カテゴリー別アーカイブ: 未分類

正しい呼吸法にするためのストレッチ方法で肺機能若返り|#林修の今でしょ講座

2016年3月1日放送の林修の今でしょ講座では「正しい呼吸法」について取り上げました。




【目次】

■悪い呼吸法

Surprise!

by Tetsumo(画像:Creative Commons)

悪い呼吸法とは、浅い呼吸と口呼吸です。

浅い呼吸になると、酸素の量が少ないので、血行が悪くなってしまい、疲れやすくなったり、肩こりがひどくなったりするそうです。

また、脂肪を燃焼するリパーゼも酸素とくっつくことで脂肪を燃焼するのですが、浅い呼吸となり酸素が少ないと、痩せにくくなってしまうそうです。

浅い呼吸になる原因には、長時間のスマホや長時間のデスクワークなどで、そうした姿勢、つまり猫背になると肺が圧迫されてしまい、浅い呼吸になってしまいます。

口呼吸が悪い呼吸である理由は、口呼吸になると2つのフィルターが働かなくなることで、免疫力が低下してしまうためです。

1.鼻毛はゴミ(ほこり・粉塵)や細菌、ウイルスなどをブロックしていますが、口呼吸だとこのフィルター機能が働きません。

2.のどにある繊毛(せんもう)がウイルスや細菌からブロックしていますが、口呼吸だと乾燥してしまい、この機能が低下してしまいます。




■正しい呼吸法にするためのストレッチ

良い呼吸をするためには横隔膜などの肺の筋肉をストレッチすることが重要です。

1.両手を頭の後ろで組んで、3秒間鼻で息を吸います。

2.手を頭の上に伸ばしながら、口で6秒かけて息を吐きます。

※1日10回2セット







【関連記事】
続きを読む 正しい呼吸法にするためのストレッチ方法で肺機能若返り|#林修の今でしょ講座

犬が熱中症対策に使う保冷剤を誤飲するとエチレングリコール中毒の危険性がある!?

> 病気・症状 > 熱中症 > 犬が熱中症対策に使う保冷剤を誤飲するとエチレングリコール中毒の危険性がある!?




■犬が熱中症対策に使う保冷剤を誤飲するとエチレングリコール中毒の危険性がある!?

_MG_1335.jpg

by Lluis Satorre Gonzalez(画像:Creative Commons)

犬は体温調節が苦手なため、暑さには要注意です。

【関連記事】

そのために犬の熱中症対策はしっかりと行っていただきたいものです。

しかし、犬を熱中症対策に保冷剤を使用する場合には注意が必要なのだそうです。

凍らせても固まらないタイプの保冷剤にはエチレングリコールが入っています。

遊んでいる間に噛んで中身が出ると、エチレングリコールの甘い味に誘われて食べてしまい、中毒をおこし、腎不全になり死に至るそうです。







【関連記事】
続きを読む 犬が熱中症対策に使う保冷剤を誤飲するとエチレングリコール中毒の危険性がある!?

夏におすすめの昼食は「蕎麦」




■夏におすすめの昼食は「蕎麦」

蕎麦

by hiro(画像:Creative Commons)

暑い時期だからこそきちんと食べたい昼食

(2012/7/12、ダイアモンド)

脳は体のなかで一番エネルギーを消費する場所です。

頭脳を使えば当然エネルギーが消費されます。

午後からの仕事のためにも、昼食は消化がよく、エネルギーと代謝が促進されるビタミンやミネラルが豊富なものを選ぶといいですね。

暑い夏になると食欲が落ちてくるもの。

だからといって、昼食を抜いては午後からの仕事にも力が入りません。

記事では、昼食には、消化がよく、エネルギーと代謝が促進されるビタミンやミネラルが豊富なものを選ぶと良いと紹介されています。

では、具体的にどんなものがオススメなのでしょうか?

夏にお薦めの昼食は、そばです。

そばは消化がよく、体の熱も取り除きます。これにタンパク質とビタミン、ミネラルが豊富なものを一緒に取りましょう。

消化の良いお蕎麦にタンパク質・ビタミン・ミネラルが摂れる納豆やわかめ、山芋、ごま、卵をトッピングとして加えると良いそうです。

お蕎麦を食べて、夏バテなんて吹き飛ばしましょう!







【関連記事】
続きを読む 夏におすすめの昼食は「蕎麦」

キクラゲのビタミンDで風邪対策|ビタミンDの濃度が高い人は死亡率が低く、寿命が延びる

2015年10月6日放送の林修の今でしょ!講座のテーマは「体の悩みを解消する最強の秋野菜ベスト6」でした。




第4位 キクラゲ(カゼ対策)

jelly ear mushrooms

by Wendell Smith(画像:Creative Commons)

「きくらげ」に含まれているビタミンDの濃度が高い人は死亡率が低く、寿命が延びるという研究結果が出ているそうです。

ビタミンD3は癌リスク低下に不可欠/カリフォルニア大 サンディエゴ校

(2005/12/7、アメリカ国立癌研究所)

カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)医療センターのMoores がんセンターの癌予防専門家によれば、毎日1,000IUビタミンD3を摂取すると、大腸癌、乳癌、および卵巣癌など特定の癌の発症リスクを最大50%まで下げられる。

