タグ別アーカイブ: アレルギー

【#アンナチュラル】花粉症持ちの #窪田正孝 さんがアレルギー検査の結果「ネコアレルギー」であることが判明|#仰天ニュース

> 病気・症状 > 花粉症の症状 > 花粉症持ちの窪田正孝さんがアレルギー検査の結果「ネコアレルギー」であることが判明|世界仰天ニュース




2016年6月15日放送の世界仰天ニュースで俳優の窪田正孝さんがアレルギー検査を受けたところ、次のような結果が出ました。

masataka_kubota_allergy

参考画像:世界仰天ニュース|スクリーンショット

窪田正孝さんは自覚症状として「花粉症」があるため、スギやヒノキがアレルギー物質としてでてくるのは仕方ないことのようでしたが、豚肉、エビ、ピーナッツ、モモなどもアレルギー反応が出るものとして紹介されていました。

そして、一番驚いていたのは、「ネコアレルギー」で、驚きすぎて、「ニャンにもない」と答えるほどでした。

それもそのはず、窪田さんの実家では6匹の猫を飼っているそうです。


参考画像:Pinterest

今後のアドバイスとしては、アレルギー症状が出たら猫を避けるようにしたほうが良いそうです。

→ 花粉症の症状 について詳しくはこちら

→ 花粉症対策 について詳しくはこちら

→ 目がかゆい|目のかゆみの原因・対策・対処法 について詳しくはこちら







【アレルギー関連記事】

【目の花粉症の症状 関連記事】

【のどの花粉症の症状 関連記事】

【鼻の花粉症の症状 関連記事】

【肌の花粉症の症状 関連記事】

【花粉症 関連記事】

Google、「花粉」「アレルギー」に関するモバイル検索をすると、花粉指数(花粉の飛散状況)を表示|アレルギーに関する検索は毎年4、5、9月に増加|アメリカ人の5人に1人が季節性アレルギー症状で苦しんでいる

ragweed_DSC4143

by Lodahln(画像:Creative Commons)

> 病気・症状 > 花粉症の症状 > Google、「花粉」「アレルギー」に関するモバイル検索をすると、花粉指数(花粉の飛散状況)を表示|アレルギーに関する検索は毎年4、5、9月に増加|アメリカ人の5人に1人が季節性アレルギー症状で苦しんでいる




■Google、「花粉」「アレルギー」に関するモバイル検索をすると、花粉指数(花粉の飛散状況)を表示

Googleによれば、アメリカでは5人に1人が季節性アレルギー症状で苦しんでいるそうで、アレルギーに関する検索は毎年4月、5月、9月に増加するそうです。

参考リンク:allergies|Google Trends

そこで、GoogleはThe Weather Channelと協力して、花粉指数と予測データを統合し、Googleで花粉やアレルギー情報をモバイル検索すると、地域の花粉指数を見れるし、また花粉の飛散量の警告通知(通知を受け取りたい方は登録が必要)も表示できるようにしたそうです。

■まとめ

ヨーロッパではブタクサによる花粉症患者が今世紀半ばまでに倍増する予測が立てられているで紹介した米医学誌nvironmental Health Perspectivesに掲載された研究論文によると、欧州では今世紀半ばまでに、花粉症の人が現在の3300万人から約7700万人に倍増し、また、花粉症の症状自体もより重症化するという予測が立てられているそうです。

その原因としては、季節変動によって、侵襲性の強いブタクサの分布が拡大することと、8月に集中していたシーズンが9から10月に長期化されるためなのだそうです。

WHOの推定によれば、世界で4億人がアレルギー性鼻炎に、また花粉症が引き起こす喘息に約3億人が悩まされているそうです。

花粉症などの季節性アレルギー症状というのは、日本だけの国民病であるだけでなく、世界の人々にとっても悩ましい病気といえます。

Googleが提供するサービスによって、季節性アレルギー症状で悩む人にとってのよい予防ができるといいですね。

→ 花粉症の症状 について詳しくはこちら

→ 花粉症対策 について詳しくはこちら







【参考リンク】

Achoo! Watch out for seasonal sniffles with pollen forecasts on Google

(2017/8/16、Google)

In fact, one in five Americans suffer from seasonal allergies. Across the U.S., we see that search interest for allergies spikes each year in April and May and then again in September. To help you get ahead of your seasonal allergies symptoms, now when you search on mobile for pollen or allergy information on Google, you’ll see useful at-a-glance details on pollen levels in your area.

