「育乳」タグアーカイブ

【NHKあさイチ】サードウェーブブラ|「イソフラボンは垂れ防止にならない」「ナイトブラに垂れ防止の効果はない」「ブラジャーで育乳はできない」「クーパー靭帯はそう簡単に切れない」|1月15日




The kids are back

by John Benson(画像:Creative Commons)

2020年1月15日放送のNHK「あさイチ」のテーマは「気分が上がる!自分のための”魅せるおっぱい”」です。

今回はサードウェーブブラや小胸さん・大胸さんのファッションの悩みなど胸に関する話題を取り上げましたが、その中でも乳腺外科医の土井卓子さんが「イソフラボンは垂れ防止にならない」「ナイトブラに垂れ防止の効果はない」「ブラジャーで育乳はできない」「クーパー靭帯はそう簡単に切れない」と今まで言われていた都市伝説を全て否定したのが衝撃的でした。

■「イソフラボンは垂れ防止にならない」

胸を大きくする食べ物はある?それともバストアップに効果的な食べ物はないの?【育乳】でまとめましたが、埼玉貧乳問題(なぜか女性の平均バストサイズが埼玉県だけがAカップ)|月曜から夜ふかしで解説していた島田菜穂子院長(乳房健康研究会副理事)の見解によれば、バランスの良い食事は大切ですが、何か特別なものを食べたらいいというものはないそうです。

■「ナイトブラに垂れ防止の効果はない」

ナイトブラに垂れ防止の効果はないが、生理などで張ったり、更年期で動くだけでも痛いという場合には、胸を支えてくれるだけで楽なこともあるだろうということです。

緊急時に、例えば深夜に災害が起きた場合にナイトブラをつけていると安心して外に出れるというのもありそうですね。

■「ブラジャーで育乳はできない」

それってウソ?ホント?“ブラで胸が育つ”ってありえる?を乳腺科医に直撃!(2018/9/9、美的.com)で解説されている島田菜穂子院長(ピンクリボンブレストケアクリニック表参道)も同じようなアドバイスをしていました。

  • ブラジャーはきれいな形をキープして姿勢を保つ効果はあるが、バストの大きさを左右するのは乳腺で、乳腺の発達は遅い方でも20代中盤までには終了してしまうので、育乳ブラでバストアップすることは難しい。
  • 育乳マッサージよりも大胸筋の筋トレ
    筋肉を鍛えることにより、クーパー靭帯が乳房を引き上げるように支えてくれるので、ハリのあるバストをキープできる
  • クーパー靭帯はそう簡単に切れない

■「クーパー靭帯はそう簡単に切れない」

■まとめ

ブラできれいな形をキープしつつ、大胸筋の筋トレを行うことが美しい胸をキープする一番の方法ですね!







【関連記事】

胸を大きくする食べ物はある?それともバストアップに効果的な食べ物はないの?【育乳】




■胸を大きくする食べ物はある?それともバストアップに効果的な食べ物はないの?【育乳】

From the beach

by Johnny Silvercloud(画像:Creative Commons)

埼玉貧乳問題(なぜか女性の平均バストサイズが埼玉県だけがAカップ)|月曜から夜ふかしで解説していた島田菜穂子院長(乳房健康研究会副理事)の見解によれば、バランスの良い食事は大切ですが、何か特別なものを食べたらいいというものはないそうです。

しかし、今でも根強く胸を大きくする食べ物があるのかどうかについて調べている人が多いため、胸を大きくすると言われている食べ物についてまとめてみました。




●大豆イソフラボンを含む大豆製品

大豆製品

女性ホルモンに似た働きをするイソフラボン(植物性エストロゲン)が多く含まれています。

豆乳+フラフープで胸残しダイエット|魔女たちの22時によれば、豆乳は、代謝を高め、痩せやすい体質を作る大豆たんぱく質が豊富で、バストアップに良いとされる大豆イソフラボン(女性ホルモン「エストロゲン」と同じ働きをする)が豊富として紹介されています。

●ボロン

りんご、ぶどう、梨、桃、レーズン、ワカメ、キャベツ、とろろ昆布、ひじき、めかぶ

平山あやさんはなぜキャベツでバストアップしたのか?によれば、キャベツには、ボロンという女性ホルモンのエストロゲンを活性化させる働きを持つ栄養素が含まれているそうです。

