「ボディメイク」タグアーカイブ

鷲見玲奈さん、ファースト写真集発表!体重を増やしてボディメイク




鷲見玲奈さん、ファースト写真集発表!体重を増やしてボディメイク
鷲見玲奈さん、ファースト写真集発表!体重を増やしてボディメイク

ブルース マーズ|unsplash

ファースト写真集の発売を発表した鷲見玲奈さんは写真集のためのボディメイクに取り組んだそうです。

自分の好きな写真集、グラビアを見ても、あまり瘦せすぎていても魅力がないのかなと思い、お腹周りはへこませつつ、腕や脚などは程よく肉付きがよくなるように、少し体重を増やすことにしたそうです。

ボディメイクの考え方については大原優乃さんのボディメイクの考え方とは?が役に立ちます。

大原優乃さんは、大原優乃さんはグラビア撮影がある時は、それに向けて体にメリハリをつけるために、体重を減らすのではなく、細くあってほしい所を意識して引き締める「ボディメイク」をしているそうです。

ただ、“なりたい自分”と“求められている自分”との間で、葛藤がある中で、リサーチをして、求められている大原優乃を自分で作り上げているそうです。

鷲見玲奈さんの過去のインタビュー記事でも、MAX時よりも-10㎏体重が落ちた今のボディが自分史上いちばん好きとコメントしていますが、写真集のために体重を増やすことに取り組んでいることから、求められている自分に近づくためのボディメイクを行なったのではないかと思います。







【関連記事】

大原優乃さんのボディメイクの考え方とは?




大原優乃さんのボディメイクの考え方とは?
大原優乃さんのボディメイクの考え方とは?

ブルース・マーズ|unsplash

大原優乃さんのボディメイクの考え方が参考になりますね。

大事なのは「体のメリハリ」。

全体的に体重を減らすのではなく、腹筋・くびれ・首回りのように写真映りで細くあってほしい所を意識してトレーニングして引き締めるというように。

プロポーションを良くするためには体型維持のランニングよりもパーソナルトレーニングが良い!?|十枝梨菜さんのインタビューよりでも、有名人・芸能人の方がパーソナルトレーニングを選ぶ理由は、見せる職業であるため、メリハリのあるプロポーションを作ることや役柄・作品に合わせた体型を作るといった「ボディメイク」の面が大きいように思います。

■まとめ

「やせててきれい」の印象は筋肉が左右する。でも紹介しましたが、筋肉をつけると体重が増えてしまいますが、出るとこは出て、引っ込むところは引っ込む、そして肌にハリがあり、健康的な肌の色を目指すには、やはり筋肉をつけることは重要です。

【関連記事】

憧れボディのトレンドは“健康的でメリハリのあるカラダ”によれば、日本ではあまりフォーカスされていませんが、ミス・ユニバースの候補者やハリウッド女優などは、実は過酷な筋力トレーニングをしています。

例えば、キャンディス・スワンポール、ヴィクシーモデルボディの作り方(食事・運動)3つのポイントによれば、ヴィクトリア・シークレットのモデルの撮影時の写真を見ると、 多くのモデルの腹筋が割れていることに驚きます。

あまりにも腹筋が割れていることでイメージが損なわれるため、腹筋が割れていないように修整をかけることもあるという噂があるほどです。

海外のハリウッドセレブやモデルは、体重が多くても、筋肉トレーニングによってカラダを引き締め、メリハリがあるため、結果的にスタイルが良く見えるのです。

以前の日本では、スタイルが良くすること=体重を落とす・脂肪を落とすことばかり考えがちだったと思いますが、最近では、インスタグラムで海外セレブのライフスタイルを見ることができるようになり、実際どんなトレーニングを行なってスタイルを維持しているのかを知ることで、少しずつ意識が変わりつつあるように思います。

これからは筋肉を付けることで健康的でメリハリのある美しいボディーラインと代謝の良い体を作るということが、ますます注目されるようになるのではないでしょうか。







【関連記事】

プロポーションを良くするためには体型維持のランニングよりもパーソナルトレーニングが良い!?|十枝梨菜さんのインタビューより




■プロポーションを良くするためには体型維持のランニングよりもパーソナルトレーニングが良い!?|十枝梨菜さんのインタビューより

僕たちの、美しき女神たちーー #49 十枝梨菜さん(タレント)

(2017/12/2、GQ)

