「ユーグレナ」タグアーカイブ

ユーグレナ粉末1gを2か月間の継続摂取でLDLコレステロール値の改善が確認!

> 健康・美容チェック > コレステロール > 悪玉コレステロール(LDLコレステロール) > ユーグレナの2か月間の継続摂取でLDLコレステロール値の改善が確認




■ユーグレナの2か月間の継続摂取でLDLコレステロール値の改善が確認

Lepocinclis tripteris - 400X - 1

by Picturepest(画像:Creative Commons)

ユーグレナの2か月間の継続摂取でLDLコレステロール値の改善が確認されました

(2017/9/29、株式会社ユーグレナ)

血中脂質が高めの男女30名にユーグレナ粉末1gを2ヶ月間続けて摂取してもらいました。その結果、悪玉コレステロールと呼ばれる、血中LDLコレステロール値が減少しました。

株式会社ユーグレナが行なった実験によれば、ユーグレナ(ミドリムシ)の粉末1gを2か月の継続摂取で、血中LDLコレステロール値が改善したそうです。

ミドリムシ(ユーグレナ)の健康への期待|パラミロンと59種類の栄養素(必須アミノ酸やビタミン類)によれば、ミドリムシ(ユーグレナ)は多くの栄養素(必須アミノ酸やビタミン類)を含んでおり、消化吸収率が高いという特徴があります。

また、武田薬品が注目したパラミロンは、多糖類のうちヒトが消化できない物質であり、ミドリムシ(ユーグレナ)にしか含まれていないとされ、表面にミクロの孔がたくさんあり異物を吸収する性質があることからコレステロールを吸着するという説があると紹介されていました。

今回のニュースと合わせると、パラミロンがLDLコレステロールを吸着したのでしょうか?

今後の研究が楽しみですね。

→ コレステロールとは|コレステロール値を下げる食品・食事 について詳しくはこちら

→ 悪玉コレステロールを減らす方法|LDLコレステロールを下げる食品・食事 について詳しくはこちら







【ユーグレナ関連記事】
続きを読む ユーグレナ粉末1gを2か月間の継続摂取でLDLコレステロール値の改善が確認!

ユーグレナ由来のジアトキサンチン含有カロテノイドの継続摂取により、血糖値の上昇が抑制されることを示唆する研究結果を確認

健康・美容チェック > 糖尿病 > 血糖値 > ユーグレナ由来のジアトキサンチン含有カロテノイドの継続摂取により、血糖値の上昇が抑制されることを示唆する研究結果を確認




■ユーグレナ由来のジアトキサンチン含有カロテノイドの継続摂取により、血糖値の上昇が抑制されることを示唆する研究結果を確認

血糖値の比較
マウスを、①通常食を与えたマウス群、②高脂肪食を与えたマウス群、③高脂肪食にユーグレナ由来のジアトキサンチン含有カロテノイドを入れたエサを与えたマウス群の3つに分け、それぞれ6週間経口摂取させた後に血糖値※6を測定しました。
 その結果、③の高脂肪食とユーグレナ由来のジアトキサンチン含有カロテノイドを入れたエサを摂取したマウス群は、②の高脂肪食のみを摂取したマウスよりも血糖値の上昇が抑制されることを確認しました。

参考画像:微細藻類ユーグレナ由来のジアトキサンチン含有カロテノイドの継続摂取により、血糖値の上昇が抑制されることを示唆する研究結果を確認しました(2018/9/10、ユーグレナ)|スクリーンショット

微細藻類ユーグレナ由来のジアトキサンチン含有カロテノイドの継続摂取により、血糖値の上昇が抑制されることを示唆する研究結果を確認しました

(2018/9/10、ユーグレナ)

マウスを、①通常食を与えたマウス群、②高脂肪食を与えたマウス群、③高脂肪食にユーグレナ由来のジアトキサンチン含有カロテノイドを入れたエサを与えたマウス群の3つに分け、それぞれ6週間経口摂取させた後に血糖値※6を測定しました。
 その結果、③の高脂肪食とユーグレナ由来のジアトキサンチン含有カロテノイドを入れたエサを摂取したマウス群は、②の高脂肪食のみを摂取したマウスよりも血糖値の上昇が抑制されることを確認しました。

ユーグレナは京都大学の菅原達也教授との共同研究により、微細藻類ユーグレナ由来のジアトキサンチン含有カロテノイドを継続摂取することで、血糖値の上昇が抑制されることを示唆する研究成果を確認しました。

