飲酒時にトマトを食べると、血中アルコール濃度が低下し、酔い覚めも早まる可能性


Tomatoes

by Cooking etc.(画像:Creative Commons)

> 病気・症状 > 肝臓 > 飲酒時にトマトを食べると、血中アルコール濃度が低下し、酔い覚めも早まる可能性




■飲酒時にトマトを食べると、血中アルコール濃度が低下し、酔い覚めも早まる可能性

アサヒグループ、カゴメ共同研究 トマトが飲酒後の血中アルコール濃度を低下させることをヒトで確認〜酔いの回りが緩やかになり、飲酒後の酔い覚め※も早まる可能性が示唆〜

(2012/5/25、カゴメニュースリリース)

ヒトにおいてトマトジュースとアルコールを同時摂取すると、トマトジュースを飲んでいない場合と比較して、血中のアルコール濃度や体内に留まる量が平均で約3割減少し、体内からのアルコール消失も50分早まることが確認されました。

この結果から、トマトとアルコールを一緒に採ると、酔いの回りが緩やかになり、飲酒後の酔い覚め※も早まる可能性が示されました。

また、そのメカニズムについては、動物実験にてトマトの摂取によりアルコールの代謝に関わる酵素が活性化することが確認されました。

トマトジュースとアルコールを摂取すると、酔いのまわりが緩やかになり、また飲酒後の酔い覚めも早くなる可能性があるそうです。

また、ラットの実験によれば、肝臓中のアルコールおよびアセトアルデヒドを代謝する酵素の活性を高める傾向が見られ、さらにLDH(アルコールの代謝を促進する上で重要な酵素)の活性が有意に高まったそうです。

以前、トマトから脂肪肝、中性脂肪改善に有効な成分を発見―京大というニュースが話題になりましたが、ますますトマトへの注目が高まりそうです。







【トマト 関連記事】

P.S.

このニュース関連でTwitterでは「レッドアイ最強説」を唱えている人がいました。

肝臓

肝臓の病気

脂肪肝

肝炎

NASH

NAFLD

肝硬変

肝臓がん

肝臓の数値

ALT(GPT)

AST(GOT)

γ-GTP

肝臓に良い食べ物|肝臓と食事

コレステロール

亜鉛不足チェック

タウリン

メタボリック

中性脂肪