「キノコ」タグアーカイブ

さんまと茸のすだち蕎麦の作り方/塩焼きにする秋刀魚のさばき方・内臓の取り方【史上最高美味】




さんまと茸のすだち蕎麦の作り方/塩焼きにする秋刀魚のさばき方・内臓の取り方【史上最高美味】

旬の魚「さんま」とすだち、ぶなしめじ、大根おろしを使った「秋刀魚とキノコのすだち蕎麦の作り方」を紹介します。

秋の味覚といったら「秋刀魚」ですよね。

その秋刀魚に合う食材といえば、すだち、きのこ、大根おろしが頭に浮かびます。

そしてすだちといえば「すだち蕎麦」があるので、全てを一つにした料理ができないかなと思って作ったのが今回の「さんまと茸のすだち蕎麦」です。

【材料】

えごま蕎麦
さんま 1匹
ブナシメジ
小松菜
大根(大根おろし)
すだち
麺つゆ
一味唐辛子

【作り方】

生さんまに塩を振って、10分置きます。
生さんまに塩を振って、10分置きます。

1.生さんまに塩を振って、10分置きます。

小松菜とブナシメジを食べやすい大きさに切り、フライパンに油を入れて炒めて、麺つゆと合わせて、炒めます。
小松菜とブナシメジを食べやすい大きさに切り、フライパンに油を入れて炒めて、麺つゆと合わせて、炒めます。

2.小松菜とブナシメジを食べやすい大きさに切り、フライパンに油を入れて炒めて、麺つゆと合わせて、炒めます。

大根おろしを作ります。
大根おろしを作ります。

3.大根おろしを作ります。

さんまに振った塩を水で洗い流し、秋刀魚の腹側を切って内臓を取り出し、水で洗い、キッチンペーパーで水気をふき取ります。
さんまに振った塩を水で洗い流し、秋刀魚の腹側を切って内臓を取り出し、水で洗い、キッチンペーパーで水気をふき取ります。

4.さんまに振った塩を水で洗い流し、秋刀魚の腹側を切って内臓を取り出し、水で洗い、キッチンペーパーで水気をふき取ります。

さんまを焼き、ほぐします。
さんまを焼き、ほぐします。

5.さんまを焼き、ほぐします。

えごま蕎麦はたっぷりのお湯で約4分茹でます。
えごま蕎麦はたっぷりのお湯で約4分茹でます。

6.えごま蕎麦はたっぷりのお湯で約4分茹でます。

7.麺つゆを温めます。

器にえごま蕎麦を盛りつけ、麺つゆをかけ、炒めたブナシメジと小松菜、ほぐした秋刀魚、大根おろし、スライスしたすだち、一味唐辛子をかけて、出来上がり!
器にえごま蕎麦を盛りつけ、麺つゆをかけ、炒めたブナシメジと小松菜、ほぐした秋刀魚、大根おろし、スライスしたすだち、一味唐辛子をかけて、出来上がり!

8.器にえごま蕎麦を盛りつけ、麺つゆをかけ、炒めたブナシメジと小松菜、ほぐした秋刀魚、大根おろし、スライスしたすだち、一味唐辛子をかけて、出来上がり!

【ポイント】

●秋刀魚を選ぶなら、塩さんまじゃなくて、生さんまを選びましょう。
生さんまに塩を振ることで美味しくなります。

●すだちによって、秋刀魚のニオイを取り除いてくれるだけでなく、スープの味が柑橘類の香りで変化します。

◎Q&A◎

Q. 秋刀魚は生さんまと塩さんま、どちらがおすすめですか?

A. 秋刀魚を選ぶなら、塩さんまじゃなくて、生さんまを選びましょう。

生さんまに塩を振ることで塩分の調整ができるためです。

◎すだちの効能◎

すだち蕎麦レシピ|スダチの健康効果

すだちの皮に含まれている「スダチチン」には内臓脂肪を落とす効果が期待されているそうです。

◎すだち蕎麦が好きな芸能人◎

上戸彩さんや吉瀬美智子さんが好きなおそばとしてすだち蕎麦を紹介

スマスマ(2014年9月15日放送)で話題のドラマ「昼顔」に出演中の上戸彩さんがオーダーした「そば」がおいしそうだったので、どうしてもおそばを食べたくなって、おそば屋さんに行ったら、メニューに夏限定の「すだちそば」があり、夏限定に惹かれて食べてみたら、すごく美味しかった、という話を聞きました。

◎さんまとひやおろし祭り◎

石川県金沢市の金沢駅前三和商店街では、旬のサンマと、秋に飲み頃を迎える蔵出しされたばかりのひやおろしを味わえる「さんまとひやおろし祭り」があります。

「ひやおろし(秋あがり)」は、春に搾った酒を秋まで貯蔵してから出荷する酒で、さんまやきのこなど旨味のある秋の食材と相性抜群なのだそうです。

石川県金沢市の金沢駅前三和商店街では、旬のサンマと、秋に飲み頃を迎える蔵出しされたばかりのひやおろしを味わえる「さんまとひやおろし祭り」があります。

「ひやおろし(秋あがり)」は、春に搾った酒を秋まで貯蔵してから出荷する酒で、さんまやきのこなど旨味のある秋の食材と相性抜群なのだそうです。

【参考リンク】

秋の到来を告げる旬の日本酒「ひやおろし」とは?【イラストで解説!ひと目でわかる日本酒】

◎最後に◎

えごま蕎麦の史上最高に美味しいレシピが出来上がりました!

