「ウイルス」タグアーカイブ

ウイルス感染の予防対策が効果を上げ、C型肝炎が原因の肝臓がんが激減している

> 健康情報 > 健康・美容チェック > 肝臓 > 肝臓の病気(肝臓病) > 肝炎 > ウイルス感染の予防対策が効果を上げ、C型肝炎が原因の肝臓がんが激減している




■ウイルス感染の予防対策が効果を上げ、C型肝炎が原因の肝臓がんが激減している

DSC_3905

by Philip Dean(画像:Creative Commons)

C型肝炎の予防進み 肝がん激減

(2008/10/29、読売新聞)

C型肝炎ウイルス(HCV)感染が主な原因の「肝細胞がん」を多く発症する60歳代で、この種のがんと診断される人が過去10年で激減していることが、愛知県がんセンター研究所疫学・予防部の田中英夫部長らの調査でわかった。
感染後20~30年かけて発症する肝細胞がん患者の激減は、ウイルス感染の予防対策が効果を上げたことを示すもので、世界的に珍しい。

愛知県がんセンター研究所疫学・予防部の田中英夫部長らの調査によれば、C型肝炎が原因による肝臓ガンは減少しているそうです。

医療用注射器や注射針の使い捨てや献血時の検査などのウイルス感染の予防対策が効果的だったのでしょう。

また、02年に健康診断での肝炎検査が始まった。今年4月には、C型肝炎ウイルス感染に有効な治療の治療費助成制度が導入され、今後、さらに肝臓がんを減らせる可能性がある。

しかし、この助成制度を利用している人は以前の記事(インターフェロン治療助成制度、受給者は目標の1割)によると、まだまだ少ないようです。

今後さらに肝臓ガンを減らしていくためにもこのような制度をPRしていく必要があるようです。

→ 肝炎とは|肝炎(B型・C型・アルコール性)の症状・原因・チェック について詳しくはこちら

→ 肝臓がん|肝臓がんの症状(初期・末期) について詳しくはこちら




→ C型肝炎の治療薬は劇的に進歩し、今では90%近くの患者が治る について詳しくはこちら




【関連記事】
続きを読む ウイルス感染の予防対策が効果を上げ、C型肝炎が原因の肝臓がんが激減している

「おじぎ最強説!?」オフィスでは4時間でウイルスが半数に付着する―握手も拡散を手助け

Businessmen shaking hands

by reynermedia(画像:Creative Commons)




オフィスはウイルスだらけ、4時間で半数に付着―握手も拡散を手助け

(2014/10/2、ウォールストリートジャーナル)

アリゾナ大学の調査によると、オフィスのドア1つにウイルスが付着すれば4時間以内にオフィスの床や壁、天井、そして設置機器などの表面の半分と、そのオフィスで働く同僚の半分にウイルスが広がることが分かった。研究者がオフィス内のたった1人に人工ウイルスを感染させた場合も広がる速度は同じだった。

オフィスのドア一つにウイルスが一つ付着すると、4時間以内にオフィスの表面の半分と、オフィスで働く同僚の半分にウイルスが広がるそうです。

少しでもウイルス感染を防ぐためにも、握手という習慣をやめたほうがいいという専門家もいるそうです。

専門誌に今年発表された研究では、握手がこぶしを合わせるのと比べて10倍から20倍のバクテリアを伝播する力を持つことが分かった。

日本式のおじぎというあいさつがこれから普及していくかもしれませんね。




P.S.

ところで、あなたは「トイレをする前」と「トイレをした後」のうち、どのタイミングで手を洗いますか?

ほとんどの人が「トイレをした後」と答えることだと思います。

以前聞いた話では、所ジョージさんは、一番汚いのは手なので、手を洗ってからトイレをすると答えていたそうです。

パソコンのキーボード、トイレより汚い可能性=英調査(2008/5/2、ロイター)によれば、パソコンのキーボードの中には、トイレの便座よりも不潔な場合があるそうです。

そう考えると、トイレをする前に洗ったほうがより清潔といえるのではなないでしょうか。

常識を疑うとはこういうことなのでしょうね。







肝臓ガンの最大の危険要因は、肝炎ウイルス|検査を受けて早期発見

My October blood test

by Phillip Jeffrey(画像:Creative Commons)

> 健康・美容チェック > 肝臓の病気 > 肝臓がん > 肝臓ガンの最大の危険要因は、肝炎ウイルス|検査を受けて早期発見




■肝臓ガンの最大の危険要因は、肝炎ウイルス|検査を受けて早期発見

肝がんの最大の危険要因は、肝炎ウイルス 

肝臓ブログより)

