「くも膜下出血」タグアーカイブ

循環器疾患リスクチェック|心筋梗塞・脳卒中(脳梗塞・脳内出血・くも膜下出血)の発症リスクを診断・血管年齢の推定|国立がん研究センター・第一生命保険

> 健康・美容チェック > 心筋梗塞 > 循環器疾患リスクチェック|心筋梗塞・脳卒中(脳梗塞・脳内出血・くも膜下出血)の発症リスクを診断・血管年齢の推定|国立がん研究センター・第一生命保険




【目次】

■循環器疾患リスクチェック|心筋梗塞や脳梗塞の10年先の発症リスクがわかる

循環器疾患リスクチェック|心筋梗塞・脳卒中(脳梗塞・脳内出血・くも膜下出血)の発症リスクを診断・血管年齢の推定|国立がん研究センター・第一生命保険
循環器疾患リスクチェック|心筋梗塞・脳卒中(脳梗塞・脳内出血・くも膜下出血)の発症リスクを診断・血管年齢の推定|国立がん研究センター・第一生命保険

参考画像:国立がん研究センターとの共同研究によるリスクチェックツールの提供(2017/5/19、第一生命)|スクリーンショット

国立がん研究センターとの共同研究によるリスクチェックツールの提供

(2017/5/19、第一生命)

同センターのホームページ上で健康状態や生活習慣を入力いただくことで、今後 10 年間の循環器疾患(心筋梗塞・脳梗塞・脳卒中)の発症リスクを診断します。

第一生命が取り組む「InsTech」とは?|保険(Insurance)とテクノロジー(Technology)|医療ビッグデータの解析・健康な人ほど得をする保険商品の開発を以前取り上げましたが、第一生命保険株式会社は、国立がん研究センターと「医療ビッグデータ」活用の共同研究を開始し、その研究成果の第一弾として、「循環器疾患リスクチェックツール」を公開しました。

循環器疾患リスクチェック|心筋梗塞や脳梗塞の10年先の発症リスクがわかる|国立がん研究センターや藤田保健衛生大など(2016/5/24)によれば、同様のリスクチェックツールが提供されており、、現在40~69歳で、今まで心筋梗塞・脳卒中を発症したことがない方が、 今後10年間に心筋梗塞脳梗塞脳卒中を発症する確率を健康診断のデータを入力するだけで予測する手法が開発しています。

循環器疾患の発症リスク増加に影響を与える因子ごとに、一人ひとりの健康状態や生活習慣(運動、食事、喫煙、飲酒等)に沿った約 500 万パターンの具体的な健康改善アドバイスをご用意しており、広く疾病予防・健康増進にお役立ていただける公益性の高いツールとなっています。

今回のポイントは、健康状態や生活習慣についての質問に答えて、循環器疾患(心筋梗塞・脳梗塞・脳卒中)の発症リスクを診断するまでは同じですが、第一生命が生命保険事業を通じて得た保険医学の知見に基づき、一人ひとりの健康状態や生活習慣に合わせた発症リスクの軽減・予防、健康増進に役立つ効果的なアドバイスを提供するという点です。

入力項目は次の通り。

※LDLコレステロールと中性脂肪の値がわからない時は、総コレステロールの値で代用できるそうです。

つまり、この入力項目が心筋梗塞や脳梗塞のリスクに関わる要因であるということですよね。

循環器疾患リスクチェック|国立がん研究センター

循環器疾患としては、脳梗塞、心筋梗塞の他、脳梗塞と脳内出血、くも膜下出血を合わせた脳卒中の3つの疾患群のリスクを予測します。さらに、脳卒中の発症リスクをもとに、あなたの「血管年齢」も同時に推定し、血管も加齢している事実を分かりやすく示しました。

