実際に感じている花粉症の症状第1位は「目のかゆみ」


itching.

by HaRRiS NasutioN(画像:Creative Commons)

> 病気・症状 > 花粉症の症状 > 目のかゆみ > 実際に感じている花粉症の症状第1位は「目のかゆみ」




花粉症対策、洗眼液の利用者12% ‐ 眼科医「お勧めはしません」

(2015/3/5、マイナビニュース)

参考画像:マイナビニュース

はじめに、「実際に感じている花粉症の症状」について質問。その結果、「鼻水」(83%)、「くしゃみ」(77%)、「鼻づまり」(75%)といった花粉症の代表的な症状を上回り、「目のかゆみ」(97%)が1位となった。

トレンド総研による「目の花粉症対策」に関する調査結果によれば、「目のかゆみ」を実際に感じている花粉症の症状1位として挙がったそうです。

→ 花粉症の症状(目・鼻・のど) について詳しくはこちら

→ 目がかゆい|目のかゆみの原因・対策・対処法 について詳しくはこちら

花粉症と風邪の見分け方によれば、花粉症と風邪の見分け方として、一番わかりやすいのが、目のかゆみということでした。

目のかゆみ対策として、洗眼液を使う方もいると思いますが、今回の記事でコメントしている眼科医によれば、洗眼液の利用はおすすめできないそうです。

「清澤眼科医院」(東京都江東区)院長で眼科医の清澤源弘医師は、洗眼液の利用について、「眼科医としてお勧めはできません」。「涙は、油層、水層、ムチン層という3つの層により構成されます。まばたきをすると、それぞれ異なる役割を持つ3つの層が均等に目に塗りつけられます。この涙にしっかりと覆われていることで、目は健康な状態を保つことができます」。

しかし洗眼液は、「目の汚れとして、表面のたんぱく質を洗い流します。その上、必要な強力な洗浄薬や界面活性剤も含んでいます。そのため、洗眼液で目の表面を洗い流すと、眼球の表面はきれいにはなりますが、ムチン層など大切な涙の成分も一緒に流してしまいます」と注意を促している。

洗眼液によって、眼球の表面はきれいになるものの、ムチン層などの涙の成分も流してしまうため、洗眼液は眼科医としてはおすすめできないのだそうです。

目がかゆくなると目を掻いてしまう人も多いかと思いますが、近視・老眼・ドライアイ|林修の今でしょ!講座 3月3日によれば、やってはいけない眼に悪いこととして、押したり、こすったりすることを挙げていました。

花粉症やアレルギー症状で目をこすることが多い人の中には網膜剥離になっている人もいるそうです。

洗眼液をできるだけ使わず、また目を擦らないようにするためには、花粉症対策用のメガネやゴーグルを使うほうがいいということではないでしょうか。

また、花粉症の症状として、花粉が目や鼻の粘膜に入ると、目がかゆくなり、目をこすってしまいますが、茶クマ(目の周りをこすることにより、目の周囲の皮膚にメラニン色素が沈着して茶色っぽく見える目の下のクマ)ができてしまうかもしれませんので注意が必要です。

【関連記事】

→ 花粉症の症状(目・鼻・のど) について詳しくはこちら

→ 秋の花粉症|9月・10月に目がかゆい・鼻水が出るなどの症状 について詳しくはこちら

→ 花粉症対策|マスク・メガネ・乳酸菌・ポリフェノール について詳しくはこちら

→ 目の病気(目の病気・症状チェック) について詳しくはこちら







【目の花粉症の症状 関連記事】

【鼻の花粉症の症状 関連記事】

【のどの花粉症の症状 関連記事】

【肌の花粉症の症状 関連記事】

【花粉症 関連記事】

【花粉症対策 関連記事】