秋刀魚とキノコのすだち蕎麦は作ってみたくなるハクライドウグルメのえごま蕎麦の究極メニューにおいて、現時点において文字通り史上最高の美味しさです!

きっと自宅で秋刀魚とひやおろし祭りがやりたくなるはず!!!

ぜひさんまとキノコのすだち蕎麦とひやおろしを味わってみてください!

ぜひやってみてくださいね。

→チャンネル登録はこちら







【関連動画】

丸ごと焼き秋刀魚の炊き込みご飯の作り方(炊飯器レシピ)【ばあちゃんの料理教室】

さんまの蒲焼き缶詰で作る簡単炊き込みご飯の作り方【バーミキュラライスポットレシピ】【簡単レシピでおもてなしがしたい!】

今回のレシピのヒントとなったツイート

———————————————————————–

舶来堂|長崎逸品のお取り寄せ
ハクライドウストア
40代・50代のための健康情報ならハクライドウ
YouTube
40代・50代のための健康美容ブログ「HAKUR」|ダイエット・恋愛
Twitter
Facebook
Instagram
Pinterest
TikTok

———————————————————————–

【キノコ業界に朗報!】きのこが認知症を救う!?キノコをたくさん食べる高齢者はMCI(軽度認知障害)の発症リスクが低い!|シンガポール国立大学(NUS)




今回はキノコ業界の関係者が注目のニュースをお伝えします!

■【キノコ業界に朗報!】きのこが認知症を救う!?キノコをたくさん食べる高齢者はMCI(軽度認知障害)の発症リスクが低い!|シンガポール国立大学(NUS)

【キノコ業界に朗報!】きのこが認知症を救う!?キノコをたくさん食べる高齢者はMCI(軽度認知障害)の発症リスクが低い!|シンガポール国立大学(NUS)
【キノコ業界に朗報!】きのこが認知症を救う!?キノコをたくさん食べる高齢者はMCI(軽度認知障害)の発症リスクが低い!|シンガポール国立大学(NUS)

unsplash-logoChristine Siracusa

NUS Study: Eating Mushrooms May Reduce the Risk of Cognitive Decline

(2019/3/13、Journal of Alzheimer’s Disease)

シンガポール国立大学(NUS)の研究によれば、週に2回以上調理済みのキノコ150g(1週間に300gを超える調理済みキノコ)を食べる高齢者は、MCI(軽度認知障害)の発症リスクが低くなっていたことがわかったそうです。

【参考リンク】

キノコと脳の健康に注目すべき関連性? 今後の研究に期待(2019/3/30、フォーブス)によれば、過去の研究結果から、シンガポールに住むMCIの症状がある高齢者は同年齢の健康な人たちと比べ、血漿中のエルゴチオネイン濃度が大幅に低下していたことがわかっていることから、エルゴチオネインを今後の研究対象とすることを決めているそうです。

Forbes(フォーブス)The New York Times(ニューヨークタイムズ)でも取り上げられていることから、世界的にキノコによる認知症予防が注目を集めるかも?







【関連記事】
続きを読む 【キノコ業界に朗報!】きのこが認知症を救う!?キノコをたくさん食べる高齢者はMCI(軽度認知障害)の発症リスクが低い!|シンガポール国立大学(NUS)

エノキダケの「キトグルカン」で脂肪の吸収を抑制

Saute of enokidake mushrooms

by pelican(画像:Creative Commons)

健康・美容チェック > メタボリックシンドローム > エノキダケの「キトグルカン」で脂肪の吸収を抑制




2008年11月27日放送のおもいっきりイイ!!テレビでは、「食べてメタボを改善」がテーマでした。

■キノコの新成分「キトグルカン」で食べた脂肪の吸収を抑制

キトグルカンとは、キノコの細胞壁にある物質です。

キトグルカンが食べた脂肪の吸収を抑制してくれるため、メタボに効果的なのだとか。

キトグルカンの多く含まれているキノコは、

「エノキダケ」。

お勧めの食べ方は、

エノキダケ+みそ=エノキダケだしの味噌汁。

ポイントは、長時間(30分ほど)煮込むこと。
長時間煮込むことで、キトグルカンが多く出てくるそうです。

1日50グラムが目安。

エノキダケは冷凍しておくとよいそうです。