この循環器疾患リスクチェックでは、脳梗塞、心筋梗塞、脳卒中(脳梗塞・脳内出血・くも膜下出血)のリスクを予測し、血管年齢も推定するそうです。




【関連記事】

■心筋梗塞や脳梗塞のリスク要因

心筋梗塞や脳梗塞の原因は動脈硬化が進行することや血管内のプラークと呼ばれる脂肪などの固まりが破れて血栓ができてしまうことにあります。

動脈硬化は、動脈硬化の危険因子である高血圧脂質異常症高脂血症)、糖尿病、肥満、喫煙、運動不足、偏った栄養バランスの食事、アルコール、加齢、ストレスの有無などについて確認し、生活習慣を見直し、予防することが大切です。

動脈硬化は加齢とともに進行するため、一種の老化現象ともいえます。

しかし、動脈硬化は、急にあらわれるわけではなく、若いころから始まり、40歳を過ぎる頃に症状があらわれてくることが多いとのことです。

若いからといって安心してよいわけでなく、若いうちから動脈硬化にならないようにする生活習慣に変える必要があります。

■まとめ

健康診断のデータを入力するだけで今後10年間の心筋梗塞、脳梗塞、脳卒中の発症リスクを予測する手法が開発されましたので、みなさんもぜひ一度チェックしてみましょう。

→ 循環器疾患リスクチェック|国立がん研究センター(https://epi.ncc.go.jp/riskcheck/circulatory/) について詳しくはこちら

→ 心筋梗塞の症状・原因・前兆・予防 について詳しくはこちら

→ 脳梗塞の症状・原因・予防 について詳しくはこちら

→ 脳卒中の前兆・原因・予防 について詳しくはこちら







【関連記事】
続きを読む 循環器疾患リスクチェック|心筋梗塞・脳卒中(脳梗塞・脳内出血・くも膜下出血)の発症リスクを診断・血管年齢の推定|国立がん研究センター・第一生命保険

台風19号の予想ルートが3連休に日本列島に上陸するルート!気圧の変化に弱い気象病の人は無理をしないで!

■気象病とは?

Typhoon, Me and the rising water

by Stephen Wheeler(画像:Creative Commons)

台風が近づくとクモ膜下出血・ぜんそく発作が起こりやすい?|#ホンマでっかTV

#逃げ恥 #逃げるは恥だが役に立つ #星野源 さんが乗り越えた「くも膜下出血」とは?

健康・美容チェック > 脳卒中 > 紅白初出場!星野源さんが乗り越えた「くも膜下出血」とは?

【目次】




■#逃げ恥 #逃げるは恥だが役に立つ #星野源 さんが乗り越えた「くも膜下出血」とは?

gen_hoshino

参考画像:星野 源 – SUN【MUSIC VIDEO & 特典DVD予告編】|YouTubeスクリーンショット

星野源くも膜下出血乗り越え紅白初出場

(2015/11/27、デイリースポーツ)

シンガー・ソングライターの星野源(34)は、くも膜下出血から奇跡の復活を遂げた末の初出場を素直に喜んだ。2012年に緊急手術を受け、一度は復帰しながら13年6月に再び活動休止。約半年の闘病生活を過ごした。

TBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)」に出演中の星野源さんはくも膜下出血から復活を遂げて2015年の紅白歌合戦に初出場しました。

くも膜下出血とはいったいどのような病気なのでしょうか。

■くも膜下出血とは

くも膜下出血の前兆・前駆症状・症状・原因とはによれば、くも膜下出血とは、脳を覆うくも膜と軟膜のすき間に出血を起こす病気で、多くは脳の動脈にできた動脈瘤(りゅう)が破裂して起こります。




くも膜下出血の症状

くも膜下出血の症状の特徴は次の通り。

  • 脳の表面に出血が起こり、致死率が高い
  • 突然の激しい頭痛
  • 吐き気・嘔吐
  • 意識障害(意識の混濁)
  • 両手両足の運動障害(麻痺)

