「Videos」カテゴリーアーカイブ

平野歩夢選手は1日1食、飲み物は水のみのストイックな生活習慣を続けていた!?|スノーボード男子ハーフパイプ【動画】




【目次】

■平野歩夢選手は1日1食、飲み物は水のみの生活習慣を続けていた!?

Ayumu Hirano wins Mens Snowboard SuperPipe gold X Games Aspen 2018
Ayumu Hirano wins Mens Snowboard SuperPipe gold X Games Aspen 2018

参考画像:Ayumu Hirano wins Men’s Snowboard SuperPipe gold | X Games Aspen 2018|YouTubeスクリーンショット

平昌冬季オリンピックスノーボード男子ハーフパイプで、2014年ソチ五輪に続く2大会連続となる銀メダルを獲得した平野歩夢選手はどのようなトレーニングや生活習慣を送っていたのでしょうか?

【平昌五輪】スノボ銀の平野歩夢、求道者の4年間 1日1食、「勝ち続けること」が美学

(2018/2/14、産経新聞)

1日1食に徹し、飲み物は水だけ。着地の衝撃に耐えるため、時間さえあれば腹筋を鍛えた。彫刻刀で刻みを入れたような腹部は「しんどい思いをしないと勝てない」という禁欲的な春秋の産物だ。

「生活をスノボと共有した4年」/平野歩夢一問一答

(2018/2/15、日刊スポーツ)

平野 ここまで五輪の4年間は、自分にとっては1日1日が試練のような…小さい、小さい、自分の中での地道なトレーニングだったり。自分のフィールドとか、自分1人の空間をすごく大事にしていて、生活の習慣も、4年間の中でいろいろ変えてきたことだったり、自分のやりたくないことに、どちらかというとチャレンジしてきた4年間だったので。

平野銀 15歳が不振にあえぐ日本救った

(2014/2/12、日刊スポーツ)

バンクーバー五輪代表で、現全日本スキー連盟テクニカルコーチの国母和宏に憧れる。「かずくん」と慕い、ともに生活をするようになって、さらに影響を受けた。国母直伝の炭酸飲料を取らず水しか飲まない食生活や、毎日のストレッチまで、すべてをスノーボードにささげた。

大好評公開中!! 平野歩夢インタビュー「あの頂点を目指して」:平昌オリンピック特別コンテンツ #01

(2018/2/13、SBN FREERUN)

オンスノーだと1日にどれくらい練習しているの?
この前のニュージーランド遠征だと、自分のタイミングで可能なかぎり早く起きて、朝メシを食べたりストレッチしたりっていう準備をして山に向かい、雪上では2時間ほど練習してましたね。下山したら少し身体を休めて、夜に軽くジムに行ってフィジカルを鍛えて……あとはリフレッシュのためにスケートボードをしていました。

1日一食で飲み物は水だけというように生活習慣を変えて、遠征の際には朝からストレッチをして、雪の上で2時間ほど練習し、夜はジムで体を鍛えるというようなことを続けて、4年間を五輪に捧げてきたのでしょうね。

飲み物からカロリーを摂取してない?ダイエット時に注意したい5つの飲み物ダイエットには食べ物より飲み物を見直す方がいい?によれば、食べ物(固形物)によるカロリー摂取よりも飲み物(液体)によるカロリー摂取の方が体重に与える影響は大きいそうです。

食べ物のカロリーを気をつけている人でも、飲み物のカロリーは意識していない人もいるのではないでしょうか。




■スノーボード男子ハーフパイプ【動画】

Ayumu Hirano wins Men’s Snowboard SuperPipe gold | X Games Aspen 2018

【NHK】平野歩夢が2大会連続銀メダル!! スノーボード男子ハーフパイプ決勝<ピョンチャン>

【NHK】ショーン・ホワイト3回目の金! スノーボード男子ハーフパイプ決勝<ピョンチャン>

■東京2020オリンピックの新競技「スケートボード」でも活躍するかも?

