「トレーニング」タグアーカイブ

スポーツビジョントレーニングの健康効果とは

Red Sox vs. Yankees Monster Seat view

by Joy(画像:Creative Commons)

> 健康・美容チェック > 目の病気 > スポーツビジョントレーニングとは




■スポーツビジョントレーニングの健康効果とは

「スポーツビジョントレーニング」って何だ?

(2009/1/27、ゲンダイネット)

記事によると、スポーツビジョントレーニングがプロ野球選手の間で注目されているそうです。

イチロー選手や阪神・金本選手、新井選手も取り入れているのだとか。

スポーツビジョントレーニングとは一体何なのでしょうか。

スポーツビジョントレーニングとは、動体視力や瞬間視力など目力を鍛えるトレーニングのことなのだそうです。

ところで、動体視力など目力をよくすることが、どのように野球に役立つのでしょうか。

しかし、動体視力が良くなれば打撃力も向上するのか。

「もちろんです」と言うのは、スポーツビジョンの専門家の篠田秀美氏(心理学博士、ヒデミック学習ビジョン研究所代表)だ。

「ボールがよく見えるようになれば、内外高低の見極めもよくなる。

打率が上がるのは当然です。

イチローなど優れた動体視力を持つアスリートはボールを目で追う作業が非常に楽に行えます。

目でボールを見て脳で認知して神経系に伝達し、筋肉で表現するまでの時間も短くてすむから、次の展開(例えば変化球の曲がり具合等)を考える余裕ができるのです」

視覚機能とは、止まっている目標物を見る「静止視力」、
目標物との距離感を見極める「深視力」、
一瞬で多くの情報を映像化して認識する「瞬間視力」、
動いている目標物を見る「動体視力」など8項目に分類される。

眼球を支える6つの筋肉が左右バランスよく動けば、向かってくるボールの速さ、軌道、距離感などを瞬時に判断でき、思うようにバットコントロールができるわけだ。

ところが、目には先天的な個性や後天的な生活習慣(若年層はゲームやパソコンなど平面画面の凝視なども影響)が原因で筋肉が硬直することがある。

特定の方向を見る時に筋肉が突っ張って視野が狭くなったり、死角が生まれたりすれば、苦手コースの克服は困難だ。

つまり、記事によると、眼球を支える筋肉がバランスよく動けば、ボールの速さ、軌道などを瞬時に判断できるようになるということのようです。

しかし、目には先天的要因・後天的要因で目の筋肉が硬直してしまうことがあり、そのことで、視野が狭くなったりすることで苦手コースが生まれてしまうことがあるようです。

このスポーツビジョントレーニングを行なえば、苦手コース克服にもつながり、バッティングの向上につながりそうです。

しかし、このスポーツビジョントレーニングで動体視力を鍛えることは一般の人にも有効なのだとか。

「最近は企業研修も行っていて、集中力や事務処理能力がアップしたという感想を頂いています。

目は脳の突出した一部。

現代人は長時間のパソコン作業を強いられる。

目の筋肉が硬くなって血管が細くなり、血の巡りが悪い。

トレーニングで目の筋肉をほぐせば自然と血流はよくなります。

すると脳の血の巡りもよくなり、ホルモンのバランスもよくなる。

体の免疫力も高まる。

肌の調子もよくなる」(篠田氏)そうだ。

トレーニングをすることで、目の筋肉をほぐし、血流がよくなると、脳の血のめぐりも良くなるなど様々な効果が期待できそうです。

目の筋肉を鍛えることが今後注目されそうです。

【追記(2017/10/19)】

村田、王座奪取へ視界良好!集中力高めるビジョントレーニング効果だ

(2017/10/19、スポニチアネックス)

目に関連してビジョントレーニングの質問が出ると、「あれは視力ではなく目の動き方」と指摘した上で「緊張しているかしていないか判断できるようになった。やってから調子がいい」と別の効果を上げた。

WBA世界ミドル級のチャンピオンを目指す村田諒太さんはビジョントレーニングを2年前から始めているそうで、左の視力が1.0→2.0まで上がったことについては「コメントに困る」としたものの、緊張度の判断材料になっているそうです。







目の病気

緑内障

飛蚊症

加齢黄斑変性

白内障

ドライアイ

眼精疲労

老眼

スマホ老眼

翼状片・瞼裂斑

糖尿病網膜症

VDT症候群

網膜剥離

近視

結膜弛緩症

斜視(隠れ斜視)

眼瞼下垂・まぶたのたるみ

まぶたの痙攣

目の症状

目の充血(目が赤い)