くも膜下出血の前兆・前駆症状・症状・原因とは

その頭痛がいつから始まったかわかる

頭痛の原因は分からない

吐き気を伴うような頭痛である

冷や汗を伴うような頭痛である

意識を失ったりもうろうとしたりする

ものが二重に見えたり、手足が麻痺したりする

くも膜下出血の前兆・前駆症状

くも膜下出血の患者の半分は1週間ほど前に前駆症状(ある病気の特徴的な症状が出る前に症状)という前兆の頭痛が出るそうで、その場合は検査で発見できることが多いそうです。

■くも膜下出血の原因

くも膜下出血の前兆・前駆症状・症状・原因とはによれば、くも膜下出血の原因となる動脈瘤がなぜ出来るのか、いつ破裂しやすいかはわかっておらず、予防が難しいのだそうです。

■くも膜下出血の治療法

くも膜下出血の前兆・前駆症状・症状・原因とはによれば、出血が起きてしまうと、再び破裂しないようにするための手術しか治療法はないそうです。

その場合、動脈瘤の根元をクリップで挟んで血液が入らないようにする方法と、カテーテルを使って動脈瘤の内部を詰める方法の2種類があるが、意識が戻らない重症者の手術は難しいそうです。

■くも膜下出血の予防

くも膜下出血を起こさないようにするには、次の点に気を付けましょう。

  • 喫煙や大量の飲酒を避ける
  • 高血圧にならないようにする
  • 家族にくも膜下出血を起こした患者がいる人は危険因子が高い
  • 脳ドック
    出血すると3分の1が死亡、3分の1が社会復帰が難しいという現状からすれば、くも膜下出血の発症リスクの高い40~50代は一度脳ドックを受け、MRIやCTで脳の写真を撮ったほうがいいかもしれません。
    森田部長(NTT東日本関東病院脳神経外科)によれば、人間ドックの受診者の約3%に動脈瘤が見つかるそうです。
■まとめ

くも膜下出血についてまとめてみると、星野源さんが復活したというのはすごいことだなと改めて思います。

復帰後、音楽が変わったように思うのですが、病気を乗り越えたことで考えが変わったのかもしれませんね。

星野 源 4th アルバム『YELLOW DANCER』よりWeek Endのミュージックビデオに出てくる言葉で最後の締めをしたいと思います。

未来を、踊ろう。







【くも膜下出血関連記事】

横山だいすけお兄さん、結膜下出血を報告するもくも膜下出血と勘違いされてしまう!?

健康・美容チェック > 目の病気 > 横山だいすけお兄さん、結膜下出血を報告するもくも膜下出血と勘違いされてしまう!?




【目次】

■横山だいすけお兄さん、結膜下出血を報告するもくも膜下出血と勘違いされてしまう!?

All Seeing Eye

by Dani Mettler(画像:Creative Commons)

春を感じました♪

(2018/3/29、横山だいすけオフィシャルブログ)

人生初の…結膜下出血というものになってしまいましたΣ(゚д゚lll)

心配ないさーーーー!!!

(2018/3/30、横山だいすけオフィシャルブログ)

ブログ見てくれたみんなパッと見たときに、くも膜下出血!!?
とビックリしちゃいましたよね…

あの…結膜下出血は見た目が痛々しいけど、身体はすごく元気なので(๑´ㅂ`๑)

『おかあさんといっしょ』(NHK)の「うたのお兄さん」として有名な横山だいすけさんがブログで「結膜下出血」になったと報告したところ、くも膜下出血と勘違いをした読者・ファンの心配の声が殺到したため、翌日のブログで改めて報告したことが話題になっています。

■結膜下出血とは?

充血(目の充血)と出血(結膜下出血)の違い・特徴とは?によれば、結膜下出血とは、結膜の下の血管が破れて、血液で目がべたっと赤くなる目の病気です。

たるんだ結膜によって目がゴロゴロするといった症状を「結膜弛緩症(けつまくしかんしょう)」といいますが、この結膜弛緩症になると、血管が曲がり、出血しやすくなるそうです。

また、血圧が高い人や脳梗塞の経験があって血液を固まりにくくする薬を服用している人も出血しやすいそうです。

■くも膜下出血とは?

