「未分類」カテゴリーアーカイブ

食欲が落ちる夏におすすめの昼食は「蕎麦」!|消化吸収に良いそば+トッピングで夏の疲れ予防をしよう!




■夏におすすめの昼食は「蕎麦」

蕎麦

by hiro(画像:Creative Commons)

暑い時期だからこそきちんと食べたい昼食

(2012/7/12、ダイアモンド)

脳は体のなかで一番エネルギーを消費する場所です。

頭脳を使えば当然エネルギーが消費されます。

午後からの仕事のためにも、昼食は消化がよく、エネルギーと代謝が促進されるビタミンやミネラルが豊富なものを選ぶといいですね。

暑い夏になると食欲が落ちてくるもの。

だからといって、昼食を抜いては午後からの仕事にも力が入りません。

記事では、昼食には、消化がよく、エネルギーと代謝が促進されるビタミンやミネラルが豊富なものを選ぶと良いと紹介されています。

では、具体的にどんなものがオススメなのでしょうか?

夏にお薦めの昼食は、そばです。

そばは消化がよく、体の熱も取り除きます。これにタンパク質とビタミン、ミネラルが豊富なものを一緒に取りましょう。

消化の良いお蕎麦にタンパク質・ビタミン・ミネラルが摂れる納豆やわかめ、山芋、ごま、卵をトッピングとして加えると良いそうです。

【関連記事】

お蕎麦を食べて、夏バテなんて吹き飛ばしましょう!







【関連記事】
続きを読む 食欲が落ちる夏におすすめの昼食は「蕎麦」!|消化吸収に良いそば+トッピングで夏の疲れ予防をしよう!

9月はアメリカにおけるコレステロール教育月間

健康・美容チェック > コレステロール > 9月はアメリカにおけるコレステロール教育月間




Some people might have thought that using French Toast to sandwich a Monte Cristo was excessive, but those people have yet to eat at the Studio Diner in San Diego, CA.

by eric molina(画像:Creative Commons)

コレステロール値が高いのは遺伝かもしれない? 日本の200~500人に1人は家族性高コレステロール血症(FH)です 

(2015/9/15、ハフィントンポスト)

9月は米国におけるコレステロール教育月間だということを皆さんご存知でしょうか?
米国保健福祉省の機関である疾病対策センターは、このコレステロール教育月間という機会に、自身の血液検査によって、コレステロール値が高いのか低いのかを把握し、どのような食生活やライフスタイルをとるべきか、ゴールを設定するように呼びかけています。

9月はアメリカにおけるコレステロール教育月間なのだそうです。

コレステロールに関しては、生活習慣病を予防するためにコレステロール(特に悪玉コレステロール)を下げるにはどのようにしたらよいかを伝えるテレビ番組がある一方で、コレステロールの摂取制限は必要ないという提言が行われていたりと、様々な議論が起きています。

【関連記事】

それぞれの立場から意見を言われるので、果たしてどの情報を信用したらよいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

一度コレステロールの関係者が一堂に会して、現時点でのコレステロール議論に関しての結論をまとめていただくと助かります。

■コレステロールとは

コレステロールには次のような役割があります。

●細胞膜を作る

細胞は、細胞膜におおわれていて、細胞膜を通じて物質の出し入れを行なっているのですが、細胞膜は細胞内部を保護しながら、なおかつ細胞外にある物質やエネルギーの出入りをさせなければならないという実に繊細な作業を行う必要があります。

コレステロールはその膜の流動性を調節する働きを果たしています。

●ホルモンの原材料

コレステロールは副腎で作られる副腎皮質ホルモンや睾丸で作られる男性ホルモンのアンドロゲン、卵巣で作られる女性ホルモンのエストロゲン、胎盤で作られる黄体ホルモンのプロゲステロンなどのホルモンの原材料になります。

●栄養分の分解・栄養を吸収する胆汁酸の原材料

栄養分の分解・栄養を吸収する胆汁酸は肝臓でコレステロールから作られています。

コレステロールと聞くと、悪者というイメージがある人も多いと思いますが、コレステロールそのものが悪いわけではありません。

コレステロールにはHDLコレステロール(善玉コレステロール)、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)があり、それぞれが身体にとって重要な役割を果たしています。

ただ、脂肪の多い食事やカロリーの摂りすぎで必要以上に肝臓からコレステロールを作り出してしまったり、またコレステロールの摂りすぎで、コレステロールのバランスが崩れて血中コレステロール値が高くなってしまい、高コレステロール血症や動脈硬化などの病気を引き起こしている方が増えています。

●コレステロール値の基準値

総コレステロール値 240mg/dl以上が治療域

LDLコレステロール(悪玉コレステロール)値 140mg/dl以上が治療域

HDLコレステロール(善玉コレステロール)値 40mg/dl未満が治療域

■LDLコレステロール値を下げる方法

タウリンを含む食べ物

肝臓機能が強くなければ、LDLコレステロールを処理することはできません。

肝臓の機能が低下すると、コレステロールは処理できなくなり、血液中に溜まってしまい、動脈硬化や高コレステロール血症などを引き起こしてしまうのです。

肝臓機能をアップさせる食品は、タウリンを含む食品です。

タウリンとは、カキ・イカ・ホタテなど魚介類に多く含まれる成分です。

肝機能をアップさせ、コレステロール処理能力を高める働きを持っています。

魚介類の食事で肝臓機能をアップさせましょう。

→ タウリンを多く含む食品 についてはこちら。

タウリンサプリ通販

今なら最大18%引きの夏のボーナスセール中!