【参考リンク】

  • Iain R. Lake, Natalia R. Jones, Maureen Agnew, Clare M. Goodess, Filippo Giorgi, Lynda Hamaoui-Laguel, Mikhail A. Semenov, Fabien Solomon, Jonathan Storkey, Robert Vautard, and Michelle M. Epstein Climate Change and Future Pollen Allergy in Europe Environ Health Perspect DOI: 10.1289/EHP173

【目の花粉症の症状 関連記事】

【のどの花粉症の症状 関連記事】

【鼻の花粉症の症状 関連記事】

【肌の花粉症の症状 関連記事】

【花粉症 関連記事】

【花粉症対策 関連記事】

アレルギー血液検査のIgE値の平均値とは?|#仰天ニュース

Itchy Nose | KL Street Photowalk.03

by John Ragai(画像:Creative Commons)




狩野英孝がケタ違いのアレルギー体質だと判明してスタジオが騒然

(2015/11/26、トピックニュース)

アレルギー体質の度合を数値で表す「lg-E数値」を出演者の間で比較することに。数値が高いほどアレルギー体質ということになる。医師によると平均値は170IU/mL位だという。

アレルギー体質の度合を数値で表す「lg-E数値」の平均値は170IU/mLで、この数字が高ければ高いほどアレルギー体質といえるそうです。

番組で行った検査によれば、狩野さんの数値は、11144IU/mLだったそうで、他の出演者から比べても桁外れの数字だったそうです。







■関連ワード

【関連記事】

花粉症は栄養療法で8割以上が改善|砂糖をとらない・オメガ3・ビタミンD(溝口徹)|#ジョブチューン

Sugar

by Uwe Hermann(画像:Creative Commons)

> 病気・症状 > 花粉症の症状 > 花粉症対策 > 花粉症は栄養療法で8割以上が改善|砂糖をとらない・オメガ3・ビタミンD|ジョブチューン(溝口徹)




2016年3月26日放送のジョブチューンのテーマは「ベストセラーの医療本を書いた日本の名医が大集合!医者ぶっちゃけスペシャル」でした。

■花粉症は栄養療法で8割以上が改善する!?砂糖をなるべく食べないことがコツ!

溝口徹(栄養療法専門医)

アレルギーは「砂糖」をやめればよくなる! (青春新書インテリジェンス)

●砂糖を摂らない

アレルギーを抑制するコルチゾールと言うホルモンは血糖値の上昇を抑えるためにも使われるため、血糖値が上下動するとコルチゾールがアレルギーを抑制することに使われなくなるのです。

そのため、血糖値を上げる炭水化物や砂糖を摂らないことがよいそうです。

食事をするときには、たんぱく質(肉・魚)や野菜(葉物)を先に食べて、炭水化物を減らしたほうが良いそうです。

●ビタミンDの量を増やす

ビタミンDは免疫を調整する重要な役割があるそうです。

ビタミンDの量を増やすためには、日光を浴びる(日光を浴びることで生成される)こととビタミンDを含む食べ物を摂取する方法があります。

ビタミンDを含む食べ物は、あん肝・白子・しらす干し・煮干し・ししゃもなどです。

ビタミンDは魚の内臓に多く含まれているので、まるごと食べられる魚がおすすめなのだそうです。

【関連記事】

●オメガ3

花粉症にはオメガ3系脂肪酸が効果的なのだそうです。

クルミにはオメガ3が豊富に含まれており、1日25g(ひとつかみが目安)

→ オメガ3脂肪酸|オメガ3の効能・効果・食べ物・オメガ3ダイエット について詳しくはこちら

→ 花粉症の症状(目・鼻・のど) について詳しくはこちら

→ 秋の花粉症|9月・10月に目がかゆい・鼻水が出るなどの症状 について詳しくはこちら

→ 花粉症対策|マスク・メガネ・乳酸菌・ポリフェノール について詳しくはこちら







【花粉症対策 関連記事】

【花粉症 関連記事】

【目の花粉症の症状 関連記事】

【鼻の花粉症の症状 関連記事】

【のどの花粉症の症状 関連記事】

【肌の花粉症の症状 関連記事】

アレルギー性の結膜炎を微量な涙で診断できる方法が見つかる|鶴見大など

Sun tears

by Dan Queiroz(画像:Creative Commons)

病気・症状 > 目の病気 > アレルギー性の結膜炎を微量な涙で診断できる方法が見つかる|鶴見大など




■アレルギー性の結膜炎を微量な涙で診断できる方法が見つかる|鶴見大など

<アレルギー性の結膜炎>微量な涙で診断 鶴見大など

(2016/3/7、毎日新聞)

研究チームは、アレルギー性の病気との関係性が報告されている血液中のたんぱく質「ペリオスチン」が、涙にも存在することに着目。アトピー性角結膜炎(31人)▽春季カタル(7人)▽季節性のアレルギー性結膜炎(17人)--の患者と、健康な人(18人)から涙を採取し、含まれるペリオスチンの濃度を測定したところ、健康な人からはほとんど検出されず、患者は濃度が顕著に高かった。

 また、アトピー性皮膚炎の患者の涙を調べると、濃度によって90%以上の感度で結膜炎の有無を判別できることも分かった。

鶴見大や国立成育医療研究センター研究所などのチームによれば、目のかゆみや充血などを起こすアレルギー性の結膜炎にかかっているかどうかを涙に含まれるぺリオスチンの濃度で診断できる方法を見つけたそうです。

→ 目のかゆみ について詳しくはこちら

→ 目の充血 について詳しくはこちら

花粉症の症状・対策 について詳しくはこちら







【関連記事】