コーヒー摂取と肝がんの発生率との関係について

肝がんの最大の危険要因は、肝炎ウイルス

肝がんの原因として、絶対に忘れてはならないのは、肝炎ウイルスの存在です。

わが国では、原発性肝がんの大部分を占める肝細胞がんの80%はC型肝炎ウイルス、10%はB型肝炎ウイルスが原因で発症しています。

肝炎ウイルスは肝がんの最大の危険要因ですので、まずご自身が肝炎ウイルス検査を受け、これらの肝炎ウイルスに感染しているかどうかを知ることが重要です。

感染している場合には、早めに専門医に相談し、肝硬変や肝がんになるのを予防したり遅らせたりする治療をおこなうのがよいと考えられます。 

肝臓がんになる一番の危険リスクは肝炎に感染することです。

肝臓がんを予防するためには、病院で検査し、肝炎に感染しているかどうかを把握することが重要です。

感染している場合には、専門医による肝硬変や肝臓がんになることを遅らせる治療を行なってください。

→ 肝臓がん|肝臓がんの症状(初期・末期) について詳しくはこちら

→ 肝臓がん予防によい食事・食べ物 について詳しくはこちら







【関連記事】

肝臓関連ワード

肝臓とは|肝臓の機能・働き・位置(場所)

肝臓の病気|肝臓病の初期症状・種類・原因

脂肪肝とは|脂肪肝の症状・原因・治し方

肝炎とは|肝炎(B型・C型・アルコール性)の症状・原因・チェック

NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)の症状・食事・改善方法

NAFLD(非アルコール性脂肪性肝疾患)とは・症状・原因

肝硬変とは|肝硬変の症状・原因・食事

肝臓がん|肝臓がんの症状(初期・末期)

肝機能障害の症状・原因・食事・肝機能の数値

肝臓の数値・検査値|ALT(GPT)・AST(GOT)・γ-GTP

ALT(GPT)の基準値|ALTが高い原因

AST(GOT)の基準値|ASTが高い原因

γ-GTPの基準値|γ-GTPが高い原因

胆管とは|胆管がんの症状

胆のうの位置・働き(機能)・病気(胆嚢炎・胆のうがん)

肝臓に良い食べ物|肝臓と食事

亜鉛を含む食べ物・食品|亜鉛不足チェック・摂取量

タウリンとは|タウリンの効果・効能|タウリンの多い食品・食べ物

コレステロールとは|コレステロール値を下げる食品・食事

中性脂肪とは・数値(正常値)・高い原因・下げる(減らす)

緑茶で新型インフルエンザ予防?カテキンの抗ウイルス作用に注目

緑茶で新型インフル予防 カテキンの抗ウイルス作用に注目

(2009/10/14、産経新聞)

新型インフルエンザの予防策として緑茶が注目されている。

日本カテキン学会では、緑茶に含まれるカテキンに予防効果が期待できるとの報告がなされた。

「緑茶うがい」についての意見も交わされるなど、医療、保健衛生関係者らからの関心も高まっている。

新型インフルエンザの予防として、緑茶によるうがいが注目されているそうです。

新型インフルエンザの予防に緑茶が有効といわれる理由は、緑茶に含まれるカテキンに抗ウイルス作用があるためなのだとか。

ただし、現在のところ、学問的に示されたデータは少ないそうです。

しかし、緑茶によるうがいは、手軽ですので、やってみてもよいかもしれません。

【関連リンク】

新型インフルエンザ予防 マイタケの効果に注目 「エキス」でウイルス増殖を抑制




Hen of the Woods, マイタケ

by Joi Ito(画像:Creative Commons)

新型インフルエンザ予防 マイタケの効果に注目 「エキス」でウイルス増殖を抑制

(2009/8/5、産経新聞)

新型インフルエンザの予防と治療に、キノコの一種、マイタケが有効であることが分かってきた。

富山大学医学部看護学科人間科学の落合研究室が、米国の科学誌に発表したリポートによると、新型インフルエンザにも効くとされるタミフルの耐性を持つ新種ウイルスに対しても効き目は変わらないという。

今年の秋・冬には新型インフルエンザの感染拡大が心配されますが、富山大学医学部看護学科人間科学の落合研究室が、米国の科学誌に発表したリポートによれば、マイタケが新型インフルエンザの予防に効果的なのだそうです。

普段の食事に取り入れていきたいものです。

【関連リンク】