「妊娠」タグアーカイブ

妊娠中の喫煙、子どもの動脈を損傷する可能性=研究

妊娠中の喫煙、子どもの動脈を損傷する可能性=研究 (2008/11/20、ロイター)

妊娠中の喫煙により子どもの動脈に損傷が生じる確率が高まり、心臓発作や卒中になりやすくする可能性があると、オランダの研究者らが19日発表した。

妊娠中の喫煙についてはこれまでにも、出生時の低体重など幾つかの健康リスクが研究で確認されている。

妊娠中の喫煙は、子供の動脈を損傷する可能性があり、それによって心臓発作や脳卒中になりやすくなる可能性があるようです。

子供の健康のためにも、禁煙しましょう。

【関連記事】

  • 妊娠中の喫煙が胎児の心肺機能低下させる
  • ダイエット歴が妊娠中の体重増加に関連

妊娠中の喫煙が胎児の心肺機能の低下を引き起こし、『乳幼児突然死症候群』のリスクを高める

Not just a cigarette...

by Stefano Corso(画像:Creative Commons))




妊娠中の喫煙が胎児の心肺機能低下させる

喫煙は、喫煙者自身の健康(肺がんなど)に影響を与えるだけでなく、副流煙によって、周りの人の健康にも害を及ぼすといわれています。

もちろんこのことは妊婦にも当てはまります。

そして、さらに、妊婦の喫煙は、胎児の健康にも影響を与えます。

妊娠中の喫煙が胎児の心肺機能低下させると発表

(2008/11/17、アメーバニュース)

さらに妊婦の喫煙は、母体中の胎児にも影響を与え、早産や低出生体重を起こす恐れも各種研究から指摘されている。

さらに最近の研究により、妊娠中の喫煙がお腹の中にいる子の心肺機能の低下を引き起こし、『乳幼児突然死症候群』のリスクを高めることが明らかになった。

最近の研究によれば、妊娠中の喫煙が胎児の心肺機能の低下を引き起こし、『乳幼児突然死症候群』のリスクを高めることが明らかになったそうです。

妊婦の喫煙は胎児のDNAに科学的変化を与え、子どもを危険にさらす恐れによれば、妊婦による喫煙は、発育中の胎児のDNAに科学的な変化を生じさせ、子どもを危険にさらす恐れがあるそうです。

自身の健康だけでなく、おなかにいる子供の健康のためにも、たばこの喫煙はおすすめできないようです。







ダイエット歴が妊娠中の体重増加に関連

ダイエット歴が妊娠中の体重増加に関連(2008/10/16、健康美容EXPOニュース)

ダイエットや食事制限の経験のある女性は、妊娠中の体重増加量が多過ぎるか、あるいは少な過ぎたりすることが、米ノースカロライナ大学の新しい研究によって明らかにされた。

ダイエット歴が妊娠中の体重増加にまで関連するとは驚きです。