【関連記事】

●たんぱく質

鶏のから揚げ

鶏肉は良質なタンパク質なので、体の成長に欠かせない食材です。

おっパイを大きくする食べ物として言われているのが、大きく分けると、女性ホルモン「エストロゲン」と同じような働きをする大豆イソフラボン、エストロゲンを活性化させる働きを持つボロン、そして、たんぱく質が挙げられています。

この中で最も注目されるキーワードは「エストロゲン」です。

恋をするとキレイになるのはなぜ?|世界一受けたい授業によれば、女性は恋をすると、エストロゲンが分泌されることで、メリハリボディやハリのある肌、つややかな髪になるそうです。

女性を美しくする4つの恋愛ホルモン|フェニルエチルアミン・エストロゲン・ドーパミン・オキシトシンによれば、恋をするとエストロゲンの分泌が盛んになり、エストロゲンのレベルが相対的に強いほどウエストは引き締まる、つまり、女性らしい体の特徴の一つである「くびれ」ができやすくなるそうです。

胸を大きくする食べ物はない意見とエストロゲンによってメリハリボディになるという意見の共通するところは、もしかすると、バストアップ効果にあるのではなく、ウエスト引き締め効果によるくびれができやすくなることで、バストが大きく見えるということなのではないでしょうか?

エストロゲンは、恋をしたり、ほめられたりするとエストロゲンが分泌されるそうです。

【関連記事】

■それでもおっパイを大きくする食べ物はないの?

それでもやはりおっパイを大きくする食べ物はないのかという女性もいるかもしれませんので、食べ物とバストアップの関係について、さらに考えてみました。

なぜブラジャーのFカップの売上がAカップを上回るようになったのか?では、胸が大きい女性が増加傾向にある仮説の一つとして、一度太ったことがあることが関係しているのではないかという仮説を立てました。

なぜ日本でAカップ激減・Eカップ急増しているのか?その理由とは?(2011/12/5)によれば、統計局のデータを見てみると、1980年から2008年の間で、26~29歳の女性の平均身長と体重は、それぞれ154・3cm→158・5cm、51kg→53kgとなっており、身長は伸びていますが、体重はそれほど増えていません。

20代女性の5人に一人が「やせ」|摂取カロリーは終戦直後よりも少なくなっている!?(2015/3/17)で紹介した厚労省がまとめた2013年の国民健康・栄養調査によれば、BMI18.5未満の「やせ」に分類される割合を性別・年代別にみると、20代女性が21.5%と最も多く、次いで30代女性も17.6%に上っており、女性全体の「やせ」割合は12.3%で、データがある1980年以降で最も高くなったそうです。

つまり、この2つのデータを見ると、太ることとバストが大きくなることには関係がないことのように思えます。

ただ、胸が垂れてしまう原因とは?でも紹介しましたが、バストのふくらみを形作っているのは乳腺組織、脂肪組織、クーパー靭帯と呼ばれる繊維の束の3種類であり、脂肪がなければ胸が大きくなることはないですよね。

そのため、考えられるのは、10代のうちに、一度太って脂肪がついたことによって、胸が大きくなり、その後ダイエットをしてやせたのではないでしょうか。

筧美和子さんのバストアップ方法|から揚げ&生キャベツを食べるとおっパイが大きくなる?|しゃべくり007によれば、筧美和子さんの場合は、中学生の頃まで運動をしてきて、運動をやめた後、太ってしまったそうですが、キャベツダイエットで痩せて、胸だけは残ったそうです。

浅田舞さんの胸が大きくなった理由とは?|バストアップ方法によれば、浅田舞さんは一度15キロ太った時に胸が大きくなったそうです。

■まとめ

今のところ「胸を大きくする食べ物はない」というのが結論です。

女性ホルモン「エストロゲン」にはウエスト引き締め効果があり、エストロゲンに似た働きを持つ食べ物を食べることによって、くびれができやすくなり、胸が大きくなったように見えるという効果があるかもしれません。

また、一度太って脂肪がつくことも胸が大きくなる方法の一つの可能性もありそうです。







【関連記事】
続きを読む 胸を大きくする食べ物はある?それともバストアップに効果的な食べ物はないの?【育乳】