→ 血糖値を下げる食べ物・食事|血糖値が高い原因 についてくわしくはこちら







【ユーグレナ 関連記事】
続きを読む ユーグレナ由来のジアトキサンチン含有カロテノイドの継続摂取により、血糖値の上昇が抑制されることを示唆する研究結果を確認

ユーグレナ粉末と野菜粉末の同時摂取による腸内細菌叢の調節を介して内臓脂肪蓄積の抑制作用および抗炎症作用を示唆する研究結果を確認【論文・エビデンス】




■ユーグレナ粉末と野菜粉末の同時摂取による腸内細菌叢の調節を介して内臓脂肪蓄積の抑制作用および抗炎症作用を示唆する研究結果を確認

ユーグレナ粉末と野菜粉末の同時摂取による内臓脂肪重量および炎症性サイトカイン量の減少を確認

(2018/10/12、武田コンシューマーヘルスケア)

武田コンシューマーヘルスケアとユーグレナ、東北大学大学院農学研究科食品機能健康科学講座食品化学分野の都築毅准教授との共同研究で、微細藻類ユーグレナの粉末と野菜粉末の同時摂取により、腸内細菌叢の調節を介して内臓脂肪蓄積の抑制作用および抗炎症作用を示唆する研究結果を確認しました。

図:白色脂肪組織重量(A:腎周囲脂肪組織重量、B:精巣周囲脂肪組織重量)
ユーグレナ粉末およびユーグレナ粉末と野菜粉末の混合物の摂取により、内臓脂肪である腎周囲脂肪組織重量および精巣周囲脂肪組織重量を有意に減少させることを確認しました
表:白色脂肪組織重量
ユーグレナ粉末およびユーグレナ粉末と野菜粉末の混合物の摂取により、内臓脂肪である腎周囲脂肪組織重量および精巣周囲脂肪組織重量を有意に減少させることを確認しました
精巣周囲脂肪組織面積比
ユーグレナ粉末と野菜粉末の混合物を摂取したマウスでは、精巣周囲脂肪面積の有意な減少が確認されました

マウスを、1.通常食を与えたマウス群、2.パラミロン粉末を与えたマウス群、3.ユーグレナ粉末を与えたマウス群、4.ユーグレナ粉末と野菜粉末の混合物を与えたマウス群の4つに分け、2ヵ月間経口摂取する実験を行った結果、ユーグレナ粉末およびユーグレナ粉末と野菜粉末の混合物の摂取により、内臓脂肪である腎周囲脂肪組織重量および精巣周囲脂肪組織重量を有意に減少させることを確認し、ユーグレナ粉末と野菜粉末の混合物を摂取したマウスでは、精巣周囲脂肪面積の有意な減少が確認されました。

血中炎症パラメータ
ユーグレナ粉末と野菜粉末の混合物を摂取したマウスではIL-6の有意な減少、そしてユーグレナ粉末およびユーグレナ粉末と野菜粉末の混合物を摂取したマウスではIL-1betaの有意な減少が確認されました

また、健康長寿者では炎症性指標が低レベルに維持されていると報告されていることから、主要な炎症性サイトカインであるIL-6およびIL-1beta(血清中の炎症性サイトカインIL-6およびIL-1beta: 生体内の様々な炎症症状を引き起こすサイトカイン。サイトカインとは生体内で免疫の伝達を担うたんぱく質のこと)を測定した結果、ユーグレナ粉末と野菜粉末の混合物を摂取したマウスではIL-6の有意な減少、そしてユーグレナ粉末およびユーグレナ粉末と野菜粉末の混合物を摂取したマウスではIL-1betaの有意な減少が確認されました。

更に、ユーグレナ粉末と野菜粉末の混合物を摂取したマウスの腸内細菌叢では、Lactobacillus属などの宿主に有益な菌の増加を、ユーグレナ粉末およびユーグレナ粉末と野菜粉末の混合物を摂取したマウスの腸内細菌叢では、炎症に関係する有害菌のClostridiaceae科の減少を確認しました。

これらの結果から、ユーグレナ粉末と野菜粉末の同時摂取による腸内細菌叢の組成変化が、内臓脂肪および血清中の炎症性サイトカインの減少に寄与したものと考えられます。







【参考リンク(論文・エビデンス)】
続きを読む ユーグレナ粉末と野菜粉末の同時摂取による腸内細菌叢の調節を介して内臓脂肪蓄積の抑制作用および抗炎症作用を示唆する研究結果を確認【論文・エビデンス】

ミドリムシ(ユーグレナ)の健康への期待|パラミロンと59種類の栄養素(必須アミノ酸やビタミン類)|SPURT powered by euglenaがe-sportsに協賛!