食物繊維の多い食べ物

食物繊維には、コレステロールの低減に役立つ効果があるので、食物繊維が豊富な食品を摂取しましょう。

→ 食物繊維の多い食品 について詳しくはこちら

大豆製品

大豆に含まれるレシチン・イソフラボンなどが悪玉コレステロールを下げる働きがあるそうです。

大豆レシチンを摂るには、『豆腐』を1日半丁食べるとよいそうです。

植物油

植物油には、コレステロールを抑える働きがあります。

HDLコレステロールが低く、中性脂肪が高いと真の悪玉である酸化LDLコレステロールが増えてくるといわれています。

マーガリンやショートニング、ファストフードや総菜などの揚げ油もできるだけ控えるようにして、中性脂肪に気を付けたいですね。

→ 中性脂肪を減らす方法(食事・運動・サプリメント) について詳しくはこちら

ヨーグルト(乳酸菌)

毎日乳酸菌を摂っていた人は、悪玉コレステロールが減少し、総コレステロール値も下がったそうです。

→ 乳酸菌の多い食品 について詳しくはこちら

【関連記事】

りんご

オハイオ州立大学の調査によれば、毎日りんごを食べると1ヶ月で悪玉コレステロールが40%減少することがわかったそうです。

【関連記事】

オメガ3を含む食べ物

悪玉コレステロールを減らす食事として、オメガ3脂肪酸DHA・EPA)の多い食事にしましょう。

→ オメガ3脂肪酸|オメガ3の効能・効果・食べ物・オメガ3ダイエット について詳しくはこちら

オメガ3サプリ通販

1万円以上のご購入で送料無料!

→ LDLコレステロール(悪玉コレステロール)を減らすには について詳しくはこちら

悪玉コレステロールを下げる食品ニュース

→ コレステロールとは|コレステロール値を下げる食品・食事 について詳しくはこちら

→ 悪玉コレステロールを減らす方法|LDLコレステロールを下げる食品・食事 について詳しくはこちら







■コレステロール関連ワード
続きを読む 9月はアメリカにおけるコレステロール教育月間

「電車 冷房 効き過ぎ」というツイート数が増加した日と前日の気温の高さに関連性がある!?

Rush Hour on the JR Line

by Bit Boy(画像:Creative Commons)




■「電車 冷房 効き過ぎ」というツイート数が増加した日と前日の気温の高さに関連性がある!?

Yahoo!リアルタイム検索で「電車 冷房 効きすぎ」などのワードでツイート数が増えた当日と前日の気温(東京都心)を調べてみると、前日が暑かったという共通の特徴があったそうです。

ここからは推測になりますが、前日の気温の高さで服装を軽装にしたところ、当日は前日ほど暑くなかった場合は寒さを感じやすいため、「電車 冷房 効きすぎ」という内容のツイートをしてしまうのではないでしょうか?

今の時期は朝夕と昼間の寒暖差が大きく、また電車やオフィスの冷房が効きすぎることで、自律神経が乱れ、体調を崩す恐れがあるので、調整しやすい服装にしましょう。

→ 冷房病の症状・原因・対策 について詳しくはこちら

→ 熱中症の症状・対策・予防 について詳しくはこちら

→ 夏バテの症状・予防・食事・原因 について詳しくはこちら

【自律神経 関連記事】

【参考リンク】

【ツイート関連記事】







P.S.

電車内の温度設定はどのように行われているのでしょうか?

毎日温度設定を変更しているのであれば、もしかすると、前日の体感気温の影響を受けて、温度調節をしてしまい、電車内の冷房が効き過ぎてしまうということもあるかもしれません。

怒りの感情を自分の夢を叶える力に変える

grouch

by greg westfall(画像:Creative Commons)




怒りのスイッチは、仕事のスイッチにもなる

(2014/5/15、ライフハッカー)

感情知性の専門家であり、『Step Up: Lead in Six Moments That Matter』の著者であるヘンリー・エヴァンス氏とコルム・フォスター氏が実施した研究によると、高い業績を残す人やチームほど、感情全体の力を利用し、それを口に出す傾向にあるそうです