「以前から体型維持のためにランニングをつづけていたのですが、パーソナルジムに通いはじめてからプロポーションが断然よくなりました」

グラビアタレント十枝梨菜さんのこのコメントが気になりました。

ランニングは体型維持には効果的であっても、メリハリのあるプロポーションを作ることを目標とする場合には不向きなのかもしれません。

最近では有名人・芸能人の方がパーソナルトレーニングを行なっていることをメディアやSNSで公開していますよね。

有名人・芸能人の方がパーソナルトレーニングを選ぶ理由は、見せる職業であるため、メリハリのあるプロポーションを作ることや役柄・作品に合わせた体型を作るといった「ボディメイク」の面が大きいように思います。

これまでダイエットといえば、単に体重を落とす(減量)ことだけでしたが、少しずつ「くびれ」を作るなど理想の体作りを目指すようになり、最近ではパーソナルトレーナーからトレーニング(ワークアウト)の指導を受けるなどに関心が移るなど「ボディメイク」に対するニーズが高まっているように感じます。

【関連記事】




■まとめ

dumbbell-mirror-workout

by John Voo(画像:Creative Commons)

「やせててきれい」の印象は筋肉が左右する。でも紹介しましたが、筋肉をつけると体重が増えてしまいますが、出るとこは出て、引っ込むところは引っ込む、そして肌にハリがあり、健康的な肌の色を目指すには、やはり筋肉をつけることは重要です。

【関連記事】

憧れボディのトレンドは“健康的でメリハリのあるカラダ”によれば、日本ではあまりフォーカスされていませんが、ミス・ユニバースの候補者やハリウッド女優などは、実は過酷な筋力トレーニングをしています。

例えば、キャンディス・スワンポール、ヴィクシーモデルボディの作り方(食事・運動)3つのポイントによれば、ヴィクトリア・シークレットのモデルの撮影時の写真を見ると、 多くのモデルの腹筋が割れていることに驚きます。

あまりにも腹筋が割れていることでイメージが損なわれるため、腹筋が割れていないように修整をかけることもあるという噂があるほどです。

海外のハリウッドセレブやモデルは、体重が多くても、筋肉トレーニングによってカラダを引き締め、メリハリがあるため、結果的にスタイルが良く見えるのです。

以前の日本では、スタイルが良くすること=体重を落とす・脂肪を落とすことばかり考えがちだったと思いますが、最近では、インスタグラムで海外セレブのライフスタイルを見ることができるようになり、実際どんなトレーニングを行なってスタイルを維持しているのかを知ることで、少しずつ意識が変わりつつあるように思います。

これからは筋肉を付けることで健康的でメリハリのある美しいボディーラインと代謝の良い体を作るということが、ますます注目されるようになるのではないでしょうか。







【ランニングと胸の下垂 関連記事】
続きを読む プロポーションを良くするためには体型維持のランニングよりもパーソナルトレーニングが良い!?|十枝梨菜さんのインタビューより

ライザップ、事業開始3年で売上100億円達成へ|ボディメイクに対するニーズの高まり

In the gym

by Daniel Flower(画像:Creative Commons)




ライザップ、事業開始3年で売上100億円達成へ…健康コーポレーション

(2015/2/26、やわらかスポーツテックCYCLE)

ライザップは、2月22日に事業開始3周年を迎えた。3年で売上高100億円を突破する見込み。成長の背景には、ボディメイクに対するニーズの高まりがあると見ている。

「豆乳クッキーダイエット」などの健康食品で有名になった健康コーポレーションですが、今回のニュースによれば、ライザップの事業開始3年で売上高100億円を達成する見込みとなったことを発表したそうです。

こうした事業で100億円を達成するというのはスゴイですね。

今回のニュースの注目ポイントはこちら。

成長の背景には、ボディメイクに対するニーズの高まりがあると見ている。

それまでは単に体重を落とす(減量)ことだけでしたが、少しずつ「くびれ」を作るなど理想の体作りを目指すようになり、そしてパーソナルトレーナーからトレーニング(ワークアウト)の指導を受けるなどに関心が移るなど「ボディメイク」に対するニーズが高まり、現在のような状態になっているのではないでしょうか。

こうした傾向は世界の流れを先取りしていることが考えられますので、海外進出のタイミングが合えばさらに成長していく可能性があります。







【関連記事】

⇒ あなたにあった ダイエット 方法の選び方 はこちら

⇒ ダイエットの基礎知識 はこちら

ダイエット方法ランキングはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ダイエット方法ランキング

【関連記事】