「発熱」タグアーカイブ

おぎやはぎ・矢作兼さん、吐き気・下痢・腹痛・発熱(38.6℃)の症状で病院に行く

Thinking Man

by Jeff Kubina(画像:Creative Commons)

> 健康・美容チェック > 胃腸の病気 > 急性胃腸炎(感染性胃腸炎) > おぎやはぎ・矢作兼さん、吐き気・下痢・腹痛・発熱(38.6℃)の症状で病院に行く




矢作兼が曖昧な対応をする医師に不満爆発「行った意味がなかった」

(2015/12/25、トピックニュース)

矢作は、23日の夜に軽食をつまんだところ、食べた瞬間に気分が悪くなり、店のトイレで嘔吐してしまったそう。その場で「やべぇ」「なんだろう、これ」と不安を感じ、すぐさま帰宅して就寝したという。

そして翌24日、矢作は市販のビオフェルミンを服用したそうだが、嘔吐と下痢が止まらず「腸がヤバイなって思った」「仕事してて辛い」といった状況だったとか。ノロウイルスや急性胃腸炎の可能性も感じたため、仕事の空き時間に、病院へかけ込んだそう。

矢作が医師に「吐き気と下痢と、あとちょっとお腹が痛い」という症状を告白。

おぎやはぎの矢作兼さんは、吐き気と下痢、腹痛、発熱(38.6℃)という症状があったものの医師からは曖昧な診断を受け、ビオフェルミンを処方されたそうで不満があったそうです。

症状から判断する限り、急性胃腸炎の可能性がありそうですが、明確な判断材料がなかったということのようです。

→ 急性胃腸炎(感染性胃腸炎)の症状・原因・対策 について詳しくはこちら







【関連記事】

【関連ワード】

錦織圭選手が緊急入院 過労による発熱や嘔吐の症状

Kei Nishikori

by Tatiana(画像:Creative Commons)




錦織緊急入院 過労で高熱に加え嘔吐…VSシャラポワ渡米微妙

(2015/12/9、スポニチアネックス)

高熱に加えて食事を戻してしまう症状にも見舞われ、病院で診察を受けたところ、疲労性のものと診断されたという。そのまま都内の病院に入院し、安静にして症状の回復を待つことになった。

錦織圭選手は、発熱や嘔吐の症状を訴え、入院をしたそうです。

疲労性のものなのだそうです。

錦織圭選手のコンディショニング戦略(栄養管理・ピリオダイゼーション・ケガの予防)によれば、栄養管理やコンディショニングに十分気を付けていることがわかりますが、それでも体調を崩してしまうものなんですね。

錦織圭、腎臓病で入院治療=男子テニス(2011/5/11)によれば、錦織圭選手は腎臓病(左腎に症状)と診断され、治療を受けたこともあります。

腎臓は、肝腎かなめといわれるように、肝臓と同様に重要な臓器の一つで、血液を濾過し、余分な老廃物や塩分を取り除くという、重要な役割を担っています。

体調管理には十分に注意してほしいですね。







帰国者に「デング熱」増加|夏の海外旅行前に注意呼びかけ




Dengue mosquito

by Oregon State University(画像:Creative Commons)

帰国者に「デング熱」増加 夏の海外旅行前に注意呼びかけ

(2010/7/20、産経新聞)

海外からの帰国者に「デング熱」の感染者が増えている。

10年前には年10人程度だったのが、最近は100人前後で推移。

今年も7月15日時点ですでに64人の感染者が確認されている。

死亡するケースもあるだけに、夏の海外旅行シーズンを前に厚生労働省では注意を呼びかけている。

海外旅行からの帰国者に「デング熱」の感染者が増えているそうです。

 

■デング熱とは

デング熱とはどんな病気なのでしょうか。

デング熱は、デングウイルスを持つ蚊を媒介して感染する。

2~15日の潜伏期間を経ての急な発熱が特徴で、その後、38~40度の高熱が5~7日間続き、激しい頭痛や関節痛なども伴う。

まれにだが、皮下や歯ぐきから出血するデング出血熱を発症し、死亡するケースもある。

大人よりも子供の方が発症することが多く、特に注意が必要だ。

ワクチンや治療薬はなく、「蚊に刺されないようにすることが唯一の予防策」(厚労省)という。

まとめてみます。

●蚊を媒介にして感染

●急な発熱

●38から40度の高熱が約1週間続く

●頭痛や関節痛を伴う

●子供のほうが発症することが多い。

●デング熱の予防法は、蚊に刺されないようにすることが唯一の方法

 

海外旅行先の情報を調べてから行くようにしたいですね。







【参考リンク】

  • デング熱 - 国立感染症研究所 感染症情報センター
  • デング熱 - 海外旅行者のための感染症情報(厚生労働省検疫所)