ビタミンDの含有量はあらゆる食べ物の中でキクラゲはトップクラス。

キクラゲに含まれているビタミンDを増加させる方法は、日光に当てる。

おすすめレシピは「キクラゲの中華風炒めシラス入り」。

キクラゲとシラスの組み合わせは、骨を強くしたり心臓の働きを助けてくれるそうです。







【林修の今でしょ講座】体の悩みを解消する秋野菜ベスト6|10月6日
続きを読む キクラゲのビタミンDで風邪対策|ビタミンDの濃度が高い人は死亡率が低く、寿命が延びる

あなたのクセが姿勢を崩し体調不良の原因に!?|テーブルに肘を付く・頬杖をつく・猫背

自分が持つクセが姿勢を崩す要因となり、またそれが体調不良の原因になる恐れがあります。




■テーブルに肘を付くクセ・頬杖をつくクセ

HA1-000380

by We have moved! Please visit /highwaysengland(画像:Creative Commons)

あなたが知らない危ないクセ|ホンマでっかTV 9月4日

■テーブルに肘を付くクセは老化のサイン?

姿勢は基本的に前かがみ→背中側の筋肉(脊柱起立筋)で支えている

老化してくると、肘で支えようとする

■頬杖をつくのも筋肉が老化している証拠

姿勢による筋肉の活動量の違い

真っ直ぐな姿勢 全力の約10%

丸まった姿勢 全力の約0%

背骨が湾曲した状態

人体など関節への負担が増す

肘をついていたり、頬杖をついているのに気づいた時、良い姿勢を意識するようにすると、自然と改善されると思います。

 

■猫背

●デスクワーク時のアゴ出し猫背の姿勢

体の悩み解消術(肩こり・腰痛・ひじ痛・猫背)|ホンマでっかTV 1月23日

■頭が2.5cm前に出るごとに首の負担4kg増加!?

デスクワーカーは頭が平均7.5cm前に

■デスクワーク時首の負担ペットボトル500ml約30本分!?

【首こり・肩こり解消法】

・舌先3分の1を上の歯の裏側に吸盤の様につける

舌が遊んでる→頭は前に出る

舌を歯の裏側に→頭が前に出ない

日本人は猫背になりやすい!?

■猫背が引き起こす体の不調

肩こり

頭痛

腰痛

・疲れやすい

便秘

・めまい

・不眠

なぜ猫背はこうした体の不調を引き起こすのでしょうか。?

私たちの頭の重さは、約5kgほどあります。

その重さを支えている首や肩は、姿勢が正しければほぼ負担がかかりませんが、猫背で姿勢が悪いと重さに耐えきれず凝り固まってしまいます。

姿勢が正しければ首や肩への負担はかからないものの、猫背で姿勢が悪いと、頭の重さを支えきらずに首や肩がこってしまい、疲れやめまい、不眠などの原因にもなるようです。

それだけではなく、デスクワークで腰が丸くなった姿勢を長時間とる人は、お腹が圧迫されて腸が歪み、栄養の吸収が悪くなり、便秘になるという悪循環を引き起こすこともあります。

現代人の生活(デスクワーク・パソコン・ケータイなど)は前かがみ・下向きになりやすい生活をしています。

そうした姿勢を長時間続けていると、おなかが圧迫されてしまい、腸が歪んでしまうことが考えられるそうです。

日本人は猫背になりやすい!?によれば、猫背を改善する方法とは、意識的にアゴを引くというものです。

常に首や肩の凝りに悩んでいる人、頭痛がひどい人は、一度猫背になっていないかチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

■スマホの使いすぎ

スマホの使い過ぎでアゴがたるむ「スマホ顔」とは?

「ほんの少しでも顔を下に向けてiPhoneなどを操作していると、アゴ部分に重力がかかって口の周りが下に引っ張られます。その姿勢が何時間も続くことで顔の皮膚は確実に下がり、『スマホ顔』になってしまうのです」ウッドフォード・メディカルのマーヴィン・パターソン医師は言う。

 

スマートフォン使用で体を痛める人が増加

専門家たちは、手の損傷だけでなく、小さい画面を長時間前かがみになってのぞき込む姿勢にも問題があると指摘する。

「人間の頭部の平均重量は4.5~5.5キログラム」とハッチフル氏。

耳から肩、そして腰、ひざ、足首まで一直線に垂直になるのが「体重が効果的に支えられる」理想的な姿勢だという。

だが、スクリーンを眺めるために頭部がいつも前かがみになっていると、姿勢の悪さから、頭部が最大で4倍重く感じられ、体全体に負担がかかることになる。

「テキスト・ネック」は、英国の勤労者の50人に1人がかかっている反復運動過多損傷(RSI)の1つだ。

筋肉やけん、神経などを損傷する症状で、特に首と上肢に多く、長時間コンピューターやPCのマウス操作をする人がかかりやすい。

スマホ症候群チェックをして、スマホの利用時間をチェックしてみましょう。







P.S.
続きを読む あなたのクセが姿勢を崩し体調不良の原因に!?|テーブルに肘を付く・頬杖をつく・猫背