■ミドリムシ(ユーグレナ)の健康への期待

Lepocinclis tripteris - 400X - 2

by Picturepest(画像:Creative Commons)

●ミドリムシは59種類の栄養素を持っている

武田薬品が、ユーグレナに惚れたワケ

(2014/10/18、東洋経済オンライン)

必須アミノ酸やビタミン類など多くの栄養素を含み、植物のような固い細胞壁がないため消化吸収率も高い。

●パラミロン

武田薬品が注目したパラミロンは、多糖類のうちヒトが消化できない物質で、ミドリムシだけに存在するといわれている。表面にミクロの孔がたくさんあり異物を吸収する性質がある。コレステロールやがん細胞を吸着するという説もあり、医薬品としての将来性に期待が持てる。

ミドリムシ(ユーグレナ)は多くの栄養素(必須アミノ酸やビタミン類)を含んでおり、消化吸収率が高いという特徴があり、また、ミドリムシ(ユーグレナ)にしか含まれていないとされるパラミロンが将来性のある物質であることから将来的には医薬品への開発も期待されているそうです。

■まとめ

最近はスーパーフードやスーパーフルーツが人気です。

【関連記事】

ミドリムシ(ユーグレナ)もこのようなスーパーフード・スーパーフルーツの仲間入りする機会もそう遠くはないかもしれません。

■スポーツ用ゼリー飲料「SPURT(スパート)」
「SPURT(スパート)」
パラミロンを持つ微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)に、集中力をサポートするGABA(ギャバ)や運動時に素早くエネルギーとなる糖質のほか、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどをバランスよく配合

スポーツ用ゼリー飲料「SPURT(スパート)」はパラミロンを持つ微細藻類ユーグレナ(和名:ミドリムシ)に、集中力をサポートするGABA(ギャバ)や運動時に素早くエネルギーとなる糖質のほか、タンパク質、ビタミン、ミネラルなどをバランスよく配合し、国際的なアンチドーピングプログラムである「インフォームド・チョイス」の認証を受けた商品です。

「SPURT(スパート)」は株式会社ユーグレナが展開するスポーツ用ゼリー飲料で、DMM GAMES主催PUBG Corp公認 PUBG JAPAN SERIES season 3に協賛するそうですが、これからeSportsでよく見かけるようになるのではないでしょうか?







【関連記事】
続きを読む ミドリムシ(ユーグレナ)の健康への期待|パラミロンと59種類の栄養素(必須アミノ酸やビタミン類)|SPURT powered by euglenaがe-sportsに協賛!

ユーグレナの継続摂取によりNASH(非アルコール性脂肪性肝炎)による肝臓の線維化の抑制

> 健康・美容チェック > 肝臓 > 肝臓の病気 > NASH > ユーグレナの継続摂取によりNASH(非アルコール性脂肪性肝炎)による肝臓の線維化の抑制




■ユーグレナの継続摂取によりNASH(非アルコール性脂肪性肝炎)による肝臓の線維化の抑制

Lepocinclis tripteris - 400X - 1

by Picturepest(画像:Creative Commons)

微細藻類ユーグレナの継続摂取により非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)による肝臓の線維化の抑制を示唆する研究結果を確認しました

(2016/11/24、株式会社ユーグレナニュースリリース)

今回の実験では、NASHを発症させたモデルマウスにユーグレナ粉末又はパラミロン粉末を加えたエサを27日間経口摂取させ、肝臓の線維化への影響を測定しました。その結果、ユーグレナ粉末又はパラミロン粉末を加えたエサを摂取したマウスは、通常のエサのみを摂取したマウスよりも肝臓の線維化が有意に抑制されたことを確認しました。

株式会社ユーグレナが行なったマウスの実験によれば、ユーグレナ(ミドリムシ)の粉末やユーグレナ特有の成分であるパラミロンの粉末を加えたエサを27日間経口摂取させたところ、肝硬変や肝臓がんの発症につながる恐れのある非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)による肝臓の線維化が抑制されたそうです。

ミドリムシ(ユーグレナ)の健康への期待|パラミロンと59種類の栄養素(必須アミノ酸やビタミン類)によれば、パラミロンとは、多糖類のうちヒトが消化できない物質で、微細藻類ユーグレナ(ミドリムシ)だけに存在するといわれており、表面にミクロの孔がたくさんあり異物を吸収する性質があるといわれています。

今回の研究では、ユーグレナの継続摂取によりNASHによる肝線維化が抑制されるという研究結果が出ていますが、なぜ肝線維化が抑制されているのかまではわかっていないようです。







【ユーグレナ 関連記事】
続きを読む ユーグレナの継続摂取によりNASH(非アルコール性脂肪性肝炎)による肝臓の線維化の抑制