「馬場ふみか」タグアーカイブ

パーフェクトボディ!「non・no」モデル馬場ふみかさんのスタイル・体型になる美容法・トレーニング・バストアップ

> 健康・美容チェック > ダイエット > パーフェクトボディ!「non・no」モデル馬場ふみかさんのスタイル・体型になる美容法・トレーニング・バストアップ




【目次】

■パーフェクトボディ!「non・no」モデル馬場ふみかさんのスタイルキープの秘訣(食事・運動)とは?

2016年ブレイクの予感…「non・no」モデル馬場ふみかを直撃!

(2015/12/2、モデルプレス)

馬場:一番気にしているのは食事。炭水化物はあまり食べないです。食べても朝か昼。赤みのお肉もよく食べていますね。あと私は“走らない”ってことを決めています(笑)。それはバストをキープするためです。

[馬場ふみか]男女に人気の“モグラ女子” スタイルキープ法は「全裸で鏡の前に立つ」

(2017/5/5、マイナビニュース)

「お肉を食べること。お肉が好きなんですよ。赤身やラム肉を食べて力をつける。たくさんお肉を食べた次の日は野菜を中心にした食事にしたり、楽しく食事をしながらスタイルキープをしています」

『仮面ライダードライブ』(テレビ朝日系)でドラマデビューし、グラビア活動や女性ファッション誌『non・no』専属モデルとしても活躍している2016年注目の女優・馬場ふみかさんがスタイルキープするにあたって注意しているのは食事。

炭水化物をあまり食べないようにして、赤みの肉やラム肉を食べるようにしているそうです。

ただ、たくさんお肉を食べた翌日は野菜を中心にした食事にしてバランスをとっているようですね。

また、バストをキープするため、走らないようにしているそうです。

しかし、2015年の12月のインタビューではそのように語っていた馬場ふみかさんですが、2016年4月にはフルマラソン完走を目標にランニングを始めるそうです。

■運動

fumika_baba_jogging

参考画像:神ボディの馬場ふみかin台湾 お宝動画ダイジェスト!|YouTubeスクリーンショット

馬場ふみか、フルマラソンへの第1歩。初心者がシューズ選びで注意すること(2016/4/28、スポルティーバ)

マラソンも最初が肝心。「準備運動」と「正しい姿勢」を知ろう(2016/5/12、スポルティーバ)

このインタビューによれば、昔はクラシックバレエをやっていたそうですが、学生時代には部活には入らず、また走ることも極力避けてきたそうです。

走ることを極力避けてきたという馬場ふみかさんですが、ヨガにいったり、ランニング(マラソンのトレーニング)をしたり、トレーニングをしたりと、きゅっとぷりっと目指して努力しているようです。

ただ気になるのは、馬場ふみかさんはバストをキープするために走らないようにしてきたそうなのですが、その点は予防策は大丈夫なのでしょうか?

ミスユニバース日本代表宮本エリアナが実践するダイエット方法|1日6食食べる・ジョギングをお勧めしない理由・100秒トレーニング|林先生が驚く初耳学 9月27日によれば、ジョギングをすると、胸が大きく揺れることによって、胸の形が崩れてしまう恐れがあるそうです。

走って胸が揺れることで、クーパー靭帯が切れて胸が垂れる!?によれば、女性の胸を引き上げている「クーパーじん帯」は、ジョギングの衝撃で切れてしまい、その影響で胸が下がってしまうそうです。

そのため、しっかりとスポーツブラでガードすることが大切なのだそうです。

【関連記事】

馬場ふみかさん、マウイでハーフマラソンに初挑戦!

マウイ・オーシャンフロント・マラソンのハーフマラソンの完走タイムは3時間6分58秒だったそうです。




■鏡の前でチェック

[馬場ふみか]男女に人気の“モグラ女子” スタイルキープ法は「全裸で鏡の前に立つ」

(2017/5/5、マイナビニュース)

美しいスタイルをキープする方法について聞くと「全裸で鏡の前に立つ。体重も大事だけど、見た目のラインは一番大事。お風呂上がりに鏡の前に立つと(おなかに)お肉が付いたなとかが、体重計に乗らなくても分かるので、(その部分を)入念にマッサージするなどしています」と明かした。

裸で鏡の前に立ち、見た目のラインをチェックして、気になる部分をマッサージしているそうです。

他の有名人の方も鏡を使うなど見た目のラインで体型を維持する方法を行なっています。

モデル・マギーのスタイル管理は体重計やサイズではなく、見た目のラインでチェックするによれば、モデルのマギーさんは、スタイルのチェックは体重やサイズで管理するのではなく、見た目のラインで管理するようにしているそうです。

#橋本マナミ さんの美ボディーの秘訣とは?|鏡でスタイルチェック・ウォーキング|#メレンゲの気持ちによれば、橋本マナミさんのご自宅は鏡張りで、いつも裸で鏡を合わせ鏡にしながら、横のラインやバックショットをチェックしているそうです。

