「#日払い」で #求人 に応募する人の心理|#インタビュー





■「日払い」で求人に応募する人の心理|インタビュー

Waiter

by Wouldpkr T B(画像:Creative Commons)

給与前払いサービスとは?|給料前借りアプリが注目のきっかけ!?人手不足で悩む2018年以降は給与前払いサービスが求人に応募するポイントになる?では、「今すぐお金が欲しい」「今欲しいものがあるけど、手元にお金がない」といった金欠で悩んでいる人がいるという実態を紹介しました。

例えば、若い世代の悩みは「友人の結婚式のお祝い金がなくて出席できない」や「引っ越し費用がなくて引越ししたくてもできない」というような突然の出費に悩まされることがあります。

また、パパママ世代の悩みとしては「教材費が突然必要になる」「修学旅行の積み立て」などの急な出費に悩まされています。

アルバイト・パートスタッフの大半は、入社したタイミングが最も金欠状態だと言われていて、新しい給料が入るまでの「つなぎ」として「日払い」の仕事と掛け持ちしている場合も多く、ダブルワークとなり負担が重なることで定着率が低くなっているそうです。

そこで、今回は「日払い」「週払い」というキーワードで求人に応募したことがある方にインタビューを行なってきました。

今回インタビューした方の場合は、できれば「日払い」よりも「週払い」「月一払い」のほうがよいということでした。

それはなぜですかと尋ねたところ、日払いで懐が温かくなると、衝動的に「これも買おう」「アレも欲しい」というように使ってしまうから、「日払い」よりも「週払い」「月一払い」を選んでいるということでした。

その方によれば、「日払い」だとお金をパーっと使ってしまうため、「週払い」のほうが日々の生活を節約するようになるので、お金が貯まりやすいということでした。







【お金関連記事】