目の疲れ

目の痙攣

目の下のくま

目のかゆみ

目が痛い

目のかすみ

肩こり頭痛

目やに

光がまぶしい・目がまぶしい

筋肉の活動を可視化する技術「マジックミラー」|健康管理、リハビリ、トレーニングの効果計測、介護教育支援|東大

参考画像:マジックミラー : デイリーヘルスケアをめざすロボット技術(2009/2/27、東京大学IRT研究機構)|スクリーンショット




マジックミラー : デイリーヘルスケアをめざすロボット技術

(2009/2/27、東京大学IRT研究機構)

鏡の前で運動フォームを確認するかのように、カメラ内蔵の大型フラットテレビ(マジックミラー) の前で運動すると、「魔法の鏡」に自分の姿を透かして見るかのようにリアルタイムで筋肉の活動 の様子を見ることがでるようになります。

毎日、筋肉の使い方の変化が起きているかどうか、特定 の筋肉や全ての筋肉を使う運動ができているかどうかなどの確認をすることができます。

また、腕、 胸、腹、腿など身体の各部の質量分布を、同じようにマジックミラーの前で運動することによって 計測することができます。

東京大学IRT研究機構は、筋肉の活動を可視化し、体の各部位の質量分布を可視化する技術を統合した「マジックミラー」と呼ぶアプリケーションを開発しました。

この技術は、どのような分野での活躍が期待されるのでしょうか?

これによって、家庭の居間で手軽にデイリーヘルスケアを行えるほか、リハビリテーションセンタ ー、スポーツジムなどでのトレーニング効果の簡便な評価、医療機関などでの医療効果の診断を支 援する基盤技術の一つとなります。また介護の環境でこれらの情報を提供することで、介護や介護 教育を支援することができます。

この技術によって、健康管理への応用やリハビリ、スポーツジムでのトレーニングの効果評価、介護教育支援などに生かされることが期待されます。

また、この技術はロボット技術にも利用されるそうです。

このリアルタイム技術は、ロボットが人を観察する目として将来のロボットに実装され、人の行動の理解や人に手を差し伸べるきっかけを見つける知能的人支援技術へも展開されます。

あなたは歩き方から感情を読み取ることができますか?(2014/7/20)で紹介した東京農工大大学院のベンチャー・ジェンチャン准教授と筑波大サイバニクス研究センターの門根秀樹助教らの研究チームによれば、「喜怒哀楽」と「恐怖」の5つの感情の歩行パターンをデータ化することにより、歩く速度や頭、胴体の姿勢など動作の一部から約70%の確率で感情を読み取れることに成功したそうで、近い将来、人間の感情を先読みして、日常生活を支援するロボットの開発も期待されているそうです。

人間の行動を理解するための技術はこうして作られているんですね。

【参考リンク】







メタボや腰痛にも効く腹筋トレーニングの方法(やり方)とは?

IMG_9082

by Ben Webb(画像:Creative Commons)




メタボや腰痛にも効く「筋トレ」

メタボ対策のために運動を始めた方も多いでしょうね。

おなかまわりが気になるので、腹筋を頑張っている人も多いと思います。

一般的に、腹筋のトレーニングは、仰向けになり、手を頭の後ろにまわして、体を起こすやり方をしているのではないかと思います。

しかし、この方法で腹筋を行なうと、想像以上に腰への負担が大きく、腰を痛めてしまう場合が多いのです。

【関連記事】

そこで、腰を痛めない腹筋の方法を紹介している記事を見つけましたので、ご紹介します。

メタボや腰痛にも効く「筋トレ」 

(2008/7/17、エキサイト)

腰の負担を軽減するためには、足を上に浮かしたり、手を胸に当てたりするとよいが、それでも負担が大きいと感じる人には、以下のようなトレーニングが効果的だ。

1)仰向けの姿勢で床に寝る。

2)腰の下(少し床から浮く部分)に手を入れる。

3)片方のヒザを曲げて立てる。もう片方の脚は伸ばしたままでリラックスさせる。

4)胸部を天井方向へ近づけるように持ち上げる。このとき、首は曲げないよう注意する。

これにより、体を前に曲げるときに使われる「腹直筋」を、腰に負担をかけることなく鍛えることができる。重要なのは、4)の動作を急激に行わないこと。

3つ数えるくらいのペースで、ゆっくり行うことが重要だ。

このトレーニングのペースは1日に1回がよいとされる。

腹直筋に適度な負荷と休息を与えるのに最も適切なペースなのだそうだ。

私も腰にできるだけ負担がかからないように、あまり体を起こすことなく、少し浮かせた姿勢を維持する方法で腹筋を行なっていましたが、今回のこの方法を参考に腹筋トレーニングをやってみたいと思います。

皆さんも腰に負担がかからない腹筋トレーニングを行なって、メタボ対策を頑張りましょう。