97%の大学生が場の空気を読んで、自分の意見を言わないことがある!?でも書きましたが、相手に合わせていることや空気を読むということは、素直な自分を隠しているということであり、また自分が自身の意見をいう事で相手が気分を害するかもしれないと考えているということは相手のことを信用していないとも言えると思います。

感情を出してもいいというチームというのは、それだけお互いに対して信頼があるとも言えるのではないでしょうか。

 

■怒りの感情を仕事に活かす

エヴァンス氏とフォスター氏は、怒りという感情はうまく活用し、管理できれば、良い方向に役立てることができると言います。なぜなら、そうすることで、次の2点の活動を強化することができるからです。

●怒りの感情は、集中力を高める。怒りの感情によって、1つのことに集中しやすくなります。注意が散漫になりません。複数の仕事を同時に進めたくなくなります。自分に見えるものは、ただ目の前のものだけ。このように高いレベルの集中力は、非常に大きな力を発揮します。

●怒りの感情は、自信を高める。怒りの感情によって、アドレナリンのレベルが高まり、感覚が研ぎすまされ、不安が軽減されます。ある程度のレベルの怒りは、何かを始める良いきっかけを生み出します。

人間は大なり小なりイライラしたり、怒ったりすることがあるかと思います。

特に思春期ですよね。

なんだかわからないけどいつも苛立っていたり、破壊衝動に襲われたりします。

でもほとんどの人はイライラの原因を正当化せず、そこで踏みとどまって我慢する。

そこで我慢出来た人が大人になっていく。

そして、その我慢したエネルギーをどういう方向に活かすかによって世界は変わってくるのではないでしょうか。

感情というのは爆発的な力を持っているので、それをぜひ自分の夢を叶える力にしたいですね。

【おすすめ記事】

甲本ヒロトの受け身

(2014/5/12、てれびのスキマ)

今回の記事はこの記事の影響を大きく受けていますので、ぜひ読んでみてください。







砂糖を最大4割減らしてチョコレートを生産する方法を発見 今後段階的に砂糖の使用を減らしていく方針|#ネスレ




■砂糖を最大4割減らしてチョコレートを生産する方法を発見 今後段階的に砂糖の使用を減らしていく方針|#ネスレ

Aero Chocolate

by LearningLark(画像:Creative Commons)

「甘~いチョコ」、砂糖4割減でも作る方法発見-ネスレ、特許取得へ

(2016/12/1、Bloomber)

ネスレのステファン・カツィカス最高技術責任者(CTO)によると、同社が開発したプロセスは砂糖の構造を変化させ、それによって少量でも一段と甘く感じられる。

ネスレは砂糖を最大4割減らしてチョコレートを生産する方法を発見したと発表し、今後段階的に砂糖の使用を減らしていく方針なのだそうです。

【参考リンク】




■砂糖と健康問題

WHOが体重の増加による肥満の数が増加傾向にあることや虫歯など健康上のリスクを防ぐため「一日の糖類25グラムまで」とする新指針を2015年に正式決定しました。

【関連記事】

世界全体で肥満の数は増加しており、また肥満は、糖尿病脂肪肝高血圧などの生活習慣病だけでなく、脳卒中、心疾患、そして腰痛などのケガの原因になっています。

そして、医療費もそれに合わせて増加しています。

砂糖入り飲料を習慣的に飲むと糖尿病リスクが上昇する!?によれば、英・ケンブリッジ大学の今村文昭氏らの大規模な調査によれば、砂糖入り飲料を習慣的に飲むことで糖尿病のリスクが高くなることがわかったそうです。

徳島県が糖尿病死亡率最下位脱出|徳島県はどんな糖尿病対策を行なったのか?で紹介した徳島大学大学院心臓血管病態医学分野の島袋充生特任教授によれば、徳島県が糖尿病死亡率が高い理由として、「肥満」と「糖質摂取」を挙げており、食習慣として、ご飯に砂糖をかけて食べたり、饅頭のあんこの量が全国的にも多いなど「甘党」であることが関係しているようです。

アメリカの炭酸飲料離れ 10年連続で販売量減|健康志向の高まり(2015/3/30)によれば、健康志向の高まりが影響しているのでしょうか、アメリカでの炭酸飲料の販売量が10年連続で減少しているそうです。

アメリカの2〜5歳の子供の肥満率が低下によれば、子供の肥満率が減少した理由として、CDCは、理由は明確ではないとしながらも、食生活の改善や運動、糖分の多い飲料を控える傾向などが寄与しているとの見方を示しています。

■まとめ

世界各国で健康問題の解決と税収アップのために、ジャンクフードやソフトドリンクに対して税金をかける動きが広がっていますが、今回ネスレが発表した技術は会社にとっての切り札になるだけではなく、健康問題を解決する一つの方法といえるかもしれません。







【肥満 関連記事】
続きを読む 砂糖を最大4割減らしてチョコレートを生産する方法を発見 今後段階的に砂糖の使用を減らしていく方針|#ネスレ