないときに違いがあるということがわかったそうです。

ペットが寒そうにしているからといって、人間と同じように服を着せたとしても、本当にペット自身が心地よいと思っているかどうかは分かりません。

人間がペットのことを考えて行ったことでも、ペットにとって迷惑だと感じていることもあるでしょう。

今回のように、尿をチェックすることで快適だと思っているかどうかがわかれば、さらに良い関係が作れるかもしれませんね。







天皇陛下、胃腸に炎症-不整脈は落ち着く・宮内庁

公務の一部、見合わせへ=天皇陛下、胃腸に炎症-不整脈は落ち着く・宮内庁(2008/12/9、時事通信)

宮内庁は9日、不整脈と診断され、検査と休養のため一部公務を取りやめた天皇陛下について、検査の結果、不整脈は落ち着いたが、胃と十二指腸に炎症が確認されたと発表した。

精神的、肉体的なストレスが原因と考えられるといい、医師団は負担軽減のため、日程などの見直しを宮内庁に提言した。

精神的ストレス、肉体的ストレスにより、不整脈や胃腸に炎症が起きたのだと考えられるそうです。

胃腸の病気

胃が痛い・胃の痛み|胃腸の病気の症状・原因・対処法・予防

胃痛(胃が痛い)|胃の痛みから考えられる病気とその原因・特徴的な症状

胃潰瘍の症状(痛み)・原因・予防・食事

胃炎(急性胃炎・慢性胃炎)の症状・原因・食事

胃がん|胃がんの症状・原因・手術・食事

急性胃腸炎(感染性胃腸炎)の症状・原因・対策

逆流性食道炎の症状・原因・治し方・食事

過敏性腸症候群(IBS)の症状・原因・チェック

大腸がんとは|大腸がんの症状・初期症状・原因・予防

赤ちゃん 出生体重、戦前を下回る 母体のやせすぎ、喫煙が影響

Portrait #119 - Périne/Mallory - Friendly smoking -

by Valentin Ottone(画像:Creative Commons)




赤ちゃん 出生体重、戦前を下回る 母体の痩せすぎ、喫煙が影響

(2008/11/27、産経新聞)

減り続ける赤ちゃんの出生体重が、戦前の水準さえ下回ったことが26日までに分かった。

先進国で減っているのは日本だけ。

要因は女性の痩(や)せ志向で、喫煙やストレスなども絡む。

胎児期に発育が抑制されると、生活習慣病の危険が増すという。

専門医は女性の健康確保や胎児からのメタボ対策など、個人に加え社会全体の取り組みを訴える。

記事によると、20年で赤ちゃんの平均出生体重が200グラム減少しているそうです。

なぜ、赤ちゃんの出生体重が減少しているのでしょうか。

この記事では、赤ちゃんの体重が減少しているのは、やせすぎや喫煙、ストレスが原因なのではないかと紹介しています。

さらに、その影響は、赤ちゃんが大きくなる過程でも影響を与えるそうです。

「胎内環境が悪いと、胎児はその環境に合わせて発育を抑制するプログラミングが行われる。

出生後に発育が追い着いても、急に栄養を取るようになれば、内臓肥満から始まって糖尿病不全、動脈硬化や脳卒中など生活習慣病にかかりやすくなる。

2500グラム以上でも小柄な新生児にはこの傾向がある」

胎児からのメタボ対策も大事になってきそうです。

女性の健康を守るためにも、社会全体が考えて取り組んでいく必要がありそうですね。







【関連記事】

#加護亜依 さんが「#メニエール病」であることをブログで告白

Ear

by Naika Lieva(画像:Creative Commons)




加護亜依が難病のメニエール病であることを告白

(2008/11/16、オリコン)

タレントの加護亜依が、15日(土)付の自身のブログで、難病であるメニエール病であることを明かした。

加護亜依さんがメニエール病だと告白したそうです。

メニエール病は、次のような病気だと説明されています。

メニエール病とは、めまいと共に、耳の聞こえにくい状態と耳鳴りが重なる症状で、厚生労働省の特定疾患に指定されている難病。

強いストレスが原因ともいわれ、多くの芸能人がこの病気で悩んでいるそうです。

しかし、この病気は、芸能人の方だけが悩む病気ではなく、一般の仕事をされている方にも起こりうる病気です。

普通に仕事をされている方の中にも強いストレスを受けて、めまいや耳鳴りなどの症状が起こっている方もいるのではないでしょうか。

ぜひそのような方は一度病院で診てもらいましょう。







【関連記事】

希望降任教員 最多106人 昨年度公立小中高 『健康上の問題』5割

希望降任教員 最多106人 昨年度公立小中高 『健康上の問題』5割(2008/10/18、東京新聞)

希望降任制度はこのうち五十九教委が取り入れている。増加の理由について文科省は、これまでの校長や教頭に加え、主幹教諭の利用が増えたためとしている。内訳では教頭から教諭への降格が最多で七十人。主幹教諭などから教諭への降格も三十一人いる。理由では、精神疾患を含む「健康上の問題」が53%で最も多い。

希望公認制度があるということは知らなかったのですが、今年度は最多だったそうです。

理由は、精神疾患を含む「健康上の問題」が約5割。

記事によると、業務の割り振りがうまくいかず、教頭や主幹教諭に業務が集中することが多いということなので、そのことによるストレスが原因なのかもしれません。

メンタルケアが重要となりそうです。

【関連ページ】