東京2020オリンピック「スケートボード」の注目選手の動画まとめによれば、スノーボードハーフパイプで活躍している平野歩夢選手とショーン・ホワイト選手が東京オリンピックを目指すと発言していることから、メディアの注目が高まっています。

これからも平野歩夢選手の活躍には注目ですね。







ドウツェン・クロース(Doutzen Kroes)みたいな腹筋になりたい女性必見!腹筋エクササイズ【動画】




■ドウツェン・クロース(Doutzen Kroes)みたいな腹筋になりたい女性必見!腹筋エクササイズ【動画】

今回紹介する動画は、ヴィクトリアズ・シークレット・エンジェルズとして活躍しているドウツェン・クロース(Doutzen Kroes)にエクササイズを指導しているビデオです。

スーパーモデルトレーナー Michael Olajideが、ドウツェン・クロースをモデルに強力なコア(体幹)と引き締まった腹筋を目指すエクササイズを紹介しています。

約10分の動画なのでちょっと時間はかかりますが、よいエクササイズだと思いますので、一度見てやってみてはいかがですか。







【Victoria’s Secret関連記事】
続きを読む ドウツェン・クロース(Doutzen Kroes)みたいな腹筋になりたい女性必見!腹筋エクササイズ【動画】

ドウツェン・クロース(Doutzen Kroes)みたいなおしりになりたい女性必見!セクシーヒップエクササイズ【動画】




■ドウツェン・クロース(Doutzen Kroes)みたいなおしりになりたい女性必見!セクシーヒップエクササイズ【動画】

Doutzen_Kroes

参考画像:VSX Sport Presents the Sexiest Workout Ever: Butt|YouTubeスクリーンショット

今回紹介する動画は、ヴィクトリアズ・シークレット・エンジェルズとして活躍しているドウツェン・クロース (Doutzen Kroes)にエクササイズを指導しているビデオです。

VSX Sport Presents the Sexiest Workout Ever: Butt

スーパーモデルトレーナー Michael Olajideが、ドウツェン・クロースをモデルにセクシーなお尻に鍛えるエクササイズを紹介しています。

約6分半で見れるエクササイズなので、一度やってみてはいかがですか。







⇒ 芸能人・有名人・セレブのダイエット方法 について詳しくはコチラ。

⇒ あなたにあった ダイエット 方法の選び方 はこちら

⇒ ダイエットの基礎知識 はこちら

ダイエット方法ランキングはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ダイエット方法ランキング

【Victoria’s Secret関連記事】
続きを読む ドウツェン・クロース(Doutzen Kroes)みたいなおしりになりたい女性必見!セクシーヒップエクササイズ【動画】

ドウツェン・クロース(Doutzen Kroes)みたいな美脚になりたい女性必見!レッグエクササイズ【動画】




今回紹介する動画は、ヴィクトリアズ・シークレット・エンジェルズとして活躍しているドウツェン・クロース(Doutzen Kroes)にエクササイズを指導しているビデオです。

スーパーモデルトレーナー Michael Olajideが、ドウツェン・クロースをモデルにセクシーな脚を手に入れるためのエクササイズを紹介しています。

ランジ(フォワードランジ・リバースランジ)の動きを中心としたエクササイズです。

【エクササイズ(ランジ)関連記事】

ランジとは、下半身を強化する運動で、真っ直ぐに立った姿勢から片足を前に一歩踏み出し、腰を沈めて前に出した足の太腿が、床と水平になるくらいまでしゃがみ込む、そして元の姿勢に戻ります。

この運動を交互に行うのがフォワードランジです。

このフォワードランジで鍛えられる筋肉はハムストリングス(太腿の裏側の筋肉)、大臀筋(おしり)、腸腰筋(足を持ち上げる筋肉、腰骨と足の付け根、背骨と足の付け根をつなぐ重要な筋肉、外から見えないのでインナーマッスルと言われます)、大腿四頭筋(太腿の筋肉)です。

約7分の動画なので、一度やってみてはいかがですか。







【Victoria’s Secret関連記事】
続きを読む ドウツェン・クロース(Doutzen Kroes)みたいな美脚になりたい女性必見!レッグエクササイズ【動画】

羽生結弦選手、金メダルでオリンピック連覇達成!|どのようなトレーニングをしているの?|フィギュアスケート男子【動画】




■羽生結弦選手、金メダルでオリンピック連覇達成!|フィギュアスケート男子【動画】

figureskating_2303_by Vincetic (123)

by Special Olympics 2017(画像:Creative Commons)

