花粉症で約7割の人の仕事効率が低下している!?


Sneeze

by paultom2104(画像:Creative Commons)

> 病気・症状 > 花粉症の症状 > 花粉症で約7割の人の仕事効率が低下している!?




■花粉症による仕事への影響は

花粉症で7割が仕事効率低下 – 重症者の約3割「トイレでサボった」経験あり

(2014/3/6、マイナビニュース)

花粉症による「仕事効率」への影響についての調査では、約7割が仕事効率が低下すると回答。

低下率は、通常よりも仕事効率が「61~80%まで低下」(32.0%)、「41~60%まで低下」(19.4%)が上位に挙がった。

更に12.9%が、「花粉症シーズンは仕事のミスが多くなる」と回答した。

<中略>

また、49.4%が平常時と比べて花粉シーズンは思考力が低下すると回答した。

花粉症を発症している人の約7割が仕事効率が低下していて、約1割は仕事のミスが多くなると回答しています。

くしゃみや鼻水で仕事を中断することが増えたり、思考力が落ちてしまっているため、仕事効率が低下しているんですね。

【関連記事】

健康と生産性の関係によれば、出勤していても体調不良を感じている社員は労働生産性が下がっており、それが企業の生産性損失コストの多くを占めているようです。

花粉症と同様の影響があるのが、睡眠不足。

ビジネスパーソンの6割が睡眠不足を感じ、作業能率を低下させている!によれば、働く人の約6割が睡眠不足を感じており、作業能率を低下させていることがわかったそうです。

【関連記事】

もしかすると、春の時期は、睡眠不足に加えて、花粉症の影響により、最も仕事効率が悪い季節と言えるかもしれません。

もう一つ気になるのは、花粉症は心身ともに影響を与えるという点です。

また、花粉シーズンにおける気持ちや身体の状態についても「疲れやすくなる」(28.3%)、「前向きになれない」(26.0%)、「イライラする」(22.6%)が上位に挙げられ、平常時と変わらないと回答した人はわずか2割だった。

身体は疲れやすくなり、心はイライラするわけですから、仕事だけでなく、プライベートにも影響を与えていると考えられます。

プライベートでケンカが増えている人で、相手が花粉症の場合には、花粉症が原因でイライラしている可能性がありますので、温かく見守ってあげてくださいね.

→ 花粉症の症状(目・鼻・のど) について詳しくはこちら







【鼻の花粉症の症状 関連記事】

【目の花粉症の症状 関連記事】

【のどの花粉症の症状 関連記事】

【肌の花粉症の症状 関連記事】

【花粉症 関連記事】

【花粉症対策 関連記事】