くも膜下出血の前兆・前駆症状・症状・原因とはによれば、くも膜下出血とは、脳を覆うくも膜と軟膜のすき間に出血を起こす病気で、多くは脳の動脈にできた動脈瘤(りゅう)が破裂して起こります。

くも膜下出血の症状によれば、くも膜下出血の症状の特徴は次の通り。

  • 脳の表面に出血が起こり、致死率が高い
  • 突然の激しい頭痛
  • 吐き気・嘔吐
  • 意識障害(意識の混濁)
  • 両手両足の運動障害(麻痺)

確かにみなさんが心配してしまうのもうなずけます。

【くも膜下出血関連記事】







くも膜下出血の前兆・前駆症状・症状・原因とは

健康・美容チェック > 脳卒中 > くも膜下出血の前兆・前駆症状・症状・原因とは




■くも膜下出血の前兆・前駆症状・症状・原因とは

My CAR Stinks!

by Guian Bolisay(画像:Creative Commons)

以前亡くなった巨人コーチの木村拓也さんを襲った「くも膜下出血」。

【関連記事】

衝撃を受けた人も多いのではないでしょうか。

記事によれば、働き盛りの若い世代に多い病気なのだそうです。

ぜひチェックしてみてください。

くも膜下出血 働き盛り注意! 脳ドックが有効

(2010/4/8、産経新聞)

「くも膜下出血とは、脳を覆うくも膜と軟膜のすき間に出血を起こす病気。

多くは脳の動脈にできた瘤(こぶ)、いわゆる動脈瘤(りゅう)が破裂して起こる。

なぜ動脈瘤ができるのか、いつ破裂しやすいかは分かっておらず、予防が難しい」と語るのは、NTT東日本関東病院(東京都品川区)の落合慈之院長だ。

くも膜下出血の原因となる動脈瘤がなぜ出来るのか、いつ破裂しやすいかはわかっておらず、予防が難しいのだそうです。

出血が起きてしまえば治療法はなく、再び破裂しないようにするための手術しか手段はない。

その場合、動脈瘤の根元をクリップで挟んで血液が入らないようにする方法と、カテーテルを使って動脈瘤の内部を詰める方法の2種類があるが、意識が戻らない重症者の手術は難しい。

出血が起きてしまえば治療法がないそうです。

では、くも膜下出血を起こさないようにするにはどうしたら良いのでしょうか。

同院脳神経外科の森田明夫部長は「喫煙や大量の飲酒は避けること。高血圧の人、家族にくも膜下出血を起こした患者がいる人は危険因子が高い」と話す。

また、くも膜下出血のほとんどは動脈瘤の破裂によって起こるため、動脈瘤があれば出血のリスクも高くなる。

くも膜下出血を起こさないようにするには、

  • 喫煙や大量の飲酒を避ける
  • 高血圧にならないようにする

ことに気を付けた方が良いそうです。

この他には、脳ドックを勧めています。

出血すると3分の1が死亡、3分の1が社会復帰が難しいという現状からすれば、発症リスクの高い40~50代は一度脳ドックを受け、MRIやCTで脳の写真を撮るとよい。

森田部長によると、人間ドックの受診者の約3%に動脈瘤が見つかるという。

一度脳ドックを受けることが大事なようですね。

■くも膜下出血の症状

突然、激しい頭痛に襲われる

その頭痛がいつから始まったかわかる

頭痛の原因は分からない

吐き気を伴うような頭痛である

冷や汗を伴うような頭痛である

意識を失ったりもうろうとしたりする

ものが二重に見えたり、手足が麻痺したりする

くも膜下出血の前兆・前駆症状

「患者の約半分は1週間ほど前に前駆症状という前兆の頭痛が出る」(森田部長)といい、その場合は検査で発見できることが多いという。

※前駆症状とは、ある病気の特徴的な症状が出る前に症状(=前触れ)のことを指します。







【脳卒中関連記事】
続きを読む くも膜下出血の前兆・前駆症状・症状・原因とは