【NHK】【ノーカット実況なし】飛んだ!ほえた!泣いた!羽生結弦、金メダル!<ピョンチャン>

【NHK】【ノーカット実況なし】羽生結弦 ショートプログラム<ピョンチャン>

平昌冬季オリンピックフィギュアスケート男子で金メダルを獲得した羽生結弦選手が大きなけがをして以降どんなリハビリやトレーニングをしていたのかわかりませんが、羽生結弦選手から学ぶ!基礎(土台)を鍛える重要性とはで紹介したインタビューによれば、基礎を大事にすることを心がけていましたので、ケガをきっかけに改めて基礎を磨いたのではないでしょうか。




■「絶対に勝ってやる!羽生結弦 自分への挑戦」

2018年1月14日に放送されたNNNドキュメント「絶対に勝ってやる!羽生結弦 自分への挑戦」(日本テレビ系)ではケガをする前からの羽生結弦選手への挑戦を密着していました。

●人間工学

羽生結弦選手はスケートに打ち込むために、大学は早稲田大学(人間情報科学)の通信課程を選び、人間工学に興味を持ち、動きに対してどういう数式で表されるか、例えば、「自分が例えば(4回転)トーループでトー(つまさき)をついたときにどういう力がどう加わってどこに力が作用してどう衝撃があるのかを具体的になんとなく数値化して見える」というように勉強をスケートに活かしている姿が印象的です。(この番組はラプラス変換を羽生君が勉強していたということで話題になっています)

●イメージトレーニング

2014年8月(当時19歳)の映像では、寝る前や練習の前にジャンプの映像を見てイメージトレーニング(飛ぶ時の感覚がわからなくなったら映像を見てタイミングをそのままコピーする)をしていたり、鏡や窓の前でイメージトレーニングを行なっている姿が紹介されています。

内村航平選手「金」!漫画に触発された「空中感覚」によれば、体操の内村航平選手は、自ら一流選手の体操ワザを分析し、コマ送りしたイラストを描いていたそうで、着地を止める秘訣を聞かれた際には「理想の景色通りに体を合わせていけば勝手に止まる」と答えたことが印象的です。

●4回転の種類・本数を増やす

平昌オリンピックの2年半前に”4回転時代の到来”を予感させるコメントをしています。

そこで取り組んだのが「4回転ループ」で2016年NHK杯で成功し、平昌オリンピックの10ケ月前の2017年4月の世界選手権で優勝を果たします。

しかし、このころ難しい4回転ジャンプを次々と飛ぶ下の世代の選手が現れてきます。

金博洋選手(中国)は難易度が最も高い4回転ルッツを連続ジャンプで成功させ、宇野昌磨選手(日本)は2番目に難しい4回転フリップを成功させ、ネイサン・チェン選手(アメリカ)は4回転ルッツと4回転フリップを成功させています。

●スケートノート

ジャンプの注意点を書いたり、ジャンプの調子の波もわかり、試合にピークを合わせる時に役立つそうです。

●フリーの音楽(SEIMEI)は羽生結弦選手自身が映画のサウンドトラックから編集

プログラムの曲にあった演技(ジャンプ・スピン・ステップ)をしなければ意味がないとコメントしています。

プログラムの冒頭に「スー」(1秒)という自分の呼吸を入れることで、緊張していても何しても、呼吸を整えるのによいとコメントしています。

●4回転ジャンプがもたらす衝撃はケガのリスクと隣り合わせ

2017年9月(オータムクラシック)右ひざに違和感を感じ、この違和感は2013年(当時18歳)世界選手権でも感じた違和感であり、その時には2か月半ほどスケートを滑れない経験をしたため、(オリンピックが一番重要で)それを避けるためにジャンプに対して少し臆病になっているとコメントしています。

●難しいことを思い切ってやることが一番のモチベーション

「難しいことを思い切ってやることが一番のモチベーション」であったのに、ジャンプの難易度を下げたことに対してそういうことをしていいのか疑問も感じていて、改めて挑戦することを考え、2017年10月ロステレコム杯では4回転ルッツに挑戦をして成功します。

【参考リンク】

PCS(演技構成点(表現力など))はほぼマックスの上限なので、ベースバリュー(ジャンプなどの基礎点)を上げていかないと、その差が縮まってくるので、4回転ルッツを入れることで、ベースバリューでも戦えるようになるそうです。

●2017年11月NHK杯での前日練習でケガ(右足関節外側靭帯損傷)

試合前日の練習で4回転ルッツを飛びに行ったときに、着地に失敗し転倒し、右足首を痛め(病名:右足関節外側靭帯損傷)、NHK杯を欠場することになります。







【関連記事】