橋本マナミさんによれば、鏡でチェックするようになってから太らなくなったそうです。

釈由美子さんのような美脚になるための方法とは?(2010/4/27)によれば、釈由美子さんは体重計には乗らないのだそうです。

それは、体重ではなく、「見た目の美しさ」を重視しているからなのだそうです。

ミス・ユニバース・ジャパン ファイナリストのスタイルキープのための運動方法・ボディのチェック方法

服を着る時、お風呂に入る前、入った後に自分の全身を鏡でチェックすることですね。これは、ファイナリストになってから始めたことですが、自分の体って毎日一緒にいるからこそ、なかなか変化に気づけないんですよね。なるべく客観的に自分の体を見て、どこに筋肉が必要で、どこの脂肪を落とすべきか考えることが大切だと思います。

<中略>

鏡の前で全身裸になって自分の体をよく見ること。自分の体をあまり見たくないという女性も多いと思いますが、裸になることで自分体の改善点も見えてくるし、意識も高まると思います。

毎日体重を測る習慣もよいときにはよいでしょうが、グラム単位で増えた減ったを見ると、精神的にもあまりよいようには思えません。

体重計で自分の体を把握するのではなく、自分の持っている感覚で自分の体の変化を気づけるというのはそれだけ自分の体を知っているということにつながるというのは大変参考になる意見ではないでしょうか。

【関連記事】

■馬場ふみかさんの美胸エクササイズ・ベースメイクの基本を動画でチェック!

ノンノ10月号 馬場ふみかの美胸エクササイズ

ノンノ4月号 馬場ふみか“ベースメイクの基本”を動画で解説!

■まとめ

今後ますます活躍が期待され、目にする機会が増えそうですので、みなさんも注目してみてくださいね。

→ #ダウンタウンDX で馬場ふみかさんが習ったベリーダンスの美容効果とは?|ベリーダンスによって高齢者の健康にどう影響するかを調べる研究も始まる について詳しくはこちら







続きを読む パーフェクトボディ!「non・no」モデル馬場ふみかさんのスタイル・体型になる美容法・トレーニング・バストアップ

#ダウンタウンDX で #馬場ふみか さんが習ったベリーダンスの美容効果とは?|高齢者の健康にどう影響するかを調べる研究も始まる

【目次】




■馬場ふみかさんはダウンタウンDXでベリーダンスを習う

Pomegranate Studio Belly Dance

by Larry Lamsa(画像:Creative Commons)

2017年2月23日放送の「ダウンタウンDX」では馬場ふみかさんが中村インディアさんからベリーダンスを習っていました。

【関連記事】




■ベリーダンスの美容効果とは?

ところで、ベリーダンスにはどのような健康・美容効果が期待されるのでしょうか?

熊田曜子さん、ベリーダンスでダイエットに成功!食事制限なしでウエスト3.5センチダウン!(2011/1/20)によれば、熊田曜子さんは特に食事制限をすることなく、ベリーダンスによって約1ヶ月後おへそまわりが−3.5cmダウンしたそうです。

【関連記事】

【参考ブログ】

ポールダンスなどのセクシーフィットネスエクササイズ、米都市部で若い女性に人気(2010/3/17)で紹介した米運動協会(ACE)のスポークスマン、ジェシカ・マシューズ氏によれば、ベリーダンスは体の中心部の強化に非常に効果が期待できるそうです。

ベリー・エクササイズ で下腹&脚やせ

(2012/12/28、日経ウーマンオンライン)

「下腹と脚の筋肉を同時に引き締める動きが詰まっているのがベリーダンス」と解説してくれるのは、筋肉の働きに詳しい、近畿大学生物理工学部講師の谷本道哉さん。

<中略>

「体の上下を止めて骨盤(真ん中)だけを動かすので、動きとしては、体の胴の部分の体幹と股関節の動き(右図)を同時に行っていることになる。お腹と股関節周りの筋肉を使っているわけです」(谷本さん)。

近畿大学生物理工学部講師の谷本道哉さんによれば、ベリーダンスはお腹の体幹部分と股関節周りの筋肉を使うことにより、お腹周りの引き締めに役立つようです。

また、ベリーダンスはおなか周りだけでなく、おしり(ヒップアップ)や脚にも効果的なエクササイズなのだそうです。

■ベリーダンスによって高齢者の健康にどう影響するかを調べる研究も始まる

そして、最近のニュースによれば、ベリーダンスをすることによって高齢者の健康にどう影響するかを調べる研究が始まるそうです。

ベリーダンスで高齢者の健康調査、腰使い独特リズム効果あり? 大阪の施設で研究開始へ

(2017/2/7、産経WEST)

全身の筋肉を使って腰で独特のリズムを刻む「ベリーダンス」が高齢者の健康にどう影響するかを調べる異色の研究が3月から大阪市城東区の高齢者施設で始まる。

兵庫医科大先端医学研究所の研究生の入沢仁美さんがレクリエーションとしてベリーダンスを教えながら身体機能の変化を1年かけて調査するそうです。

■まとめ

ウエスト周りのくびれが気になる方はベリーダンスをやってみてはいかがですか?







【関連記事】
続きを読む #ダウンタウンDX で #馬場ふみか さんが習ったベリーダンスの美容効果とは?|高齢者の健康にどう影響するかを調べる研究も始まる